オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 驚くべきこと | トップページ | 目立たんところ 〈引用ノート2〉 »

2011年2月 8日 (火)

ぜいたく

 白いシャツブラウスが好きだ。
 それに気づくのには、ちょっと手間が要った。ある日——わたしは22歳だった——ひとから「白ばかり着ないで、花柄なんかも着てみたら、どう?」と云われた。白いシャツブラウスを好きだと自覚する前だったから、「そんなもんかなあ」と思った。そしてまた、云われただけだったら聞き流したかもしれないけれど、花柄をすすめてくれたのは職場の先輩で、先輩は親切にも大振りの花が咲きみだれる模様のブラウスをわたしに贈ってくれたのだった。
 それは、上等のブラウスだった。
 先輩の好意を受けるという畏れおおさ、上等を贈られたという責任感から、わたしはときどき、ええと週に一度くらいはそれを着て会社に行った。そのたび、先輩はちょっと笑った。かっこいい大人の女性だったから、「それ、いいじゃない?」とか、「着てくれてるんだ」なんてことは、面と向かって云わなかったが、かすかに、とてもかすかに目を弓形に曲げるのだ。
 自分が白いシャツブラウスを好きだと気がついたのは、そのころ。花柄のブラウスをプレゼントしてくれた先輩を尊敬していたし、その目が弓形にやさしく曲がるのを見るのはうれしかった。が、花柄がからだに貼りついている日はなんだか落ちつかなく、その気分はわたしに白いシャツブラウスを恋しがらせた。
「それ」に気づくのは、「それ」を失ったとき、「それ」から逸れたときなのだなあ。……と知った。

 白いシャツブラウスみたようなことは、その後もしばしば起きた。自分の好みに、半世紀以上も生きてきたいまもまだ、あたらしく気づかされることもあるのだから、すごい。
 一度気づくと、つまり、白いシャツブラウスが好きだとわかると、安心してその道を行ける。職場の先輩から花柄のブラウスを贈られた若い日、わたしは40歳になったら、毎日きものを着て暮らそう、と思っていた。ところが実際40歳になってみると、きものを着るというのとはほど遠いわたしだった。きものを着る生活、というのも、どこかで拾ったイメージだったのだと思う。
 わたしには白いシャツブラウスがあった。白いシャツブラウスとデニムは、40歳のわたしを、相当に勇気づけた。
 それからまた10年以上が過ぎたいまは、もうきものを着るイメージは持っていない。そのかわり(?)いつまでも、白いシャツブラウスとデニムという道を安心して歩ける自分でありたいと希ってはいる。

 自分にはぜいたく志向はないつもりだけれども、白いシャツブラウスが好きだと考えたりするのは、ある種とてもぜいたくなのかもしれない。そうして、約(つま)しさとぜいたくというのは、背中あわせなのではないか。
 約しさのなかに、ぽっと浮かび上がるたのしみ、好みのことを、ぜいたくと呼びたいなあなどと、わたしはこっそり考えている。


Photo
これも、わたしのぜいたくだなあと思います。
手ぬぐい。
ことしの干支のうさぎと、自転車のを
あたらしくもとめました。


Photo_2
ぜいたくといえば、
手ぬぐいの衣更(ころもがえ)をすることも、です。
台所の棚のいちばん上の段に、こうして、
季節外の手ぬぐいをしまっています。


Photo_3
お雛さまの柄の手ぬぐい。

こんな風に、壁に貼りつけても、
おもしろいかなあ、と。

|

コメント

ぞみさんさん

おたよりをいただいていたのに、
お返事ができず。
お許しください。

こういうことが、いつまでも不慣れです。
どこかに、更新の境目付近で
いただいているおたよりを確認できるのでしょうけれど。
ほんとうに、ごめんなさい。

そして、
ほんとうにうれしいです。

いろいろなことが重なって、
どんなにお忙しかったことでしょう。
がんばりましたね。
(なんて、わたしが申すのも変ですが、
自分が云われたいことばなので、つい)。

佳い春を、お迎えください。


投稿: ふ | 2011年2月22日 (火) 11時20分

ふみこ様、お久しぶりです。
大好きなふみこさんのブログ、気になりながらも
数ヶ月経ってしまいました。仕事をしているときは
慌しく過ごしている私ですが、ひょんなことから
3週間も仕事を休まなければならなくなり、
今まで出来なかったことをして楽しんでみたり。

春にはまた新しい環境で暮らすことになりそうな、
なんともバタバタした私ですが、やはり
ここに来ると「ふっ」と気持ちが楽になります。

「それ、いいじゃない?」とか、「着てくれてるんだ」なんてことは、
面と向かって云わなかったが、かすかに、とてもかすかに目を
弓形に曲げるのだ。
・・・これだけで、もう、先輩がどんな素敵な人なのか、
すごくすごく伝わってきます。こんな女性になりたいです。

てぬぐい、私も大好きです。
私はもっぱらご当地モノが好きで、その土地の景色が描かれていたり
します。お気に入りは、秋田のなまはげと、鎌倉の大仏です。

投稿: ぞみさん | 2011年2月18日 (金) 19時11分

バッテリーさん

おはようございます。

今朝はね、こちらも雪景色。
昨夜は、降る雪を眺めていて、
なかなかふとんに入れませんでした。

夕方には、消えてしまいそうですが。
それでも、浄化ということを感じました。

「いいこと日記」いいですねえ。
真似させていただいてもかまわないでしょうか。

どうもありがとうございます。

投稿: ふ | 2011年2月15日 (火) 07時12分

ふみこ さま

今日、とても嬉しいことがありました !
今年から、「いいこと日記」 (よかったことだけつけるんです)を
手帳に書くことに決めたので、さっそく記しました。
今年3頁めの日記です。
テレビや新聞からきこえてくるのは、
胸がふさがるような、できごとばかり・・・。
じぶんの内にある、小さく瞬く灯りを見失うことなく、
外の闇を少しでも照らすことができるといいなぁ。
と心から思います。

手ぬぐいの衣更、すてきですね。
そこだけ、春爛漫。
なんて、ぜいたく・・・。

投稿: バッテリー | 2011年2月15日 (火) 00時10分

フィりフヨンカさん

ニットのグレー。
素敵ですねえ。
ことしの冬は、結局洋服を買わなかったので、
春は、何か1枚……。
白いシャツブラウスをもとめてしまいそうで、
ちょっと恐ろしいです。

雪。
いま、降っては困る地域の分を、
「ここ」で、引き受けますよ、という気持ちで、
待とうと思ったりしています。

新燃岳噴火で、いろいろいろいろ大変な
宮崎県都城市の皆さんに、
お見舞いと「がんばれ」のひとことを。
火山灰の一部も引き受けたい気持ちでいます。

投稿: ふ | 2011年2月14日 (月) 14時07分

こちらも 今日になってようやく雪になりました。
ようやく・・と言っては、雪と格闘している北国の
人に申し訳ないのですが、
やっぱり、白いものが空から降ってくると
気持ちが静かに落ち着いて
なにやら 自分まで雪の白さに清々しくなります。

白いシャツは、その雪のようなものですね。
白いシャツに袖をとおす時、
気持ちが落ち着いて、清々しくきりりと引き締まった
気持ちになります。


そう言いながら、私は
この間、ニットのグレーのワンピースを一枚買いました。
心華やぐ一枚、
そういうものが私のワンピースです。

投稿: フィりフヨンカ | 2011年2月14日 (月) 13時53分

brownbear さん

わあ、それは素敵。
「逆だよ」と気づいた息子さんも、
素敵だなあ、と。
小塙模様は、永遠のあこがれです。
(あきらめないことにします)。

白いシャツブラウスは、なんというか、
自分を支えてくれる見方のようなものですが、
横縞Tシャツとか、濃紺のもの、黒服、
グレーも気に入りです。

そういう地味で生きていて、
とつぜん紅、黄、という無地のものが
頼りになったり。

自分の「好き」を、もう少し尊重しても
いいかもしれないと気がついた日から……。

投稿: ふ | 2011年2月13日 (日) 21時16分

ふみこ様
白いシャツブラウス・・・
昨年の6月 某デパートでお目にかかったふみこさん
とっても素敵でした。

私も白いシャツやブラウスが好きで
「また おんなじもの 買ったの?」って子どもに言われます。
2段の引き出しの上段の右1/3にお行儀よく収まっている
それら白組の中には 学生の頃からのずっと一緒に過ごしてきた
戦友とも呼べるりりしいシャツも あります。

白組の隣りは小花柄組。
実はこちらも好んで着ます。
数年前に型紙に起こして作ったのは その小花柄
ご機嫌で着ていたら 息子に「柄が反対だよ」と。
よく見ると 上下が逆!
右腕だけが 合っていましたが あらあら・・・
以来 ちょっと気にして着ています。

春の足音が少~しずつ聞こえてきました。

ニットの重ね着から解放されて
私もふみこさんのように 白いシャツとジーンズで
きりりといきたいものです(*^_^*) 


投稿: brownbear | 2011年2月13日 (日) 17時09分

えぞももんがさん

こちらは、そうは白くならず、
つまり、積もらず……。
でも、雪をこころに追って、
何度も窓から外を眺めたり、
それはそれはたのしかった……。

春が、少しずつ、近づいてきますねえ。

投稿: ふ | 2011年2月12日 (土) 14時11分

かぎっこさん

いらっしゃいませ。

図書館での出会いに感謝しています。
とても……、うれしいです。

どうかこれから、よろしくお願い申し上げます。

いつまでも、「出会い」をくり返すことのできる
お互いでありたいですね。

投稿: ふ | 2011年2月12日 (土) 14時07分

ふみこ 様

おはようございます
だんだんと 日の出の時間が 早くなり
それだけでも 充分 「春が近い」と想像できるようになりました。


白いシャツブラウスとデニム
勝手に ふみこさんの イメージを作ってしまうのですが
私の中の ふみこさんは 「白いシャツブラウスとデニム」が
ぴったりです。 嬉しいです。

私は 子供のころから ショートカットで
カットしてもらう時は いつも 「耳を出してください」
そうお願いします


さすがに今年の冬は 寒くて
耳を少し覆うぐらいまでの長さにしたのですが

それだけで 私にしては かなりの冒険です。

ふみこさんの「白いシャツブラウス」の話を聞きながら
私にとっては この短い髪形かな?そう思いました。

関東も雪ですね
暖かく お過ごしください

投稿: えぞももんが | 2011年2月12日 (土) 06時55分

山本ふみこさん

つい最近、山本ふみこさんの本にめぐり逢いました

図書館で本を探していたのですが、「これはっもしやっ」と、 ピピッときたのです。

ぞうきんの置き場所に悩む人がここに居たー!と。

「こぎれいこざっぱり」
このコトバ、ピピッ。

周りの友達とはなかなか共感できなかったことが本をよむほどにピピッときて、長い間のモヤモヤがすぅーっとなくなりました。

私が知らなかっただけでたくさんの本を出されていることを知ってワクワクしています!

みなさんには
「何だよ今頃ー」
だと思いますが、私にはとても嬉しい本との出逢い、 ありがとうございます!

投稿: かぎっこ | 2011年2月11日 (金) 21時36分

ぽんぽんさん

その、あたたかい、
まぶしい舞台が……見えるよう……。

母親になるというのは、もう一度生まれることだなあと
だんだんに知るようになりました。
母親にならない今生を生きるひとは、
どこかでやはり生まれなおしているのだと、
これも、だんだん知るようになりました。

投稿: ふ | 2011年2月11日 (金) 11時36分

たろじろさん

たろじろさんのおかげで、
ここへ見える寒い地域の方たちは、
「桜」とやさしいため息をつかれていることでしょう。

春の足音に、それぞれ耳をそばだてて。

きょうは、東京も雪。
みぞれですが、なんとはなしにうかれています。

投稿: ふ | 2011年2月11日 (金) 11時33分

どりすさん

でも、「せっかく」の時ですから、
どうかゆっくり「休養」傾向にお願いします。
お忙しさが加速するのを、
どこかの誰かが止めてくだすっているという
わけでもありましょうから。ね。

窓の外に桜。
なんて、うれやましいこと。
桜さんによろしく伝えてください。

投稿: ふ | 2011年2月11日 (金) 11時31分

しょうさん

かぶって、脱ぐ。
そう考えると、かぶることが
……愚かだなんて、
……無駄だなんて、
思わなくてすみますね。

かぶることも、脱ぐことも、
必然かと。

〜♩。

どうもありがとうございました、しょうさん。

投稿: ふ | 2011年2月11日 (金) 11時28分

どりすさん

それは本当に大変でしたね…!うん、確かに「元気」を頂戴しました(^^)とっても嬉しいです!

実は今日は妊娠6ヶ月でおなかの赤ちゃんを亡くしてしまった友人を訪ねます。私は何もできませんが、きっと気にかけるだけで伝わることがある、って、どりすさんに教えていただいた気がします。ありがとうございました。

投稿: しょう | 2011年2月11日 (金) 08時34分

ふみこ様 皆様
こんばんは 

今日は娘の保育園の発表会でした。
「七匹のこやぎ」ごっこと踊りを、見てきました。
日頃からお話の世界が大好きで、家でもごっこ遊びが好きな娘
でしたが、練習の初めのほうでは、テンションが上がり過ぎて、
じっと出来ず、ダメダメのようでした・・・
(もしも、当日もそんな風でも、全然かまわないよ~と思っていました。
だって、それが今の想そのものなんですから)

でも、今日は落ち着いて、かわいらしく、想らしく楽しんでやれていて、
3歳なりの表現力を目一杯見せてくれました。

他の子供たちも、とても可愛らしく、いい雰囲気の中で会を終えました。
日頃の遊びを楽しんでいることが伝わり、嬉しく思いました。

親になってまだ3年ですが、「母ちゃんにしてくれてありがとね。」と思った
一日でした。
私事でごめんなさい・・・

こぐま様


「ぼちぼちいこか」、私も娘も大好き!
次回の訪問も楽しんでくださいね。


投稿: ぽんぽん | 2011年2月10日 (木) 23時25分

ふみこ様、こんばんは。

つましく、ささやかに生きていく日々の中で…、
ふと見つけた小さな物や時間を愛する余裕を「ぜいたく」と呼んでいます。

今週は早咲きの河津桜の開花を楽しむ事が出来ました。
忙しく動き回る毎日ですが、毎日少しずつ開いていく桜を見ていました。

雪国で暮らす大切な友人に春を届けられたら…、それこそぜいたくな願いだなぁ。

小さなぜいたくを上手に見つけられる自分でありたいです。

投稿: たろじろ | 2011年2月10日 (木) 22時50分

ふみこさま、また、おじゃまします。
 ふみこさま、ぽんぽんさんやみなさまが元気を分けてくださったので
休むことなく動けています。
 その「おかげで・・・」を しょうさんにもおくれたらなぁ、と
この大切な場所をお借りしました。
 私は5年前に、インフルエンザをA型、B型、立て続けに罹りました。
 からだの元気が、気持ちの背筋を伸ばしてくれるような気がします。
 
 ふみこさまの「桜の手ぬぐい」の出番を思いながら
窓外のさくらの樹に 毎日、熱視線を送っています^^
 

投稿: どりす | 2011年2月10日 (木) 22時33分

ふみこさま、みなさま

先週一週間は娘→私→同居の母とインフルエンザにかかってしまいました!
なので、本日、ようやく先週分も合わせて読むことができました。ふう。

自分が何を好きか、いつからきっぱりしなくなったのかしら。
でも、最近はだんだんわかってきた感じがします。

最近読んだ言葉で「人生の前半生は、ペルソナ(仮面)を被ることを覚える時期。そしてそのあと一生の時間は、そのペルソナを脱ぎ、本当の自分を発見してゆくプロセス」というのがありました。
私はその「脱ぐ」時期に来てるんだなあってかんじます。脱ぎたいんだなあって。

自分を知る、過程を楽しむ、自分を幸せにすることやぜいたくすることに責任をもつ・・・最近はそんな言葉を繰り返し呟いています。

投稿: しょう | 2011年2月10日 (木) 13時05分

ふみこさま。

詩、いつかチャレンジしてみます。
ありがとうございます。

投稿: こぐま | 2011年2月10日 (木) 12時42分

こぐまさん

ご自分のあたらしい世界を、
楽しげに歩いていらして……。
すばらしい!

お願いがあります。
こぐまさんだからできることだと思って
お願いするのですが、
子どもたちに「詩」を読んで聞かせてあげてくださいね。

古今東西の、すぐれた詩、
そしてご自分の詩。

詩を忘れてしまいかけている「いま」を
とてもつまらなく思っているので、
お願いしてみました。

(絵本というのは、でも、多く、詩ではありますね)。

投稿: ふ | 2011年2月10日 (木) 11時32分

ゆるりんりんさん

ソフトランディングね。
なるほど。

結局、好きなものをくり返し着ているのですよね。
そういう、好きで頼りになる服を
ちょっと持ってりゃいいんだ、と考えています。

わたしは出かける機会が、そう多くないので、
ほんとにちょっとでいいんです。

いまは、グレーのロングTシャツに、
グレーのもこもこしたパーカー、よれよれのデニムという
恰好で、これを書いています。

投稿: ふ | 2011年2月10日 (木) 11時29分

Koujiさん

いろいろあっておもしろいんですよ、ね。
選択肢がたくさんあるというのが……。

自分のなかにも、いろいろあって、
それが絞られたり、変化したり。
おもしろいなあと思います。

そうそう、
脱線というのも、ありだなあと。
(電車や汽車のはなしではありません)。

ここで、皆さんにときどき、
「ふみこさんらしい」と書いていただくこと、
くすぐったくて、そして……、
とてもうれしいのです。
その「ふみこさんらしさ」を
遠くから眺めて、励みにすることもあります。

充実の春を。

投稿: ふ | 2011年2月10日 (木) 11時26分

ぽんぽんさん

かたくなにならず……

わたしも、書いておこう……。

投稿: ふ | 2011年2月10日 (木) 11時22分

ふみこさま。

こんばんは。自分の好きなもの、着るものでも行動でも、決まってきますね。
今日は、2回目の読み聞かせに行ってきました。子どもたちって、やっぱり本が好きなんだなぁって思いました。さるじぞう を読ませてもらい読み終わってもじっとその場をはなれようとしない子どもたち。もう1冊読もうかって言ってみると
うんうん とみんなうなずいてくれました。
ぼちぼちいこか という絵本を読みました。うちの子どもたちが好きだった絵本です。子どもたちも げらげら笑っていました。楽しかったーって帰って行く子どもたちに、私こそ楽しい時間をもらえてありがとうって思いました。
来週は学校行事でお休みですが、再来週が今から楽しみです。

投稿: こぐま | 2011年2月 9日 (水) 17時42分

ふみこ様

わたしも好きなモンは決まっているんです。
秋と冬の間は
白3枚とべジュー3枚のタートルネックを
ぐるぐると着まわしています。
家にいるときも外出の時も
わたしに寄り添ってくれています。
春と夏は
白3枚とベージュ3枚のシャツブラウスを
ぐるぐると着まわしています。

色んな流行り物に飛びついて
楽しんで
ソフトランディングしたところがここ。

投稿: ゆるりんりん | 2011年2月 9日 (水) 13時56分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 
「約しさのなかに、ぽっと浮かび上がるたのしみ、好みのことを、ぜいたく」ととらえること、節度節約を大切にされるふみこさんらしいとおもいました。
ところで、好みはもとからあるものなんでしょうか。かたちづくられてゆくものなのでしょうか。
ふと、そんなことをおもいました。きっと、どちらでもあるんでしょうね。
好みは、個性でもあるのかもしれません。派手もありシンプルもあり。いろいろあっていいんだよ、というメッセージもかんじました。
ありがとうございます。

投稿: Kouji | 2011年2月 9日 (水) 12時20分

ふみこ様 皆様
こんにちは

かたくなにならず…の一節手帳にメモします。

今日は雪が降りましたね。
めずらしく小豆が恋しくなりました。
残ってるお餅でおしるこにしてあったまろうっと。

投稿: ぽんぽん | 2011年2月 9日 (水) 11時09分

寧楽さん

あの日(奈良のフォーラム)は、
上着の下にストライプ(横縞)の
ロングTシャツを着ていたのです。
そういえば、ストライプも好きみたいです。

……ここで、また気づいてしまいました。

エプロン。
いいですねえ。
仕事着が似合うというのが、なんとも……。


投稿: ふ | 2011年2月 9日 (水) 06時30分

大野さん

うれしいですね。
白いブラウスのこともですが、
着付けも。

大野さんが着てくれるなら、
わたしはそれをたのしむことにしましょう。
眺めてたのしむひと、
感心するひとも必要だと思いますもの。

投稿: ふ | 2011年2月 9日 (水) 06時27分

CITRONさん

イメージを、ふと拾ってしまう……。
考えもなしに。
つられて。
何か(情報とか)にまどわされて。

そういうことがあるのは仕方ないとしても、
自分の「好き」まで、わからなくなるのは
困りもの。
戒め戒め、みつけ、大事にしようとしている
道の上です。

どうもありがとうございました。

投稿: ふ | 2011年2月 9日 (水) 06時25分

ふみこさま

白いシャツブラウスに
紺色のジャケットに
デニム。

とてもお似合いでした。
そして片方だけの
ピアスも。

板につくというのかな…
私はそうエプロンが
ユニフォームのようなので(笑)

カチッとしたものより
柔らかいものが好きです

お雛様柄の手拭い!
それは額装したくなる。
季節の器を少しだけ
替えるけど

手拭いというのが
ふみこさんらしいです。
我が家も雛人形を飾り
華やぎました。

投稿: 寧楽 | 2011年2月 8日 (火) 20時46分

山本さん
大野です
私も、白いシャツが 大好きです!
そして 毎日着物で暮らそうと 思っていました!

ブログを読みながら、おおお~っと 声がでました(笑)
つい先日、40になり、自分へのプレゼントに、着付けを習うことにしました。
自分へのプレゼントに習い事…ふみこさんの真似をしました。


楽しみたいと思います。


投稿: 大野 | 2011年2月 8日 (火) 17時37分

ふみこ様

どこかで拾ったイメージに、いつの間にか合わせてしまっている
。。ということ、着るものに限らず、
私にはたくさんあったような気がしています。
もちろん、そこに惹かれるには何か理由があったのでしょうけれど。
あこがれ、、とか、羨ましさ、とかいうのもおりまぜて。
若かりし日、なんせ背伸びしたかったのです(苦笑)

好き、と思えるもの、似合うと思えるものは
自分を知っていく過程で、見つけていくものなのですね。
これから、どんな「好き」に気付いていくのか、楽しみになりました。


投稿: CITRON | 2011年2月 8日 (火) 17時11分

どりすさん

そうそう、
「好きだ」と云うときの、
云える気持ちの晴れ晴れとした感じというの、
たしかにありますね。

手ぬぐいの衣更は、ちょっと愉快です。
先週、雪の模様のをしまいました。
そろそろ、桜の柄を出していいかしら、と
思ったり。


投稿: ふ | 2011年2月 8日 (火) 17時08分

ぽんぽんさま

ひとがどうでも自分は……という気持ちも
大事なのかもしれませんね。

わたしは白いシャツブラウスが好きですけれど、
花模様をかっこよく着こなすひとを見ると、
惚れ惚れします。

かたくなにならず、
自分の道をゆき、
他を認める。……かな。

投稿: ふ | 2011年2月 8日 (火) 17時05分

再び…失礼します(*_*)

先週のページ、書き込みしたあとで読みました。

…ので。

どりす様

ホントに祈るばかりなのですが。テレビでスポーツ観戦してる時に、「今の私の元気を足しにしておくれ〜っ!」と、念を送る気持ちです(>_<)
受け取って頂けたなら、幸いです。


こぐま様


コメントありがとうございました。

案ずるより…ですよね。
少しずつでも進むことが出来たらと思います!

それではまた…

投稿: ぽんぽん | 2011年2月 8日 (火) 13時28分

ふみこさま、みなさま
 新しい週明けは、いかがですか。

「好きだ」と、真っ直ぐに言える、思えることは
 桃太郎のお伴たちのように、とても心丈夫ですね。
 私も、大好きなTシャツがあります。
 首のあき具合と、身体への沿いが気に入っていて、
同じものが複数、待機しています。
 何度も寄り道をして、やはり行き着いたシャツです。

 これから先、「好きだ」と思えるモノや、人に幾たびか出会えれば
なんと喜ばしい時間を過ごせることでしょう。
 
 ぐりぐり丸々したウサギの手ぬぐいの可愛らしさ・・・
 寒暖の日々、あたたかい気持ちになりました^^

投稿: どりす | 2011年2月 8日 (火) 13時02分

ふみこ様 皆様
こんにちは


「約しさの中にぽっと浮かび上がる楽しみ、好みをぜいたくと呼ぶ…」

そうありたいなぁ。
約しさがあるからぜいたくをぜいたくと素直に有り難がり、愉しめる。

何も大袈裟なぜいたくでなくとも、いいのだ。…と。そんな風に思いながら読ませて頂きました。

私はまだまだ自分のスタイルを模索中です。
それもまた楽しいですが。
そういえば、お会いした日のふみこ様も白いシャツブラウスにパンツでしたね。足元のヒールがオリーヴグリーンっぽいスウェード?(違うかな?)さらりとしていて、でもとても素敵でした。

今日はまた寒いです。
体調崩されませんように!

投稿: ぽんぽん | 2011年2月 8日 (火) 11時02分

コメントを書く