オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 『星の牧場』(庄野英二・作)  本のなかの暮らし〈12〉 | トップページ | すき間 »

2011年1月 4日 (火)

少しずつ

 少しずつ物忘れがすすんでいるのか、自分で云ったことを、云ったそばから忘れてしまうことがある。このあいだなんか、話しながら可笑しくなってあはは、あははと笑ったのはいいが、なぜ笑っているのか、途中でわからなくなってしまった。「あれ? あれ?」と云いながら、まだ笑っている。困ったものだなあ、と思う。
 ことしは、大事なことは忘れないうちに書きつけておこう、と考えている。書くばかりだと、それにたよって脳がなまけるのだそうで、だから、書いておきながら脳にも書きつける努力をしよう。

 というわけなので、ここに、ことしの大きな道筋を書きつけておく。

「小さいことを少しずつ」

 これが、ことしのめあてである。
 このことばをみつけてくれたのは、「うふふ日記」の世話役であるオレンジページのNさん(編集者歴20年)だ。Nさんは、無駄話のなかでわたしがふと口にした「小さいことを少しずつ」を、「いまのそれ、『小さいことを少しずつ』って、とてもいいですねえ」と、拾いあげてくれた。
 何日かたって、Nさんからメールが届く。

「ドリトル先生」の「ドリトル」のつづりご存知でしょうか。
「Dolittle」、 つまり「Do little」。
「役立たず」とか、
「役に立たない人間」とかいうことだそうですが、
わたしには、これが、
「ほんの小さいことをする」(冠詞がついていないから、文法的にはちがうでしょうが)と読みとれてしまいました。
「Dolittle」が、このあいだのお話の
「小さいことを少しずつ」に通じる気がして、
うれしかったのでした。
2011年は、「ドリトル先生」でいきましょう!

 Nさんが「……でいきましょう!」と云うからには、そこには仕事の「テーマ」も含まれていることになる。やれやれ。と、思いかけたけれども、なにしろ「ドリトル先生」だ。この愛すべき人物の背中を追って1年過すのはわるくない、と思える。
 2011年の暦に、「ドリトル先生」と書きこんだ。

 わたしが「ドリトル先生」を好きなのは、その慈愛に満ちた人格、ユーモアいっぱいの発想と見事な行動力もさることながら、その冒険ものがたりが日本に紹介されるまでのいきさつにもこころをつかまれているからだ。ヒュー・ロフティング(作・絵も/1886—1947)が書いたこのものがたりの翻訳は、「井伏鱒二(いぶせますじ)」。けれども、元の元は、「石井桃子」で、「このお話(『ドリトル先生アフリカゆき』の原書をさす)があまりおもしろかったので、じぶんひとりで楽しむには、もったいなくなり、御近所に住んでいらっしゃる作家、井伏鱒二さんのところへ伺っては、ドリトル先生の筋書をお話したものでした」というのが、ことのはじまりだ。
 その後、このものがたりを日本の子ども達にも紹介したいと希(ねが)って、石井さんは「井伏鱒二」に翻訳をたのみこんだ。「井伏さんはおいそがしくて、なかなかやってくださいません。そこで、待ちかねた私は、下訳(したやく)をして井伏さんのところへおとどけしました。井伏さんは、その原稿を持って何度か旅行に出られ、ながいことかかって、すっかりしあげてくださいました」
「ドリトル先生」をわたしたちが知るようになるまでの道のりは簡単でない。石井桃子さんが出合って出版の志をかため、井伏鱒二さんが苦心して翻訳し、戦争もはさんで、ほんとうにやっとのことだったのである。そうしたいきさつも、わたしには「小さいことを少しずつ」だと思える。
 決してひとりではできない事ごとを、いろいろの助けも借りて、少しずつ重ねていく。そういうふうにありたい、ことし。

 おや、わたしはこのたびのこの話を「少しずつ物忘れがすすんでいるのか」なんて書きだしている。少しずつかさねた結果、もっとも馴染んだのが物忘れだったということがないように。

*文中の石井桃子さんのお話は、『ドリトル先生アフリカゆき』(岩波少年文庫)の巻末に紹介されています。


Photo

そうして、ことしはまた、
ここからはじめたいと思います。
食卓です。

昨年、夫の大叔母が、長らく裁縫の作業台として
使っていたものを食卓にしました。
この古びた感じ、誤解を怖れず云うならばおんぼろさが、
わたしたちの好みにぴったりでした。


Photo_2

ほら、表面はこんなです。
ルレットの「あと」。
粉ものがこの「あと」に入りこむと、大変です(笑)。

|

コメント

初めまして、なかなか熱が下がらないチビを、園で年長のビッグイベントなので、ドリトル先生の読み聞かせ4日間に、その時間だけ連日連れて行き、母のエゴだよなぁと思いつつ、ここのブログにたどり着きました!心のモヤモヤが少し救われた気がしました。また、きますね。ありがとうございました。

投稿: ももも | 2011年2月11日 (金) 23時05分

brownbear さん

その行きあたりばったりぶり、
お金がなくても気に病まないところ。

そこが、いちばん好きなところなんです。
ドリトル先生の。

うまくあらわしてくださったこと、
どうもありがとうございます。
心から……。

投稿: ふ | 2011年1月11日 (火) 15時30分

かっちゃんさん

腰は、いかがですか?
痛みは去りましたか?

よい気づきがあったとのこと。
新年早早、すばらしいです。

奈良では、すがすがしい「気」を
たっぷりいただいてきました。
どうもありがとうございます。

佳いことしを。

投稿: ふ | 2011年1月11日 (火) 15時27分

どりすさん

なんとうれしいおたよりを。
どうもありがとうございます。

どりすさんと、モミイチが逢えたこと、
とてもとてもうれしいです。
わたしの手もとの『星の牧場』をひらいたら、
どりすさんが、登場しているような気がします。

夜、こっそり開いてみます。
どきどき。

投稿: ふ | 2011年1月11日 (火) 15時25分

がーねっとBee さん

どうかことし、ゆったりいけますように。
昨年、一昨年と、
変化とご活躍の年でしたものね。

道は、どこまでもつづいているのですから、
歩調をゆるめても、かまわないというわけです。


投稿: ふ | 2011年1月11日 (火) 15時23分

ふみこ様

ドリトル先生シリーズの何冊かを読んだのが
昨年の秋でした。
ドリトル先生を敬愛する人はたくさんいて
本当に熱烈にお好きな様子で…
だから、岩波少年文庫ブーム(私自身の)に
読むしかない!と思って。

ドリトル先生は 確かに類稀なる才能ー動物と話ができるーの持ち主ですが、
私が一番驚いたのは 彼の行きあたりばったりの生き方です。

ネコ肉屋に勧められて動物専門の医者になり
猿のチーチーの仲間からの便りでアフリカに出発する
アフリカでも事件や事故に巻き込まれ…

ドリトル先生には 将来のビジョンを持つという発想自体がありません。
ただ目の前の動物や人の求めに応じて 今出来うることをしているだけ。

なんて潔い!
その行きあたりばったりぶり お金がなくても気に病まないお気楽ぶりは
昔話の主人公そのものですね。
起こったことをけっして嘆かず、淡々とご機嫌に対処していく…

私もそれで行きます!!

今年もよろしくお願い致します(*^_^*)

投稿: brownbear | 2011年1月10日 (月) 00時59分

ふみこさま、みなさま、こんばんは。

今日だったんですね・・ふみこさんが奈良にいらしていたのは・・・。

三が日をゆ~っくり過ごせたと思ったら、なんとぎっくり腰になってしまい、
今日まで整骨院行きとベッドで横になったままの生活をしていました。

そんなわけで、ふみこさんがこちら関西にいらっしゃるのも、すっかり
忘れていました・・・。。

今日はたくさんのみなさまとお会いできた、佳き日だったことでしょうね。

腰を痛めたことで、たくさんの「気づき」がありました。

その「気づき」を忘れることのないように、私も少しづつ毎日を積み重ねて
いきたいです。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: かっちゃん | 2011年1月 9日 (日) 23時21分

ふみこさま、みなさま、こんにちは
 年明けに「星の牧場」が届き、
モミイチと、それはそれは楽しい時間を過してきました。
 そのことを語ると 興奮が尽きず、長く永くかかりそうですが
この牧場には、大好きな小鳥や馬や音楽や、父が船員時代に話していた異国の
ことが夢のように詰まっていて、
出逢うことが必然であったように思えます。
 ふみこさま、モミイチに会わせてくださってありがとうございます。
 欲張りすぎると、取りこぼすこともあります。
 だから、私も今年はセッカチをなだめながら、
少しずつ、少しずつ、積み重ねようと思います。
 大切なかたと暮らしてきたテーブルは、素敵に温かいですね。
 関西でのよき時間を・・・         関西人より^^

投稿: どりす | 2011年1月 9日 (日) 22時51分

ふみこさん、皆さん、明けましておめでとうございます^^

どうせなら、嫌な事はスッパリ!忘れたい…。
けれど、そうはいかないですね。
嫌な事こそ、心に留めておいて、対処しなきゃいけない時のヒントにしたい。
どんな時にも、スックと立ち上がり、迎え撃つ物事を交わしていく…そういう力を持ちたいです。

ここ数年が、大きい事が起き続けた年でしたので、今年は、ゆったり過ごす1年を、目指します。

ふみこさん、皆さんが、素敵な1年になりますように!

 これからも宜しくお願い致します^^

投稿: がーねっとBee | 2011年1月 9日 (日) 10時39分

のんさん

お風邪は、もういいのですか?
大変でしたね。

でも、ことしのはじめに、
それはいい経験をされましたね。
時間について、
わが働きについて、
まわりと自分について、
休養について、ほか、
いろいろいろいろ学ばれたのでは……?

いちばんには、
「無駄な経験などない」という
学びでしょうか。

佳いとしになりますように。
ことしもよろしくお願いします。

きょうは、10時過ぎに家を出て、
京都からJRで奈良に向かいます。
14時1分、「のんさん、京都です」と
つぶやくことにしますね。

どうもありがとうございます。


投稿: ふ | 2011年1月 8日 (土) 07時33分

そらさん

ことしもよろしくお願いします。

読んで聞かせてさしあげるのも、
いいと思いますね。
ちょっと時間をつくって。
すると、読み手にもちがったかたちで
染みこむのではないかなあ、と。

驚いたことに、うちでは夫が
ドリトル先生を読んだことがないというので、
読んでもらわなけりゃと、思っています。
読み聞かせ……?
それは、ないな。

投稿: ふ | 2011年1月 8日 (土) 07時28分

ふみこさま、今年も よろしくお願いいたします。

小さいことを少しずつ - Do little - ドリトル先生!
なんという つながりでしょう。
わたしも 「小さいことを 少しずつ」と手帖に書きました。
ご一緒させて下さい。

おせちを詰め終わってから、風邪でダウンし
熱にうなされていた 三が日でした。
新年なのに 出遅れた気がしていましたが
これもわたしのお正月だったと思いなおし スタートします。
奈良には行けませんが、お近くにいらっしゃることを感じながら
週末を過ごしたいと思います。

投稿: のん | 2011年1月 7日 (金) 14時31分

ふみ子様

ふみこさん、新学期はじまりました。
ようやくふみこさんに今年のご挨拶ができます。
今年もよろしくお願いいたします。

『少しずつ』行きます私も。
この心持ちを忘れないように。。。。
『少しずつ』に支えられながら。

サッカーに夢中で本を読む時間も作らない息子と娘
と一緒に一年かけてでも読んでみますドリトル先生。
そのうちめいちゃんも。

今日は七草がゆを食べたいと私の体が訴えています
食事も少しずつがよいですね(反省)

ふみこさん佳い一年をお過ごしください。

投稿: そら | 2011年1月 7日 (金) 14時03分

テレジアさん

テレジアさんのなさっていることを、
テレジアさんがいちばんわかっていないと、ね。
その値打ちも、おもしろさも、ご苦労も。

ひとがどうとか云うのなんかは、
ずーっとあとのことですもの。

いろいろとりこぼしながら、
元気にやっていこうと思います、ことし。
よろしくお願いします。

投稿: ふ | 2011年1月 6日 (木) 16時13分

saguchi さん

わざわざ、ありがとうございます。

でも、ここが大事なところだと思うんですが。
わたしは、よく知っていますから。
saguchi さんが、ひとを呼び捨てにするような
ひとでないこと。

ちょっとしたことは、
そういうこころで、通過したいというわけです。

どうもありがとうございます。
いつも、ていねいに。
やさしく……。

投稿: ふ | 2011年1月 6日 (木) 16時11分

あささん

ほんとうにね。

ことしが明けて、ページがめくれましたね。
めくれただけではすまなくて、
あたらしい本になったひともある……。

ともかく、
あたらしいページを、
あたらしい章を、
あたらしいものがたりを、
紡いでいくということです。
(あらすじも、予告篇もなしに)。

投稿: ふ | 2011年1月 6日 (木) 16時08分

フィりフヨンカさん

いままた読むと、きっとちがうおもしろさが
ありますよ。
「フィりフヨンカさん、ドリトル先生を読む」ってね。
本の題名みたいでしょう?

素敵。


投稿: ふ | 2011年1月 6日 (木) 16時06分

saguchiさん

どうか、あの、ドリトル先生は、
まずは井伏鱒二訳で読んでください。
それだけは、お願いしたい気持ちです。

仙台。
Ryoさんが仙台から関東へお引っ越しかと思ったら、
こんどは saguchiさんが「仙台のひと」にね。
なんだか、糸がゆっくり巻かれているみたいです。
……不思議。

(Ryoさん、仙台で暮らすための
魔法のことばを、お願いします)。

あたらしい土地での暮らしへの
門出をお祝いしたいと思います。

投稿: ふ | 2011年1月 6日 (木) 16時04分

 ふみこ様、わたしも「思い込み」について考えていたところです。
そうですね。「賃金を得ない仕事」だと思い込んでいたかも。

 それから、物忘れ。少しずつ近づいてきてます。ごっそり忘れることが
あります。忘れないようにメモすると、そのメモを忘れる。買い物に行って全く違うものを買う。いよいよになってから、やっと購入。その繰り返しです。

 だけど、それも自然の理かもしれませんね。

投稿: テレジア | 2011年1月 6日 (木) 13時49分

ふみこさん!!!
おはようございます!
今、自分のコメントを読み返したら、『ふみこ』と呼び捨てになっていました!
新年早々、失礼な事をしてしまいました。。。すみませんでした!

投稿: saguchi | 2011年1月 6日 (木) 07時09分

ふみこさん 明けましておめでとうございます。

今年もまた おじゃまできて嬉しいです。

ドリトル先生で始まる1年。なんて素敵なんでしょう!
これからの1年が、あたたかく愉快になりそうな気がします。

そしてルレット・・・。
ルレットの跡が残るテーブルも、まるで物語のようですね。
ルレットも、私には「少しずつ」の象徴に思えます。

投稿: あさ | 2011年1月 5日 (水) 23時22分

ぁ、あーー!

はぁ~、嬉しいです。
なんとも、です。
私は、ドリトル先生は、全部読みました。
もちろん「ドリトル先生アフリカゆき」も!
だから、そのおしまいに書いてあった
石井桃子さんと井伏鱒二さんの事も
読んで感動していました。

ドリトル先生・・大好きです。

どの話も夢中で読み、まんまるの先生が
読んでる途中で挿絵で登場すると
もっと夢中になり、
夢中の夢中で読み終わりました。

あらら、何が言いたいのか・・
夢中になり過ぎてわからなくなりました。

とにかく、すごく好きってことです、ふみこさん。

投稿: フィりフヨンカ | 2011年1月 5日 (水) 22時56分

ふみこ、みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もまた、マイペースな感じでお邪魔します!


ふみこさん、ドリトル先生、読んだ事無いです。確か映画になりましたよね?5年前くらいだったか。まずはそれを見てみようかと思います☆

実は、今月末、転勤の為、仙台に引っ越しするんです。
それもあって、の今年のテーマ。
ふみこさんのテーマに、『今!』を付け足して、
Do Little Now!

にしようと思います!

今、ここでしか出来ない事、会えない人が沢山居るから。


でも、ふみこさんの所に来れた私、少しは引っ越しに向けて、踏ん切りがついてきたのだな、と、うれしい気持ちでいっぱいです!!
新しい部屋に、ダイニングテーブルを置く予定です。ふみこさんちのテーブル、私の理想そのものですっ!!!
私も、いい出会いがありますように☆

投稿: saguchi | 2011年1月 5日 (水) 19時18分

あすちるべさん

あけましておめでとうございます。

ほんとうに、「自分」というのは、
やっかいで、おもしろい存在です。
そうやって、困惑しながら、
おもしろがりながら、さいごまでやっていきたい、と。

どうか、ことしもよろしくお願いします。
こころから。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 17時16分

sara さん

あけましておめでとうございます。

ばらと一緒のスタートですね。
まぶしいスタート……。
うらやましくなって、
わたしも、ともに行く象徴のようなものを
さがしたくなったりしています。

ばらは、どんなのが咲くのですか?
「その後」をおしえてくださいね。

たのしいことしを。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 17時12分

Kouji さん

ことし、はじめまして。
(このご挨拶、なんて素敵)。

そうなんですよね。
「少しずつ」って、そういう話ばかり
してきていますよね。
でも……、そういうことはよくわかっておらず、
そのたび、そのたび、初めてみたいに「少しずつ」とか、
「一歩一歩」と思うのです。

進みが(進歩ね)、おそいのは、
そういう間抜けさが原因なのかもしれません。

「新・少しずつ」なんです。
……と、ひらきなおって。

柴田トヨさんの詩のこと、おしえてくださって(昨年)、
どうもありがとうございました。


投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 17時09分

しょうさん


大掃除はもういやなので、キープを心がけたいです。

まったく同感です。
大掃除がいやなばっかりに、わたしは……。

ことしが、
佳い年になりますように。
休み休みね。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 17時03分

ふみこさま みなさま

あけましておめでとうございます。

今年もおじゃまさせてください。
元日に近くの神社にお参りに行って、たくさんの良いご縁がありますようにとお願いしました。

人生も折り返し地点を過ぎているのに、最近、あぁこれはそういうことだったのかと気付くことが多々あります。自分の中でバラバラだったものが纏まって感じられたり。ようやく自分の取り扱い説明書が見え出してきたというか(遅すぎますが)・・・。問題もたくさんありますが去年はそう感じる一年でした。
そうして、ドリトル先生の綴りは考えたこともなかったです。「Do little」良いことを教えてもらいました。あせって何も手につかなくなった時は、この言葉に助けてもらいます(困ったことに時々あるのです)。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: あすちるべ | 2011年1月 5日 (水) 16時49分

ふみこさま、みなさま、新年おめでとうございます。
今年もおじゃまします。
早速ドリトル先生読みたくなってしまいました。
今年は子供のころに読んだ本を読み返そうと思っていたところです。
少しずつそろえて行こうと思います。
「ゆっくりと、ていねいに」 私の今年の指針です。

先ほどばら苗を衝動買いしてしまいました。
ゆっくりと育てます。
今年もよろしくです。

投稿: sara | 2011年1月 5日 (水) 15時41分

ふみこさま、みなさま、あけましておめでとうございます。
そして、今年、はじめまして。
ふみこさんからの年賀状、でありお年玉、たしかにいただきました。ありがとうございます。
少しずつ、「Dolittle」。おもしろい発見ですね。ときどき、いつもあたり前のようにそこにあるものに、突然活き活きとべつの顔をみせられて、はっとさせられることがありますね。
ふみこさんの文章自体、そういうタイプのもののような氣がしています。
なに氣ない、なにかありふれたこと(のようにみえること)のなかに、きらめきをみいだしてゆく、というひらめき。ときめき。
 
ちょっと意外だなぁとおもったのは「少しずつ」はふみこさんのテーマ、ポリシーだとおもっているので。
初心忘るべからず、といったところでしょうか。
でも、ふみこさんの真似をして「誤解をおそれずにいうなら」、忘れることにもまた、味わい、おもしろみがありますね。
今回のおはなしを読んでいて、また柴田トヨさんの詩がうかびました。
好きなんです。
 
『忘れる』
 
歳をとるたびに
いろいろなものを
忘れてゆくような
気がする
 
人の名前
幾つもの文字
思い出の数々
 
それを 寂しいと
思わなくなったのは
どうしてだろう
 
忘れてゆくことの幸福
忘れてゆくことへの
あきらめ
 
ひぐらしの声が
聞こえる

投稿: Kouji | 2011年1月 5日 (水) 15時14分

ふみこさま、みなさま

今年は喪中ですので、初詣も年賀状もない、静かなお正月でした。
夫が子供を連れて一足先に実家に帰ったので、ここぞとばかりに
冷蔵庫の中やら排水溝やら電子レンジの中やらの掃除をしました。
「たくみに休む」が今年のテーマなのに(笑)
でも、いつも気になっていたところなのですっきりした気分です。
大掃除はもういやなので、キープを心がけたいです。

小さなことを少しずつ、目の前にあることを一つずつ、丁寧に・・・

つい先を見過ぎたり、一足飛びにしたくなったりしがちですが、
こころに刻んでおきます。

今年もよろしくお願いいたします!

投稿: しょう | 2011年1月 5日 (水) 11時07分

risyon さん

あけましておめでとうございます。

そうですね。
「少しずつ」かさなり、積もるんですものね。
進むんですものね。
そのこと、あまり考えていなかったので、
びっくりわくわくしています。

どうもありがとうございます。

おもしろい年にしましょうね。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 11時00分

Ryo さん

ありがとうございます、栄養だなんて。

わたしは、ひとから笑われるのもいいなあ、と
思いながら生きています。

阿呆か。とか。
ばーか。とか。

ときには、そんなふうに云ってください。
ね。

佳い年になりますように。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時58分

えぞももんがさん

簡単な道のりでない、
その道の途中……。
どうか、えぞももんがさんの微笑みは
忘れないでくださいね。

その道をゆく背中にむかって、
お祈りしています。
無事に佳き場所に到着すること。

がんばって、えぞももんがさん。


投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時55分

たろじろさん

新年おめでとうございます。

文字を書く。
わたしも、ことし、そのことを
いっそう大事にしたいと考えています。
それでは、ご一緒に、ね。

ことしもよろしくお願いします。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時51分

CTRONさん

新年おめでとうございます。

ドリトル先生の本の連なりから、
1冊拝借して(下の子どもの本棚から)、
書斎に置きました。
背表紙をみつめて、
「よし」と思うことができるように。


投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時49分

こぐまさん

「吉」だとか、「凶」だとかは、
ちょっとしたおみくじの挨拶だと
思うことにしています。
それより、おみくじの文面に、
おそろしくタイムリーなことばがあったりする……。
それを、読みとりたいなあ、と。

目の前に落ちてきた葉っぱや、
ふと耳にした誰かさんのおしゃべりにも、
「メッセージ」がありますからね。

佳いとしに、
おもしろい年になりますように。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時46分

ゆきたん さん

あけましておめでとうございます。

1mm、ね。
すごいです。
1mmずつやわらかくしなやかになっていく
ゆきたんさん。

それも、少しずつ。1mmずつというわけです。


投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時44分

つくしさん

新年おめでとうございます。

「ごはんづくり」を助けてくれる存在が
あるということが、つくしさんの家の
「ごはん」のしあわせですね。
無理せず、たのしんで……ということではないでしょうか。

ことしもよろしくお願いします。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時41分

きょうこさん

ドリトル先生、お読みになると
いいかもしれません、いま。

ああ、おもしろい男だなあ……とか。
この発想、じつにユニーク……とか。
昔は思わなかったことを、思うんです。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時39分

テレジアさん

このお正月に考えたことが、まさに、
「思いこみ」について、でした。
「思いこみ」は、ひとを助けもし、
支えもするけれど、
ときとして、
発見やおもしろみのようなものから
ひとを遠ざる。
……と、考えついたのです。

「賃金を得る仕事を持っていない私」というのも、
思いこみかもしれません。
見方をかえると、ね。ね。


投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時37分

寧楽さん

あけましておめでとうございます。

卯年。
なんだか、いいことありそうですねえ。
ぴょん、と。

どうかよろしくお願いします。


投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時34分

焼海苔の の さん

あけましておめでとうございます。

ほんとは「「Do a little」なのでしょうか。
……どうかな。

ま、ともかく。
そういうふうに、いきたいなあ、と思います。

投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時32分

ゆるりんりんさん

新年おめでとうございます。

これを書こうと
考えついたことを忘れるのが
いちばん困ります。
眠っているあいだに考えるので、
書きとめておけないのです。
ときどき、忘れて、
頭をかきむしり……。

それもまた、愉快であるともいえるのですが。
(愉快がっていないで、しっかり憶えておこうと
思わなければ、だめですね)。

ことしもよろしくお願い申し上げます。


投稿: ふ | 2011年1月 5日 (水) 10時29分

ふ さま おめでとうございます。

小さいことの積み重ねが、大きなモノになっていくもの
少しずつならできるコトも たくさんある

ふと気付いたときに振向けば
案外進めていた・・・そんな感じで行きたいものです。

テーブルいいですね♪
キズも愛着。

今年も宜しくおねがいします。

投稿: risyon | 2011年1月 5日 (水) 09時51分

ドリトル先生のお話に、
(随分前にDo little の話を何かで読んだのにすっかり!忘れていました(^^;))
刻まれたいろいろな出来事や思いが
控えめに、でもしっかりと光っているテーブルの写真。

いつもふみこさんの文章から心に栄養をいただいています。
ありがとうございます。

今年がふみこさんにとって、
みなさまにとって素晴らしい一年となりますように。

投稿: Ryo | 2011年1月 5日 (水) 09時38分

あけましておめでとうございます。

最近 私も いつも 探し物をしているような気がします。
テレビで「いつも探し物をしている人」 注意が必要
という内容の CMを見かけ ドキッとしたりしています。

ドリトル先生の簡単な道のりでなかった
翻訳の話・・・。
わが家も いま 簡単な道のりでない
途中におります。
ポ~ンといっきに 佳い結果を出したいのですが
そうは問屋が卸さないようです。

「Do little」「Do little」ですね。

ぶれないように 前を見て 「Do little」。
 少々 新年そうそう 弱音を吐いてしまいました。
頑張ります!

投稿: えぞももんが | 2011年1月 5日 (水) 05時58分

ふみこさま。みなさま。
あけましておめでとうございます。

今年も心の軸として、伺わせていただきます。
よろしくお願い致します。


昨年から、
携帯やパソコンではなく、きちんと手書きの文字で記憶をたどるようにしてみました。

ミミズどころかゾウリムシがのたくったような字ですが、
その時の気持ちの揺れまで思い出されるようです。
良い意味でも悪い意味でも。

今年も自分に出来る事からコツコツと積み上げていきます。
心の軸を見失わないように、ふみこさまの言葉を拝借する事になるかと。

よろしくお願い致します。

投稿: たろじろ | 2011年1月 4日 (火) 18時51分

ふみこ様

あけましておめでとうございます。
今年も毎週火曜のこの場所を楽しみに、日々楽しんで
暮らしていけたら、と思っています。

年頭の「うふふ日記」、早速
楽しいお話♪
Do little=小さいことをすこしずつ
素敵な発見!

いっぺんにたくさん、頭に浮かんで
あせってとりかかろうとするとき、
このおまじないをとなえます。
ドリトル♪ドリトル♪

奈良でお目にかかれる日を
心待ちにしております。


投稿: CTRON | 2011年1月 4日 (火) 17時58分

ふみこさま。みなさま。あけましておめでとうございます。

今年の初詣で、ひいたおみくじが なんと凶でした。
今年は、自分の身の丈にあった生き方をして、
無理なことはしないでおこうと思っています。

ふみこさまやみなさんの、書き込みを読んで
今年もいろんなことに気づいていきたいなぁと思います。
よろしくお願いします。

投稿: こぐま | 2011年1月 4日 (火) 17時47分

ふみこ様、皆様、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
私の今年の目標は、しなやかな体になること!
運動音痴、体は固い…なのですが、バレエ好きなんです。
だから、バレリーナみたいに、姿勢よく、しなやかになりたい。
寝る前や、他にも、気づいたら、開脚、前屈しています。
1分にも満たないとき、ありますけど、1ミリでも、柔らかくなりたい。
それに、股関節が固いと、リンパの流れが滞り、体の不調の原因になりますからね。
頑張ってる体を、時には、さすったり、なぜたりして、いたわってあげる時間を作ってあげたいなと思います。

投稿: ゆきたん | 2011年1月 4日 (火) 13時47分

ふみこさま。 みなさま。
あけましておめでとうございます。

ワタシの今年のテーマ(?)は、「ごはんだけは!!」です。

体調がすぐれずに、仕事から帰ってきた夫に夕食を
作ってもらう事があり。。。
家事を完璧にこなす事は、今のワタシには無理なので、
ごはん作りを一日の最重要事項(大げさ?)に
したいと思います ^o^♪
出来た日はカレンダーにシールでも貼ろうかなぁ?

今年もこの『うふふ日記』と、毎日新聞の連載を
楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。

投稿: つくし | 2011年1月 4日 (火) 11時47分

ドリトル先生 そんないきさつがあったのですね。
中学生の時夢中で読んだ、ドリトル先生が月を見上げている表紙の絵が
浮かんできました。

昨年は「一つずつ、一つずつ。」が口癖の年でした。
今年は「少しずつ」を使いましょう。

投稿: きょうこ | 2011年1月 4日 (火) 11時34分

 あけましておめでとうございます。とは一つ前のコメントに書き込んだのですが、あまりにも机の写真が清々しくて、もう一度ご挨拶します。
おめでとうございます。

 「ドリトル先生」を井伏鱒二さんが訳されていることは存じ上げていますが、そんないきさつがあったとは知りませんでした。そして「Do Litte」だったことも知らなかったです。私も今年はこれで行きます。ふみこ様ありがとうございます。

 年末から少し掃除のやり方を変えました。どういう仕事にせよ、時間をかけずにさっさとできる ことはとても素敵なので、このやり方しかない と決め付けていたものを変えてみました。賃金を得る仕事を持っていない私は、時間を掛けて掃除しなければ、なんとなく手抜きをしたとかサボったとか そんな感じを抱きがちです。ですので、やり方を変えることに抵抗があったのだと改めて感じました。

 やり方を変えたら、少し時間に余裕ができて、結局掃除面積を増やしてしまったので、結果的には…変わらないことになりました。けれど、自分が気持ちよく掃除できる、家事ができることが一番なので、いいスタートを切れたなと感じています。

 

投稿: テレジア | 2011年1月 4日 (火) 11時34分

ふみこさま

新年おめでとうございます。

今年もいろんなお話を
聞かせてくださいね。

よろしくお願いいたします。


いつもと変わることなく
日々を積み重ねていく
んだなと思っています。
そんなに先を見ず
ほんの少しの先を
目指して。

私も主人も同い年の
卯年です。

本当に佳い年にしたい
と思っています。

そして、お目にかかる
のを楽しみにしています

投稿: 寧楽 | 2011年1月 4日 (火) 10時52分

ふみこさま

あけましておめでとうございます。
今年も”うふふ日記”楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします!

「Do little⇒小さいことを少しずつ」 いいですね~!
私も、小さいことの積み重ねが確実なものいになっていくのを
実感していきたいと願う新年です。
私も身近な暮らしを大切にすごしていきます。

投稿: 焼海苔の の | 2011年1月 4日 (火) 10時41分

ふみこ様
あけましておめでとうございます。
新しい一年が始まったんだなあ、
清々しい空気が肺の奥のほうまで行きわたっています。

わたしは昔からよく忘れるので
メモ帳は必需品。
すぐメモメモです。

わたしの今年のテーマは「一歩ずつ」です。
ちょっと似てます。
あれもこれもじゃなく、
あわてて走らなくてもいいように、
自分の速度に忠実に、一歩ずつです。

ふみこさんとこの食卓
うちのテーブルによく似ています。
大きくて色んな跡がついています。

今年のお話しも楽しみ。
よろしくお願いいたします。

投稿: ゆるりんりん | 2011年1月 4日 (火) 10時40分

コメントを書く