オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« どこまでもどこまでも…… 〈引用ノート8〉 | トップページ | 素振り »

2011年8月23日 (火)

大人の仕事

 土曜日の夕方。
 長女が台所にやってきて、「ああ、料理したいな」とつぶやいた。たしか、夕方から出かけると云っていたから、そう云ってみているだけなのだろう。こういうときは、黙っているのにかぎる。この手のつぶやきへの返答をしくじると、思わぬ事態に陥ることがある。
 家族という機関のはたらきのなかで、もっともはっきりしているのが「あたる」(=八つあたり)だと考え怖れるわたし(そして、わたしもする)は、ときどき、こんなふうに身をかわす。そうでなくても、このところ忙しくしている長女の「〜したいな」というような願望は、そっと静かに見守るしかない。
「料理したくても、台所はお母さんの砦(とりで)だからね。そう自由にはできないね」てなことを云われたとして、そのことばをど真ん中で受けとめ、まっすぐ返球する体力が、いまのわたしにあるかどうか。
 長女は、ひとことつぶやいただけで、冷蔵庫のなかの冷たいお茶を飲むと、行ってしまった。やれやれ。

 ——「ああ、料理したいな」か。わかるなあ……。
 と思った胸のなかに、「でもね、」という接続詞が浮かんだ。
 ——でもね、料理というものは、自分のつくりたいものを煮たり焼いたりすることではないのよ。

 こんなふうに——、
 ガス台を磨いたり。
 ヨーグルトをつくるガラスの容器を、煮沸(しゃふつ)消毒したり。
 お茶をガラスのポットにつくって冷蔵庫に入れたり。
 ゼリーをつくったり。
 明日の弁当のブロッコリを茹でたり。
 明日の弁当の鶏の唐揚げに下味をつけたり。
 ぬか床の調整をしたり。
 いちご(猫)に缶詰のごはんをやったり。
 残りわずかになった「かえし」(※)をつくったり。
 胡麻を炒ったり。
 「かぼちゃ、切ってくれない?」と夫にたのんだり。

 そうした雑用や下準備の揚げ句の、料理である。
 その料理にしたって、つくりたいものを自在に、というのではない。冷蔵庫にのこった野菜をぜんぶ使いきる企てをしたり、豚肉と卵でつくる最善のおかずを考えたり、わかめをもどし過ぎてぎょっとしたりしながら、兀兀(こつこつ)働くのだ。でもそれは、台所の事情をすべて背負っているからこその働き方だ。
 残念ながら、わたしにはもう「ああ、料理したいな」という夢見の料理はできない。残念でもあるが、そこには誇りもある。

 夏なのだし、きょうだって、これから台所で働くのだし花火のように、打ち上げてしまおう。
 ——それが、大人の仕事というものなのさ。

Photo
夫とわたしが家にいるときは、
昼にたいてい蕎麦を食べます。
いつ飽きるかなあ……と思うのですが、
飽きないんですね。不思議。

そばつゆに活躍の「かえし」(※)です。
日本料理(新宿割烹 中嶋)の中嶋貞治さんに
テレビ番組でおそわった万能調味料です。
しょうゆと砂糖、みりんを合わせて火にかけ、
みりんのアルコールをとばしたこれは、冷蔵庫で1年だって
保存がききます(つくれば、すぐ使い切ってしまいますが)。
これが、うちのめんつゆの素です。

Photo_2

「かえし」を、だし汁で薄めます。
かえし1:だし3の割合です。

だしは、このような陶製のだしとりポットで
朝いちばんにつくります。
昆布とかつお節でとったり、
あごや干ししいたけを加えたり……その日の気分と計画によって、
いろいろなだしがつくれます。
だしとりポットのなかには、こし器がついていて、
そこへ昆布やかつお節を入れて、湯を注ぐだけです。
それをガラスのポットにうつして、冷蔵庫へ。

そうして、だしとりポットでもう一度だし(二番だし)を
とっておきます。
若い日、ほしいなあと思っていた、
ひねると、だしの出てくる蛇口にも似た便利さです。
このだしのおかげで、茶碗蒸しでも、
だしでつくる即席漬けでも、煮ものでも、
気軽につくれます。

|

コメント

ふみこさま

続けるということは、すごいことですよね。
ふみこさんが小学生の夏休みに、毎日リコーダーを吹いて
夏休み明けにはとっても上達していた・・・
という話を思い出しました。

私、同じ仕事を20年続けていますが、
この頃、自信をなくすことがあり・・・
今、その状態から脱出しようともがいているところです。
う~ん、どうしたものかな?!
とりあえず、お隣からたくさんいただいた夏野菜を使って
おいしいごはんを作ってみます!


投稿: 焼海苔の の | 2011年9月 5日 (月) 09時52分

ふみこ様
おはようございます。
かえし、とても、おいしいです。母にも教えて、(母は、私に、はじめて、ふみこさんを教えてくれた人、母もふみこさんの大ファン)実家に帰って、かえしとだしを使った、具をたくさんのせた、うどん、夜は、かえしとだしをカレーに入れてみました。

父も母も、私も、おかわり!しました。

ありがとうございます。

ふみこさんのレシピ、母も、喜んでいます。
ふみこさんは、お醤油、何を使ってみえますか?
出来ればで結構です

教えていただけませんか?

投稿: ゆきたん | 2011年9月 5日 (月) 06時39分

ゆきたんさん

おはようございます。

ああ、またやった……。
どうしてこうも、数字に弱いのでしょう。

半量の「かえし」をお知らせしたつもりでいて、
みりんを、まちがえました。

しょうゆ400cc
砂糖80g
みりん100cc

です。
ごめんなさいね。
昨日のうちにつくりたかったのでは?

投稿: | 2011年8月30日 (火) 07時19分

ふみこ様
たびたび、すみません
写真の分量は、
しょうゆ800
砂糖160
みりん200

しょうゆ400
砂糖80
みりん100→これでいいのでしょうか?

投稿: ゆきたん | 2011年8月29日 (月) 18時30分

ふみこ様
お返事、ありがとうございます。
写真のペットボトルに、ちゃんとメモが貼ってあったのですね。
お忙しいのに、ありがとうございました。

ふみこさんは、こうして、ブログのお返事されたり、時間のやりくりや、生活のやりくり上手な方だなあと、いつも思います。

私も、やりくり上手になりたいです。

投稿: ゆきたん | 2011年8月29日 (月) 18時07分

ゆきたんさん

「かえし」
しょうゆ 400cc
砂糖    80g
みりん  200cc

というのが、わたしの分量です。
もっと甘さを控えるとか、
しょうゆを減らすとか……。
工夫なさってください。

ゼリーは、
いま、ゼラチンのと寒天のと、
交互につくっています。
あ、ときどき、ゼラチンと寒天と半量ずつ、という
こともあります。

わたしたち、
だいどころ友だちですね。


投稿: | 2011年8月29日 (月) 08時55分

saguchiさん

おはようございます。

まあ、早速!

「かえし」もいいのですが、
「だし」が常に冷蔵庫にあるというのも、
重宝です。ね。

投稿: | 2011年8月29日 (月) 08時47分

ふみこ様
お久しぶりです。

このだしポット、私も同じの使っています。嬉しくなりました。

ふみこさんの、子供と食べる毎日のごはんに載っている、ゼリー、とても、おいしいです
この作り方、おいしいです。毎日、食べています。

かえしの作り方、分量は、教えていただけないでしょうか?

ふみこさんと、同じものを使ったり、口に入れたり、そういうことが、至福の時だったりするものですから。

投稿: ゆきたん | 2011年8月29日 (月) 05時36分

ふみこさん、こんにちは!

昨日おそばを食べようと思ったら、作ってあったそばつゆが無くなったので
さっそく作ってみました♪
良い大きさのペットボトルが無かったので、半量です。

その場で出汁もとって、ちょっと温かったけど、さっそく食べました^^
美味しかったです♪

どんぶりや照り焼きを作る時にも使えそうですね!

良いこと教えていただいて、ありがとうございます!!
これから、常に冷蔵庫に常備させときます!

saguchiこと、かかより。

投稿: saguchi | 2011年8月28日 (日) 10時12分

saguchiさん
かかさんでもある… saguchiさんへ

「八つあたり」は、大事です。
うまい具合に「八つあたり」ができないと、
外でおかしなことになるような気さえします。

そうなんです。
「だし汁」は、保ちませんものね。
「かえし」+「だし汁」は、その点いいと思えます。


投稿: | 2011年8月27日 (土) 16時22分

どりすさん

あたらしい本の背表紙に、
紅いすずめがあるのを見て、
「ああ、どりすさんの紅すずめ!」と思いました。

表紙まわりを、
本ができるまで見ないと決めているので、
わたしも、最近気づいたんです。
紅いすずめ、仕事のお守りですから。ね。


投稿: | 2011年8月27日 (土) 16時18分

きなこさん

大当たり。
うれしいです。

その調子で、
明るく、行ってきてください。

「ただいま」をたのしみに。

投稿: | 2011年8月27日 (土) 16時16分

えぞももんがさん

「料理したい」という気持ちは、
つねにもっているんだと思います。
えぞももんがさんも、わたし、p。

でも、そう云ってもいられない事情が
そこに立ちどまらせない……。
気づかせない……。

ということにしましょう。

「黙っているのにかぎる」
そうです、そうですとも。

投稿: | 2011年8月27日 (土) 16時12分

ももさん

ああ、なつかしい話を思いだしました。
ももさんのおかげで。

あの日の「ぷんぷん」。
翌日に持ち越しそうになったところを、
子どもらにみつかって、たしなめられたんです。
けんかも「ぷんぷん」も、
ときにはいいけれど、
夜はまたがないようにしようと思っているのに。

投稿: | 2011年8月27日 (土) 16時09分

ふみこさん、自分のコメントを書いたあとに、皆さんのコメントをじっくりと読んだので、追記させて下さい。

きなこさん(可愛いお名前ですね☆)、私の姉も西東京市に住んでいます。先週行ったばかりなので、なんだかとても身近に感じてしまいました☆

私も遠くからですが、祈っています!
rantanaさんも、どうか、無事に済みますように。。。

なかなかコメントを書きませんが、密かにお二人の「ただいま」を待っています!!

saguchiことかかより!(ふみこさん、さっきの締め、逆でした。。恥ずかしい。)

投稿: saguchi | 2011年8月27日 (土) 01時12分

ふみこさん、こんばんは!

反省反省・・・
八つ当たり、してるのはもっぱら私です^^;
特に夫と長男へ・・・・
四歳にして、月のものの前の女の扱い方をマスターしてしまった長男。
ごめんね・・・。。
八つ当たりの受け流しをマスターしてしまった長男・・・・
ごめんね。。。
きっと君は、いい夫になるでしょう。。
いつか、この子に思いっきり、八つ当たりされる日が
来るんでしょうね^^

だしぽっと、良いですね~~~~♪
探してみます!
それから、かえし!!!!
これはすごくいいです!!!!!

最近、出汁入りのそばつゆの素をよく作るんですが、
出汁が入ってると、あんまり持たないんですよね。

せっかく作ったのに、
「早く食べなくっちゃ・・・」
と思うのが、なんだか悔しかったので、
これからはマネさせてもらいま~す♪

かかことsaguchiより^^*
(久しぶりの、締めの言葉、思い出しました☆)

投稿: saguchi | 2011年8月26日 (金) 23時37分

ふみこさま、
 今、うれしい偶然がありました。
 自宅に忘れ物を 取りにもどり、ドアに手を伸ばした瞬間。
 ゆうびんやさんが。 
 梱包の中にはふみこさまの新作、背中にあの「紅いすずめ」の可愛い子ちゃん。
 ものすごい確率の良いタイミング、嬉しい発見。
 嬉しくて、うれしくて、言葉にしたくて。
 本内容に逸れてごめんなさい。

 今度は、きなこさんたちの「ただいま!」を
手を温かくして待っています。
 
 

投稿: どりす | 2011年8月26日 (金) 12時51分

ふみこさま みなさま

ふみこさんのやさしさ、大きさ、あたたかさに包まれたくて、
つい、病気のことを打ち明けてしまったら…

ふみこさんだけでなく、どりすさん、ぽんぽんさんまで、ありがとうございます。
そして、rantanaさん、
「治りましょうね」の一言、ありがたく胸にしまっておきます。
ぜひ、お互いに…

ふみこさん、病院は大当たりっ!!
住まいは西東京で、これまた当たり!
東のほう(合ってるかな?)を向いては、ふみこさんのお宅から「ぎゅっ」をもらってます。

こんどここを訪れるときは「ただいま!」って来ますね。

投稿: きなこ | 2011年8月26日 (金) 11時23分

ふみこ 様

おはようございます

だんだん 朝の4時台がうす暗くなってきたので
今のうちに明るい朝を 味わいながら過ごしています。
ふみこさん わたしも 残念ながら 「ああ、料理したいな」と
思っての料理は できなくなりました。
夕食の献立は 次の日のお弁当作りにつながり
朝食は 夕食の準備につながって
そんな つながりの 食事作りになっています。
でも  私も、いつの間にか 「誇り」が生まれていました。

子供の頃 母の真似をして 毎日 “ままごと”で
ご飯を作っていた
台所の手伝いの時は いつも “お茶碗を拭く係り”で
料理をさせてもらえず不満だった

それなのに 毎日作る立場になると
「ああ ・・料理したいな」の気持ちが 無くなってしまって
クスッとなります。

追伸・・・・うちもあります。息子のひとりごとに うっかり返事をしてはいけないとき・・・。
「黙っているのにかぎる」です。

投稿: えぞももんが | 2011年8月26日 (金) 05時36分

ふみこさま

 ついつい、また…お邪魔してしまいました…。

 「ぷんぷん」
 ふみこさんも、するのですね。
 そして、娘さんたちが気遣うほど、長引いたりすることも…。
 ホッとしちゃいました。

 わかってるけど、すぐに切り替えられず、しつこいんです、私。
 気持ちの切り替えって、大事ですよね…。
 
 何だか、うれしくなって、何度も失礼してしまいました…。

 そしてね、「子どもと食べる毎日のごはん」に出てきた「えび事件」
 また読み返して、また愉しませていただきました。
 子どもたちの好き・嫌いに、ついついうるさく言ってしまいがちな私を、
 ちょっと見直させてくれるので、時々、読ませていただいています。
 「黙ってきらっててね、後は、そっと見ててあげるから」と言って、
 本当にただ見守ることができたらなぁと思います。
 ついついね、体のことを考えたら!なんて言ってしまうんです…。
 ふぅ。

 そして、また長くなってしまいました…。ごめんなさい。

 では、またぁ

投稿: もも | 2011年8月25日 (木) 21時55分

どりすさん

どりすさんのお宅のやかんは、
しあわせですね。
それが、たとえ、八つあたりだとしても。

モノを磨くことが八つあたりだという心根を、
吸いこみたいような気持ちでいます。

投稿: | 2011年8月25日 (木) 07時26分

ふみこさま、みなさま、こんばんは。
 「ああ、料理したいな」・・・どんな気持ちなのかなぁ・・・
 尖端恐怖症の私は、ずっと台所は「こわいところ」だったので、
極力近づかないでいました。
 みんなが楽しそうに料理をしたり、話したりするのを
ちょっと眩しく眺めていました。
 調理実習の時も、もっぱら洗い専門。
 その経緯か、私の八つ当たりは「やかん磨き」です。
 無心にゴシゴシ。
 気分すっきり、やかんピカピカ、で解決。
 でも、「台所」の本は大好きで、絵本のように読んでいます。

 もうすぐ「まないた手帖」を 玄関まで迎えにいきます。

  きなこさん、rantana さん、手術の日をご安全に越えてくださいます
ように。  祈。
 
 

投稿: どりす | 2011年8月24日 (水) 23時08分

いとうさん

どうもありがとうございます。
おたより、
朝顔の花が咲いたような、うれしさです。

投稿: | 2011年8月24日 (水) 16時29分

ぽんぽんさん

アイスクリーム屋さんになったんですね。
素敵だなあ……。
食べたいなあ。

投稿: | 2011年8月24日 (水) 16時28分

みぃさん

わたしの台所仕事も、
相当高い割合で、
「罪滅ぼし」です。

「罪滅ぼし」のマイレージをためて、
好きなこと云ったりしたりしているような。

投稿: | 2011年8月24日 (水) 16時26分

こんにちは。
お久しぶりです。
時々こそ~っとのぞいていました。

かえし、おいしそうです。
でも冷蔵庫には市販の麺つゆが・・・。
いずれは・・・必ず・・・。

ではでは。また来ます。

投稿: いとう | 2011年8月24日 (水) 14時49分

ふみこ様 皆様
こんにちは


打ち上げ花火のように。ドーンと!
気に入りました、このフレーズ!!

手抜き満載のワタクシの主婦業の日々ですが、なんとも気持ちが明るくなる響き。
夕べはふいに思い立ち、バニラアイスに手作りのブルーベリージャムを凍らせたバットの上でミキシングして、コーンに盛ってお食後に。

某アイス屋を真似て歌いながらノリノリでやったら、娘大ウケでございました。

当たるといえば、我が家では何を隠そう、ワタクシが一番の当たり屋…。

日々精進は続きます…。

rantanaさん、きなこさん、手術乗り越えて、またこちらで元気にお会いできること、お祈りさせてくださいね。

投稿: ぽんぽん | 2011年8月24日 (水) 10時35分

ふみこさま みなさま

おはようございます。

昨夜から今朝にかけて 
私が家族に八つ当たりをしました。
当たられた家族は気の毒でした。

原因はわかっているのです。
”こちらが思っているほど相手には伝わっていない”
これに対しての腹立たしさ。

この気持ちは”とても厄介なものだなぁ…”と
いつも思います。

わたしの思うこと やることは
すべて私の気持ちで好きでやっていること。
それを相手にわかってもらおうなんて、もってのほか。

わたしも まだまだ、まだです。

お詫びとして今日の夕食は 
みんなの好きな物を少しずつこしらえようと思います。

ふみこさんのグッドタイミングなお話に
イライラ、モヤモヤしていた心が晴れました!
ありがとうございました。

つけたし;今日のわたしにとっての台所仕事は
家族への罪滅ぼしと 自分の心の浄化のためのものです。

投稿: みぃ | 2011年8月24日 (水) 10時33分

ももさん

ああ、わかるなあ……と、
共感しながら、拝読。

今朝、食卓の上に「OWABI」と書かれた紙の首輪を巻いた
スパークリングワインが置いてありました。
長女からの1本です。
昨日の朝、「あたったなあ、とくに父に……」という反省の
思いから、だったらしいです。

昨日の長女の「八つあたり」については、
ひとつ学びがありました。
彼女の「八つあたり」にぷんぷんしていたとき、
二女と三女に、
「いつまでもぷんぷんしてると、
A(長姉)がかわいそうだよ。孤立しちゃうよ」と
たしなめられたんです。

そうか、そうだなあ……とね。

あたられても、あとを引かないこと。
理解も示す(示しやすいひとが示すのでも、可)

ということを学習しました。
わたしも、まだまだ、まだです。


投稿: | 2011年8月24日 (水) 09時47分

ふみこさま、みなさま

 今週も、何だかホッとしました。
 「八つ当たり」
 最近の我が家では、一種のブームです…。
 2番目の娘が、疲れて帰ってくると、家族中にあたりまくり…。
 あまりにひどいので、私が怒ると、これまた逆ギレです。
 しばらく続いてるので、娘がいつものようにわからんちんになると、
 「ま~た始まった~」と、家族みんな笑っています。
 これがまた、娘は腹ただしくなり…と、ぐるぐる続きます。
 私は、よく知らないのですが、「ウサビッチ」というDVDがあるようで、
 それに出てくるウサギがよく怒るようなのです。
 それを娘の名前に文字って、「モサビッチ」とアダ名をつけるほどです。
 (なぜか本人も、これは気に入っているらしく、あだ名がついてから、ちょっとおさまってきた感もあります…(笑))
 
 大人もそうですよ、ね…。
 「お腹が空いている時は、イライラしやすいから、どこかに出かけるときは、
 必ず甘いものを持って出かけて、夫がイライラしてきたなと思ったら、
 口に突っ込むのよ!」
 と教えてくれた友だちがいました。
 そうか…と、ある日、運転中の旦那さまの口にチョコレートを突っ込んでみました。
 すると…、大笑いです。
 「子ども扱いするな!」と言いつつ、その後も、効果てきめん(笑)
 “お腹がすいた”、“疲れてる”は、大人も子どもも危険ですよね…。
 ふみこさんのように、うまく回避できるように、毎日、鍛錬鍛錬です(笑)

 でもね…、自分では、大居張りで時々します…。
 「疲れたから、イライラしてるぞ~!!!!」って。
 だってね、止められないんです…。どうにも…。
 そんな時って、ありますよ、ね…(おそる、おそる…)。
 
 台所仕事も、ほんとだ~と思うことだらけでした。
 今週もありがとうございます。

投稿: もも | 2011年8月23日 (火) 21時57分

rantanaさん

このたび、いちばんしたかったのが
「あたる」話。
うれしいなあ、通じたこと。

rantanaさんも、手術。
ああ、みなさん、
どうか、その山を登って、「ヤッホー」と叫んで、
ゆっくり下りてきてください。

なんだか、
心底勇気づけられます。

ぎゅっ。

投稿: | 2011年8月23日 (火) 17時52分

CITRONさん

お嬢さん、すごい!
夏にお粥のリクエストのできる
食生活というのは……。

それはCITRONさんが、すごい!

お粥やリゾットって、
おいしい!ですねえ。

投稿: | 2011年8月23日 (火) 17時49分

きなこさん

となりの市……。
三鷹市。西東京市。小金井市。

きなこさん、
手術の予定のこと、お知らせくださって
ありがとうございます。
知っていれば、祈ることができます。
9月のはじめ、ぎゅっと念じていますから。

武蔵野日赤かなあ。

頼もしいお嬢さんと息子さんと。
以前わたしの書いたものを褒めてくださった
だんな様と。

1ページずつ、ゆっくり綴ってくださいね。

ぎゅっ。

投稿: | 2011年8月23日 (火) 17時47分

ふみこさま、
びっくりしました。
私、ちょうど最近、私に難くせつけてくる次男のこと、
こりゃあ当たられてるんだなぁ~って、やっと自覚したところだったので。
当たるって、そうか、やっぱり家族という機関のはたらきのひとつ、だったんだすね~。
自覚がないから、ふみこさんのようにうまくかわせず、爆発!をまねく・・・未熟者の私です。

そして、自炊生活がうまくいってそうもない三男とは、
料理を暮らしの中に取り入れるとはどういうことか、を、夏の特訓中です。
そうですよ。作りたい料理がひらめいた日だけ、作る、のは、
小さいながらも営むことになった自分の台所事情すべてを背負うことにはならないのよ、
と伝えたいけれど、なかなかむづかしい。

夏なのだし、って、だしの話に続く今日のふみこさんは、大人の仕事師、
打ち上げ花火全開どど~ん!!いよっ!て感じでした。
きなこさん、私も来週手術です。
大人の仕事師を見習い、日常生活にもどるべく、治りましょうね!

投稿: rantana | 2011年8月23日 (火) 17時07分

ふみこ様

雑用や下準備の末の料理。。
台所仕事とは、
本当にそのとおりですね。
たいていは冷蔵庫の中身とにらめっこしながら、
献立を決めて、作る。

ほぼ空っぽの冷蔵庫なのに、
なんとかお昼の用意ができたときは、
そしてそれが意外にいけてたりすると
妙に嬉しかったり。

うちの娘はほとんど料理はしませんが
リクエストはよくしてくれます。
この夏はばててるらしく、
お粥炊いてくれる? が多かったです。

「かえし」、トライしてみます♪お蕎麦大好きです♪

投稿: CITRON | 2011年8月23日 (火) 16時54分

ふみこさま

ふみこさんと同い年、資金繰りにアップアップの経理事務員だった「きなこ」です。
すっかりご無沙汰しているうちに、職が変わり、住まいも変わり(ふみこさんのお隣の市に越してまいりました)…。

そしてこの夏、子宮体ガンの宣告を受け、来月早々に手術の予定です。

もうすぐ25才になる長女、「料理したいな」とタイ料理なぞ作っていた身分から、
急遽、冷蔵庫に顔をつっこみ、残り野菜と格闘する毎日となりました。
21歳の次男も、取りたての免許が病院送迎に大活躍。

病を克服し(うーん、「うまく付き合って…」となるのかな?)、
また家族のためにこつこつと働けるようになりたいな。

投稿: きなこ | 2011年8月23日 (火) 16時02分

しずさん

「ふだん」というのは、
なかなかいいものだと思います。
しずさんの、脱力感も含めて。

北海道は、涼しいですか?
東京は、ここ数日涼しい日がつづいて、
それがこれから、また暑さ復活となるらしいです。
「北海道気分」で過ごしていたのでしたが。

投稿: | 2011年8月23日 (火) 13時43分

しょうさん

だしとりポットは、なんでもいいと思います。
うまい具合の(ポットにぴったりおさまる)専用のこし器を
みつければ、いっそういいと思います。

毎日新聞のコラムのことも、
ありがとうございます。
ご同輩!

投稿: | 2011年8月23日 (火) 13時38分

ゆるりんりんさん

そんなことがありましたね。
いまは(いまのところは)腕も元気です。

ゆるりんりんさん、
食洗機とのお別れをね……。
さびしかったことでしょう。
わたしも(食洗機の)「けんちゃん」の
いない台所で、しみじみ思い返すことがあります。
でも、あまり不便は感じていないんです。

むしろ、さっぱりしたところがあるし、
子どもたちとの後片づけが復活したのも、
愉快です。


投稿: | 2011年8月23日 (火) 13時35分

tomoさん

うらやましいと云っていただくのは
うれしいですけれど。
こちらが、汲汲としているときなど、
知らん顔して仕事をつづけ、
夫が蕎麦の仕度をするように仕向けたり……。
ちょっとした駆引きがあります。

でも、昼のひとときは、
大事な時間です。

投稿: | 2011年8月23日 (火) 13時23分

寧楽さん

手打ちの蕎麦……。
うらやましいです。

きょうの昼は、パンを食べました。
おいしいパンも、しあわせの要素です。

投稿: | 2011年8月23日 (火) 13時16分

ふみこさま

こんにちは。

ありがとうございますっ

良いタイミングで ポンっ と肩をたたかれたような気分です。
楽しく慌ただしかった 子供達の夏休みが終わり
今日から通常営業の シーンとした家でひとり 
何ともいえぬ脱力感の中にいた私です。

そうだった そうだった・・・
いつものことを いつものように
こつこつと。。。

ふつうな毎日のために
誇りをもって 働けそうです。

まずは ヨーグルトゼリーをつくろっ♪

投稿: しず | 2011年8月23日 (火) 13時03分

ふみこさま、みなさま

こんにちは。

そうそう、「あたる」って、ありますよね。まあ、心を許したり甘えたりして、家族にしかできないから、仕方ないって思ったり、一番身近だからこそ、大事にしてよ(しなきゃ)と思ったり。

家族も、台所も、繰り返し、積み重ねですね。最終的にどんな実がなるのか…少し不安だったりして(笑)あ、料理は結果がすぐでて、いいですね。

そして出汁ポット!いいですね!それ専用のものなんでしょうか?うちに余ってるポットがあったらやってみようかなあ。

***
今朝の「山本さんちの台所」、とても「はーそうだそうだ」と思いました。私は最近「丁寧にやりたい」「どうしてできないんだろう」ぐるぐる…とちょっと思っていた節があって、今朝、「ああそうだ。丁寧にしたいんじゃなくて、1つ1つ味わったり楽しんだりしたいんだ。そのための丁寧だったんだ」って気づきました。方法が目的になってしまっていたようです。
そしたらとーーーてもラクになりました。ありがとうございました(^^)/

投稿: しょう | 2011年8月23日 (火) 13時02分

訂正です  方→肩
すみません

投稿: ゆるりんりん | 2011年8月23日 (火) 12時46分

ふみこ様

台所の用事ってなんて色々なんでしょう。
いつも楽しいばかりじゃないから
いちいち感じないようになってしまった部分もあります。

その台所で
ある日突然やってきました50肩っていうのが・・・
食洗機の上の段にものを出し入れする角度がだめになり
左の二の腕に激痛が・・・
原因は加齢・・・華麗?・・・いいえ加齢だそうです。
忘れてはまた腕を伸ばしピリリリ・・・
何個コップを割りその破片を必死になって集めたか・・・
一か月様子をみたけれど改善しません。
だめだこりゃ・・・
ふみこさんの真似をして収納庫にしようかと考えましたが
こじんまりした家で場所がみつからず。
リサイクル店に買ってもらおうとしたら
節電ブームで今は売れないから回収扱いでした。
幸せにしてあげられなかった食洗機さんに
心の底からのお詫びとお別れを告げました。
昨日からコップを割るかもしれないというストレスから
解放され、痛みも引き始めています。
床のぞうきんがけも痛くなくなりました。
台所って地味なドラマの集まりなのかも・・・

そういえば鍛えすぎて
痛くなってしまったふみこさんの方や腕
その後お元気ですか?

投稿: ゆるりんりん | 2011年8月23日 (火) 12時44分

ふみこさま

こんにちわ。
記事を読んでいて、
あ!!胡瓜とりだすの忘れていた^_^;
とアセアセとなったところです。

この時期は半日つけているだけで、いい感じに漬かってしまうぬか漬け。

ありがとうございます。
きっと、よく使った胡瓜が出てくることだろうと予想しています。

台所仕事って、本当に大変ですものね。
今日はお休みで、リビングの床そうじをしましたが、
レンジの近くはやはり、拭きがいがあります。

今は、つるっと気持ちよくなっていますが、
今日の夕飯を作ったあとには、またまた仕事が出来てるんだろうなあ・・・。

旦那様との蕎麦ランチなんだか羨ましいです。

投稿: tomo | 2011年8月23日 (火) 11時33分

ふみこさま

夏の間に何度、そうめんや蕎麦を食べるかな?

めんつゆも幾度どなく作ります。
市販のを使うこともありますが。

時々は主人が打った不揃いな蕎麦です・・・

そのための薬味・・大葉、しょうが、みょうが、とろろ、なめこ、大根、ねぎ
冷蔵庫に常備です。


ふみこさんのめんつゆを作ってみます。

投稿: 寧楽 | 2011年8月23日 (火) 10時32分

コメントを書く