オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« フトンジ | トップページ | 『ボッコちゃん』(星新一著)  本のなかの暮らし〈7〉 »

2010年7月27日 (火)

持たない生活② おなじみ

  ……あち。
 夜だというのに、気温はいっこうに下がらず、熱気は居座ったままだ。
 暑さのなかでも、茹だるそうな、というのは、こういうことを云うんだとわかった。扇風機がやけになって、唸り声をたてて首を振っている。そこにいる誰もが、部屋のなかの熱気をかき混ぜているだけだと考えていたけれど、それを口にする者はなかった。賢明だ。
 また、そこにいる誰もが、これはもう、エアコンを入れたらいいのじゃないかと、考えてもいたはずだった。
 ところが。
 夜のページは、いきなりめくれた。

 つぎのページは、大粒の雨が数滴屋根を打つ音ではじまった。つづいて、いきなりの風だ。それも突風。網戸の目をおしわけて吹きこんできた。
 ガラガラ、ガシャーン。
 これは、西の窓から吹きこんだ突風が、鍋ラックの上からやかんを落とした音。やかんは落ちて、体内にたくわえていた水を床に撒きちらした。なぜやかんが?
 突風は突風としても、やかんは半ば意志をもって落ちたように見えた。床にころがったやかんと、ふたと、こぼれた水、それをみつめたまま、しばらくじっとしている。
「ダイジョウブ?」
 誰かが、やかんに向かって云った。
「ドシタノ?」
 と、別の声が云う。これも、やかんに向かって。
 ほんとだ、わたしもそれが云いたかった、ドシタノ? と。やかんは、それには答えず、床の上で口を一文字に結んでいる。云いたいことはなくはないが、口にはしないと決めた、という佇まいか。
「ドシタノ?」と、もう一度、ニュアンスを変えて、訊く。——そっと。
 やっとのことで、やかんを抱きおこし、ふたを……。あ、ふたについたつまみのまわりの部分が割れて、散らばっている。
「ケガ、シテルジャナイ」

 やかんをかかえて、ごしごし磨く。磨くの、久しぶりだ。いろんなことのしわ寄せが、こんな、なじみの道具にいくのは、わたしのどこかがねじれている証だ。
 ふたのつまみは、突起部分が無事だったから、事なきを得た。

 夜、床に入ってからも、やかんのことを考えていた。
 やかんが家にやってきて、何年たつのだろう。
 20年くらいだろうか。
 台所用品として、やかんはどうしたって必要だと考えたからもとめ、しかし、もとめたときには、これほど長くともに暮らし、ともに働くことになるとは思わずにいた。歳月というものの、無我夢中の側面を見る思いだ。その側面に寄り添って、こちらもまた、知らずと無我夢中だったわけだが。
 これからモノをそろえていこう、選ぼうという若いひとたちに、この歳月の無我夢中を、つまりあっという間の時の経過を、伝えておいたほうがいいだろうなあ、などと考えているうち、いつしかまどろむ。
 まどろむ道の途中で、はっと、思いついたのである。
 数日前、やかんの見える食堂兼居間の椅子の上で、わたしは道具のカタログをめくっていた。そうして、なかに鍋としても使えるやかんというのをみつけて、「へえええええ」という、意味ありげな声をだしたのだった。とはいえ、「へえええええ」には、たいした意味があるわけではなかった。ただ「へえええええ」だったのだが。
(アレ、キカレタナア)と思う。

 気づかぬうちに、薄情な仕打ちをしたものだ。いや、気づかないのが、そも、薄情のはじまりといえるだろう。
 やかんは、わたしに捨てられる、と考えたかもしれない。
 こちらは、捨てたりなんかするもんですか、と思っている。
 しかし、道具、ことになじみの道具が、こちらの心変わりを疑いたくなるような日常の些細(ささい)な変化について反省するうち、やっと眠りにつくことができた。

 朝起きたら、「『アナタ』ノホカニ、ヤカンヲカンガエタコトナドナイ」と、やかんに、はっきり告げよう。

Photo
こんな薄汚い、ボロ靴をお目にかけること、
ごめんなさい。
これは、
長女が小学校に上がるときにもとめた、
わたしの学校用の上履きです。
保護者会、面談、いろいろの会、PTAの用事の際、
学校で履いてきました。
19年使い、まだ現役です。

これも、
こんなに長く使うことになるとは想像もしなかった、モノ。

|

コメント

おまきさん

アイス枕。
伝わりますとも。

ありがたみを忘れるっていうのは、
しあわせの証だとは思うのですが、
はっと(ぎょっと)しますねえ。

はっとしたって、「相手」には
気づかれているというわけです。

たのしい8月を。

投稿: ふ | 2010年8月 3日 (火) 09時13分

ぽんぽんさん

盆踊りがたのしいというの、いいなあ、と。
自分のなかに、
もともとあるたのしい気分に、
盆踊りの音や踊りが反応しているのか。

楽しげに子どもが踊っているのを
見るほど愉快なことはありません。

……お母さん、がんばって!

投稿: ふ | 2010年8月 3日 (火) 09時11分

ふみこさま

暑くてもう……なんで今年はこんなことに。
私の住む町は、夏でもエアコンを使うかどうしようか迷うくらいの暑さにしかならないはずなのに、毎晩扇風機をつけて、タイマーが切れると目が覚めます。エアコン購入を考えるも、二週間待ちということで……アイス枕(この表記で伝わります?)を三人分購入しました。エアコンの電気代よりビール代の方がかかっているんじゃないかな。

ふっと忘れてしまうと、必ずといっていいほど「忘れてたよね!」って風に返ってきます。何と限定できるわけではないのですが、どこかに馴れ合いが出来たもの、事柄に、返ってくる気がします。
大事にしてないわけではないのですが、油断なのか。
家族の病気だったり、トラブルだったり。家電が突然沈黙したり。

私の場合は、ひとりで勝手に気もそぞろになっている時が、多いかも。

暑いので皆様水分と適度な塩分、そして休息を、ぜひぜひ。

投稿: おまき | 2010年8月 2日 (月) 19時42分

ふみこ様 皆様
こんにちは。


我が家の仕舞われ過ぎた道具のひとつ、ポップコーンメーカー。
この夏は活躍してもらいます。
花火大会やら盆踊りやらのイベントに合わせて、家でもお祭り気分を出そうかと…。f^_^;

娘は盆踊りがすっかり気に入り、夕べは夕食をはさみ二回も足を運び、母はあせだくです。

でもあきもせずに、音に合わせて踊る姿に、夏を満喫する想いです(^O^)

投稿: ぽんぽん | 2010年8月 2日 (月) 13時15分

そらさん

いってらっしゃい。

いってらっしゃい。

いってらっしゃい。

投稿: ふ | 2010年7月31日 (土) 00時04分

寧楽さま

藍の浴衣、いいなあ。
もとは、寧楽さんが着ていらした浴衣ですよね。

わたしも、いつか、それを縫いたい、と。

佳き浴衣の日を。

投稿: ふ | 2010年7月31日 (土) 00時03分

ふみ子様

ふみこさんお久しぶりです。
暑い暑い夏休み、子ども達はもう真っ黒です。


いよいよ1日に帰省してきます。
8月のほとんどを旭川で過ごす夏です。
私も子ども達も両親も楽しみにしています。

ふみこさん!行ってきます!!!
ふみこさんも佳い夏をお過ごしください。

投稿: そら | 2010年7月30日 (金) 16時19分

ふみこさま

とてもとても お暑うございます。
息災でいらっしゃいますか?

やかん・・、鍋ラック・・、「あっあれだ」とうかぶ。
ふみこさんの道具たち。

姿、形もわかる・・!

よい意味で、暮らしをさらけ出している
その潔さに・・、感服。

週末、娘が藍に朝顔の浴衣姿になります・・

でもきっと汗だく^^。

投稿: 寧楽 | 2010年7月30日 (金) 15時54分

えぞももんがさん

おはようございます。

そうですか、9月から、
あたらしいことがはじまりますね。

ご両親さまのことも、ご長男のことも、
「新」を受けるにふさわしい「えぞももんが」さんなんだと
思います。

ほんとうに、いろいろ聞いてもらっていますよね。
わたしたち、道具には。

投稿: ふ | 2010年7月30日 (金) 09時57分

ふみこさん こんばんは

我が家のヤカンも
いつも朝1番で 仕事をしてくれています。

そうですね 毎日 苦苦苦楽をともにする仲です
(苦が3個 並ぶのは 台所で ついつい愚痴を
こぼしてしまうので・・・。)

タイムリーにも先日 大鍋に重曹を入れて
ヤカンをグツグツ煮て
いま 家のヤカンは ホレボレするほど
ピカピカです。

長男は 9月の末から 函館で自炊生活が
始まります。
「この歳月の無我夢中を、つまりあっという間の時の経過を」
伝えようと思います。


ふみこさん 今週もありがとうございます
暑さが 厳しいようなので お体 大切にしてください  

投稿: えぞももんが | 2010年7月29日 (木) 21時05分

risyonさん

そうそう、
不思議なのは、どこかでたしかに
聞いていて、「何か」あるんですよね。

わたしの最近の出来事は、腕時計。
この春、夫の旅土産の腕時計ばかりをしていたら、
いちばんの「なじみ」が、しばらく姿を
消したのです。
やっと出てきたときには、
泣きそうになりました。

事故は、小さいのだったのですか?
お怪我もなく……?

たのしい夏を、どうか。

投稿: ふ | 2010年7月29日 (木) 11時23分

なすさん

モノとの別れは、ほんとうに
思いのほか辛いですね。

しかし、
修理や、
なすさんの着物の「よみがえり」(洋服に)のようなことで、
生き返ることも、多多あるようです。
その道を、さぐりたいなあと考えているところです。

できれば自分でなおしたり、
つくりかえたりできたらなあ、と。

佳い日になりますように。


投稿: ふ | 2010年7月29日 (木) 11時19分

おはようございます。
久しぶりの雨の夜でした。

チラシやカタログをみてつぶやいてしまった言葉。

「聞かれちゃったから、こんなことになったんだ」ってことがありました。

それは、車。
独身の頃乗っていた車。
「(次は)この車に乗ってみたいなぁ・・・」と思ってしまったとき
それとなく 口にしてしまったら
しばらくして 事故に会いました。

そのとき、「あぁ、ワタシがあんなこと言ったのが、聞こえちゃったかなぁ」
だから、すねちゃったのか・・・・と思った経験がありました。

以来、あんまり、ぎりぎりまでは、口にしないことにしています。
愛してるんだけど、ちらっと浮気してしまうんですよね(笑
みんな、ありますよね。

投稿: risyon | 2010年7月29日 (木) 09時47分

ふみこさま

今日は、真夏から一気に雨の一日になりそうです。
うちの戸棚の中に、実家から何かの拍子に家に来た
お皿が1.2枚ございまして・・・・
なにしろ私が子供の頃から覚えのあるお皿ですから50年は
使っているでしょうか?

返さないといけないと思いつつ、つい先日私の粗相で割ってしまい
残念で成りません。
よく、カレーを食べたお皿でした。
物と言うのは、いつかは壊れる物だと分っていても何か、心の隅ちにチクリと
痛みが走るりました。

話は変わりますが、亡くなった祖母の着物が母の実家のお嫁さんから沢山頂いて母が、洋服に作り直しております。
これがまた、良い感じに仕上がるのです。
巷でも、着物のリメイクが流行っていて、私もやりたいなと思っていますが、
不器用な私には無理そうです。

投稿: なす | 2010年7月29日 (木) 09時06分

いちじくさん

おはようございます。

いいお話をありがたく、
受けとりました。

だんなさまのひと言は、わたしのところまで、
爽やかな風を運びました。
御礼を申さなければ。

鍋とこれほど長く連れ添うなんて……。
思ってもみませんでしたねえ、お互い。

佳い本日を。
どうもありがとうございました。

投稿: ふ | 2010年7月29日 (木) 04時48分

Kouji さん

おはようございます。

「がんばらない」という思想の前に、
そうだなあ、なるほどなあ、と思うのです。
でも、ここは、
自分のレベルで、ちょとだけがんばるか、と
いう風に考えがちでもあって……。

気安いんですよね、「がんばる」感じは。

でも、過ぎるのはいけないなあ、と、
つくづく思わされています。
ひとのがんばりの「過ぎる」のは、
自分のことも、まわりも、
そうとうにしんどいものを強いるのですし。

さ。
きょうは、ふんわりいこうっと。
と、思います。
力まない、というめあて。
ひゃー、むずかしい……です。

投稿: ふ | 2010年7月29日 (木) 04時46分

ふみこさま、ご無沙汰しております。

毎日続くじりじりとした暑さ・・・
参りましたぁ・・・と夏にひれ伏したくなります。

先日、子ども会のイベントで枝豆を収穫してきました。
服を着たまま、熱~い湯船にぼちゃんっと飛び込んだくらい
汗はぽたぽた 顔は真っ赤になりながら
せっせと収穫をしておりました。
周りから「暑い・・・暑い・・・帰りたい・・・」
の声が上がっている最中
夫が「こんなに汗かくの久しぶりだ~気持ちいいね!」
と、それは嬉しそうにつぶやいているのを聞いて、
なんだか少しだけ涼しい風がふいた気持ちになりました。

ものとまだ上手く付き合えていえない私と
一緒に居続けてくれている存在は
先程の夫・・・もですが、
彼と結婚したときから使い続けている「ゆきひら鍋」です。
近所のスーパーで購入した
どこにでも売っているものですが
我が家のお味噌汁は、ゆきひら君が約10年支えてくれています。

今回のお話を読んで、久しぶりにごしごし磨いてみました。
持ち手が少しぐらぐらしてきていますが、
はずれてしまったら、ふみこさんのお知恵を拝借して
私もすりこぎ買ってみます^^


投稿: いちじく | 2010年7月29日 (木) 01時53分

ふみこさま、みなさま、たびたびお邪魔します。
「持たない生活」ということで、そういえば持たないことを意識していることがあったな、とふと気がつきました。
それは「がんばって」ということばです。予の辞書に「がんばって」という文字はない、というか、あるけれども出かかるたびに消しています。
鬱の病のひとにそういうと追いつめることになると聞いてからで、でもふとおもい返してみると、不必要なことばなんですよね。
がんばるがんばらないは本人のことで、傍がどうこういう筋合いのものではないし、言われたから奮起するということは、まずなさそうで、逆効果になることもあります。それに、たいていみんながんばってるんですよね。

けれども「がんばって」は、おはようこんにちはこんばんは並みに気軽に使われてきてもいて。なんとなく格好がついて、重宝なことばなんですよね。正におなじみです。この場合はよくない意味ですが。
だから、たまに口ごもってしまうときがたまにあります。口ごもりながらも、「張りすぎた弦は切れるから、無理しないようにね」とか「がんばらなくていいの、自分なりに一生懸命やれば」とか、がんばって捻りだし言っています。
 
いしいしんじさん。どこか、宮澤賢治をかんじさせます。
いしいしんじさんのお作はほんとうに不思議だなぁとおもっています。なになに風、と捉えきれませんね。いしいしんじ風としかいえない。あのオリジナリティは天晴れだなぁとおもいます。

投稿: Kouji | 2010年7月28日 (水) 20時59分

brownbear さん

緑のカーテン、気持ちよさそうですね。
朝顔&ゴーヤのからみ、うまくいっているのですね。
(……見たい)。

ゴーヤの天ぷら。
わたしも、目標にしよう。
夫の実家からも、
友人宅からも、たんと届くはずなので。

いつも、
どうもありがとうございます。

投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 19時22分

ふみこ様
縁あってやってきた「もの」と付き合いは、始まりが大事。
せかせかと箱を開けて取り出して…はダメ。
と 最近読んだ小説にありました。

様々な「もの」との付き合いの始まりを 
私はゆっくり大事にしてこなかったような…。
まして 日々の付き合いになると、
「あら ごめんね。今度きれいにするからね」
と 「今度」を先延ばしにしてきたような…。

仕事が一段落して、そんなこんなの不義理をまとめて
一つ一つ片づけているこの頃です。

窓ガラスも 鏡も お鍋も やかんも 換気扇も
流した汗の分 ピカピカになって 気持ちいいものですね。

庭の朝顔とゴーヤの蔓が一体となって伸びに伸び 
紫色の大輪の花の傍に 小さな緑のぶつぶつの実が実って
不思議な眺めです。

ジュン(犬)は 今日も朝顔とゴーヤの作る緑のカーテンの陰で 
気持ちよさそうに? のびています。
私が楽しみにしている ゴーヤの天ぷらまであと少し!

負傷した「やかんさん」に 無理なさらないでとお伝えくださいませ。

投稿: brownbear | 2010年7月28日 (水) 17時07分

がーねっとBeeさん

これからも、
よろしくお願いします。

あたらしい一歩ですね。
いろいろなひと、
いろいろなモノに助けられての……。

たのしい夏をお祈りしています。

投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 10時19分

あすちるべさん

腕時計とのあいだに起きた不思議なこと、
わかるような気がします。

モノの思いというのも、あるんだなあ。
……と、つくづく思います。

小指さん、自分をとりもどして、
存在感を増すような気がします。
ふふ。

投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 10時17分

あいあいさん

たしかに、モノにも、
宿っていますよ、ね。

宿らせるのは、使い手の思いでもあるような。

投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 10時14分

ゆきたんさん

ゆきたんさんのそばにいる道具たちは、
しあわせですね。

ふと、
ゆきたんさんの裁縫箱で、ゆっくりしたいなあと、
思ったことです。
巻き尺にでもなろうかしらん。

投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 10時13分

ゆるりんりんさん

いいですねえ、その思い。
わたしも、見習いたいです。

暑い暑いと云ってないで、
なつを、隅隅まで味わいたいなあと、
思わせていただきました。

ありがとうございます。


投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 10時11分

こぐまさん

すでにもっているものに
気づくための日日だったのでしょうね。

それを、さらに大事にしてください。ね。

アイロン。
今朝、しゃがんで(汗がしたたるので、逃げ腰)、
しゅっとかけました。あぢ。

投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 10時09分

Koujiさん

Koujiさん、「メイ・サートン」は、
お薦めしたいです。

わたしは、いま、「いしいしんじ」を読んでいます。

51年も使ったからだ。
磨くかなあ、という思い。
磨くとは、休養やら、読書やら、です。

佳い夏を。

投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 10時07分

マドレーヌさん

そうなんです、そうなんです、
おそろいのやかんです。

つまみだけになったら、
ますますさっぱりした姿に
なりました。

今朝もはよから働いてくれています。


投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 10時01分

ぽんぽんさん

毎日一緒のモノたちとの「縁(えにし)」ほど、
不思議に深いものはない……ような気がしています。

若いころは、露とも思っていませんでしたが。

気がつけば、長くともにある……という不思議。

投稿: ふ | 2010年7月28日 (水) 09時59分

ふみこさん、皆さん、おはようございます^^
茨城に帰り、明日で丁度1週間です。
生活環境も整いつつあり、ちょっとホッとしています。

引っ越す前、6年間使ったサンダル、底に穴が空いてしまい、処分しました。
転勤生活を支えてくれたモノで、このタイミングで穴が空くなんて…と思いました。
転勤生活がスタートする前に買い求めたモノで、夫と息子もお揃いをもっています。
私のは、あちこち使いまくったからかなあ…。

ふみこさんの学校用上履き、立派な働きをされてますね。
丸洗いなんかも可能ですか?

こちらに戻り、買い物の時、マイバックを持たねばならない時が多くなってきたので、買い方をミニマムにしなきゃ、と思うようになりました。
「持つこと」への意識、大切にするよい機会にしようかと思います。

投稿: くまんばち改めがーねっとBee | 2010年7月28日 (水) 06時46分

ふみこさま

今日も暑かったです。今夜も熱帯夜みたいです。
私のおなじみさんは腕時計です。
シンプルなもので、中学入学の時に買ってもらったので30年以上経ってます。シンプルすぎて買ってもらった当時は物足りない気がして、友人の時計がうらやましかったこともありますが、今も正確に時を刻んでくれています。
30年とちょっと、違う時計に浮気した時に不思議なこともありましたが、近所の買い物の時も旅行の時も左腕にいてくれると落ち着きます。
ほとんど毎日身につけているそれが普通で、感謝の気持ちを忘れていたかも・・・ふみこさん、気づかせてくださってありがとうございます。今日はベルトをちょっと丁寧に磨いてきます。

ペディキュア、勢いで小指の爪も塗ってみました(5㎜無かったです笑)。サンダルが楽しくなって、すでに足の甲が焼けてます。

投稿: あすちるべ | 2010年7月27日 (火) 23時09分

やかん。

二人で暮らすから、麦茶をたくさん作れる大きいものを。。。と買い求め、それは、なかなかの根性で居続けるものなのだと、思うから、結婚を控える友達には、「ヤカン選びは重要よ」と、言う私。

そして、物にも心があるっていうのを、ずっとずっと信じている私。
踏みそうになったら、ごめん!(ごめん、と話しかけることが多いことに反省。。)

そうそう!!図書館でたまたま借りたムック本に、そのヤカンくんとのツーショットふみこさんを発見しましたよ!
鍋ラックの特等席で、家族を見てましたねー。彼には耳、ありそうですねー!
仲直り、できてよかったです!

投稿: あいあい | 2010年7月27日 (火) 22時22分

ふみこ様
お久しぶりです。毎日、暑いですが、無理せず、ぼちぼちやってくださいね。
私は、物持ちがいい方だと思います。色々、買っていた時期もありましたが…。それでも、やっぱり、気に入ったものを、大事に使いたいという考えに落ち着いたのは、ふみこさんの影響もありますよ。
はかせ鍋、母親が22年使っていて、私も、10年近く使っています。ふみこさんも、本で紹介されていたから、嬉しくて、なおさら、ずっと大事に使いたいと思いました。
車は15年乗り、最後の日は、ガソリン入れて、お礼を言いながら、走りました。今でも、使っている一番長いのは、裁縫箱です。30年くらいです。
ずっと前にお話ししましたが、洋裁好きなので、これからも、大事に使います。

投稿: ゆきたん | 2010年7月27日 (火) 21時17分

ふみこ様

ひとつひとつのものと
ゆっくりと、じっくりと、まったりとつき合おう、
そう思いました。

今年からは
夏のこともじーっと見てみようかな。

投稿: ゆるりんりん | 2010年7月27日 (火) 19時38分

ふみこさま。

暑中お見舞い申し上げます。
持たない生活 私は仕事をもつことを辞めました。いろいろあって私にはむかないと思いました。主婦していられることのしあわせを選びたいと思います。
私の家では、アイロンが結婚したときからずっとがんばってくれています。20年ですね。
当時はやりのコードレスアイロンで、コードがないおかげで苦手なアイロンが少しはうまくできるようになりました。大切に使い続けたいと思います。

投稿: こぐま | 2010年7月27日 (火) 16時38分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
「持たない生活②おなじみ」というタイトルをみて、ドキッとしました。おなじみがいらないんだろうか、とおもい。そうではなく、おなじみがあれば良いというはなしなんですよね。
物に名前をつけるというのは、メイ サートンを習ったものなのでしょうか。随筆で彼女をとりあげてますし、アリスさまにも薦めてらした。大島弓子さんの『ぐーぐーだって猫である』に、「メイ サートンが万物に心があると書いている」というくだりがあるのをふと憶いだしました。
ふみこさんがそれだけ入れ込むものはどういうものだろうかと気になり、少し調べてみました。
確かに、すごいですね。当時、のみならず、現代でさえ、きっちり公表した上で活動されている方は少数です。多分そうだろうと言われているひとは昔からいますが。読んでみようとおもいました。感謝します。 
 
ところで、一番長く使っているものは、もう30うん年になります。故障しながらも、いまだ現役で頑張ってくれています。
それは何かともうしますと、誰もが死ぬまで付き合うもの、そう、自分の肉体です。
長く付き合ったおなじみ、というと一等先におもいつきました。当たり前に何もかんじずに生活しているけれど、当たり前にかんじられていること、それがそのことが、どれだけ貴重で、ありがたいことか。…
ときには、からださんに感謝することも必要ですね。
と、閃いたのも、もうすぐ誕生日だからかもしれませんね。このからださんのお世話になって、八朔で35年が経ちます。
四捨五入すれば、40。どひゃ~とたまげますが、ありがとうの年月でもありますよね。

 
ふみこさま、みなさま、暑中お見舞いもうしあげます。

清々しい夏を。

投稿: Kouji | 2010年7月27日 (火) 15時36分

ふみこさま

暑中お見舞い申し上げます。

やかんさん、ふたについたつまみのまわりの部分が割れて、散らばっていたのですね。たしか、そのやかんさん、わがやのとお揃いのはずでした。
うちのやかんもかれこれ20年ちかく使っております。
いまだに現役、ありがたいことです。(^-^)
ことに、夏はフル活動!
朝に晩に、麦茶を沸かし続けています。

ねぎらいも込めて、ぴかぴかに磨くことにしましょうか…。

投稿: マドレーヌ | 2010年7月27日 (火) 15時02分

ふみこ様 皆様
こんにちは。


落ちたやかんに「ドシタノ?」「ケガシテル ジャナイノ」と声をかける…。
それがサラリと口をついて出るというのが、やはりふみこ様や山本さんちの人々なんだぁ!…としみじみ。
わが家には大事に仕舞われ過ぎた道具もチラホラ…


大事に使う事こそが真情ですよね?
そんな仲間達、出してみたいと思います。

投稿: ぽんぽん | 2010年7月27日 (火) 13時30分

つくしさん

一瞬ココロが騒ぐのですが……というの、
よくわかります。
うちでいちばん、長いのは、
アラジンのポット、約40年です。

こうなると、もうもう、気もうつりようがありません。

金賞おめでとうございます。
金賞の一部は、つくしさんのものですね。
ほんとうに、おめでとうございます。

ぱちぱちぱちぱち。

投稿: ふ | 2010年7月27日 (火) 11時03分

ふみこさま、みなさま、こんにちは~♪

ふみこさまの20年には及びませんが、うちにも結婚した当時から
使っている鍋たちがあります。
台所用品は少なくて、やかん、両手鍋、片手鍋、圧力鍋、ミルクぱんは、
各1づつです。 14年くらい使っています。
お店でオシャレな物を見ると、一瞬ココロが騒ぐのですがやはり買いません。
ずっと使ってると、情がわいてしまうのでしょうか。。

日曜日に、娘の部活動(吹奏楽)のコンクールがありました。
なんと、金賞をいただきました。
ワタシ自身コンクールの時は、アワワワワ(><;)って感じで
演奏が始まっても娘の出す音しか耳に入らず…気付いたら終わってました。
学校帰着が20時半と遅かったので、夫と迎えに行ったのですが、
生徒全員が保護者に対して、
「連日の練習、お弁当、遠い場所までの応援、ありがとうございました!!!!!」
と言ってくれて、拍手しながら泣きそうになりました。
「みんな頑張ったね~こっちこそ素敵な頑張りをみせてもらってありがとう」って。
はぁぁ~~、若いっていいですね。 仲間っていいですね。
ワタシは部活サボッてばかりだったので、そんな仲間がいないし
一生懸命やったって記憶が無いので、『もっと頑張ればよかったな~』
と、思ってしまいました。 娘にも良い想い出が出来てうれしいです。
そして、こんな瞬間に『ホンマ、親になれてよかった』としみじみ思いました。

投稿: つくし | 2010年7月27日 (火) 10時54分

コメントを書く