オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 思いがけないがんばり | トップページ | 不足好き »

2010年3月16日 (火)

がらん

 ——みんなのうちと、うちんちのいちばんちがうところって……。
 と、末の子どもが何気なく云ったのは、いまから3年前のことだ。どきりとした。何を云いだすのかしらんと思いつつ、おうむ返しだ。
 ——みんなのうちと、うちんちのいちばんちがうところって……?

 ——れいぞうこ。
 ——へ?

 冷蔵庫?
 聞けばこういうことだった。
 お友だちの家に遊びに行き、何かの拍子にそのお宅の冷蔵庫のなかを見てしまった。「よもやアナタ、勝手に冷蔵庫を開けたんじゃないでしょうね」と問いつめるも、そういうことではないらしい。
 お友だちのお母さんがおやつを出してくださるときに、見えたんだとか。そして、目に飛びこんできた冷蔵庫の扉の向こうには、驚きの光景がひろがっていた。
 ——食べものがぎっしり入ってるの。お菓子もジュースもたくさん。
 子どもは、うっとりとした表情で、云う。

 そうかそうか、と可笑しくなる。
 うちの冷蔵庫のなかはといえば、「ぎっしり」どころか「がらん」だもの。
 子どもは、よその「ぎっしり」を見て、うちの「がらん」を、さぞ儚(はかな)くもさびしくも思い返したことだろう。
「けれどねアナタ、冷蔵庫もそうだけど、食糧を溜めこむことが、お母さんの安心にはつながらないのよ」と、末の子どものうっとりをもみ消すように、云う。
 献立と材料をすり合わせるという、緻密(ちみつ)な台所生活を送っているわけではないからえらそうなことは云えないけれど、「持ち過ぎれば使いきれない」というのが実感だ。
 缶詰も、乾物も、買い置きの調味料も、それぞれ決まった場所(かご、ひきだし)におさまる分しか持たないことにしている。
 ときどき、雑誌やテレビでおいしそうなものをみつけて、作り方を書きとったりすることもあるけれど、そこにわたしが持っていない調味料が登場したとしたら……、買わない。なぜといって、たとえ買っても、その1回きりしか使わないことが目に見えているからだ。こういう場合は、ない知恵をしぼって代役を立てたり、「それ」がなくてもすむやり方を考える。

 冷蔵庫も同じで、わたしには「ぎっしり」を使いきれない。「ぎっしり」の奥からは、なんだかわからないが佃煮らしきもの(?)、珍味らしきもの(?)が出てきて、そのたびぎょっとさせられるのに決まっている。
 そういえばその昔、冷蔵庫の野菜室の下のほうから、ビニール袋に入った緑色の液体が出てきたことが、あったなあ。
 ……なんだろうこの緑のものは。……ええと、ええと。
 ——きゅうりだ(がっくり)。

 そういう苦い緑色の記憶があるからこそ、自分の守備範囲を知ることもできたわけだろう。その範囲の広くないことは、ほんの少し哀しかったが。
 常連の居場所は、すべて決まっている。おかげで、ここ十何年間は、怪しいモノにも、それが何だったか思いだせないようなモノにもお目にかかっていない。
               *
「ぎっしり」にあこがれるアナタの気持ちもわかるけど、わたしは「がらん」しか、守りきれない。許してね。
 そして、アナタの目からは「がらん」としか見えないかもしれないこの台所には、じつは10日間、家にとじこめられても食べるものに困らないだけの蓄えがあるんだ。ほんとよ。
 とじこめられる日はこないほうがいいのにちがいないけれど、もしもよ、もしもきたら、「がらん」が底力を発揮するところを、見られるよ。


Photo
冷蔵庫のなかには、定番の容器が、
時としてカラッポで入っています。
「ゼリーのジュース」という名札を下げているペットボトル。
これは、ゼリー(冷蔵庫のなかの、定番ちゅうの定番)を
つくるためのジュースの容れものです。
1ℓ入りジュースをもとめたとき、1単位500ccでつくれるので、
残りはこのペットボトルに入れておくわけです。

右の容器は、ドレッシング専用の瓶です。
同じモノが3つあります。

ここでも、プラ板が活躍しています。


Photo_2
これは、油っぽいものを冷蔵庫に入れるときの
座布団(瓶や缶のフタ)です。
冷蔵庫の掃除は、そうたびたびはできないので
(したくないので?)、こういう座布団が威力を発揮します。
キッチンペーパーを四つ折りにしただけの座布団だって、いいのです。

写真右は、
長ねぎの青いところを刻み、オリーブオイル(サラダ油でもよい)に
漬けたもの(冷蔵庫の定番/万能のタレです)。
どんな風に万能かというと、野菜(生でも、茹でたものでも)の上に
これをかけ、しょうゆをちょっとたらすというのがドレッシングの
働きをするのです。
その他、炒めもの、焼飯にも活躍します。
万能でも、秘伝でも、ちょっと油気が瓶の底にまわりますから、
座布団が必要になります。

|

コメント

仙台のじゅんこさん

おはようございます。

とてもとても、すがすがしいものを
読ませていただいて。
うれしく、そして励まされてもおります。

今週、わたしも、小学校の卒業式に
のぞみます。
小さな役目もあったりして、
緊張が心身に貼りついています。
そんなときに、ありがとうございます。

すべてを終えたとき、
じゅんこさんのような気持ちで料理できる、
そういうわたしになりたいと思います。

お疲れさまでした。
これは、今年度の分ね。

投稿: ふ | 2010年3月23日 (火) 06時03分

つくしさん

「任命」すごいです。
そこまで、一気に……。

佳い今週を。

では。

投稿: ふ | 2010年3月23日 (火) 05時59分

山本ふみこ様

金曜日、小学校の卒業式に来賓で出席しました。(役員なんてやってるもので…)

最後に校庭でお見送り。卒業生とお母さん達、一人一人全員と握手をしました。たくさんの泣き笑いがまぶしくて…。

それから、感動と寂しさとで脱力状態に(^^;
我が子の番にはいったいどうなってしまうのか…。

寂しさをこらえて、ご飯を作りました。洗って切って、野菜の香りにうっとりして…お料理って、確実に元気をくれますね。

未来のための作業だからでしょうかね。

投稿: 仙台のじゅんこ | 2010年3月22日 (月) 21時08分

ふみこさま、みなさま。。
ふみこさま~楽しくないです~(泣)
喧嘩はイヤですけど、せっかく結婚したんですもん。
旦那さんの事が嫌いになって惰性で暮らして行くのはイヤです。
ラブラブはちょっと恥ずかしいですが、「亭主元気で留守がいい」…にはなりたくないです。

早速、
旦那さん、「ペットボトル処理係」
娘、「お風呂掃除係」「土日夕ごはんお手伝い係」
に、任命しました

投稿: つくし | 2010年3月22日 (月) 17時10分

つくしさん

たのしそうな感じを、うれしく
たのしく拝読しています。

すがすがしい今週を。

投稿: ふ | 2010年3月22日 (月) 16時48分

brownbear さま

やさしいおたよりを。
どうもありがとうございます。

持ち分という意識、いいですねえ。
持ち分をじわりじわりとふやしていく……。
それがひとつの方法かもしれませんね。

春ですね。

佳い日日を。

投稿: ふ | 2010年3月22日 (月) 16時46分

フィりフヨンカさん

きしきしに、効きますよね。
わたしも、それです。

急ぐことがあっても、つい、
片づけたりしています。
効くなあ、と思います。

投稿: ふ | 2010年3月22日 (月) 16時44分

Koujiさま

自分が変わるしかない。

それ、賛成です。

投稿: ふ | 2010年3月22日 (月) 16時43分

つくしさん

家のことは、その屋根の下で暮らすすべての
ひとがつくっていくものですものね。

もし「責任者」というひとがあるなら、
そのやり方を、粛粛と浸透させていくということでしょうか。
……なんて、ちょっとこわいですね。

投稿: ふ | 2010年3月22日 (月) 16時41分

koujiさま。brownbearさま。
ありがとうございます。

旦那さんの実家はもっと激しく、カウンターはビン詰めや食器、DM、生けた花(大)etc…が占領し、テーブルも同じ感じで天板?が見えません。床は歩くと靴下が黒くなり、庭には樹木と大量のプランターが並び、もはやジャングルです
旦那さんはそんな環境で育ったので、「使った物を元に戻す」という習慣がありません。出しっぱなしでも叱られた事が無く、ハサミでもペンでもテーブルの上にあったそうです。
「元に戻せと言われるとストレスが溜まる」とキレてしまいました。
…これを子どもと思おうとするにはちょっと無理が……。
お姑さんは悪い人では無いのですが、ワタシが片付けているのを3倍速で散らかして行く人です。
それがものすごいストレスになり、心が折れて、家を出ました。
旦那さんは、今年46歳です。もう、無理なのでしょうか?
ワタシが、病気になり、間に合わない人間(全てをフォローしきれない)になってしまったのがいけないのでしょうか?
3カ月に1回は大喧嘩になり、旦那さんはも反省するのですが、翌日にはもう…。。泣きたいです。

ふみこさま。。
悩み相談室にしてしまって、申し訳ありません。

投稿: つくし | 2010年3月22日 (月) 16時06分

ふみこ様

昨日はお彼岸の中日。
お墓参りで 懐かしい「こぶし」の花を見つけ嬉しくなりました。
たくさん作ったおはぎを 今日はお客さんに出したり 
お茶の時間 家族にノルマを課したり…しかし まだ残っています。

こちらにお邪魔させていただくと、
皆様のコメントが繋がり合って展開していく様子が
わかって、何度も頷いたり クスッとしたり です。

つくし様のご主人は うちの夫の分身かも と真剣に思った程 そっくりです。
「後で」は永遠に来ないこと 指摘すると 拗ねるところ…全くおんなじ。
私も そういう夫に我が子以上に手を焼くこと度々ですが、
週末に一括 重ねて整頓し 新聞入れにお引っ越し願い
月末には 大抵 旅に出ていただくことになります。
が、増え続ける書籍はこうはいかず 悩みの種です。

kouji様のコメントの ご丁寧で ナイスな見解に 笑みがこぼれました。 
そうですね 子どもね!おだてて 褒めて…やってみます。

「きれいに すっきり」は 一筋縄ではいかない日常をリセットしてくれる
生活の大切な要素では ありますが、
部分的には ごちゃごちゃが あって 
そういう様々なものと(人も) 共存するのも 生活の醍醐味かもしれないと
自分に言い聞かせて まいいか っと呟きます(*^_^*)

「ku:nei」でも ふみこさまの整頓術を拝見しました。
冷蔵庫は 私の持ち分。
ここだけは 「きれいに すっきり」を目指します。 

 

 

投稿: brownbear | 2010年3月22日 (月) 15時22分

つくしさま。
まずは、ふみこさまではなく自分がはなす無礼を、お許しください。
失礼ながら、旦那さまのおはなし、可愛いなと笑ってしまいました。すいません。
たいていの男のひとは、いつまでもこどもっぽいような気がします。(たいてい、であって、大人のひともいるとはおもいますが)こう記すと理解に苦しんだり、抵抗を覚えるかもしれませんが、男の子がひとりいる、と捉えた方が、気が楽になるのでは。
また、対処の仕方もみえてくるかと。叱って駄目なら、とにかくおだてて、やらせるとか。その際、いきなり全てを、と期待はせず、すこしずつことを進めた方が、賢明かと。他人をかえることは、無理です。自分がかわるしか、ありませんよね。
でも、そうはいっても素敵な一面もおもちの旦那さま。その反面(可愛いらしいとおもいますが)…
完璧なひとなどいないものなのだな、と勉強させていただきました。ありがとうございます。

投稿: Kouji | 2010年3月22日 (月) 13時40分

ふみこさま。。

某雑誌できれいなお宅を拝見しました。
ワタシも、こざっぱりが好きです。
ただ、うちの旦那さんは片付けが大嫌い、何でもかんでもその辺に置いておく、半年前に整理した不用品が未だに手付かず…しかも、チラシや案内パンフレットをいつも大量にもらって来て、いつでも見れる様に目のつく所に置いておきたい人です。
ですから、一向に片付きません。
ふみこさまに見習って、しまう場所を作ってみましたが、何でもかんでも放り込んで、そのままです。
とりあえずココに置いといて、後で片付けよう…「後」は永久に来ません。
ワタシが注意すると、逆ギレか拗ねる。
何か解決法ないでしょうか?
掃除も大変な上、かなりのストレスがかかります。
一度、鼻をかんだティッシュを炬燵布団の下に何枚も隠してた時には、さすがに娘も怒り狂いました。
でも、旦那さんは口をとんがらして拗ねるだけでした。

投稿: つくし | 2010年3月21日 (日) 23時35分

えぞももんがさま

かなり、共通しているような気が、
しています(勝手に)。

ねぎ油は、オリーブオイルでなくても、
サラダオイルでも、おいしいです。

この季節は、気をつけていないと、
涙腺がゆるむ一方です。
ね。

佳い春を。

投稿: ふ | 2010年3月21日 (日) 09時50分

ふみこ さん
おはようございます

春の選抜高校野球の 入場行進にウルウルっと
ひと泣きしてからここに来ました。
春ですね

ふみこさんとの 共通点を探しては
やった!と、嬉しくなります。

冷蔵庫、うちの冷蔵庫の中も がら~んとしていると
「あ~、空気がうまい具合に循環している~」と、ホレボレします。

あと、油っぽいものや醤油つぎの下には
ヨーグルトのふたを使っています。

嬉しい共通点!

ネギとオリーブオイルの万能たれ、早速作ってみます


今週も ありがとうございました 

投稿: えぞももんが | 2010年3月21日 (日) 09時33分

つくしさん

おめでとうございます。

門出ですねえ。
いいものが伝わってきました。

校舎に手を合わせる……。
来週、わたしも、つくしさんの真似しよう……。
どうもありがとうございます。

投稿: ふ | 2010年3月20日 (土) 07時58分

きょうこさん

おはようございます。

きょうこさんが「それ」を好きで、
きょうこさんにとってやりやすい、が、
みつかりますように。

投稿: ふ | 2010年3月20日 (土) 07時56分

ふみこさま。。

卒業式終わりました。

校舎に手を合わせてお礼をして、

今、しんとした気持ちです。

ワタシも上手に卒業出来たかな?

ふみこさまと、お嬢さまも卒業おめでとうございます。

投稿: つくし | 2010年3月19日 (金) 13時36分

おはようございます。

ふみこさま
はい。
しっかり受け継げるよう、精進いたします。

あささま
早速、図書館へ行ってみます。
教えて頂いて、ありがとうございました。(感謝のおじぎ)

投稿: きょうこ | 2010年3月19日 (金) 10時19分

くまんばちさん

そのようにお忙しい日日のなかで、「棚卸し」とは。
でも、わかります。
忙しい勢いで……というのも、ありますよね。

けれども、きっとお疲れでしょうから、
すこしはお休みください。

あたまも、こころも「がらん」がいいなあ、と
思わされるきょうこのごろ。

投稿: ふ | 2010年3月19日 (金) 09時48分

「”がらん”道」師範(^^)、ふみこさん、おはようございます!
今週我が家は、「捨て捨てウイーク」(わたし1人ですが^^;)展開中です!
とりあえず今朝は、クローゼット1つを整理。
その前は、げた箱。
「これって、要るの???」
カビにやられた(そして、もう履かないでしょ!なデザインの)革靴、クローゼットに入っていたもの、バッグ、そして、8~10年は着たパジャマ…。
躊躇なく捨てられたのは、これまでそこを覗く度にそう思っているのに気付いているから…。
暖かくなりましたからね、だいぶ。
我が家の「棚卸し」しなければ、ですよね、ふみこさん!


末娘さん、ご卒業、おめでとうございます^^
私はここ数日、来賓として卒業式に出席いたしました。
何と、学校で来賓出席するべきものは、完全制覇^^
「何か、卒業式荒らし、みたいじゃん。」
と私。
「そういうのはなかなか出られないんだから、出といたらいいよ!」
と夫。

…どのお式も、素敵で、あったかな感じでしたね^^
来賓泣かせ(良い意味で、です^^)のお式でした!

投稿: くまんばち | 2010年3月19日 (金) 09時38分

ゆかりんさん

わたしの冷蔵庫にも「柚子こしょう」の居場所が
決まっています。
「ねぎ+油」には柚子こしょうは加えないけれど、
どんなものにも、よく使います。

いい使い方があったら、お知らせします。

ゆかりんさんも、おしえてくださいね。

前にご紹介した「びっくり大根」にも、
柚子こしょうが、よく合います。

おわりになりましたけれど……、
2番めの王子さま、卒園おめでとうございます。


投稿: ふ | 2010年3月19日 (金) 06時42分

Kouji さん

おはようございます。

わたしも、皆さんの書いてくださるものを、
ほんとうにいいなあ、と思っています。
あたたかくて、でも、なれなれしさがないでしょう。

ここには「礼節」と「品格」が香っている……。

それで、ここへくると、
気持ちがぽっと明るくもなり、
背筋がしゃんとするのです。

Kouji さん、佳いきょうを。


投稿: ふ | 2010年3月19日 (金) 06時38分

あささん

「それ」をすれば、しばらく冷蔵庫の掃除は
しなくてすみますから、どうか楽しんでくださいね。

ところで、あささん,花紬は元気ですか?
芽吹きの季節ですね。


投稿: ふ | 2010年3月19日 (金) 06時35分

きょうこさま

はじめまして。
よくいらしてくださいました。

冷蔵庫のおはなしをしたくもあるのですが……、
お母さまの、くぎ煮に気持ちが向いてしまい、
もうどうにもなりません。

この時期に毎年、つくられるのですね。
なんてしあわせな(くぎ煮の)「ぎっしり」でしょう。
きょうこさんも、くぎ煮、受け継いでくださいね。

ああ、くぎ煮、くぎ煮。

佳い日日を。
またいらしてください。
お待ちしています。

投稿: ふ | 2010年3月19日 (金) 06時32分

ラピスさん

家族がふえたいまでも、ひとり暮らしようの冷蔵庫を。

こういう話が、大好きです。
そも、なぜ、大型冷蔵庫がいいのか。
いろんな機能は、ほんとうに生かして使えるのか。
……など、根本的なことを考えてみる必要が
あるような気がします。

ほんとに、ラピスさん、素敵です。
ひとり暮らしの冷蔵庫が、いまも「がらん」だなんて。
なんて、なんて、しまつのいい暮らしでしょう。

拍手させていただいてもいいでしょうか。
ぱちぱち。ぱちぱち。

投稿: ふ | 2010年3月19日 (金) 06時29分

ふみこさま。
二男の卒園式が終わり、ほ・・・っと思ったら、4兄弟がお腹の風邪のうつし合いで、今、3人目。 とほほ~です。

ねぎに油に、「柚子こしょう」(大分の特産品の)
を入れるのは、ふみこさんのレシピではなかったでしたっけ?

義妹が大分の娘で、お土産としてもらって 初めて出会った「柚子こしょう」
弟夫婦は 昨年末に残念ながら、夫婦別れしてしまったけれど、
うちはすっかりこの味のファンになっているので、これからも求めると思います。
スカスカ気味のうちの冷蔵庫の友として。

投稿: ゆかりん | 2010年3月18日 (木) 23時38分

ふみこさま、みなさま。
みなさまのコメント、ふみこさまのお返事を楽しんで読みながら(つくしさまの旦那さまの素敵なこと!つくしさまもきっと素敵な奥さまなんでしょうね)、ふと、冷蔵庫にはいっているのは、食品だけではないんだな、と気がつきました。工夫とか困惑とか、てんやわんやするのは、家族への愛なんですね。しみじみ…

それにしても、みなさまもいい文章を書きますよね。けれん味がなくて、あたたかくてこころよい。文章が備えるべき美徳は、晴朗で快いという美徳。と故向井敏さんの書かれたものにありますが、ぴったり当てはまりますよね。
それはやはり、お手本となる方が素晴らしくよいからだろうなとおもいます。
エッセイではなく、随筆なんですね!ああ、そうか、と納得するところがありました。
ふみこさま、みなさま、ありがとうございます。

投稿: Kouji | 2010年3月18日 (木) 21時50分

ふみこさん

ありがとうございます。
ペーパータオルですね、メモメモ・・・。
野菜室にもチラシを敷いていたので、そちらも新聞紙にかえて、と。

お布団作りとペーパータオル、週末のお楽しみが増えて
うひょひょひょひょ、です。
本当にありがとうございます!


きょうこさん、
ふみこさんの冷蔵庫は、前の号の『クロ○ッサン』で見られますよ。図書館などで探されてみては?


投稿: あさ | 2010年3月18日 (木) 16時53分

ふみこさん、皆さん、こんにちは。
はじめましてです。(ドキドキ

いつも、ふみこさんの文章と、皆さんのコメントを拝見していると
ほっこりと心が和みます。

私も、冷蔵庫は「がらん」のほうが、落ち着きます。
必要な物を、必要な時に、必要な分量だけ買うというやり方が、
私には、合っているように思います。

幸い、自分のぺースで家事ができる環境にあるので
ほぼ毎日、お買い物に行けますし、
用事があるとわかっている時は、前もって、ある程度まとめ買いをします。

実家へ行くと、母が、たくさんの食べ物を持たせてくれて
冷蔵庫が「ぎっしり」になってしまいます。
そういう時は、ちょっと焦ります。
「多過ぎる」と言っても、母は、昔から聞く耳を持ちません。(笑)
もちろん、とてもありがたい事です。
感謝しております。

毎年恒例、母の「いかなごのくぎ煮作り」も、一段落しました。
うちの冷凍庫は、また、くぎ煮でいっぱいになりました。

あ、それから、某雑誌、私も読みたいです。
何という雑誌に掲載されているのか、教えて頂けますか?

投稿: きょうこ | 2010年3月18日 (木) 15時47分

ふみこさま

我が家では、十年以上前に購入した一人暮らし用の冷蔵庫を、家族が増えた今でもずっと愛用しています。
小さい上にいつも「がらん」としているので、家に遊びに来た母は「こんな状態でよくやっていけるねぇ」とあきれ顔。
でも、小さいからこそ「何とかしよう」と工夫する意欲も生まれるんですよね。
すぐ満杯になる、おかずの作り置きも常に空きスペースとの相談が必要・・・など不便な事も多いですが、私にとってはちょっとした立体パズルのようで何だか楽しいです。

投稿: ラピス | 2010年3月18日 (木) 14時57分

あささん

扉のポケットに敷くのは
ペーパータオルがいいのではないか、と。
なにしろ長く敷くことになるので、
チラシだとくっついてしまうかもしれません。

新聞紙を敷くといいのは、野菜室です。

あと、何か参考になりそうなことを、
云いたいなあ。でも……、
もうありません。

せっかく来てくださっているなら、
ちょっと何か残してくださいね。
「おす」とかでもいいので。

投稿: ふ | 2010年3月18日 (木) 14時42分

ふみこさま

お久しぶりです。
毎日のようにお邪魔しているのですが、私だったら・・・と繰り返し考えているうちに、次の週がやって来ていました。

冷蔵庫、私も某雑誌を目を皿のようにして拝見しました。
ふみこさんの冷蔵庫を見たら、掃除せずにはいられなくなって・・・。
早速食材をすべて出し、賞味期限切れを処分し、掃除して扉の収納にチラシを敷いたのでした。
すっごく気持ちよかったです。

お座布団もあるなんて・・・また夢が膨らみました・笑
今週末は、座布団を用意します!


投稿: あさ | 2010年3月18日 (木) 10時11分

ひよかさま

うちんちはいーなー。
と、自分が思いこめるような暮らしがいいですよね。

ひとの評価なんか、いいんだ、わたしは。
(いつも、ひねくれている……)。

でも、ほんとです。
自分が好きなのと、
自分がやりやすいのがいちばんです。

佳いきょうを。

投稿: ふ | 2010年3月18日 (木) 05時55分

恥ずかしい話ですが、高校を卒業して、親元を離れ、生活とゆうものを感じたのは、結婚してから、です。
もちろん、お料理も、気が向いた時のみ、から、毎日に変わったのも、結婚してからで。
その頃の冷蔵庫、パンパンでした!笑。
本を買ってきて。毎日、ページをめくる感じの夕飯。
一度きりしか使わない調味料。うんうん、ありました。代用なんて、柔軟さのかけらもなく、ひたすら、ページをめくり、両手いっぱいに食料を抱えこみ、冷蔵庫に入らず、途方に暮れていた頃。
あの頃の私が、もしも、10日間、お家に閉じ込められたら、ふみこさんのような底力、出せないと思う。パンパンの冷蔵庫を持ちながら、です。

ふみこさんのお家の冷蔵庫や。食材や。調味料や。その他のもの達も。幸せだなぁ、と思いました。

私も、巡り会ったものたちに、感謝を込めて、大切にします。
あそこんちは、いーよー。と言われたい。うふふ。
大切な事を、いつもいつも、感じさせてもらい、感謝しています。

投稿: ひよか | 2010年3月17日 (水) 23時27分

寧楽さん

とんでもないことでございます。
師範だなんて。

お仲間じゃあないですか。

きょうも、どうもありがとうございました。

投稿: ふ | 2010年3月17日 (水) 17時15分

なすさん

わかります。

つづきますよね、故障って。
うつるのかしらん。

モノにも、何か云いたいことがあるのじゃないでしょうか。
メッセージを受けとらなくちゃな、
と思います。

投稿: ふ | 2010年3月17日 (水) 17時14分

ぽこはなさん

がらんばかりがいいのじゃないと思うのですが……。

「がらん」と場所をあけて、
どーんと蟹。
ばーんと肉のかたまり。
……を待ってるのですが、
ちっともやってきませんねえ(笑)。

でも、スペースをもっている感じは好きです。
あなたの居場所はここですよ。って。
どうぞ、ここへ。って。


投稿: ふ | 2010年3月17日 (水) 17時08分

つくしさん

今日はやめて、あるもので暮らしてみたいと思います。

なんていいんでしょう。
わたしも、まねして
そんな宣言をしてみようと思います。

つくしさん、つくしさんの旦那さま、
どうもありがとうございます。
おじぎ。深深と。


投稿: ふ | 2010年3月17日 (水) 17時03分

ふみこさま

いつも整理された冷蔵庫をめざし・・てはいます。
少し気が緩むとだめなんです。

奥のものが記憶から消えないように、今は
列を作り・・・。
三段を朝、昼、夜の食材に分け、小さなものは
透明ケースに入れ。
工夫を重ね!?今に至り^^。

厨房のは使うものがほとんど決まっているので
居場所があります。

私もふみこさんに弟子入りして”片づけたがり”師範まで
よろしくご指導おねがいいたします!
(画面の前で深いおじぎ。)

投稿: 寧楽 | 2010年3月17日 (水) 15時12分

ふみこさま

今朝、とんでもないこと?が起きて少々パニクりました。
ご飯が・・・ご飯が炊けてない!
焦りまくりました。
8年使った炊飯器が壊れました。
一昨日は車が壊れて修理に出して、ホッとしたのも束の間の夢でした。
ちなみに説明書・解説書読むのが大の苦手な私。
旦那さんに説明書を解説してもらったら「購入したお店で点検・修理してください」、
と炊飯器にF01とやらが表示されたまま、うんとも・すんとも動かない。

旦那さんの朝ご飯は、息子のお弁当はと呆然と立ちすくみ・・・
深呼吸をして、冷凍庫に焼きおにぎりが、神様ありがとうと感謝しました。
息子には、昼ごはんパン代の500円玉を持たせました。

「がらん」となった炊飯器のお釜に「8年間ありがとうね」と呟いて。

家電とか壊れる時って、続きませんか?今度、危ないのは高価な冷蔵庫か?
思わず背筋が凍りました。

先ほど、家電量販店に出かけ実家の母と一緒に新しい炊飯器購入してまいりました。
直せば使えると思うんですが、今夜の夕飯はどうなるのかと真剣に真面目に考えても無駄、
もう1つ炊飯器がなくてはどうにもならんじゃん!
と、無い頭を最大限つかって、疲れてしまいました。

くだらな話で申し訳ありません。「がらん」となったお釜はキッチンの何かに役に立つようとっておきます。
ありがとう炊飯器さん、そしてようこそ炊飯器さん。 

投稿: なす | 2010年3月17日 (水) 14時25分

ふみこさま 
 
冷蔵庫すっきりさせたいです。
わたしの今の課題です。
いつあけたのかわからない調味料がいっぱいあります・・・。
結局捨てる羽目に~

ふみこさんの冷蔵庫は惚れ惚れするくらいすっきりしてますよね
タッパーなどをうまく利用していますね。

「 がらん 」いいですよね。
隙間があると風どうしがよくなりますもんね。

子供にはものを大事にしなさいと言ってるのにだめですね(^_^;)
今度の日曜日にすっきりさせるぞーーー!!

投稿: ぽこはな | 2010年3月17日 (水) 10時21分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。

「がらん」の冷蔵庫。
ワタシの理想です。
実際は、「ナンダコリャ?」って物が奥の方から発見される状態です。
毎週、水曜日には買い物に行くのですが、
今日は止めて、あるもので暮らしてみたいと思います。
乾物もあるし、実家からもらった野菜もあるし、肉魚はちょっと足りませんが、お豆腐や大豆で植物性たんぱく質を。。
ヘルシーな日々になりそうです。

旦那さんが、ホワイトデーのお返しに
「おとな時間の、つくりかた」を買ってくれました♪

投稿: つくし | 2010年3月17日 (水) 10時19分

あいあいさん

どうもありがとうございます、
変わりなくやっています。

あれもこれも、と、
いっぺんに取り組むとくたびれていやになるので、
冷蔵庫も、きょうは野菜室を整理しようとか。
ひきだしひとつ、片づけよう、という具合に、
「遊びながら」取り組むといいようです。

何にでも「遊びごころ」は必要だと思うんです。

たのしくないと、ことがつまらない方向に流れるような
気もして。

投稿: ふ | 2010年3月17日 (水) 10時09分

ろーずうっどさん

こちらこそ、お母さまとおんなじで、
光栄です。
この座布団のおかげで、
冷蔵庫の掃除は滅多にしなくてすみます。
ほんとうです。

投稿: ふ | 2010年3月17日 (水) 10時05分

Kouji さん

ほんとうにうれしいです。

こっそり日本の随筆の世界の端っこを
つかんで生きているつもりなので、
そんな風に云っていただくと、空にも
のぼる思いがします。

ねぎオイル(サラダ油でも)を茹で野菜に
とろりとかけ、しょうゆをたらして食べると……。


投稿: ふ | 2010年3月17日 (水) 10時03分

あつこさま

買いものに出ると、つい。
わかりますねえ。

わたしは、買いものになかなか行けないので、
いろいろ、いろいろ不足がちになるところが
あるのだと思います。

どうもありがとうございました。

投稿: ふ | 2010年3月17日 (水) 09時59分

こんばんわ。久しぶりに夜更かしをしています。ふみこさん、お変わりないですか?
先日、買い物に行ったときに、何かが私に訴えます。
そして、おもむろにそれを手に取り、そのままレジへ。
帰宅したら、その手に取ったもの-雑誌-に、ふみこさんが載っていました。
そして、がらん とした素敵な冷蔵庫くんにもお目にかかりました。
それを見た夫が嬉しそうに一言。「こんなんが、ええ。」(こんなのがいい。)

春や、秋の季節の変わり目は、なぜだか整理整頓に興味を持つ私。
「納豆の定位置。つくってあげたい。」と申しますので、自分の体調や、末娘のご機嫌を伺いつつ、納豆の場所、おかずの場所、決めてあげたいと思います。

**私、掃除は好きだけど、片付けが苦手なのです。ふみこさんと反対ですね。片付け、もっと勉強したいです。知りたいです。**つぶやきのような、わがままです。

投稿: あいあい | 2010年3月16日 (火) 22時54分

ふみこさま

がら~んと、白い奥がみえる冷蔵庫、ほんとうにあこがれます。

わたしもついついぎゅうぎゅうと詰め込んで・・・
みたことあります。緑色に変身したきゅうり。
おやおや、あちゃ・・・と、反省しきり。

必要以上にもたない暮らしに憧れつつも、
実家の両親が育てた野菜たちをみると、
ついつい両手いっぱいいただいてしまうのです。

大事に料理してせっせと食べて、週末にがらんとなれば・・・
お腹まわりが危険ダケド。
今夜は、冷蔵庫にさえ入らなかったねぎの部分をオイルに漬けてみます。
明日のお弁当の炒め物に間に合うかな。
そして座布団♪
実家でもよくみかけてました。
瓶の下にいろんなものの蓋。
写真をみて、あ、うちと同じ!とうれしくなりました。
うちの母もなかなかやるじゃんって。

今日も楽しく読ませていただきました。
ありがとうございます。

投稿: ろーずうっど | 2010年3月16日 (火) 21時37分

ふみこさま。
亡くなった母方の祖母のことを想いだしました。昔は冷蔵庫がなくて、あっても、木の箱に氷をいれただけの代物だったことをはなしてもらい、だからサザエさんちは毎日買い物にいくんだなとおもった記憶があります。でも想いおこしてみると、祖母もまた、毎日買い物にいっていたような気がする。しょっちゅう、行商さんというのでしょうか、食品を売るひとが家にきていましたし。
祖母と買い物、といえば、トイレットペーパーの特売のときはしょっちゅう一緒に連れていかれました。納戸には山のようにトイレットペーパーが積まれていたもので、オイルショックがトラウマになったのかな、とこども心に推察したものでした。

さて、ぼくのちいさな冷蔵庫ですが。曲がりなりにも自炊していて、お弁当も作っていて(弁当男子や~とからかわれたことも)、ただ、ひとりみなため食材はそう必要とせず、賞味期間が切れていても平気平気と食べてしまい、簡単な料理しなしない(できない)せいか、「緑色の記憶」はありませんが、眠っている調味料はあります。冬眠中です。なんとなく買ってみたカレー粉ペッパーとか、ドレッシングとか。ドレッシングは市販のものは甘すぎたりして美味しくかんじるものがないような気がするので、早速、葱のオリーブ油をしてみようとおもいます。座布団を忘れずに。ありがとうございます。

「緑色の記憶」的なものは大切だな、とおもいました。「守備範囲」を知るための過程として。これは人間関係やいろいろなことに通じることのようにおもいます。

いきなりで恐縮ですが、ふみこさまのお書きになるものは、内容はもとより、文章がほんとうにうまくて、いつもほれぼれしながら読ませていただいております。当代きっての名文家、と言っても過言ではありません。
なんでいきなり、と訝られたかとおもいますが、ほんとうにラッキーだなと自覚した ことを表明したかったからです。
みなさまのコメントもすごく勉強になりますし。幸せだな、ってしみじみおもいます。
ふみこさま、みなさま、ありがとうございます。

投稿: Kouji | 2010年3月16日 (火) 20時22分

ふみこさま。

またまたドキッとしました。
ええ、私も「がらん」を目指しているもののちょっと油断するとすぐ「ぎっしり」になってしまい賞味期限切れが出てしまいます。
ついお弁当にいけそうだとかお買い物に行けない時用にとかで買い過ぎて無駄にしちゃうんです。

あぁ、反省反省・・・反省ついでに冷蔵庫の掃除しようっと・・・
座布団のアイデア頂きます。ありがとうございます。

投稿: あつこ | 2010年3月16日 (火) 16時19分

こぐまさん

冷蔵庫をまんなかに、
ひとつ屋根の下で暮らすひとたちが、
たのしむ、話す、笑う、というのが
いいなあ、と。
「これ、何?」とかって……ね。

冷蔵庫の約束も、だから、絆かなあと
思っています。

投稿: ふ | 2010年3月16日 (火) 16時03分

きんもくせいさん

ああ、なんていい情景……。
ぶりをさばいているきんもくせいさん。

うつくしいです。

ぶり、食べたい。

投稿: ふ | 2010年3月16日 (火) 16時01分

ミントミルクさま

いらっしゃいませ。

自分をがっかりさせないように、
という気持ち、湧くことあります、わたしにも。
ミントミルクさんは、ていねいな仕事を
される方なんですね。

自分のしたいようにするのがいちばん。
「ていねい」を捨てようとしても、
だめなんですよね。

……ゆっくり、ていねい。
ほんとうにあこがれてしまいます。

またね。
おたより、どうもありがとうございました。


投稿: ふ | 2010年3月16日 (火) 16時00分

焼き海苔の、「の」さま

がらんとしているのは、
いちばんには、物覚えのわるさでしょうねえ。
自分の記憶の範囲に合わせると、
がらんです。

小学校生活、どうかどうか、
たのしんでくださいね。


投稿: ふ | 2010年3月16日 (火) 15時55分

ふみこさま。
冷蔵庫の中って、掃除するのおっくうです。なんだかダメ主婦だなぁと思いつつ、
なかなかできません。この頃、計画的に買い物ができるようになってきて、少しは、使いきれているように思います。ときどき、主人や娘に指摘されて、「これ何?」っていうおそろしいタッパーとかでてきますが・・・。

末の娘さん、ご卒業おめでとうございます。卒業式で子どもたちが歌った歌って、何年たっても聞くと感激します。

投稿: こぐま | 2010年3月16日 (火) 15時38分

ふみこさま

座布団、サラダ油とごま油の容器にひいてあげようと思い
ます。
あと、ねぎのオリーブオイルに漬けたの、おいしそうですね。

冷蔵庫、私もきゅうりが溶けちゃってたことがあって、とても
かなしかったです。
がらんとはしてますが、こまごましたものがたまってきている
ので、ちょっと整理しなきゃなあと思っています。

今日は実家からぶりの半身を送ってきました。
最初はいやいやさばいてましたが(^_^;)・・・3年目になってよう
やく楽しめるようになりました。

投稿: きんもくせい | 2010年3月16日 (火) 14時03分

 ふみこさま。 
 冷蔵庫・・・美しく使いたい、いつ誰に空けられても恥ずかしくないよう・・・扉を開け中身が目に入るたびにそう思い、がっかりした気持ちで、そしてまるで中身を誤魔化すかのように閉める。
 娘の風邪が思いのほか長引き、昨日ようやく片付けた雛壇。出し入れの度に感じていた不思議な気持ちの良い感覚・・・。美しい。
 取っ手のついた大きな約90cm四方のダンボールの中を、3つのダンボール容器で縦3段に仕切る。上に取り出す引き出し(?)とでも言うのでしょうか。そしてまた1つ1つの小物の置き場が決まっており、不織布の袋に入れ、そこに収める。
 ぴったりと収まる。
 ものの居場所を決めることは・・・気持ちをもそこに収める、ということなんでしょうか。言いようのない、快感。ぴったりと、隙間なく。
 掃除・整理・収納・・・一生ついて廻る課題。自分の理想はあるはずなのに、時間がない、疲れたなどとのたまっては ついつい後回し。反省しきり・・・です。
 主婦業、がんばります☆ この春こそ、我が家の死蔵品を追放できますように。

投稿: ミントミルク | 2010年3月16日 (火) 13時49分

ふみこさま

「がらん」としていられるというのは、新しいものを入れられるということですよね!
以前のエッセイで書いていらした、呼吸のお話とちょっと似ているような・・・
(真弓先生は、娘の保育園の主治医の先生なんです)
もっともっと、「がらん」を目指して、暮らしたいなぁ。

週末、保育園の卒園式でした。
自分の卒業より、じーんときてしまった一日でした。
ふみこさんの娘さんも、ご卒業ですね。
心から、おめでとうございます♪

P.S.
先週のメッセージありがとうございました!
ふみこさんのメッセージしっかり受け止めて、
手帳に書き留め、折にふれ見ています。

投稿: 焼き海苔の の | 2010年3月16日 (火) 13時36分

マドレーヌさん

はやいですね、1年。
マドレーヌさんとお嬢さんに「おめでとう」を
云ったのが、ついこのあいだのことのようです。

冷蔵庫、あきれるほど「がらん」です。
「ぎゅうぎゅう」が苦手と云ってくださって……、
ほっとしています。

投稿: ふ | 2010年3月16日 (火) 12時19分

なすさま

元気いっぱいのおたより、うれしく
読ませていただきました。

帰ってくるのはうれしいやら、
めんどうくさいやら……くすり。
そういうのは、
しあわせな母ちゃんのこころですね。

投稿: ふ | 2010年3月16日 (火) 12時17分

ふみこ様

冷蔵庫のお話、興味深く聞きました。
私の冷蔵庫の理想は「がらん」です。
「ぎゅうぎゅう」は少し苦手です。
だから「がらん」だと嬉しい気持ち、使い切ったなぁ~と達成感なんかもあったりして、です。

ふみこさんの末のお嬢さん、卒業式のころだなぁ~思う三月の日々です。
ご卒業おめでとうございます!

投稿: マドレーヌ | 2010年3月16日 (火) 11時09分

ふみこさま こんにちは

わがやの冷蔵庫は結構詰まっています。もう3日くらいで、「がらん」になりそうです。
高校生の息子に、昨日「明日は、弁当だから」っと言われ慌てまくりましたが、何とか今日のお弁当はできました。ほっ・・・
来週の中には娘が帰ってきますので、今度の日曜は旦那さんと買出しに行かなければ。は~~~!

帰って来るのは嬉やら、面倒くさいやら心が混乱状態です。
あっ!納豆を捨てておかないといけない、賞味期限とっくにっ過ぎてます。
とほほです。

ではでは、また何か面白い事があったら書き込みさせて頂きます。

投稿: なす | 2010年3月16日 (火) 10時13分

コメントを書く