オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 味噌、やすみます。 | トップページ | 桜もちを買いに、てくてく »

2009年2月24日 (火)

弥生 ——暦日記

◆ ひな祭り

「忙(せわ)しい」というのと、「忙(せわ)しない」というのと。
 前者は「そうだ」と言っていて、後者は「そうではない」と言っているのに、意味はどちらも「事が多くて暇がない」「おちつかない」。辞典にあたれば、「忙しない=忙しい」とある。
 そういうわけなので、忙しなく、忙しい状態に陥るときいつも、そうなんだかそうでないんだか……、と思うのだ。手前勝手に、「忙しい」ほうはこころをなくす、と、「忙しない」ほうはこころをなくしてはならぬ、というふうに解釈している。「忙」の「立心偏(りっしんべん)」はこころという字、つくりは、無にする、うしなうという意味の「亡」である。
 どんなに忙しく、いかに忙しなくとも、こころはなくしてはならない、と戒める。

 節分を終えた翌日、さて、と腕まくりをしてひな人形を飾る。ここらあたりが、1年のなかでもっとも忙しなく、忙しいところだろうか。
 それでも、かじかむ指先に春をあつめる心持ちだ。
 指先はふるい立つが、胸のほうは少しちがっていて、幾分怖がっているような。1年間眠っていただいていた人形に会うのが、怖いのだ。
 納めた茶箱の奥の奥で、人形たちは耳をこらして、いいや全身をそばだてていて、何もかもを承知しているような気がする。だいいちおでまし願えば、すぐと前の年、しまったときの自分のこころの有り様(よう)がわかる。ひと目で。そのふくらみを保つため、ぼんぼりのなかに入れるはずの綿を入れ損なっている……。樟脳を忘れている……。そんな事ごとに気づくたび、自分の昨年のぼんやりや忙しなさが、おひな様の皆さんに、どんなふうに障っただろうかと思っただけで、人形の目をまっすぐとは見られなくなる。
「すみませんでした」
 いつもこんな調子だ。
 すみませんのこころで、ひな人形を飾ったその日は、晩ごはんを小皿によそってお出しする。ごちそうではなく、いつものうちのごはんを、だ。飾っているあいだ、ときどき供す。ひとの世に出ておいでのあいだ、ひとの世のごはんを召し上がっていただけば、なんとはなしに……、ええと、なんとはなしに申しわけなさが減る。
 しまい方の落ち度もそうだけれども、飾ってあるひな人形の前で、ばたばたと騒騒しいことに対する申しわけなさもある。ごはんくらい供しなければ、とても追いつくものではない。

 3日にはちらし寿司と潮汁(うしおじる)をこしらえる。
 しまうのは3日が過ぎたその週末までに、というつもりでいる。早くしまわないと、娘の婚期がおくれる、と考えているからでは、ない。まるきりちがう。結婚はしたければするがいいし、しないとなればしないでもいい、と思っている。すべては、その生き方のままにどうぞ、である。
 ひな祭りのあとには、また、めぐってくるものがある。春の彼岸(「春分の日」を中日にした7日間)や、卒業など。つぎの気配を招くためにも、前のことは遅れをとらずにお見送りを。
 ひな人形をしまう日には、蕎麦を供する。
「末長いおつきあいを」というねがいをこめて。

「ややっ、蕎麦がない」と気づいた末に、うどんを供したことがある。
 おひな様方のため息が聞こえるようだったが、知らん顔で、ため息もろともさっさとしまわせていただいた。
「すみません」と、こころでは詫びながら。

〈はまぐりの潮汁〉 
材料(4人分)
はまぐり(塩水に3時間つけておく)…………………………8個
昆布をつけておいた水………………………………………6カップ
酒………………………………………………………………大さじ2
塩…………………………………………………………………少し
しょうゆ…………………………………………………………数滴
みつば、または小ねぎ…………………………………………適宜

つくり方
① 塩水からとり出したはまぐりは、よく洗い、昆布につけた水とともに火にかける。
② 煮立ったら昆布をとり出す。
③ はまぐりの口が開いたところで、酒を加え、味見をする。
④ 塩で味をととのえ、しょうゆをたらす。
⑤ 椀によそい、みつばや小ねぎ(小口切り)をのせる。
※ すぐ出来上がりますし、貝は何度も火がとおるとかたくなるので、食べる間
際につくります。
※ 潮汁、船場汁は、さかなや貝からでるだしの力だけをたのみに、ほかのだしをとらずにつくります。が、はまぐりの場合は、そうたくさんは入りませんから、このたびは「昆布をつけておいた水」を使いました。昆布はちょっぴり、3〜5cmくらいでいいと思います。
※ はまぐりが手に入らなかったら、しじみのおすましがおすすめ。しじみは真水で砂を吐かせます。ほかのつくり方は、はまぐりの潮汁と同じです。


Photo
おひなさまのごはん。
豆皿や、杯(さかずき)にちょっとずつ、
こんなのを。


Photo_2
いま、うちには、
娘3人がそれぞれに持っている、小さなひな人形と、
彼女たちが幼い日につくったひな人形が、
あちらこちらに飾ってあります。
         
わたしは、実家からこの豆雛を持ってきました。
内裏様の全長が、3,3cmという大きさ。
初めてお会いしたときから、内裏様の
お顔はなかったのでした。
「ねずみが齧ったのかしら」
と、祖母がこの人形を見るたび、
つぶやいたものです。
お顔のない人形をお目にかけるのは……、
と思いましたが、愛着深き古くて小さな
ひな人形です。

|

コメント

寧楽さま

とっておきのお話を。
どうもありがとうございます。

いちごの甘さがねえ……。

わたしも、心して「おさがり」を食べるとしましょう。
胸がばくばくしてきた。
ひいなたち、やっぱりすごい存在ですね。

そういうことを、発見し、
お子たちに伝えられる寧楽さんも、すごいや。

佳い3月を。

投稿: ふ | 2009年2月28日 (土) 15時26分

ふみこ様

我が家のお雛様(うちでは、ひいなと呼んでいます)は
食いしん坊です。失礼かな!?ほとんど夕飯をともに。時にはデザートも。
イチゴはお供え後おさがりしたのを食べると、
本当に甘さがなくなっているんです。
これには子供たちもびっくりでした。なので今年もせっせと
はこんでいます。人数が多いので。少し多めです。
親の気持ちがつまったお雛様には思い入れがいっぱいと
改めて思いました。ありがとうございます!

投稿: 寧楽 | 2009年2月28日 (土) 09時55分

えぞももんがさま

ひな祭りというだけで、
みなさん、少女に戻っているような。

不思議な感覚です。

ことし、ひな人形が、ちがって見えます。
生き生きしているというか、
気持ちが通じるような気がするというか。

ありがとう、みなさん。
ありがとう、えぞももんがさん。

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 17時05分

ふみこ 様
お雛さなのはなし しみじみ読みました。

子供のころは 姉と私2人姉妹でしたが
お雛様がなく 3月3日が近づくと
家じゅうのお人形さんを
1か所に集めて おひな様に見立てました
それも 楽しかったですね

お雛様を片づける日は お蕎麦なのですね
母が作ってくれた
和紙の小さなお雛様を片づける時は
お蕎麦にします

投稿: えぞももんが | 2009年2月26日 (木) 13時06分

ぽんずさま

本、手にしてくださった由、
どうもありがとうございます。

お母様の木目込み人形と、
たのしいひな祭りを。

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 10時13分

きなこさま

食べ盛りっていつまでつづくの?

なんてしあわせなひと言!
お仕事も、この時期はさぞお忙しいと
思うのに、ごはんもどーっさりこしらえて。
ぱちぱち、きなこさん。
(拍手です)。

お互い、どーっさりちらし寿司、つくりましょうね。
よっしゃっ。

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 10時12分

みうみうや(姉風なのね)

うれしいコメント、ありがとうございます。

そうです、そうです、
みうみうさんのひな祭りを!
王子さまふたりも混ぜてあげましょうよ。
男の子にとってもひな人形は、
まぶしい世界でしょうからね。

昨日なんかね、
上ふたりのひな人形の前で、
スコッチ片手に、
愚痴言ったりして。
わたしったら。
不思議な存在ですよね、ひな人形って。

たのしいひな祭りを。

ねーちゃんより

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 10時09分

あささま

いいお話を聞きました。

お雛さまは、ミニカーや、
レゴで遊ぶ王子さまたちを、
たのしく眺めておいででしょうねえ。

できるだけ長く、ここでこうしていたいと、
想う気持ちが、かすかな「憂い」となって、
あらわれているのでは?

その上、
あささんとふたりきりのお茶の時間だなんて。
ひな人形でなくても、うっとりです。

佳い3月を。
にぎやかで、華やかな3月を。

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 10時05分

フィりフヨンカさま

そのようなお忙しさのなか、
コメント、ありがとうございます。
たのしくも忙しない日日、ですね。
息子さん、食べためするんだろうなあ、
お母さんの、ごはん。

疲れてしまわないように。
お元気な3月をお迎えください。

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 10時01分

マドレーヌさま

おとうさまのことを想うという意味もある、
そんななつかしいひな人形なのですね。

時の刻みを眺めつづけている存在。

佳い3月を。
思いで深き3月を。

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 09時58分

あたまのくろいネズミさま

1か月公演!
素敵!

そんなふうに言ってもらえる
ひな人形、しあわせですね。

しあわせだし、
はりきる(?)かな。

たのしい3月をお迎えください。

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 09時55分

risyon さま

どきどき。
ひやひや。
risyon さんも……。
そうかあ、うれしいな。
という気持ち。

佳い3月を。

投稿: ふ | 2009年2月26日 (木) 09時52分

ふみこさま
 
私も節分が終わった週末にお雛様飾りました。
こんなに早く飾るのは何十年振りかしら。
ふみこさんのお陰で、今まで以上に四季の行事を大切にする
気持ちになれました。

娘の初節句に7段飾りを祖母が買ってくれましたが・・・
今は、家の中に物が増え7段飾れなくて、お雛様にごめんなさいね
とお詫びしています。

私のお雛様は、母の手作りの木目込み雛です。
ふみこさんの歴史あるお雛様ようになりたい と言ってます。

お正月、節分、お雛様と毎月の行事が楽しく、心馳せるのは
初めてです。
いつも教わる事が多く、感謝しております。

新刊、おめでとうございます。
いまワクワクしながら、読んでいます。

投稿: ぽんず | 2009年2月25日 (水) 22時03分

月末にお邪魔する(何となくそのペースが気に入っている)きなこです。
でも、毎週楽しみに拝見しています。
ふみこさんの文章はもちろん、みなさんのコメント、大好きです。
漢検と専業主婦をめぐる、お子さんとのやりとりの「けいこさん」。
私の心にもズド~ン!ときました。お気持ちが手に取るようにわかったから・・・。
ふみこさんのお返事に、私も一緒に癒されました。

25歳(男)、22歳(女)、19歳(男)の3人の子どもがいます。
子どもを育てる、いえ、子どもと育つことに、自信を無くした時期もありました。
でも、今は仲良し。
私も今年のおひな祭りには、ちらし寿司と潮汁を用意しようっと。
食べ盛り(っていつまで続くの?)の次男のために、大きな飯台いっぱいに…。

投稿: きなこ | 2009年2月25日 (水) 19時30分

ふうねーちゃん

今年初めて1月7日のブログにお邪魔し、
あったかいお返事をもらい、元気になった 
妹・みうみうです(親しげにすみません)

「自分を楽しませる」
そんなこと、宇宙のかなたに追いやっていた私は、
ねーちゃんのお返事を見て、号泣。
本当にうれしかったです。
お礼が遅くなり、申し訳ありません。
この場を借りて・・・ありがとうございました。

雛人形を飾る季節がやってきたのですね。
豆雛様 素敵ですね。
代々受け継がれてきた心を感じます。

うちは、男の子二人なので、
お雛様は飾らないし、お祝いもしたことがありませんでしたが、
今年は、家族の中で紅一点の私のために(!)
お祝いしようかな・・・と思っています。

実家にあるお雛様、どうしているかなぁ・・・。

今年はねーちゃんのレシピの潮汁、
ぜひ作りたいと思います。
楽しみになってきました。

ここへお邪魔すると、
いつも笑顔になる
素敵な時間を下さってありがとうございます。
また訪問します!

投稿: みうみう | 2009年2月25日 (水) 14時00分

ふみこ さま

なんとなく、今年のおひな様はいつもと違うな~と思っていました。
なんと言うか、帰りたがっている・・・とでも言うのでしょうか。

ふみこさんの文章で、その理由が分かった気がしました。
私たち、全然おひな様をもてなしていなかったのです。

今年は腕白坊主が勢いを増し、おひな様のまわりにミニカーを並べるわ、レゴブロックを並べるわ、ひどい時には登り始めるわ・・・。
落ち着いてゆっくり、なんてできないのでしょうね、お人形さんも。

こどもたちが外で遊んでいる間など、時を見つけてお茶でも出してみようかな。
30ウン年前からの付き合いですし、つもる話はありそうです。

投稿: あさ | 2009年2月25日 (水) 10時54分

ふみこさん、こんばんは。
心をなくしては、ならぬ・・・と思いつつそうもいかぬ今日でした。大学生の息子が帰省中。
「あーー、そうそう誰かの世話するって、これこれ・・。」
ここんとこ、主人と二人またはひとりの毎日だったので久々に思い出しました。
一日中、ごはん、ごはんに追いかけられてるような気がします。

お雛様、娘のと私のと、出しましたがやっぱり自分のお雛様には、特別の気持ちがあります。幼い日、父と母がひとつひとつ丁寧に飾ってくれるのを、弟と二人でわくわくしながら眺め、夜ぼんぼりの灯りにうかぶお雛様は、いまにも話だしそうでした。
こんなに大人になっても、あの時のままの気持ちです。

投稿: フィりフヨンカ | 2009年2月24日 (火) 22時15分

ふみこさま

わがやも節分が終わってから、さぁさぁひな人形を…と出しました。
一年ぶりのご対面です。
このひな人形は娘のために今は亡き父が選んでくれたもの。
毎年、当時のことを思い出します。
かれこれ10数年前です。
ずいぶん年を重ねたものですね。

>ひな人形をしまう日には、蕎麦を供する。

今年はわがやもひな人形をしまう日には蕎麦にしようと思いました。
なんだかとっても楽しみです。


投稿: マドレーヌ | 2009年2月24日 (火) 14時42分

私がうまれた時 
祖母からプレゼントしてもらった
七段飾りのお雛さま。
3等身の木目込み人形が
可愛らしくて 大好きでした。

今はビリヤードの台に毛氈をひいて
毎年1ケ月公演していただきます。
お菓子や果物をお供えして
毎朝 お茶を取替えするので
千秋楽の後は 
また来年ね~と思いながら
さみしい気持ちになってしまうのです。


投稿: あたまのくろいネズミ | 2009年2月24日 (火) 14時38分

ふ さま

お雛様に、ご飯をお出しする。
いいですねぇ。

先日、我が家も、お雛様を飾りました。
娘二人分。お暇なときに、見てあげてくださいませ。

毎年どきどきしなかがら箱を開けます。

どきどき というより ひやひやですね。
開けて姿を確認してから、ほっとする毎年です。

お雛様の前で、ひな祭りの食事をする割に、
なんにもしてあげておりませんでした。

一緒のご飯を、今夜早速さしあげてみます。

投稿: risyon | 2009年2月24日 (火) 11時00分

コメントを書く