オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 忘却に | トップページ | なんだ、こりゃ »

2010年4月13日 (火)

なりゆき

 その朝は4時前に目が覚めた。
 ゆとりのあるはじまりになるな、とうれしかった。目の前にするべきことが積まれており、よし、と自分を励まし、起きあがる。
 ところが、どうも躓(つまず)くのである。

 猫の朝ごはんを仕度するとき、足元の水をひっくり返す。
 冷蔵庫のなかで、豆乳が容器からこぼれだしている。
 パソコンに複雑な用件、それも急いで返答する必要のあるメールが届いている。
 前の日に、誰かがどこからか持ち帰ったらしい花束が———大花束だった———とりあえずバケツに入れてある。

 ゆとりだと計った分の時間が、水浸しの床を拭き、豆乳だらけになった冷蔵庫内を掃除し、頭を掻き掻きメールの返事を書き、花を3つの花器にいけることで消えてしまった。そういうわけで、日課の朝風呂をと浴室に向かったとき、時すでに6時。やれやれ、ちょっと急がないと。

 浴室に一歩足を踏みいれて、驚く。
 室内が、光であふれている。
 その光は、西側の窓からやわらかく静かにすべりこんできた。
 朝日である。
 湯船にからだを沈めながら、畏れ入る。
 こうして光のなかにあることが、自分にはふさわしくないように思えて、なぜか頼りない心持ちになる。なにしろ朝からあわただしく動きまわって、ここへやってきたときも、やれやれなどと呟いていたわたしだ。
 それでも、光のなかでじっとしている。
 数分後、光は他(ほか)へうつっていき、浴室は少し薄暗い、いつもの朝の佇まいにもどっていた。
 ふとアンデルセンの『絵のない絵本』を思いだす。貧しい若者の部屋を、夜ごと月が覗きこんで、その晩かあるいは前の晩に見たことをあれこれ話していくものがたりだ。雨や雲にはばまれて、月は、毎晩訪ねてこられるわけではなく、訪ねてきても、わずかな時間しか部屋にはいられない。けれどもそのものがたりには、ありとあらゆるものごとの本質が含まれている。
 わたしにも朝日(太陽)が何かを語りかけていったようだ。

「ここへわたしは、ほんの2分か3分ほどしか光を運んではこられないのです。やってこられる時間も毎日ことなります。……よく会えましたね。驚くほどいくつものことが重なって、会えたんですねえ」

 すべては「なりゆき」なのだった。
 この日目を覚ました時間も、躓きと思えた事ごとも、「なりゆき」。
 そういえば以前、「なりゆき」ということばを好きだった。ただし、密かに好きでいた。
「なりゆき」が好きなどと云えば、受け身が過ぎると、とくに仕事の仲間たちにあきれられてしまいそうで。けれども、「なりゆき」が、思いがけないものを生みだすところを、幾度も幾度もこの目で見てきたのだ。「なりゆき」を好きだったし、信じてもいた。
 いつしか忙し癖のついてしまったせいだろう、忘れていた。

「なりゆき」の不思議。
「なりゆき」のおもしろさ。

 それを朝日は告げ、思いださせてくれた。

 
Photo

「なりゆき」のお話をしたあとで、
こんどは「あとさき」の話を。

写真は砥石です。
昨年の暮れに浅草の刃物店でみつけてもとめました。
小学校のPTAの卒業委員の仕事も忙しくなってきた時期で、
これを、その役目の、自分への「褒美」としようと思ったのです。
このたび、やっとこれをおろしました。
褒美を先にもとめておくなどとは、話が「あとさき」になるにも
程があるでしょうか……。

            *

セラミック中砥
(205×75×25mm)Bester♯1200
2,800円也。
 

 
 

 

|

コメント

ゆきたんさま

わたしも、
こういう「場」をつくろうと云われたとき
(受け身でしょう?)、
とても怖かったんです。
どんな「場」になるか、わからなくて。

(だいいち、最初は、
コメンへトの返信の仕方もわからなかったのです)。

それが、
ゆきたんさんにお誕生日のお祝いが云えたり、
いろんなことをおしえていただけたりという「場」に
なっていき……。
これも「なりゆき」だと思うのですが、
感謝しています。

投稿: ふ | 2010年4月21日 (水) 09時44分

ふみこ様
お誕生日に、ずっと憧れの存在のふみこ様から、メッセージがいただけるなんて…心が温まりました。そして、こうして、誕生日を迎えることができ、感謝しています。
このブログは、素敵ですね。
ふみこ様とブログを通して、交流できるなんて、夢にも思っていませんでした。ずっと本を通してしか、ふみこ様に触れることができなかったから。本当に、ありがとうございます。ふみこ様にまた、救われました。


投稿: ゆきたん | 2010年4月20日 (火) 18時31分

バッテリーさん

なんでもないことのようで、
深い意味を感じますね。

「なりゆき」の奥深さでしょうか。

誰のどんな「計らい」なのかなあ、と。
ときどき、少し怖くなります。
その怖さは、「畏れ」なんだろうと
思うのですけれどね。

投稿: ふ | 2010年4月20日 (火) 09時24分

ゆきたんさん

お誕生日おめでとうございます。

わたしね、
歌いながら、これを、書いています。

Happy birthday to you.
Happy birthday dear Yukitansan.
Happy birthday to you〜♪

佳い日になりますように。
おもしろい1年になりますように。

思い通りにならないと感じるほど、
先を見通さず、ただ、てくてくとその道を。
てくてくの道の途中の、あれやこれやに
気づいて、ひとつひとつ出会い(出合い)ながら。

あら。
想像を超えたおもしろさ……。

っていう風になりますように。

投稿: ふ | 2010年4月20日 (火) 06時01分

くまんばちさん

おはようございます。

仕事を「拾ってしまう」……。
「どん亀返信」……。

勉強になりました。

これ、今週のめあてにしてみます。

くまんばちさんに助けていただきました。
どうもありがとうございます。

投稿: ふ | 2010年4月20日 (火) 05時55分

ふみこ さま

今日は久しぶりに友人と、お昼に待ち合わせ。
予定していた店が、臨時休業。
・・・で、はじめて入ったカフェは、2階のオープンテラスいっぱいに
おおきく枝をひろげたクスノキに抱かれたような
素敵な隠れ家のようなお店。
(クスノキは樟脳の原料なんですよ。)と、
お店の人がちょっとつみとってくれた黄緑色の新芽は
遠いむかしにかいだような、なつかしいかおりが・・・

「カンフォーラ」・・・クスノキという名のその店は、
まさになりゆきでしかめぐりあえなかったお店。

なりゆきっていいもんだなぁ。。。
と実感した一日でした。

ふみこさん、
いつもありがとうございます。

投稿: バッテリー | 2010年4月19日 (月) 22時59分

ふみこ様
明日は誕生日なのです。誕生日なのですが、なんとなく重い気持ちで、ふみこさんの片づけたがりを読んでいました。そうならないのもまた…の中に、めざすとおりになればすばらしいが、そうならないのもまた、いいものだ…自分のめざすとおりになればすばらしいが、そうならないのもまた、おもしろいんじゃないかなとありました。なんとなく開いたふみこさんの本に励まされています。結婚して子供がいる生活を、望んできたのに、思い通りになりません。間に合うのかなあ、30代最後になるのに。悶々としていて、またもや、ふみこさんの本に励まされています。このブログにも、励まされています。

投稿: ゆきたん | 2010年4月19日 (月) 20時50分

ふみこさん、皆さん、こんばんわ。

「今日はゆっくりしたい!」
そう思っても、仕事を「拾ってしまう」自分がいます。
体外、気持ちがクサクサしている時ほどそうで、やれ掃除だ、何だと始まってしまうのです。
ここ数日、「ながら」の作業が重なり、ひとつひとつの事を丁寧にしていないなって感じました。
ふみこさんのご本「節約ノート」の文中に登場する、ご近所のおばあさんの仰っていた、「こういう時こそ、一つ一つの事を、わざと時間をかけてする」
…確か、そのような内容のお話を思い出し、気張っている自分にブレーキをかけました。
今日は幸いにも(?)、携帯を新しくするため、日中から今まで、携帯に縛られることなく過ごしています。
…そう、わかったんですよ!
私がセカセカ、クサクサてしまった理由!
どうやら、携帯くんのメールに、早め早めに反応してしまっていた事が原因じゃないかって。
もう少し、ドン亀返信で行く…。
それも、お相手への「ゆっくりいきましょ^^」という、無言のメッセージになるかなって、思っています。

「富士日記」、私も愛読中です^^
百合子さん、想像をかき立てられるお写真です!
あの、タバコをくゆらす御姿から、華奢で小柄だけど、家事、お仕事、子育て、遊び…いろんな事をパキパキこなされ、オトコにも、オンナにも慕われる男気100%の「姐さん」っぽい雰囲気があります^^
また、憧れの素敵女子が、増えました^^(タバコは吸えませんが)

投稿: くまんばち | 2010年4月19日 (月) 19時05分

ひよかさま

こちらこそ、
しあわせな気分になりました。

風に励まされたおはなし、
じつに素敵です。

気がつかずにいることもあるのでしょうね。
風や光や、雲や草花の伝言に。
ぼんやりしていると……。
とらわれ過ぎていると……。
ということは、どこかに、「ぽっかり」したものを
もっていたほうがいいのでしょうね。
「いっぱいいっぱい」にならぬよう。


投稿: ふ | 2010年4月19日 (月) 18時08分

浴室が光にあふれているなんて!なんて素敵なんだろう!!その光景を思い描いて、心いっぱいに光を頂いたように…幸せ。わぁ…。ありがとうございます。

心細い時に、風が優しくふいて、励まされた事があります。
何かをする事に追われて、ただ在る事の大切さに気付かされたような気持ちがしました。有り難かったです。

自分の頑なな気持ちを、一度手放して、空っぽになった私を、なりゆきは、どこへでも、連れていってくれる。
なりゆき…私も好きです。

投稿: ひよか | 2010年4月19日 (月) 12時51分

えぞももんがさん

『絵のない絵本』
読み返すと、驚くようなものがたりです。
えぞももんがさん、
お忙しいと承知していますが、
いえ、だからこそ、そこへ旅されてみたら……?

「なりゆき」を
恩寵と思えるというのは、やはり、
生き方だと、思えます。

佳い1週間を。

投稿: ふ | 2010年4月19日 (月) 05時46分

ぽこはなさん

これまでより「1時間早い世界」というのは、
どんな世界観なのか、と。

そういう世界を見せてくれる事情と、
相手と……。
ありがたいことですね。

自分で見ようと思って、
経験しようとして、
見られるものでも、経験できるものでも、
ないんですよね……。

佳い1週間を。

投稿: ふ | 2010年4月19日 (月) 05時44分

ふみこさん おはようございます

アンデルセンの『絵のない絵本』の文字が
目に入ってきたところで
「あ!!」と思いました。
好きでした。「絵のない絵本」と言う題名もいいな・・と思っていました。

読んだのは けっこう大きくなってからだったような気がします。
中学生か高校生のころでした。


あとになって 「なりゆき」だったんだなと思う。
それ以外は なかった。
すべては こういう風に進んでいくと
決まっていたんだな・・。
そう思える ようになってきました。

でもね もがいたり 凹んだり 寝苦しかったり
したうえで そう思うんです。


ふみこさん
今週もありがとうございました。

投稿: えぞももんが | 2010年4月18日 (日) 09時22分

ふみこさん

なりゆき・・・。
振り返ればなりゆきまかせに生きてきた気がします。
それでうまくいくときもあるし、いかないときもありますね

息子が小学校に通うようになって私も今までよりも1時間早い時間に
起きなくてはいけなくなりました。
はじめはいやだなぁ、という怠け心がさきにたっていましたが
できるものなんですね~
息子も新しい世界でがんばっているのですからね!
私もがんばります
ふみこさんのブログをよんでますますその思いがつよくなりました。
ありがとうございました。

投稿: ぽこはな | 2010年4月17日 (土) 11時40分

フィりフヨンカ さん

お互い、
カメになったり、ウサギになったり……。
(ときどき、ナマズやヘビにだって)。

そういう仲間のあることが、
わたしには、心強いです。

今朝は、ウサギのようにスタートしています。
途中、何に変化することやら。

投稿: ふ | 2010年4月17日 (土) 08時44分

いちじくさん

葉っぱの赤ちゃんという表現、
とてもとても、いいなあと感じています。

きょうはこれから、
埼玉県に出かけますが、
そのことばが、小さな旅の道しるべになってくれそうです。
こころから、ありがとう、を。

投稿: ふ | 2010年4月17日 (土) 08時41分

こぐまさん

本との出合いも「なりゆき」なのでしょうね。
『富士日記』が、佳い「なりゆき」になって、
ほんとうによかったです。

今朝、霙(みぞれ)が降っています。
不思議な光景です。

投稿: ふ | 2010年4月17日 (土) 08時39分

ふみこさん、私も今日の午後はゆっくりたっぷり時間がある。
そう、たかをくくっていたら
「うさぎとカメ」のお話の、まるでうさぎになってしまいました。
今朝は五時に起きたので、
お昼を食べたら、瞼がくっつく。
まだまだ日は高い(今日は寒い雨降りですが・)大丈夫。
ちょっとだけと横になったばっかりに・・。
あれとこれと・・頭の中では次々にてきぱきこなしてるつもり・・

うつらうつらがグーグーに・・

今から何をどこまでできるか、なりゆきまかせです。

投稿: フィりフヨンカ | 2010年4月16日 (金) 16時11分

ふみこさま

こんにちは。

ふみこさまは出会い上手ですよね。
マイナスと捕らえがちな感情や出来事でさえも、良い出会いに変えてしまう力を
お持ちなんだと思います。
出会ったものに、あらがわず、ただ受け入れることがどれ程難しいことか、
近頃痛感することが多くありました。
どうしても、ある種の出会いに、どこかで力んでしまう自分を感じるんです。
やれやれ・・・と思いながら、ふみこさんの本を読み返し読み返し、
すこしずつ、前へ歩いていけているのかな。。とぼんやり考えています。

窓の外に見える欅の木々が、芽吹いてきました。
日々増えていく、初々しい葉っぱの赤ちゃんたちを見守りながら、
春の息吹を感じています。

投稿: いちじく | 2010年4月16日 (金) 15時30分

ふみこさま。
まっすぐ生きようと力んでいたころより、なりゆきにまかせようと思えるようになったころからのほうが、人生うまくいっているような気がします。
いろいろ横道にそれるのも楽しいなぁって。
武田百合子さんの「富士日記」読んでいます。
日々の暮らしをこんなふうに楽しんでいて、文章に書きあらわせている武田百合子さんは、ほんとうにすごいなぁと思います。
ふみこさんに出会わなかったら、出会っていなかった作家さんです。
ありがとうございます。

投稿: こぐま | 2010年4月16日 (金) 11時44分

寧楽さん

朝日に見守られて入院されていたのですね。

その朝日が、王子さま方を
いまも見守っていると思えますねえ。

東京、きょうは冬にもどったよう。
そちらもでしょうか。

投稿: ふ | 2010年4月15日 (木) 10時21分

Koujiさま

ほんとうは、
人知を超えたはからいに、染まりに染まって
生かされているのでしょうね。

人事を尽くして……

忘れていたことばです。
ありがとうございます、いま、このことばを
「思いだす」ことの、意味、はからいを
噛みしめています。

4月4日って、
そんな床しき日なんですか。
何か考えて、たのしいことをしたいと思います、
来年からは。

投稿: ふ | 2010年4月15日 (木) 10時18分

ふみこさま

朝日の入る浴室・・清々しい。
それだけで清められた感じ。

息子たちの出産まで早産防止のため長く入院していた
ある朝、早くから目覚め、朝日にあかく染まる空に
気づき・・感動したっけ。

思わず手を合わせ、二人、無事に生まれてくれるのを
祈りました。

もう十四年前のことですが、鮮明にやきついています。

いつしか忙し癖、私もついています。
気持ちはゆっくりなんですが・・・。

投稿: 寧楽 | 2010年4月14日 (水) 14時48分

ふみこさま、みなさま。こんにちは。
こちらでも花が散りはじめ、やさしい萌葱いろがあらわれはじめた空に、鯉たちが泳いでおります。
「なりゆき」…まさになりゆきを見守っておりました。
ふみこさま、ご立派です。大人の対応というものの範を示していただいたおもいです。ご苦労さまです。(目上のひとに使うな、とおっしゃる方がいますが、実はかまわないそうです)ありがとうございます。
 
人事を尽くして天命を待つ、そこに期待を持たない、ということに、ぼくはなりゆきの価値をみています。人間万事塞翁が馬、経過だけではことの判断はしようがありませんしね。
ひとや事との出会いから、芸術作品にいたるまで、ほんとうに素晴らしいものは、人知を超えたはからいをかんじますよね。
 
余談ですが、ひな祭りと端午の節句にはさまれた今月の4日は、中間のひと(?)のお祝いの日だったそうです。自分自身忘れていたくらいのことですが。

投稿: Kouji | 2010年4月14日 (水) 11時53分

焼き海苔の の、さん

あら。
姫さまは、何かはじめられたのですね。

わたしも、応援しています。
力みたくても、そばにいられない、
そういう応援は、案外静かにしみていくものです。

がんばれ。

たのしく、がんばれ。

投稿: ふ | 2010年4月14日 (水) 10時08分

MIKIさん

そうそう、同感です。
「なりゆき」をうれしく感じるのは、
こころにゆとりのある時だと思います。

「なりゆき」と親しくなりたい、ですね。

おやさしいことばを、どうもありがとうございます。
励みにします。

投稿: ふ | 2010年4月14日 (水) 10時06分

なでしこさん

よくいらしてくださいました。
御礼申します。

何にかかわっても、
つき詰めることが足らないことを、恥じました。

けれど、かかわることで、少しずつ知っていき、
考え、意識が変わっていくことを信じたいです。

どうもありがとうございました。


投稿: ふ | 2010年4月14日 (水) 10時02分

仙台のじゅんこさん

えらい!

お酒を断つなんて……、えらい。
今夜、6:30ごろ、乾杯しませんか?

投稿: ふ | 2010年4月14日 (水) 09時59分

あつこさま

ほんとうに。

ああ、ありがたい、と思わされます。

そのありがたさに浴するにふさわしい自分だろうか、と
はっとさせられたりもします。
光や風にむかって、
「ごめんなさい」なんて呟くことが……あります。

きょうは、お日さま活躍の日みたいです。
蒲団を干しに、干しました。

投稿: ふ | 2010年4月14日 (水) 09時57分

CITRONさん
(シトロンさん)

どんなことも、結局は「なりゆき」
なのでしょうね。
それなら、もう少し静かに、
そこに沿って
歩きたいなあと思うのですが。

じたばたも、また、
なりゆきなのでしょうか。

投稿: ふ | 2010年4月14日 (水) 09時54分

み さま

編集の訓練。
考えたこともありませんでした。
……いいですねえ。

曲芸の訓練、と思うことはあります。
皿まわしです。
(がちゃん、がちゃんと、皿の割れる音ばかり……)。

なんにしても。
いろんな訓練になるということですね。
鍛えられているんだなあ、と、
あらためて思いました。

どうもありがとうございます。

ぞうのように静かに、申します。
「またね」


投稿: ふ | 2010年4月14日 (水) 09時50分

ふみこさま

私も「なりゆき」にまかせているところ、多いなぁ。

人生には(大げさ!)いろいろと決断しないといけないことが多いですが、
結果はともあれ、自分で決断したことには、後悔はないと思っています。

「なりゆき」で進んだことも、すべて自分の決断ですよね。
「なりゆきでいこう、身をまかせよう」と。

そして、そこにはご褒美があるなんて、素敵!

今、小さな決断をして、試練の中にいる娘がいます。
どういうなりゆきになるか、見守っていきたいと思います。

投稿: 焼き海苔の の | 2010年4月14日 (水) 09時15分

なりゆき、、、コレに身を任せるのも好いなぁ、と思うことがあります。---無理にあがいても仕方ないじゃん(/ω\)---こう思うときは、せかせかしているような時だとおもうけど、じつは、気持ちに余裕のあるときなのかもしれない。

ふみこさまの、いろんな出来事を味わい深くうけとめる感性が、いつも心に温かくしみ込んできます。おおらかで優しい物腰、だから、自然と陽がさしてくるのでしょうね。

投稿: MIKI | 2010年4月13日 (火) 21時07分

PTAは、親と教師が、教育を協議するための組織です。今こそ話し合うべきです。
教師は、厚くなった教科書を十分に指導し、学力を保障できるのか。十分な学習訓練は行われるのか。親は、学校より「子供手当」で学習塾に通わせるべきなのか。子供達の未来を守るために、教員と保護者はどのように連携すべきなのか。
PTAは、その役割と責任を果たすべき時です。
問題は山積です。騙されたと思って「おバカ教育の構造」(阿吽正望 日新報道)を、読んでみてください。行動する必要が分かります。今、外に読むべき本はありません。
低学力、不登校、退学、引きこもり、ニートにする学校から、子供達を守りましょう。
子供達を救う行動を、全国の親に呼びかけています。

投稿: なでしこ | 2010年4月13日 (火) 20時55分

山本ふみこ様

山本さんの自分へのご褒美、素敵です(^^)

実は私も、学校のお仕事を無事にやり終えることができるよう、願掛けをして禁酒をしておりました。
2ヶ月。

引き継ぎを終えた日、帰りにチューハイを買い、昼間っから自宅でグビリッ!
いやぁ、うまかったのなんのって!!
ビバ!専業主婦!!って感じでしたo(^^)o

新年度、また新しい学校の仕事が既に始まりました。
自分なりのゴールを決めて、小さな達成感を重ねて行きたいです。

投稿: 仙台のじゅんこ | 2010年4月13日 (火) 20時51分

ふみこさま

朝日の入るお風呂、なんてステキ!

いつも5時半起きの私はベランダから朝日を見るのが楽しみです。
バタバタと忙しい時ですがつかの間、有難いような手を合わせたくなるような幸せな気持ちになります。
お日様は偉大ですね。

投稿: あつこ | 2010年4月13日 (火) 18時34分

ふみこ様

朝から素敵プレゼントが、お空から届いたのですね。
うらやましい「なりゆき」さん。

今の自分を振り返って、「なりゆき」でなくてなんなんだろう、
なんて思います。偶然のようで、偶然でない、それは
瞬間瞬間できまっていく道筋のなかにあるのでしょうね。

スランプ気味の今日この頃ですが、
桜もそろそろお別れで、大好きな新緑の季節がやってきます。
すてきな「なりゆき」さんに出会えたら嬉しいな。

早起き=辛い。。イメージがいつもありましたが、
毎日の早起きが少し楽しみになりました。

CITRON

投稿: CITRON | 2010年4月13日 (火) 17時53分

山本ふみ子さま

私も毎朝4時起きの生活をしていますので、今日のお話はよくわかります。私の場合、これより早いと朝と言うより夜中なのですが、なんだかわくわくしてしまうんですよね。あれができるこれができると、夜明け前にはしゃいでいる自分がいたりします。でも、大抵その半分もできずにいつもの時間になります。いつものことだとわかっていながらも、やはりはしゃいでしまうのでした。
今、仕事を離れ、子育てと主婦業に時間を使っていますが、これらはほんとに編集の訓練になりますね。特に厨仕事はその最たるものだと思います。時間がなくて焦っている時って、作業そのものまで急いで大失敗したりします。時間がないときに急ぐのは、何を今優先してやるのかという編集作業であって、作業そのものではないということに気づくのに、私は30年以上もかかってしまいました。(笑)
なりゆきに任せるともいいますが、なりゆきに任せられるのは、今が見える人ではないでしょうか。何があっても編集していけばいいのですから。

私も、よく割ったり、落としたり、こぼしたり、躓いたりします。その度にまだ人生二年の子が「ダイジョウブ!」と言います。この子がそう言うようになって、自分はなんと粗忽な人間だったのかと気づかされました。先日、家族で行った動物園で、動物の足音の静かなことに驚かされました。ウルサイのは人間だけですね。野生で生きる動物たちは、生きるために気配を消すのです。私も、ゾウのように静かに歩けるヒトになりたい・・・なんて真面目に思っている今日この頃です。

投稿: み | 2010年4月13日 (火) 14時26分

ゆるりんりんさん

用意されていたやさいい時間……。

ほんとですね。

がさがさしていたら、
気がつけませんね。

用意されていたやさしい時間……。

投稿: ふ | 2010年4月13日 (火) 12時57分

sallyさん

うらやましい、と思いました。
どうも力みやすいのです、わたしは。
それで、気がつくと、つい、
「流れ」にさかのぼったり、無理をしたり。

という反省をこめて、書いたのですけれど。

ご褒美、何になるのでしょうね。
「いいもの」贈ってあげてください、sallyさんに。
(お疲れさまでした)。

投稿: ふ | 2010年4月13日 (火) 12時55分

かっちゃんさん

こんにちは。

お嬢さま、よかったですねえ。
おめでとうございます。

それをわたしに伝えてくださったこと、
とてもありがたく思っています。
うれしさを分けていただいたようで、
晴れ晴れとしています。

わたしたちも、すがすがしくいきたいですね。
(お弁当世界も、たのしんでくださいね)。


投稿: ふ | 2010年4月13日 (火) 12時50分

きっと偶然なのだろう…
けれど
わたしに用意されていたに違いない優しい時間、
そういうのに出会ったときって幸せですよね。
わたしも
なりゆき 大好き。

投稿: ゆるりんりん | 2010年4月13日 (火) 10時33分

私も「なりゆき」に任せることが好き、、というか流れに逆らって頑張ることが苦手なのかもしれません。
なので、楽な方に流れていってしまうのかしら。
その下流に大きな困難が待っていませんように、と祈りながら。
昨年度、小学校と保育園で大きな役員の仕事を引き受け、今はやっと開放された気分です。
私は、これから、自分へのご褒美を探そうかなと考えてたところです。

投稿: sally | 2010年4月13日 (火) 10時30分

ふみこさま、おはようございます。

ごめんなさい、先に私の報告からさせていただきますね。

上の娘が志望していた学校に合格しました!!
何人かの仲良しのお友達と、真新しい制服に身を包んで
出かけて行く姿は、長い冬を乗り越えて、やっと訪れた春の日差しのようで、
ちょっぴり眩しいです。

そういえば、ふみこさんちの末っ子のお嬢さんも、もう中学生。
うちも同じです。

下の娘の制服姿は、眩しいというより、寂しさの方が
勝っているような、複雑な気持ちです。。。

新しい世界に進んでいく子供たちに負けないように、母もついに
始まったお弁当生活、がんばりますっ!!

本当にふみこさんは朝が早いんですね。
うらやましいです。

私、今朝なんて、もう寝坊して、6時45分でした。。
先が思いやられます。。。

長々と失礼しました。
やっとご報告ができて、うれしいです。

投稿: かっちゃん | 2010年4月13日 (火) 10時21分

コメントを書く