オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 生への祈り 〈引用ノート1〉 | トップページ | 驚くべきこと »

2011年1月25日 (火)

……かたちをなしてゆく。

 昨年のこと。
 クリスマスがもうじきやってくるというころ、アメリカのクリスマスについて書かれたエッセイ〈CHRISTMAS TIME〉(※1)を読んだ。……かるく読んだ、と書いたのは偽りで、辞書をひきひき、額に汗して訳したのだった。
 12月に入ると買いものリストをつくったり、シュトーレン(※2)をいくつか焼いて冷凍したり、クリスマスツリーを飾ったりする様子がいきいきと綴られている。
 そうして、この一節に出合った。

  Day by Day, the holiday takes shape and form.
  日ごとクリスマスは、目に見えるかたちになってゆく。

 この日以来、「take shape and form」(かたちをなしてゆく。 目に見えるかたちになる)という成句が、わたしのなかに棲みついてしまった。ふとしたときに、「take shape and form」とつぶやきつぶやく。
 エッセイに描かれた準備の過程のよろこびが、こころからはなれない。
 目に見えるかたちというのは、云ってみれば「結果」である。この場合はだから、クリスマスという結果に向かっていろいろの準備をし、心づもりをし、働くというわけだ。けれどこういう云い方もできはしないか。いろいろの準備が、心づもりが、働きの連なりが、あるなりゆきに到達するのだと。到達した地点を、クリスマスと呼ぶのだ、と。

 考えてみると、 人生は過程の連続だ。
 わたしたちは、それを忘れかけている。エレベータに乗りこんで一気に建物の高層階に上ったり。超特急の旅をしたり。ものを注文して翌日受けとったり。そういうことに慣れるうち、いつしか、あらゆる過程が抜け落ちてしまったようだ。結果ばかりを追って。大急ぎの結果をほしがるようになって。
 過程の値打ちを思わないなら、人生などなくていいことになりはしないか。
はじまり(生)と結果(死)があれば、それで……。

 たとえば、こうして原稿を書くのでも、3、40分で1本(原稿用紙6枚ほどだろうか)書いてしまえることがあるかと思うと、1日じゅう机の前に坐っていても、1行も書けないこともある。すらすらいく日、それはうれしい。早く仕上がって幸運だったなんかと、考えはする。けれども、そういう日ばかりではまったくもってつまらない。すらすらの日も、てんでだめな日もあって、わたしは仕事をするうれしさを感じられる。それはわたしが、幸運にも、ひと足ひと足の過程の値打ちを知っているからだ。この幸運は、原稿1本が3、40分で書けてしまったときの幸運などとは、およそ異なる種類のものだ。 
 それにだいいち、てんでだめだった末の「できあがりもの」の、いとおしさといったら。

 日日のくり返しのなかで生きるわたしたちが、ひと足ひと足のことが生きるよろこびに深く結びついているのを知らないなんてことがあったなら、それはとんでもない話だ。
「take shape and form」(かたちをなしてゆく。 目に見えるかたちになる)
 かたち、目に見えるかたちは、ひと足ひと足の先にそっと置かれるもの。

※1〈CHRISTMAS TIME〉
 アメリカのフードライターの第一人者であるマリオン・カニンガムによるエッセイ。『Christmas Memories with Recipes』 (25人のエッセイとレシピが収録/©1988 by Book-of-the-Month Club,Inc)に収められた1篇。

※2 シュトーレン(独/stollen)
 ドイツの菓子。生地にドライフルーツやナッツを、バタを練りこんだパンで、かなり重く、日持ちがする。欧米で、クリスマスを待つひと月のあいだ、これを薄く切って一切れずる食べる習慣ができている。


Photo_4

目に見える……ということから、ふと思いついて、
こんなのを撮ってみました。

――写真左から
・カーテンレールに、何かを吊るすとき用いる木製フック。
・「いちご」の毛繕いブラシ。
・蠅たたき。
・ミニモップ(これに古タイツをかぶせて使う)。
・緊急時の殺虫剤(できるだけ使わない誓いのもとに)。

これらが、目に見えないところ(けれども、すぐとり出せる)
に置いてあります。さて、それはどこでしょうか……。



Photo_6

こたえは、テレビのうしろです。
フック(粘着)で、ぶら下げてあります。

分厚いアナログテレビなので、ぶら下げるのに、
とても具合がいいのです。

「いちご」は、ことしに入って、よくテレビを
見るようになりました。
このときは、画面に珍鳥が映っていました。

(さて。あまり大きな声では云えませんが、
さいごまで「アナログ」でいこうか、と考えています。
切り換わったときどうなるか、見てみたくて。
仕様もないことばかり考えて……) 
  

|

コメント

ふみこさま。

おはようございます。この場をお借りして仙台のじゅんこさん、ありがとうございますと言わせてください。
いよいよ明日です。読み聞かせ。
はじめてのことなので、どきどきしていますが、自然体で行ってきたいなぁと思います。では、また報告しますね。

投稿: こぐま | 2011年2月 1日 (火) 08時44分

ふみこさん、皆さん、おはようございます^^
最近、「土鍋でご飯」デビューを果たしました^^
土鍋と付き合う時は、「時間」で計るより、視覚、聴覚、嗅覚(!!)がものをいうんだな…とわかりました。(おこげの匂いが、「炊けたよ」サイン^^)
扱い方ひとつにしても、土鍋って、「生き物」ですね。
使って、使って、使い倒して、育てていくものなのでしょうね。
でも、鍋だけじゃなく、自分も育ててもらっている気でいます^^
この鍋で、どんな出会いがあるか、気付きを得られるか、楽しみです^^

「アナログ放送」終了の際は、先日のアジアカップみたいに「パブリック・ビューイング」を催すかもしれませんね^^
うちにも、アナログちゃんがあります。
テレビとしては使えなくても、モニターとして使う手があったんですね!
良い事を教えて頂きました^^

投稿: がーねっとBee | 2011年2月 1日 (火) 07時14分

仙台のじゅんこさん

おたより、どうもありがとうございます。

いいなあ、
素敵だなあ、
読み聞かせ。

読んでいただいて、
聴きたいなあ、と思います。

投稿: ふ | 2011年1月31日 (月) 09時52分

バッテリーさん

『宣告』を書いておられるころの
加賀乙彦氏にお目にかかる機会が
ありました。
お話を聞いて、ああ、これは読まなければ……と
つよく感じました。

そういうことがなかったら、
読まずに過ぎてしまったかもしれない……。
そのめぐり遭わせに、どれほど感謝しても
しきれない思いを抱きつづけています。

わたしにとって、
あらゆる意味での道標であり、
震えるほどの甘美をおしえてくれた作品です。

読後感、おしえてください。
お願いします。


投稿: ふ | 2011年1月31日 (月) 09時37分

ふみこ様 皆様 こんばんは。
こぐまさま 初めまして!

私も児童館と小学校で読み聞かせをしています(^^)

緊張するかとは思いますが、どうか楽しんでくださいね。
仙台から応援していますp(^^)q

投稿: 仙台のじゅんこ | 2011年1月30日 (日) 21時15分

スイさん

それでは、
「積み重ね」を大事に考えておられる
お嬢さんとスイさんに、
メイ・サートンのことばを
贈りましょう。

   芸術とか、技術のいろはさえ学ばないうちに喝采を求め
  才能を認められたがる人のなんと多いことだろう。いやに
  なる。インスタントの成功が今日では当たり前だ。「今すぐ
  ほしい!」と。機械のもたらした腐敗の一部。確かに機械は
  自然のリズムを無視してものごとを迅速にやってのける。
  車がすぐ動かなかったというだけで私たちは腹を立てる。
  だから、料理(TVディナーというものもあるけれど)とか、
  編み物とか、庭づくりとか、時間を短縮できないものが、
  特別な値打ちをもってくる。

(『独り居の日記』メイ・サートン 武田尚子訳/みすず書房)

ね、どうですか?
パン作りなどはまさしく……。

投稿: ふ | 2011年1月30日 (日) 13時17分

ふみこ さま

先週の 「生への祈り」についていろいろ考えていて、
答えのでないまま (もともと答えなんてないんですが・・・)
『宣告』を読もう! と思いたち、
いま、本を片手にみちの途中です。

そして、今まさにわたし自身、
家族というかたちをなしていくうえで
その過程にあることを思うと、
この先どう変化していくのか、
ちょっぴりの不安と、多くのたのしみのなかで、
わくわくしている自分がいます。

何事も、過程をたのしめる人でありたい・・・。

年の初めに、良い目標ができました。
まずは、5月5日ですね!

わが家のマロは、
テレビの楽器の音にとても興味をしめします。
とくにハーモニカはお気に入りです。

投稿: バッテリー | 2011年1月30日 (日) 12時53分

ゆきたんさん

『モモ』は、ときどき読んで、
自分の位置をたしかめたいというような、
本ですよね。

わたしも、読みたいです、また。

ありがとうございました。

投稿: ふ | 2011年1月30日 (日) 12時37分

ふみこ様、皆様こんにちは。

大急ぎの結果ばかりを欲しがる
…あぁ、近頃ほんとそう。

どんな結果を求めているかもわからなくなるほど、生活も人間関係においても大急ぎで余裕のない自分がいます。自分の気持ちの持ち方ひとつ、わかってるはずなんだけど…。立ち止まっては深呼吸する毎日。

ゆうべ仕事で遅く帰宅したら、長女が洗濯物をたたみ終えていました。思いもしなかったお手伝いにビックリして、私のやり方にそっくりで、よく見てるな〜、と嬉しくてギュ〜っとしちゃいました。

子育てって、毎日の積み重ね。小さいことをコツコツと。大事だなぁ。

将来はパン屋さんになりたい長女と、今日は一緒にパン作りです。ただ今ふっくら発酵中。家事は後回しにして、たくさんおしゃべりしながら色んなパンを焼こうと思います。

投稿: スイ | 2011年1月30日 (日) 10時46分

ふみこ様、皆様
ふみこさん、お久しぶりです
今回のふみこさんのブログを読んで、モモという物語を思い出しました。時間泥棒が出てきます。

時間をお金に換えることで、心の余裕がなくなってしまった人達が、モモのおかげで、余裕をとり戻す話です。

はじめて、読んだ頃、携帯もなかったし、今より、ずっと不便な学生時代でした。あの頃だと、ふみこさんにファンレター書くことになるのかな?今は、ボタン一つで、わからないことが解決したり、人に伝えたり、世界を覗いた気持ちになったり。

時間がお金に換算されて、便利だけど、忙しい。

時間泥棒に、心の余裕を奪われる前に、モモを思い出してよかったです。もう一度、読み返したくなりました。

気づいて、よかった。ふみこさんに感謝します。

投稿: ゆきたん | 2011年1月29日 (土) 22時39分

えぞももんがさん

わたしも、虫は平気です。
ハエたたきは、
外に出ていってもらうのに使います。

えぞももんがさん、
毎日を、
静かにていねいに積んでいるのですもの、
ふさわしい、よきなりゆきに運ばれていますよ。
……と、信じています。

がんばろね。

投稿: ふ | 2011年1月29日 (土) 10時07分

たろじろさん

ことしは、桜を見上げるたび、
この、たろじろさんのお話を
思いだすことでしょう。

ほんとうに、そうですね。

ことしは、ゆっくり、
桜の過程を、眺めたいと思います。

どうも、
ありがとうございます。

投稿: ふ | 2011年1月29日 (土) 10時04分

フィりフヨンカさん

彫刻ね。
すばらしい思想ですね。

……彫刻。

つまり、凸凹したり、
いびつだったりすることも、
その世界では生かされますね。

ほっ。

投稿: ふ | 2011年1月29日 (土) 10時02分

こぐまさん

まあ、いいこと。
わたしも、読んでいただきたい気持ちです。

『おばけのてんぷら』大好きです。

どうぞどうぞ、そのご様子、
おしえてくださいね。
皆さんを代表して、お願いします。

「ここ」には、
読み聞かせをつづけてこられた方も、
たくさんおいでですから。

投稿: ふ | 2011年1月29日 (土) 10時01分

bakuさん

つながってゆくというのは、
ひととして生きる上での、
大きな支えですねえ。

bakuさんのおかげで、
光を感じています。

目に見えるつながりも大事だろうと
思いながら、もうすこし奥、
もうすこし複雑な「つながり」を
もとめたいと希っています。

投稿: ふ | 2011年1月29日 (土) 09時58分

Koujiさん

あら、Koujiさん、
『星の王子さま』、最近読まれたのですね。

なんだかわからないけれど
読まずにきて……最近読むことになった
というのも、いいなあ、と思いました。
それに、それが『星の王子さま』とは。

同じ意味で、「わかる」という場所まで
長い道のりをゆけるというのも、
いいなあ、と。

投稿: ふ | 2011年1月29日 (土) 09時55分

「take shape and form」

ふみこ様
おはようございます。
すこしずつ日が長くなり 窓から差し込む日差しの強さに
「まちがいなく 今年だってもうじき春が来る」と 思えます。

一日 一日と日々を積み重ねているのですが
いろんな事があると
私は こういう形にしたかったのだろうか?
これでいいの?・・・と思うことがあり 戸惑います。
その気持ちを 隠すために
「Let it be 」だったり「ケセラセラ」に助けてもらっています。

でも 「take shape and form」
覚えました。


ふみこさん 私は 虫、素手でつかめるくらい 大丈夫なんですよ。
呼んでくれれば どんな虫でも 捕まえるんですけど!
懐かしい ハエたたきを見て 感動です。

投稿: えぞももんが | 2011年1月29日 (土) 06時36分

ふみこ様、こんばんは。

形を成していく。
結果と過程、単純に分ける事の出来ない2つの事柄。頭に思い浮かんだものは…、桜です。

命を燃やすように咲き誇る桜の花を結果として捉えるならば、これ以上の結果は望めない。

しかしながら、私が一番好きな瞬間は、花が開く直前。蕾から抑えきれずにあふれでる色が、木全体を桜並木全体を薄く彩り、花開く時を今か今かと待ちかまえている。

あの淡い美しさがあるから、花開いた時に一層美しく見えるのでしょう。

思うのです。
花には花の美しさ、
蕾には蕾の美しさ、
全ての瞬間に、美しさがあるのだと…

過程を結果と同じくらい愛せたら、もっと色んな物が見えてくるかもしれない…

そもそも、何が結果でどこまでが過程なのか。分ける意味すら無いのかもしれませんね。
桜だって…、葉桜がゴールと思えば、満開の桜も過程に過ぎないですよね…

人の繋がりも同じです。
ゴールしたと、終わったと思っていたら、そこは新たなスタート地点かもしれない。
後々、縁側で振り返った時に決めれば良いんですよね。


長く見当違いのコメントですみませんでした。

投稿: たろじろ | 2011年1月29日 (土) 01時11分

先日、ちょっとしたことで母に言いすぎました。
こんなことなら、行かなきゃよかった
ちょっとそう思いました。
心重い日々の中で、時を待ち、
ゆっくりと母に電話で謝りました。

なにごとも、急いては事を仕損じる。

急がなかったから、私は反省できました。
そして、素直に言葉にできました。

傷も、よい一つの彫りかも知れません。
どんな母娘の彫刻になるか、楽しみです。

投稿: フィりフヨンカ | 2011年1月28日 (金) 17時39分

ふみこさま。

再びおじゃまします。5月5日を目指して続けますね。
ところで、今日、小学校に読み聞かせのボランティアをさせてもらえないかと聞きに行ってきました。子どもが荒れていますが、そのような状況でもよければ
ぜひしていただきたいって校長先生に言われ、来週の水曜日にやってみることになりました。ドキドキですが、楽しみです。せなけいこさんの おばけのてんぷら
を読んであげようと思っています。仕事をするのには向かない私ですが、何か社会の役に立てたらいいなぁと思っています。
では、また結果をご報告しますね。

投稿: こぐま | 2011年1月28日 (金) 17時10分

ふみこさんや、ここに集うみなさんの声、いつもたのしくふかく読ませてもらっています。
わたしも何か、と思いながら、いろいろ考えてるうちに次の火曜日が来てしまうのですが。
自分のなかでは考えることは「つづいて」いて、次へとつながっていってる気がします。
今回のお話もまた。 「day by day」 って英語は中学生のときにであって以来すきなことばで。
「take shape and form」の「かたちをなしてゆく」も、
それからKoujiさんという方が書いてらした「まだ途上です」ということばもいいですね。

投稿: baku | 2011年1月28日 (金) 10時37分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 
ちょうど読みはじめていたものがありました。
ふみこさんやみなさんのなかにもお好きなかたがいらっしゃるのではとおもいます。
『星の王子さま』
はじめて読んだのは比較的最近のことです。新訳がうわっと一気にでたころです。訳がいろいろあると、迷いますが、楽しい迷いです。ぼくは石井洋二郎さん訳がしっくりくるようでした。
とても有名なキツネのセリフ。
「心で見ないと、なにも見えない。いちばん大事なことは目に見えない」ですが、知り合って間もないころ、のセリフにはこんなのもあります。
「なんだって時間をかけてなじまなけりゃ、知ったことにはならないさ。人間は、なにかを知ろうにも、もうそのひまがないんだ。」
その意味が次第にわかってきているような氣がします。
わかった、といいたいところですが、まだその途上です。

投稿: Kouji | 2011年1月27日 (木) 16時24分

野寺さん

うれしいです。

おたよりしたいと思います。
お待ちを。

ことしはきっとお会いしましょう。

投稿: ふ | 2011年1月27日 (木) 10時04分

テレジアさん

ほんとうにそうですね。

その仕事に、
モノに、
過程が透けて見えるなんていうのは、
人生のもっとも素敵な一面だという気がします。

がんばって、おかずつくりましょうね。

投稿: ふ | 2011年1月27日 (木) 10時03分

テレジアさん

過程をたのしみ生き方は、
楽をする生き方とはちがう……
と思えます。

機械文明にやられ過ぎている
わたしたちには、いま、つかみにくくなっている
過程(一歩一歩)の感覚。

一歩一歩をたのしむためには、すこし、
辛抱も要るようですねえ。

投稿: ふ | 2011年1月27日 (木) 10時01分

こぐまさん

年末までは、遠いので、
どうか100日行脚におつきあいください。
まずは5月5日まで。

それにしても、
よい作品が咲くのでしょうねえ。
たのしみです。

投稿: ふ | 2011年1月27日 (木) 09時58分

CITRONさん

受験。
そうでした。

そのことも、
一歩一歩の積みかさねが、
ふさわしいなりゆきに導くのだと、
信じましょうよ、ね。

よい道が拓けてゆきますように。
お祈りしています。

投稿: ふ | 2011年1月27日 (木) 09時57分

お元気で何よりです。ブログ読ませていただいてます。これからもどうぞご活躍を。

投稿: 野寺 | 2011年1月26日 (水) 20時36分

 今ふっと 再び拝読していて感じたこと。手仕事や自分で作ったお料理がどんなに同じものを作ったとしても、飽きない原因の一つは、過程を知っているから
なのかもしれませんね。

 お惣菜に惹かれます。で、時々食べてみる。だけど、どうもしっくり来ない。
お弁当のおかずに冷凍食品をなんとなく敬遠する理由にも「過程」があるような気がしてきました。

投稿: テレジア | 2011年1月26日 (水) 18時46分

 考えてみると、子育ても「過程」ですよね。最近、動かないと感じていたものが、実は変化していた と言うことに気がつきました。

 日々変化の過程を踏んでいる。過程を愉しむこと。ちょっと意識してやってみましょう。

 アナログテレビ 家もあります。現役です。夫はテレビ大好きなので、いれば一日ついていますが、私はあんまり要らない。

 デジタルテレビは一台あるので、もう全部そっちに集約して。と考えるのですが、デジタルは夫の両親のお守りのような存在なので、夫のお守りのために何れ買い替えでしょう。

 だけど、思い切ってなくしてみると案外すっきりすんじゃないかと。

子どもたちは反対していますけど。

投稿: テレジア | 2011年1月26日 (水) 15時17分

ふみこさま。

こんにちは。過程を楽しむ、ほんとうに大事ですね。
私、年頭に1日1首短歌を詠むことに決めて手帳を買い今までなんとか続けています。駄作も多いですが、振り返ってみてみると日々の想いが積み重なっていて…。楽しいです。これから、12月31日まで休まず続けられるかなぁ?
過程を楽しみながら続けたいと思います。
年末に、ふみこさんにご報告できるように・・・。ちょっと自分にプレッシャーをかけました。えへへ。

投稿: こぐま | 2011年1月26日 (水) 14時10分

ふみこさま

我が家は2人の子供達の受験シーズン真っ只中。
ひとつひとつの過程+運が、結果を生む。。ところです。
さて、彼らの人生がどのように成り行くのか、
静かに見守って、受け止められるように肚をくくりなおします。

今の私にできること。家庭の過程。。
笑顔で、家族が安心できる居場所をつくること。
ふみこさんの一言一言が
いつか日めくりカレンダーのような冊子になるといいなぁ。。
なので、今は手帳に一言書きとめます。
My 日めくり ^^

投稿: CITRON | 2011年1月26日 (水) 11時09分

ぽこはなさん

そのひとにとって、
何がよい結果なのかということは、
考えなくてもいいことなのかもしれません。ね。

ひたすらに「過程(プロセス)」を
大事にしていけば……。

投稿: ふ | 2011年1月26日 (水) 10時29分

ゆるりんりんさん

たのしみながら減量する過程を
選択して、どうか、少しずつ少しずつ……ね。

そうだったのですか。
どりすさんの「100日」に伴走して、
てくてくいくとしましょう。
きょうから100日っていうと、5月5日ですね。

投稿: ふ | 2011年1月26日 (水) 10時27分

野寺さん

行方不明になってしまって……(?)
申しわけありません。

野寺さんのお仕事は、
拝見しております。

電話番号はかわっていませんが、
ときどき電話をパスする癖がありまして。
電話で話をすると、
緊張し、昂りもして、
その後の仕事になかなかもどれないのです。

投稿: ふ | 2011年1月26日 (水) 10時21分

仙台のじゅんこさん

うちにはこれ1台きりなので、
砂嵐のあとは、しばらく砂嵐のままになるかもしれません。

なんだか、たのしくなってきました。

どうもありがとうございました。

投稿: ふ | 2011年1月26日 (水) 10時17分

寧楽さん

過程が、
その一歩一歩が生きるよろこびに
つながっているということを、
思いださないといけないなあ、と
思わされています。

次世代にそれを伝えるのだとしたら、
わたしが、その値打ちとよろこびを
知るひとになっていないと。

投稿: ふ | 2011年1月26日 (水) 10時15分

しょうさん

ドリトル先生のおはなしも、
とてもうれしく。

ドリトル先生こそ、過程をたのしむ、
人生の達人だと思えます。
ね、そうでしょう?

投稿: ふ | 2011年1月26日 (水) 10時13分

どりすさん

「百日咳」
それを賜物とおもって、
100日をお過しください。

わたしも、どりすさんの100日によりそう
気持ちでいきたいと思います。
そして、どうかお大事になさってくださいね。

投稿: ふ | 2011年1月26日 (水) 10時12分

ふみこさま

こんばんは、そうそうなんだというもおいで最後まで今回も読ませていただきました。

すぐに結果を見たいとあせる気持ちばかりでいたことを反省しつつ
なんだか気持ちが楽になりました。

ことに子供に関してはすぐに結果がでませんよね。
どれが子供の未来にとって良いのか迷うことばかりでよくわかりません。
けど日々の暮らしの過程の中に大切なものがあるんだなと思いました。
結果よりも過程ですね。
過程・・・。それを楽しめる人生が送りたいです。

今週もありがとうございました。


投稿: ぽこはな | 2011年1月26日 (水) 00時15分

ふみこ様

(へっ!?)
・・・かたちをなしていく

(わたしのこと?)

目に見えるかたちというのは、云ってみれば「結果」である

(その通りなんだけど・・・)

減量するようにいわれているわたし、
どきっとしました。
この前のお正月はじめて重くならなかった。
減ってもいないけど・・・

そうなのよ
日々の結果が今なのよ
ようくわかってるの

久しぶりに
自分勝手にどきどきしながら読みました。

日々のくり返しの中で生きている・・・
そう、
食べ過ぎのくり返しの中でいきていることに
気がつきなさい!
天からのメッセージのようです。
びっくりしたあ

投稿: ゆるりんりん | 2011年1月25日 (火) 23時28分

ご無沙汰しています。浦安の野寺です。昨日お電話をしたのですが番号が変わったようでつながりませんでした。お元気かなぁと思い連絡をしてみました。ご活躍のようで何よりです。

投稿: 野寺 | 2011年1月25日 (火) 19時48分

こんばんは(^^)
お便りするのは久々ですが、いつも読んでますよ(^^)

アナログテレビ、我が家にも一台!最後の瞬間を家族で目撃しようと計画中です。

夫「アナウンサーが挨拶したりするのかな」
私「長い間、ありがとうございました、とか?さようなら!とか?」
娘「で、ザーッ(砂の嵐の音)?」

さてさてどうなんでしょう?

テレビはその後も、ビデオモニターとしてご活躍願う予定です。
20年選手の20型。なんという丈夫さ!日本製はこうでなくっちゃですよね(^^)

投稿: 仙台のじゅんこ | 2011年1月25日 (火) 19時04分

ふみこさま


「なんで(どうして)、そんなに早く答えを出そうとするんや?」

いろんなことを抱えていた時の私に主人が言った言葉。

どきり!としました。
一気に目の前が明るくなったように思いました。


過程の値打ち!ですね。

待つことの楽しみ、考えることの喜びも
忘れないようにしていたいです。

アナログテレビ、うちにも一台、健在です。

投稿: 寧楽 | 2011年1月25日 (火) 14時55分

ふみこさま、みなさま、こんにちは!

私は今年、年間の様々なイベントを「やらなきゃ」ではなく、「どんな風にやろうか」とワクワクして準備しよう、当日を過ごそう、と、手帳に書きました。もともとイベントって、ぐるりの毎日に彩りをそえる、楽しいものなのに、私ってば、「もうこんな時期だ!準備しなきゃ!わたわた…」とあせっていたので、今年は、一個ずつ、楽しもう、って。

なので、とてもタイムリーというか、嬉しい記事でした。

以前にもふみこさんに同じようなことを教えていただいた気がして、昔の手帳をさぐると「時間を短縮できないものが、特別な値打ちをもっている」とありました。ふみこさんの著書のどれかにあって、書きつけておいたものです。
過程が人を感動させたり、共感させたり、満足させたり。。。とにかく、意味をもってくるのですよね。

本当に、本当にその通りだと思います。

今週もありがとうございました。

ついしん:「ドリトル先生、アフリカ行き」読了しました。ドリトル先生、素敵すぎます!ジップと誰か(ダブダブ?)が口げんかを始めたときの先生のセリフが好きです。「やめなさい、人生は短いんだ」そうきたか(笑)!

投稿: しょう | 2011年1月25日 (火) 13時00分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 私は、「何日まで」にと、期限を付けられたしごとが多いので、
ついつい結果ばかりを睨みながらの行動。
 おまけに、セッカチときているので、なかなか過程を慈しむことが
できません。
 ところが、先週から「百日咳」に患ってしまい、どうにもこうにも
思うように動けない・・・
 すると、1つ1つの流れ、達成するまでの経過が、とても大切に思えてきました。
 クリスマスまでのワクワク感を思い出しながら、完治の時をなぞらえています(何しろ百日^^;)

 私も最後の一瞬を見たくて、自室のアナログ1台、残しています^^
 でも、まさか「テレビのうしろ」とは!
 てっきり玄関付近だと、推察してしまいました。

投稿: どりす | 2011年1月25日 (火) 12時47分

コメントを書く