2012年5月 1日 (火)

オレンジページnetよりお知らせ

5月1日よりブログが移転しました。

【引越し先】「堤 信子さんの文具びより」>>>
http://plaza.rakuten.co.jp/opbungu

ブックマーク等されているかたは、変更をお願いいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

|

2012年4月24日 (火)

100円ショップでゲット!使える男前文具!

先日、仕事で故郷福岡に里帰りしていた際、
久しぶりに100円ショップダイソーへ行きました。
ダイソー文具は侮れないと聞いていたので、
早速文具コーナーをチェックしたところ、
まあその種類の多いのなんのって!

それも、ファンシーな文具ばかりでなく、
今流行りのシンプルなデザインのものも充実していたので、
「そうだ!使える男前文具を、予算525円でゲットしてみよう~~!
制限時間は10分!ヨーイスタート!」と、
ゲーム感覚で買い物を楽しんじゃいました。
すると、限られた時間で集中するためか直感が働き、
想像以上にいいものを発見。
早速その戦利品をご紹介しましょう。

Photo

まず、レザー風カバー付きクラフト紙ノートメモ!
黒とキャメルの2種、うーんなかなか感じが良いではありませんか!
ロディアの革カバー付きメモ帳には、ちょっと負けますが、
使いやすい手のひらサイズ、革風の紐で綴じてあり、
中のクラフト紙の色と革風カバーが合ってる!
これは2冊いっときましょう!200円なり!

Photo_2

次に、以前から気になっていた特大ゼムクリップ!
なんとここでは、30個で100円!作りもちゃんとしている!
1パックゲット、足して300円なり!

Photo_4

あら、大きめのお洒落なシルバーのダブルクリップも、
なんと10個で100円!
黒がシルバーになるだけで、
クリップって垢抜けた感じになるんですよね。
これも1セットゲット、足して400円なり。

Photo_6

最後に、無地のラッピング袋!30枚で100円!
パリっとした手触りの白い袋はアレンジをちょっと加えると
ラッピングが面白く仕上がります。
以前からラッピングに使ってみたかった特大ゼムクリップ、
二つ留めて、顔にしちゃいました。
お裾分けなどのラッピングに白い紙袋、ストックしておくと重宝します。
これで合計500円、税込トータル525円なり!

我ながらいい買い物が出来たと自己満足しましたが、如何ですか?

流行に敏感な品揃えの100円文具、
100円以上の価値を感じさせてくれるものが
想像以上に沢山あって、驚きの連続でした。

購入したシンプル男前文具は、
何かしらちょっと手を加えるのも楽しい!
良いアイデアが湧いたら、また文具びよりでご紹介しますね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

奈良の文具・雑貨も見逃せない!

新刊本「旅鞄いっぱいの京都・奈良~文房具と雑貨の旅日記」、
読者の方々より、京都・奈良の旅にすぐに出かけたくなるなどと
感想を頂く度に、たまらなく嬉しくて、
出版までの膨大な原稿書きなど大変な思い出も吹き飛んでしまいます。
あらためて、支えて下さった皆様に心より感謝です。
さて、前回は、京都のはんなり文房具をご紹介しましたが、
今回は、奈良で出会った文具、雑貨を幾つかご紹介しましょう。

古都奈良は、まず、和文具でいうと筆と墨が有名な町。
趣のある和文具の専門店は文具好き要チェックのスポットです。

Photo_4

奈良の筆職人が作る様々な種類の毛でできた
一心堂の筆は、姿そのものがアート!
日本古来の筆記具をゆっくり鑑賞するだけでも価値ありです。

081

お願いすれば、試し書きもできますので、
旅行の記念に一本買い求めるのもいい思い出になります。
そして、和文具店で見つけた紙用品で、意外に使えるのが、
短冊練習用紙(笹川文林堂)と、扇形練習用紙(一心堂)。

2_2

一筆箋を長ーくのばしたような和紙や扇形の和紙は、
透かし模様が入っていたりしてとても美しく、
便箋として使うと面白いんです。
送った相手から「風流な便箋ですね! 」などと
褒められたりすると益々嬉しくて。
奈良の筆や墨を扱っている専門店で探してみてくださいね。

また、奈良のお店には、
奈良のモチーフを文具にデザインしたものが多く見られます。

2_3

2_4

「フルコト」というお店で見つけた、
作家ものの判子、鹿と灯籠や、正倉院柄の一筆箋、素敵でしょう!

Photo_5

「遊 中川」というお店には、鹿柄、大仏柄などのマスキングテープがあり、
奈良でしか手に入らないと聞いて、ついついまとめ買い。

観光地のモチーフものはとかくファンシーになりがちですが、
奈良のモチーフ文具はセンスの良いものが多く、オススメです。

さらに、新刊本でも紹介している、
奈良のお寺や神社の文具も種類が多くて楽しいですよ。
奈良の大仏クリアファイル、阿修羅像メモ、
春日大社のハガキセットなどなど、
寺社巡りの際、チェックしてみて下さいませ。

奈良は京都ほど人で混み合うこともなく、
いつものんびりゆったりしているところが魅力。
京都から電車で40分かからずに行けますので、
京都と奈良をセットにして、
文具・雑貨旅を楽しんでみては如何ですか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

春ははんなり、京都文具

今回はまずご報告!
昨年の「旅鞄いっぱいのパリ・ミラノ~文房具・雑貨のトラベラーズノート」に続き、
このほど、旅鞄いっぱいシリーズの第二弾として
旅鞄いっぱいの京都・奈良~文房具と雑貨の旅日記」を
出版いたしました。

Photo_2

文具好き雑貨好きの皆様が応援して下さったお陰です。
本当にありがとうございます。
京都・奈良は仕事やプライベートで数えきれないくらい訪れている街、
新刊本では、足で稼いだ選りすぐりの和文具屋さん、
海外文具や輸入雑貨のセレクトショップ、蚤の市、カフェなど、
これまで通いつめたとっておきのスポットをご紹介しています。
京都・奈良の文具と雑貨がわんさか登場しますが、
それらは個人的にも愛用しているものばかり。
今回はその中から春にぴったりの京都の和文具、
そのごく一部をご紹介しましょう!

まず、「芸艸堂」の木版手刷絵葉書。

Photo_3

Photo_5

一流の版画職人が一枚一枚丁寧に作るというこれらは、
絵葉書として使うには勿体ないほどの完成度の高さ!
絵柄、色使いにいつもうっとりです。
1枚わずか315円の芸術作品は、京都ならではの贅沢文具。
寺町通りの芸艸堂でしか買えないとっておきです。

次に、祇園の隠れ家的和文具店「裏具」の小さなメモ帳“まめも”。

Photo_6

Photo_7

菊柄が美しい掌サイズのこちらは、
マッチ箱のようなカバーがついたメモ帳で、
小さな桝目入りのデザインがなんともお洒落です。
一言メッセージを送るのにもオススメですよ。

もう一つ、「裏具」から一筆箋。

Photo_8

Photo_9

罫線の入り方がちょっとユニーク。
このデザインの一捻りがたまらなく好きです。
もちろんここでしか買えません。
ラッピングもシックです。

Photo_11

長くなるので、今回は京都・紙文具のごくごく一部のご紹介でしたが、
これらのお店は、新刊本にも登場します。
とにかく京都や奈良の文具・雑貨は面白いし深い!
皆さんも京都奈良の文具旅を是非とも堪能してくださいね。
次回は、奈良の文具をお見せします。
お楽しみに!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

東京文具探訪~エキナカにある大好きな文具店

東京駅から仕事などで地方に向かう時、
いつも立ち寄るエキナカの文具店、
それが京葉ストリート内にある「エキ スコス」。
ここは、東京の本郷にある文具屋さんの支店で、
昔はよく海外文具を買いに本郷まで出かけていましたが、
最近はもっぱらエキスコスで買い物です。

A

B

ヨーロッパを中心とした輸入ものの文具が全体の8割を占める店内、
ここでしか出会えないような珍しい紙もの、
筆記具などにいつもワクワクさせられます。
先日も、雑誌「オレンジページ」の取材でエキスコスを訪れた際、
ちょっとマニアックな海外文具、見つけましたのでご紹介しますね。

2

まずこれらは、ドイツメーカー「ヘルリッツ」の、
上から順に、領収書、入金伝票、出金伝票(各367円)。
トリコロールカラーの表紙が爽やか!

Photo

中はこんな感じで、色もポップなので、
メッセージを書いたりして自由に使ってみては!

もう一つ面白い文具?雑貨?が、
配送用のパッキングリスト入れ!(5枚入り262円)

Photo_2

本来は、中に伝票などをいれて
小包に貼り付けるビニール製の封筒ですが、
お店で提案していたのが小物のラッピング。

2_2

確かにこの中に小さな雑貨や文具を詰めてプレゼントしたら、
中身が見え隠れしてとってもキュート。
鮮やかな赤も目を惹きます。

他にもシンプルな無地のハガキ20枚セット189円などもあり、
そのハガキを使って写真やシールでコラージュした
お店のアイデア見本がとてもオシャレでした。

3

スコスを訪れると、その独特な品揃えに、
いつもテンションはMAXに!
輸入ものなのにお手頃な価格も魅力的。
プチ海外文具旅気分を味わいに、
皆さんもおでかけになってみては如何ですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

春は出会いの季節!オリジナル名刺で差をつけよう

入学進学、お引越しや新しい趣味を始めるなど、
環境が変わる事も多い春はまさに出会いの季節!
そんな新しい出会いのタイミングで、活躍してくれるのが名刺。
最近は会社勤めでなくても、
個人でプライベート用の名刺を持つ人が増えています。
ブログをやっている人は、
ブログのアドレス、Twitterのアカウントなどをお知らせするのに、
便利名刺屋さんに頼んで作ってもらうというのが
これまで一般的でしたが、
最近は簡単に自分で作る事ができるの、ご存知ですか?

私が最近ハマっているのが、
A-one(エーワン)の名刺用の台紙で作る
オリジナル名刺やメッセージカード。

Photo

台紙は1シート10枚印刷出来て、それが数シート入ってます。
白やクラフト、透明の台紙もあってかなり本格的です。
そしてパソコンとプリンターさえあれば、簡単で、
それでいて自分で撮った写真などを使って
かなり洒落たものを作る事が出来るんです。
と言うのも、エーワンには無料でダウンロードできて
デザインなどを自由に選べて使える、
ラベル屋さんHOME」というラベルや
カードの作成ソフトが有るからなんですね。

そんな訳で、私が「ラベル屋さん」などを利用して作った
オリジナル名刺やメッセージカード、幾つかご披露しますね。

Photo_3

まずオリジナル名刺、
私は我が文具部屋のインク棚の写真を台紙に印刷し、
更にそこにブログのアドレスや
Twitterアカウントをいれたものを作りました。
これ、そのまま渡してもいいのですが、
仕事用の名刺とこのプライベート名刺を
一緒にハトメで留めて渡したりもします。

Photo_4

Photo_5

ハトメで留めただけでちょっとオシャレ。
またこの場合はプライベート名刺を透明の台紙にすると、
重なり具合が綺麗でより印象的です。

また、旅のお土産などやプレゼントを渡す時に添える
メッセージカードもこの台紙で作っておくと便利。
例えばこれは、パリで撮ったエッフェル塔の写真を台紙に印刷し
その下に「Gift from Nobuko」と入れたもの。

Photo_11

他にも、エッフェル塔を、指で挟んだり
ブーツで跨いだりしてる様に見える面白写真を撮っていたので、
それらの写真を台紙に印刷し、
「Souvenir from Nobuko」(信子よりお土産です)  などの
メッセージを入れてみました。
その写真がこちら。

Photo_7

これらはラッピングしたものに
ホッチキスで留めて使うとリボン要らずで便利!

Photo_8

Photo_9

オリジナルのカードは、喜ばれるし話題作りにもなるので
色々な種類をまとめて作っておくといいかもしれません。

Photo_10

文字だけのサンキューカードや、
写真とカレンダーを組み合わせたものなど、
アイデア考えるだけで楽しくって、、、
この名刺作り、すっかりこのところのマイブームです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

4月から新たに書き始めるノート

文具びよりを読んで下さっている読者の方々には、
ノートをこまめにつけていらっしゃる方も多いと思います。
日記や、健康ノート、家計簿などなど人それぞれですが、
新年から気持ちも新たに書き始めたんだけれども、
続いてないという方も少しはいらっしゃるのでは?
実は私もその一人。
ノート好きなんですが、あれこれと欲張って
新年に色んなノートをつけようとするものだから、気がつくとあれ?
最初の3ページで止まってるなんてノートも何冊かあるのです。
結局毎年続いてるのは、何でも思いついた時に書く自由帳のようなもの。
それはそれとして、折角新年度の4月が目の前なので、
この節目に三日坊主になりかけたノートを再開させるつもりです。
新年度の節目を利用しない手はないですよね。
私が4月に再開させるノートは2冊!
どちらもモレスキンノートでいこうと思っています。

Photo

一冊は、ペンコレクション帳。
持っている万年筆や、ボールペン、シャープペンシルなどかなり増えてきたので、
写真とともにそのペンの大体の知識について記録しておくというもの。
文具好きの立場から、勉強も兼ねてコレクション帳を作っておくと
何かと後で重宝するのではと思って新年から始めたのですが、
4月発売の本の執筆に追われて時間が取れず、すぐにほったらかし、、、
そこで反省と共に4月を前に書き始めました。
時々ペンのある風景写真なども入れつつ、
後で見ても楽しめるノートにしたいと思っています。
これは大好きなモレスキンノートのリポーターラージサイズで!

Photo_2

もう一冊は、言葉ノート。
言葉を生業にする職業なので、
良い言葉はいつもチェックするようにしていますが、
それらは今まで自由帳やスケジュール帳などに書き留めていました。
もちろんそれでも良かったのですが、
先日、文房具女子のさおりんとお茶した時に、
彼女がモレスキンノートのポケットサイズを言葉ノートにしていると
見せてくれたことに心動かされた私。
これまでモレスキンノートはラージサイズが中心だったので、
今年はポケットを使いこなすべく、
言葉ノートをポケットサイズでスタートさせようと思っています。
最初の一ページはこんな感じ!

Photo_4

後で読んでも楽しめるように、カラフルに色んなペンを使ったり、
切り抜きを貼ったりしようかなとも思っています。

春という前向きな気持ちになれる季節のおかげで、
この2冊は今度こそ続けられそうな気がしています。
皆さんは、新年度、何か新しい事を始める予定はありますか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

はなまるマーケットが私の文具部屋に!!

先週の木曜日のはなまるマーケット、杉浦太陽くんのコーナーは、
春の文房具特集だったんですが、ご覧下さった方もいらっしゃるかも!

Photo

私、恥ずかしながら、文具好きアナとしてVTR出演してしまいました。

Photo_2

Photo_4

文具マニアとして、新生活におすすめの文房具を紹介するというものでした。
この文具びよりもちょっと映りましたよ~~。

はなまるマーケット「太陽のモノしりたまご」取材班が、
我が仕事部屋兼文具部屋を訪れたのは放送の4日前でした。
小さなお部屋が、カメラクルーとディレクターとADさん5人で
ひしめき合う様子、カメラでパチリ。

Photo_5

ロケのスタッフをあらためてご紹介しますと、
映像を撮るカメラマン、インタビューなどの音を録音する音声さん、
人や物を綺麗に撮影するためにライトを当てる照明さん、
この3人のプロがカメラクルーの基本形、
そこにディレクターとADさんの制作側スタッフが加わります。
これが一般的なロケチームです。

この日は、我が部屋で、私のインタビュー、
文房具の物撮り、部屋に飾られている文具類などを撮影、
二時間半程で終わりました。
私は慣れっこですが、テレビの取材はとにかく時間がかかります。
放送上は数秒しか映らないモノの映像もキチンと照明をあてて、
角度などを色々と変えながら丁寧に撮影します。

Photo_6

というわけで、今回の放送でご紹介した春のオススメ文房具は二つ、
クラフトパンチと、ステッドラーのテキストサーファーゲル。

Photo_7

Photo_8

春らしい桜の花びらのパンチは、
カードや付箋に施すとぐっと可愛くなりますし、
角を丸くするパンチを名刺などの四隅に施すと優しい印象に!
固形の蛍光ペンであるテキストサーファーゲルは、
裏写りもしにくいし、書く時の感触がたまらなく気持ちいい!
気になる方は文具コーナーでチェックしてみて下さいね。
そして、放送はされませんでしたが、
他にもオススメ文具を撮影していたので、ここでご紹介しますね。

愛用しているスコッチの一枚切りペーパーカッターです。
紙の下に下敷きをしなくても、このカッターを滑らせるだけで
一枚だけ綺麗に切り抜きができるというもの。
雑誌や新聞の切り抜きに大活躍!いつも持ち歩いています。

Photo_9

Photo_11

ロケ後に、クルーと記念撮影!
ちなみに私の隣の可愛い女性がディレクターの塩野さんです。
はなまるは他の番組に比べて女性ディレクターがかなり多いんですよ!

Photo_10

そんな訳で、今回の文具びよりは、
いつもは取材する立場のはなまるマーケットに、
文房具ネタで取材を受けてしまったというお話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

もっと桜文具を楽しもう!

先週、満開の桜文具をご紹介しましたが、
今週も引き続き桜文具!
今回は、持ってると便利な桜文具です。

まずは可愛い新製品から!
ディークリップス&メモ 桜柄 (MIDORI 735円)

Photo

Photo_2

桜のクリップが3種12個とミニカードがセットになったもので、
この桜の形のクリップの可愛いこと!
複雑な形なのに良く出来てます。
ちょっとしたプレゼントに添えたら、
短いメッセージでもインパクト大です。

続いて、私が長年愛用している桜文具がこちら!
まず、桜スタンプ各種。

Photo_3

桜と一口に言っても様々な絵柄があり、
持っているスタンプも一つずつデザインが違います。
これを組み合わせて使うと、
例えば無地の袋は華やかに変身します。

Photo_4

また、この季節は、封筒や名刺の隅に押したりしても
季節感が出て良いですよ!

次に、重宝するのが、穴あけパンチの桜型。
私は小型と中型の大きさが違うものを持っています。

Photo_5

ピンク色の付箋にパンチすると、春らしい付箋の出来上がり!
パンチのいい所は、抜かれた紙も可愛いけど、
その時に出来る小さな桜片も使えること。

Photo_6

ピンクや白などを沢山貯めておいて、お手紙に忍ばせると、
開く時にヒラヒラっとこぼれて、風流なお便りに!

Photo_8

また、封筒などにシール代わりに貼っても素敵です。

どちらも数百円で買えるお手頃文具ですが、
10年近く使ってもびくともしませんし、なんと言っても、
簡単に春を演出出来るところが嬉しい!
大手の文具店では何処でも扱っている定番ものなので、
気になる方はチェックなさってみてはいかがですか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

今まさに満開!桜文具

2月後半、春の足音が少しずつ近づいてきました。
街中のウィンドウは早くも春のファッション!
そして文具売り場は、そう!一足早く桜が満開です。
日本人は、国花にもなっている桜の花が大好き。
これまで海外の文具店を彼方此方回ってきましたが、
桜モチーフをこれ程文具や雑貨に取り入れてる国は
日本をおいて他にないと思います。

昨日、銀座ITO-YAで文具のお花見を堪能、
一番多く咲いているのが、半地下のカード売り場でした。
そこで見つけたのが、桜の立体カード。
年々凝ったものがどんどん出てきて本当に嬉しい限り!

Photo_11

しだれ桜が幾重にも重なる様が歌舞伎の舞台のようなカード。
立てて飾れます。

Photo_13

Photo_14

桜がわーっと飛び出すものや、

Photo_15

扇型のもの、

Photo_16

小さな雛壇が登場するものなど
日本製のカードは繊細で凝っていますよね。
これらが500円以内で買えるんだから、
ついついまとめ買いしてしまいます。

更にこの時期になると充実しているのが桜の便箋や一筆箋。
これまた膨大な種類が出ているのですが、
私のお気に入りは、何と言ってもMIDORIの桜柄レターセットです。
(季節限定、便箋504円、封筒378円)

Photo_17

様々な桜柄の便箋が出ている中で、このシリーズは、
桜のモチーフが大胆に大きく配されているところが印象的!
なのに派手すぎず上品、色使いのバランスがいいからでしょうか。
柄にインパクトがあるので
字の拙さがカバーされる気もして、愛用しています。

Photo_18

伊予和紙や越前和紙でできていて
透かしが綺麗なものもあります。
一筆箋(378円)も花びらが大ぶりなので、
空白が目立たず簡潔な文章でもおさまり良く見えます。

Photo_19

桜の切手を貼って季節感たっぷりに仕上げると、
貴方も手紙上級者!
ご家族や知り合いに、ひと足早く満開の春を
届けてみてはいかがですか?

ということで、今回書ききれなった桜文具については
また次回ご紹介しますね。
どうぞお楽しみに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«名旅館のおもてなしの心は、絵葉書に!