オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 日日のしおり…3月23日(水)~24日(木) | トップページ | 日日のしおり…3月28日(月) »

2011年3月28日 (月)

日日のしおり…3月25日(金)~26日(土)

 3月25日(金)
 水道水に「国の基準値を超えた放射性物質」が含まれる地域があるというニュース。わたしの住む東京都武蔵野市の水道水にも配水されている金町浄水場の水から、そういう値が出ているという(24日現在)。ただし、それを摂らないことにしようというのは、1歳未満の赤ちゃんに限られるとのこと。うちには、その存在がないから、あわてずさわがず、水道水を摂っている。
 ここであわて、さわいだら、きょうまで暮らしてきた甲斐がないように思える。いま、「甲斐」の二文字を持ちだすことが不謹慎だとしても。

 無口な日日がつづいている。
 まず、町が静かである。
 わたし自身も、これまでの3割方無口になっているような気がする。たとえば「いまは、云えない」というような心境を、そのまま吐露(とろ)する場を、自分でつくれるようになっている。ひとに問われても「聞かないでほしい」と云えるだけの覚悟をもっている。……と、思える。
 以前なら、わが胸のここにある「云えない」「云わない」思いを自ら踏みつけて何かしらのことを云い、「聞かないでほしい」を軽くごまかして、聞かれる前に何かしらのことを答えていたのだったが。
 無口な日日はそして、察するこころを生んでいるようでもある。

 3月26日(土)
 朝から、夫と、娘のうち家にいた2人とともに、てくてくである。町町の様子、角角の気配、人びとの佇まいを目の縁(ふち)にためながら。
 被災地の皆さんにこの様子を、この気配を、この佇まいをお目にかけたとしても恥じないだけのものが、ある。ある、と云うのはおこがましくとも、そこここに、恥じないだけのものが芽生えていますと、知らせられそうに思える。

 長女26歳の誕生日会。
 ほんとうのその日は、もうすこし先だけれど、今夜。
 末娘がつくった紙の輪飾りを天井からつるし、ろうそくで演出を。と思ったら、ろうそくは、いま、晩ごはんの定番だった。
 昨日夫が豆腐屋でもとめてきたおから……。これでケーキをこしらえることを思いつき、今朝、日の出とともに焼き上げた。どうか、おいしくできていますように、と念じ、隠しておいた。

おからのケーキ

材料〈直径24cmのリング型〉
おから(豆腐屋でもとめる)………………………………250g
小麦粉………………………………………………大さじ3杯強
ベーキングパウダー……………………………………小さじ1
卵黄…………………………………………………………4個分
砂糖……………………………………………………………80g
レモン…………………………………………………………1個
卵白…………………………………………………………4個分
砂糖(卵白用)…………………………………………大さじ3
バタと小麦粉(ケーキ型に塗るため)………ほんの少しずつ

つくり方
①小麦粉とベーキングパウダーを合わせて、ふるっておく。
②ケーキ型にバタをぬり、小麦粉をはたく。
③レモンの皮をすりおろし、果汁をしぼる。
④卵4個は、卵黄と卵白に分け、卵黄は中くらいのボウルに、卵白を大きいボウルに入れる(ボウルに水気のないように)。
⑤ひとつ泡立て器を使う場合は卵白を、卵黄より先に混ぜる。卵白、しっかり泡立てて砂糖(大さじ3)を混ぜておく。
⑥卵黄に砂糖(80g)を入れてよくよく混ぜ、レモンの皮と果汁、ほぐしたおからを加える。ここに、ふるった粉も加えて混ぜる。
⑦⑤の卵白に⑥を少しずつ加えて混ぜ(練らないように)、型に流し入れる。
⑧160〜170℃にあたためたオーブンで35〜40分焼く。
※型から出し、好みで粉砂糖をふっても、泡立てて砂糖を加えた生クリームを添えても。

1
おからのケーキ。
しっとり、さっぱり、なかなかおいしく
できました。

 3月26日(土)
 朝起きだして、動きまわるが、寒くてたまらない。
 サンドウィッチをこしらえ、仕事に行く子らをおくり出したあとは、からだの動きが鈍くなってゆく一方だ。
 歯をくいしばっている。この2週間あまり、くいしばってもくいしばっても、まだくいしばり足りないように思って、暮らしてきた。この単純な精神構造の主には、歯をくいしばることしか思いつかなかったからだ。が、ほんとうは、それとは異なるこころの働きに期待してもよかったのではないか。もっと……、おおらかなこころの働きに。
「風邪じゃないの? 暖房器具をすっかりしまって、昨日薄着でいたから」と、夫。
 そんな簡単なことにも気づかないでいた。寒いということにさえ気がつかずに、気がつきかけても目をつぶって。
 思いきって、午後から布団にくるまって過した。いろんな夢を見た。夢のなかでちょっと泣いたような気がする。この国のいまの被災の悲しみに、自分自身が抱えるうまくいかなさに。けれど、さいごには、俳優の「大竹しのぶ」——もちろん、舞台や映画テレビで観るだけの存在——とふたり乗りの飛行艇で空を飛びまわり、怖かったが無事着陸したところで目が覚めた。
「大竹しのぶ」に対してわたしは、こころ柔らかくも肝が据わっているという印象をもっている。斯(か)くありたい思いが、夢にそのひとを招いたか。からだを起こしながら、こころをつよく保ち、堂堂と生きようと、と誓っていた。寒気はもう去っていた。

|

コメント

きんもくせいさん

ありがとうございます。

いらしてくださるだけで、
うれしい……です。

「お母さんの暮らし」いまこそ、
たのしんでくださいね。

投稿: ふ | 2011年3月29日 (火) 10時47分

世界一周さま

いらっしゃいませ。

「吉祥寺」のあたりは、
週ごとに変わってゆくという面をもっています。
でも、ぜんぜん変わらないところもあって、
そこが、その吉祥寺の「懐」が、
やすらぎをもたらしてくれます。

井の頭公園の象の「はなこさん」も
元気です。

ハモニカキッチンの、
おいしい「なまこ」を常に置いている魚屋も。

またいらしてください。
ここへも、武蔵野市にも。


投稿: ふ | 2011年3月29日 (火) 10時45分

Kouji さん

『彼岸花はきつねのかんざし』
読みたいと思います。
ちょっと先になるとは思いますが。

覚悟して、読みはじめることになりそうだからです。

ひととして、
「共感する力、
悲しみを共にする力、
痛みを分かち合う力」
を養ってゆかなくては……と、
毎日考えています。
考えないとわからない
情けなさを、つきつけられながら。

自分だけでは(考えても)わからないけれど、
おしえてくれる、
わからせてくれる、
気づかせてくれるひとたちが、いる、と、
ここで思うことができます。

ありがとうございます、koujiさん。

投稿: ふ | 2011年3月29日 (火) 10時40分

たろじろさん

包丁、わたしも研ごう。
なんだか、とても研ぎたいです。

無口で。

きょうも、どうもありがとうございます。

投稿: ふ | 2011年3月29日 (火) 10時28分

ふみこさま

ごぶさたしています。

なにか書きたいと思うのですが、なにを書いていいのかわかりません。

毎日、普段通りの生活をしなければ、と思います。

台所に立ったり、掃除をしたり、自分にできるのはそれぐらいしかなくて。
今日は息子が久々にゆっくり寝ています。
そろそろごはんの準備をして、今日もまた、1日やっていきますね。

投稿: きんもくせい | 2011年3月29日 (火) 09時25分

山本さま。
初めて投稿させていただきます。

読ませていただきますと、以前暮らしていた大好きな武蔵野市吉祥寺を思い出します。
一人暮らしだったため、好きなように、でも大切に過ごしていました。

吉祥寺を離れて、結婚し、子供も産まれ
日々があっという間に過ぎてしまうので、うふふと大切に暮らそうと思いました。

それでは失礼いたします。
ありがとうございました。

投稿: 世界一周 | 2011年3月29日 (火) 00時54分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
ほんとうに寒のもどりというのか、急に寒さがぶり返したかんじですね。雪が積もってすぐやんだ数日後、また雪が暫時降ったりしていました。富士は裾まで真っ白です。冷えは万病のもと。ご自愛ください。
 
朽木祥著『彼岸花はきつねのかんざし』を読みました。戦時中の広島が舞台。也子(かのこ)は四年生。街中外れ山のほうに住んでいる。也子の家の傍には竹やぶがあり、そこにはおきつねさんが住んでいた。おばあちゃんも、おかあさんも、おきつねさんに、化かされたり、きつねの嫁入りを見せてもらっていた。あるとき也子は一匹の子きつねと出会う。可愛いきつねは也子にこうたずねた「あんた、あたしに化かされたい?」
也子と子きつねのふれあいがはじまる。が、ピカドンのためにそれも潰えるというあらすじ。子きつねの愛らしい様子、也子や也子をとりまく人びとの活き活きとした姿、さり気なくではあるがしっかり書きこまれた戦争の影。それらが、やわらかくあたたかかく、かろやかな詩情で描かれてゆきます。あとがきで、小学生のころから被爆した子どもたちが八月六日のことを書きとめた記録を繰り返し読んだと記していらっしゃいます。そして、被害のすさまじさと同じくらい心に残ったのは、原爆投下直前まで子どもたちが実に子どもらしい暮らしをしていたこと、だと。その印象を読み手に鮮やかにかんじさせます。悲しみだけではなく、光もかんじました。この度の震災と重なりかんじられました。
著者は、『彼岸花』では書かなかった「希望」を今のような状況だからこそ書かねば。被災地のお子さんたちのことを考えると言葉を失いそうになりますが、文学の最も深い力が共感する力、悲しみを共にする力、痛みを分かち合う力だと信じて書き続けたいと思います。そうおっしゃってらした。
「文学の最も深い力が共感する力、悲しみを共にする力、痛みを分かち合う力」ふみこさんの随筆もまさにそれだ、とおもいました。「自分には何ができるか」ふみこさんは今すでにできていらっしゃる、とおもいました。

投稿: Kouji | 2011年3月28日 (月) 23時27分


ふみこさま、こんばんは。

慌てず騒がず、
踊らされず落ち着いて…
と、考えている内に、
自然と無口になってしまいますね。

ケーキを焼くのもいいなぁ。
何か、ゆっくりと物が出来上がっていくのを眺めていたい気分です。

ちょっと違うけど…
包丁でも研ぎますかな。

投稿: たろじろ | 2011年3月28日 (月) 22時34分

CITRON さん

突如ひかりになっていかれた皆さんに、
CITRON さんの決心は、
浄らに映っているだろうなあ……。

そういうふうにいきたい……です、わたしも。

勇気をもって。

投稿: ふ | 2011年3月28日 (月) 20時42分

マドレーヌさん

わたしも。
「ふるさと」がラジオから流れてきて、
ぐっときました。

どうもありがとうございます。
……きょうも。

投稿: ふ | 2011年3月28日 (月) 20時39分

みぃさん

まあ、よかったこと。
ドラえもんの映画。

そこでぽろぽろ泣いているみぃさんの
気持ちに、励まされます。

上手に無理して、
小さくても尊いたのしみをみつけられる
わたしたちになりたいですね。

どうもありがとうございます。
(ドラえもんの映画、観ようかしら)。

投稿: ふ | 2011年3月28日 (月) 20時38分

ゆるりんりんさん

うつくしい鳥たちのものがたりを。
どうもありがとう!ございます。

「わたしはここにいます」
わたしにも
そう云って、何かをできる番が
まわってきますように。

投稿: ふ | 2011年3月28日 (月) 20時35分

仙台のじゅんこさん

子どもたちの、
学びの深さにならって、
と思わされます。

天に星のあることさえ忘れていることのある
わたしでした。

まだまだ、学べそう。

投稿: ふ | 2011年3月28日 (月) 20時32分

どりすさん

だけど、
ほんとうに怖かったんです。
飛行艇のはなしですけど。

ありがとうございます。
その夢に、
「希望」と名づけてくださって。

投稿: ふ | 2011年3月28日 (月) 20時30分

しょうさん

お嬢さんがうれしがることのできる「その時間」を、
なぜだかもたずにきてしまったわたしたちです。

子どもたちの感性にもおしえられ、
大人の思いこみに気づかされ。
なんという、大きな学びの時間……。

堂堂と生きたいですね。
どうもありがとうございます。

投稿: ふ | 2011年3月28日 (月) 20時28分

ふみこ様

書き続けてくださること、感謝しています。
おからのケーキ、美味しそうですね。
手作りの甘いもので、ご家族の皆さんも、ふみこさんも、
少しは、一息つかれたかと。。
そうであって欲しいと、思います。

思いもよらない出来事で、突如光となっていかれた
何万という方々の分まで、
失敗を恐れることなく、かっこ悪く、がむしゃらに、
懸命に生きていきたい。
今まで勇気がなく、実行に移せてなかったこと、
ひとつずつ、やっていこうと思います。


投稿: CITRON | 2011年3月28日 (月) 16時27分

ふみこさま

28日更新分、読みました。
綴ってくださり、ありがとうございました。(^-^)

先日のこと、テレビから流れてきた「ふるさと」の歌に思わず、涙腺がゆるみました。しみじみ良い歌ですね。

投稿: マドレーヌ | 2011年3月28日 (月) 16時01分

ふみこさま みなさま

こんにちは。

しょうさんの言葉にハッとさせられました。

なんだか「節電」「節水」… 「節」が過ぎると「生きててごめんなさい」という気分になるときもあるので…

白状します。
私はちょっと無理しすぎていた部分があります。

子供達にもそれを強要していた感もあります。
楽しくない… そんな数日間でした。
でも、楽しいと思うこと自体 申し訳ない様な…。


出来ることはした方が良いけれど おそらく長丁場になりそうな予感
だったら 時々はゆるめて お楽しみも忘れずにしなければ
きっと 体も心も悲鳴をあげるでしょうね。

昨日 震災の翌日に行くはずだった『ドラえもん』映画に
下の子(小3)と行ってきました。

計画停電が見送られたためか 
お子さんを連れた家族連れがたくさん来ていました。
どの子もみんな とても楽しそうでした。

隣で楽しそうに笑う息子の笑顔にホッとしながら
いろいろな想いがあふれ出て
涙がポロポロと流れてしまいました。

投稿: みぃ | 2011年3月28日 (月) 15時22分

ふみこ様
春が目からだけでなく
耳からも近づいてきているのが
わかるようになってきました。
小鳥たちです。
美しい声に変わりはじめました。
いつもは敵に見つからないように
静かに地味におしゃべりをしているのですが
春の恋の季節だけは
目立つところに出てきて
わたしはここにいますと
一年中で一番つやの良い姿となり、
この季節だけのさえずりとなっていきます。
すずめでさえも胸を張るようにして鳴きます。

鳥たちとのつきあいが始まったには
昔被災したときからです。
瓦礫の山を見るのがつらくて
木々を見上げたんです。
そこには小さな新芽たちの横で
鳥たちがダンシング。
その日からわたしもハミング。

生きるエネルギーを
あらゆる生きものが一番たくさん含む季節に
お嬢さんは生まれてきてくださったのですね、
おめでとうございます!

投稿: ゆるりんりん | 2011年3月28日 (月) 13時33分

ふみこさま 皆さま こんにちは。

震災後、仙台の夜空はとても濃くなり星が綺麗に見えるようになりました。
昨夜は家族3人で、ベランダで星座盤を片手に空を見上げてました。
娘はオリオン座を見つけて大喜びでした。
私はシリウスを見つめているうちに涙があふれ、先に中に入りました。

人は死ぬと星になるって本当だと急に実感しました。
そしていつも空から見ていてくれる。見上げればいつだって感じられる。昼間だって星はそこにいてくれるんだから。

震災後、初めて泣けました。

私も堂々と、そして静かに。ちゃんと「暮らして」いくことを、ここに誓います。

電気…使いすぎてたんじゃないかなぁ。と娘のつぶやき。
「節電」が普通になったら、我慢しないですみますね。
子供は学ぶんですね。自分で。教えられなくても。

投稿: 仙台のじゅんこ | 2011年3月28日 (月) 13時22分

 ふみこさま、みなさま。
 明日からは寒気が和らぎそうです。
 週末、豆皿にのった桜のキャンドルが届きました。
 近所の学校の生徒さんたちが、作ってくれたアロマキャンドル。
 豆皿も手作りで、笑顔の絵もあります。
 火を点けると、桜の香りがして
 少し張りつめていた気持ちが、ゆるゆるほどけていきそうです。
 見つめながら、ふみこさまの長女さんのお祝いの傍らに置くシーンを
想いました。  「おめでとう!!」
 ロウソクの灯りに照らされると、いっそう無口な瞬間が訪れますね。
 しょうさんの呪文を私もつぶやいてみました。

 ふみこさま、大人になると、だんだん「空を飛ぶ夢」を見なくなるそうです。
 それは、現状を飛び出す、希望の夢。
 頼もしい相棒と共に。

投稿: どりす | 2011年3月28日 (月) 12時54分

ふみこさま、みなさま

「堂堂と生きる」って、とても力強い言葉、姿勢で、勇気をいただきました。

なんだか「説電」「節水」…「節」が過ぎると「生きててごめんなさい」って気分になるときもあるので…。

直接苦しんでいるひとたちに何かができる専門家でも技術者でもないことが歯がゆいのですが、

でも、堂堂と生きたいと思います。

生かしてもらってる、ということに気づけたので。

「淡々と」「堂々と」「らしく、ぶらず」
呪文のようにつぶやいて、今日も一日がんばります。

今日は夜間に計画停電の予定。今までも2回あり、娘はいつもと違う雰囲気に…はしゃいでいました。いつもはばたばたと家事をしたり、テレビを見たりして過ごしている時間が、ろうそくの灯りのなか、家族とぽつぽつ話をする時間に代わり、どこかほっとしています。今日も、少し期待して待ちます。

投稿: しょう | 2011年3月28日 (月) 11時57分

コメントを書く