オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 弥生 ——暦日記 | トップページ | はぐれる »

2009年3月 3日 (火)

桜もちを買いに、てくてく

 ひな祭りのことでは、もうひとつ決めごとがある。
 決めごと、というほど堅苦しいものではないけれど、脳みそのなかの「決めごと」の項目に組みこんでおかないと、すぐ、忘れる。そういう意味での、決めごと。

 いまのところはまだ、こういう具合だ。
 3月3日が近づくと、「何かすることがあったはず」と、アタマのどこかで豆電球のようなものが点滅をはじめる。何かって、何……。
 やっとのことで、「桜もちを買いに、てくてく」というところに行きつく。

 わたしは、じつのところ甘いものを滅多に食べないし、近くにも極めつけの甘党がいない。いや、いた。夫の父は甘党だ。酒は一滴も飲まないかわりに、晩ごはんがすんでから、「大福を1個だけ食べてもかまわないかな」と口ごもる。口ごもるのも道理で、大福なら、すでにおやつに食べている。義母(はは)の顔をそっと見ながら、小さく「大福」と訴える姿は微笑ましい。
 そんな様子を眺めると、甘党が愛しく思える。
 というわけなので。
 甘いものはたんとはいらないそのかわり、ぽっちりの甘みを大事にしたい、という想いが湧く。
 その象徴のような日なのである、「桜もちを買いに、てくてく」は。
 家から、隣り街の吉祥寺(きちじょうじ)まで、歩く。すたすた行けば25分だが、もう少しゆっくりと行く。あちらのあれをたしかめ、こちらのそれを覗きながら。春が冬の背中をぐいぐい押そうという季節だから、あたりの変化はこの上もなくおもしろい。
 前の週には固くつぼんでいた花の芽が、いつの間にか動いていて、じき咲きだそうかという風情。あららら、とあわてる。あわてたってだめである。相手は、待ってはくれない、少しもだ。

 このたびのてくてくの道すがら、いちばんうれしかったのが、こぶしの木だ。昨年、「花芽がほとんどついていない」と友人におしえられ、あわてて駆けつけ見上げた老こぶし。この1年、「どうか元気になって、来年は花を咲かせてください」と、通りがかるたびに念じ、「お加減いかがですか?」と、幹に手をおきささやいた。
 そのこぶしが、どうだろう。ことしはたくさん花芽をつけている。来週のうちに、ほとんど咲きそろうという勢い。
 樹木のお医者さまが治療を施したのかもしれないし、どこからか不思議な作用も降りそそいだものかもしれぬ。何にしても、この世の、まだまだ見捨てられてはいない証のような気がして、畏れいる。自分たちがくりかえしてきた無慈悲にもかかわらず、これは、と。

 さて、桜もち。
 ここでもとめる、と決めているその店は古くて、昔のままのかまえで立っている。こちらも、できるだけ昔風——折り目正しく、と言ったらいいだろうか——に、その店の客になろう。
 包みを胸に抱きながら、てくてくやってきて桜もちを得、またてくてく帰ろうとするその幸いを噛みしめる。

Photo
こぶしの木です。

 

Photo_2
近づいてみると、花芽がいっぱい。
いっぱいなんです。

 

Photo_3
東京吉祥寺にある老舗の、
こんな包みを抱いて、帰ってきました。


Photo_4
なんともいえない風情です。

|

コメント

寧楽さん

折り目正しいおひとだ、
というのが、第一印象。
その、凛とした感じ、忘れられません。

いまは……加えて、
おもしろみでしょうね。そして、食いしん坊、ね。

ほんとうに、いつもありがとうございます。

投稿: ふ | 2009年3月 7日 (土) 11時35分

えぞももんがさま

北海道の春は、たやすくは
めぐらない……という気がします。
待ち遠しさも、ひとしおでしょう。

先日、東京に雪が降ったんです。
見ている間に雨が雪にかわった……。
大学まで北海道で育った友人から、
ぴゅんとメールがきました。
——いま、雪にかわった。うれしい!
と。

雪がうれしい彼女の気持ち、
わかるなあと思って。

いまや東京暮らしのほうが長くなって、
いつの間にかえらくなっちゃった友人ですが、
わたしには、道産子という面が際立って見えます。
そう、雪ん子みたいなひとなんです。

道産子友だち自慢、でした。


投稿: ふ | 2009年3月 7日 (土) 11時33分

ふみこ様

今年のひいなには、たっぷり食べていただきました。
桜餅もよもぎのお餅も。
春めいてくると食べたくなりますね。食いしん坊の
我が家です!

昨年のこぶしのお話を思い出しました。
生命力に感謝したいです。
私がふみこさんに出会って一年がすぎるのかと
感慨深いです。

投稿: 寧楽 | 2009年3月 7日 (土) 10時23分

ふみこ さん

こんばんは 札幌は今、春の嵐です。
雨が横殴りに降っています。
これで 一気に春に突入か・・と思ったら
あしたは 冬に逆戻りだそうです。

北海道の春は 行ったり来たりしながら
やってきます。

 こちらでは「こぶし」のことを「北こぶし」といいます
桜餅も 少し違ったものなんです。
ふみこさんの桜餅も 美味しそう!! 
  

投稿: えぞももんが | 2009年3月 6日 (金) 20時16分

みうみうさん

楽しげな、おいしそうなひな祭り。

末の子どもの学校給食も、
ちらし寿司でした。
重なったけど、えいやっと、
こしらえてしまいました。

ひな人形の皆さんと、
「ちらし寿司、運びますからね」
と、約束もしてたので。

手巻き寿司、という手も……。

ねーより。

投稿: ふ | 2009年3月 5日 (木) 09時24分

「の」さま

ばったりお会いしたら
(いつ、その日がくるでしょうね)、
お店、おおしえします。
そちらのも、おしえてください。

ひな祭り、ふわっと、
甘やかな空気が漂いますね。
不思議。

佳い3月を。

投稿: ふ | 2009年3月 5日 (木) 09時20分

MIKIさま

それは、道明寺……ですね。
東京では、そう言うと思うんです。
その、つぶつぶのも、好きです。

桜もちと、道明寺。
葉っぱを食べるか、食べないか。
……など、いろんな話がひろがりますね。

葉っぱ、食べます。

投稿: ふ | 2009年3月 5日 (木) 09時17分

risyon さま

おひな様方、どんなにか
およろこびか、と。

土曜日にしまわせていただこうと
思うので、その日は、蕎麦をね。
ことしは、忘れず用意します。

春らしい煮ものを添えて。

いつもありがとうございます。

投稿: ふ | 2009年3月 5日 (木) 09時15分

ぽんず様

咲き誇るってコトバ、
そういえば、ありましたね。
だけど……。
花って、誇らないと思いません?
咲いたって。

だれに見せようと思って
咲くわけじゃない……。
その、無意識の感じが、わたしも
ほしいなあと思っていまして。

仕事も、そんなふうにできたら、と。
(家のことは、すこし、そうかもしれません、
いま)。

投稿: ふ | 2009年3月 5日 (木) 09時12分

ねーさん

昨日、お雛様をお祝いすることができました!

花屋で、桃の花と霞草、ピンクと薄紫のスイートピーを買ってきて
早速飾り、ニンマリ。

お雛様は、二男が幼稚園で作ってきてくれたかわいいお雛様。

ねーさんのレシピのはまぐりの潮汁
とっても美味しかったです。

手巻き寿司(長男が給食でちらし寿司を食べてきたので・・・・) 
ブロッコリのおひたしと
それから、桜もち。
ねーさんの桜もち、美味しそうですね。
ねーさんと並んで、てくてく桜もちのお買物の
お供をしたかったなぁ・・・などと、妹みうみうは思ってしまいました!

昨日は、おかげ様で大満足のひな祭りになりました。
これも、ねーさんのお陰です。
ありがとうございました。

来年も続けていこうと誓った私でした。

こぶしの花、元気になって良かったですね。
心は通じるんだなって、うれしくなりました。

投稿: みうみう | 2009年3月 4日 (水) 16時14分

ふみこさま

どのお店の桜餅かな・・・?と想像しつつ、私も近々吉祥寺の街を
歩いてみたいと思います。

我が家でも、夕べ、ささやかなひな祭りをしました。
一緒にちらしずしを食べて、ひな祭りの歌を歌って♪
実家では4月3日がおひなまつり。
そのため(?)、我が家でも2月の終わりにおひな様を飾って、
4月最初までゆっくりおひな様と過ごします。

そういえば、実家でも毎日ごはんをお供えしてましたっけ。
ふみこさんに習って、うちでも小さい食器に食事を盛り、
おひな様にお供えするのは、娘の役目となりました。

雨続きの東京ですが、なんとなくひな祭りでこころうきうきの私です。

投稿: 焼き海苔の の | 2009年3月 4日 (水) 14時29分

私も、昨日”何か忘れてるような気がする”と思ってこちらを拝見したら、、、
桜もちを忘れていました(^ ^;)ゞ ざんねん。
おいしそうな桜もち。こんなにキレイで繊細なら、てくてく行きたくなりますね。
私が馴染んでいる桜もちは、モチ米のようなツブツブした丸い形のものなので、
写真の桜もちとは別のように見えます。地域によって違うものなのでしょうかねぇ。

木々のいのちに心を割いたり、桜もちのためにお出かけするふみこ様。
身近にしあわせを感じたりシンプルに生活する感じ。
やっぱり私のあこがれです。

投稿: MIKI | 2009年3月 4日 (水) 10時00分

りっぱなこぶしの木ですねぇ。

ひな祭りの日、我が家でもお雛様にお膳をあげました。

おむすびで作ったお雛様と菜の花のおひたし、スープです。

今年は、お雛様にも喜んでいただけたような気持ちになりました。

ふ 様のおかげです。ありがとうございます。

投稿: risyon | 2009年3月 4日 (水) 09時22分

ふみこさま

今日は仕事がお休みで、映画『チェンジリング』を観てきました。
実話を元にして制作した作品だけに、ちょっと重かったですが
見ごたえありました。

そして私も「桜餅」買って来ました。
甘党なので、食事の後で必ず甘い物を食べたくなるんです。
桜餅の葉の香りが、春を感じさせてくれました。
ひな祭りの歌を口ずさみながら渋いお茶と桜餅、癒されました。

こぶしの木、元気になり本当に良かったです。
咲き誇る日が楽しみですね。
我が家のクリスマスローズも元気に花開いています。

投稿: ぽんず | 2009年3月 3日 (火) 18時17分

マドレーヌさん

さ。
わたしも、これから、大急ぎで
ちらし寿司をこしらえましょう。
錦糸卵だけは、昨夜つくっておいたんです。

ひなそば……。

投稿: ふ | 2009年3月 3日 (火) 16時39分

sally さま

いらっしゃいませ。
うれしいです。

昨年、わたしはこのこぶしの前で、
ちょっと、踊りましたからね。
何かしないではいられないほど弱っていて。

踊り、効いたかな。

わたしの人生の目標は、
木と話をするってことです。
打ち明けたくなりました。

またね。
佳い3月を。

投稿: ふ | 2009年3月 3日 (火) 16時37分

フィりフヨンカさま

王子様、充電して出かけられたでしょうね。
おしあわせだなあ。

それにしても。
おつかれさまでした。

どうか、きょうは、
存分に桃の節句をおたのしみください。

日本全国、あちらこちらで雪の予報。
静かな、不思議な日になりました。
ゆっくりなさってくださいね。

投稿: ふ | 2009年3月 3日 (火) 16時33分

ふみこさま

今日は楽しいひな祭り♪ですね。
そうです!ふみこさん、ワタシは昨日見つけたのです。
スーパーでひなそばを売っていたのです。
もう、ビックリ、です。
ひなそば…。
今夜はちらし寿司とひなそば、それから菜の花のおひたし、で決まりです。
なんだか嬉しいなぁ。

こぶしの木、今年は花芽がいっぱいですね。
こちらもすこぶる嬉しいです。

投稿: マドレーヌ | 2009年3月 3日 (火) 16時09分

初めてコメントします。
コブシの幹に手をおいて語りかけていたふみこさんの姿を想像したら、どうしても書き込みしたくなりました。
昨年、語りかけたふみこさんの言葉が、絶対にコブシを元気にさせたのだとそう思うからです。
私も、樹木に話しかけるときは、幹に手を置き、心の中で話しかけます。
この言葉が伝わってるといいなあと思いながら。。。(声に出してしゃべってたら、周りの方に変な目で見られる心配もあるので。。)
コブシの花のつぼみ、元気が出ますね!
こんなに大きなコブシ、近所では見られません。満開になったら見事でしょうねえ。

投稿: sally | 2009年3月 3日 (火) 15時06分

ふみこさん、
お雛様そのもののような桜餅。
可愛らしくて食べるのがもったいないようです。
てくてく歩いて、おつかいに行くのもいいですね。
遠くだと気がつかなかったはずなのに、てくてく行くと小さな春にいっぱい出会えますね。おかげで私まで、こぶしの花芽見せてもらえました。うれしい。

ふみこさん、やっと息子が帰りました。
「やっと」が実感です。
久しぶりに「こんだけも、誰が食べるん?」というくらいご飯作りました。
「帰りは、弁当つくってな。」
と言われると、やっぱりあれこれ作って持たせ・・・。

私も、てくてく桜餅買ってこよう。

投稿: フィりフヨンカ | 2009年3月 3日 (火) 13時55分

コメントを書く