オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 大人の仕事 | トップページ | なあんだ »

2011年8月30日 (火)

素振り

「今度の『しないちゅう』、見にきてもいいよ」
 と末の子どもが云う。
「しないちゅう」って何だろうかと思っていたところへ、折りたたんだ刷りものを渡され、その題名が「武蔵野市中学校総合体育大会のお知らせ(ソフトテニス部)」となっている。

 末の子ども(以下S)は中学2年だ。
 中学に上がった春、どのクラブに所属するかまよいにまよっていたのが、きのうのことのよう。小学6年のときには「中学に入ったら、バスケットをやろうと思う」と云っていたが、実際に中学生になり、部活動を見学してまわるうち、いろいろの考えが湧いたものらしい。運動をしようということだけは決めていて、水泳、バスケット、陸上、卓球、バドミントン、ソフトテニスと、見てまわるうち、運動との相性ということのほかに、部の雰囲気のなかに自分を置いてみて「やっていけるかどうか」、「つづけることができるかどうか」を考えるようになったそうだ。
 その様子を、わたし自身のなかに乏しい「慎重」と見て、こそばゆくなった。わたしなら、たいしてよく考えてもみないで、友人の考えやなりゆきにひきずられて入部を決めてしまっただろうなあと思って(じっさい、中学のときの硬式テニスクラブへの入部は、そんなふうであった)。何を選ぶのか、そっと観察をつづけていたところ、「入部申しこみ」の期限の前日、やっと「ソフトテニス部に決めたよ」と云って、「入部申しこみ」用紙の保護者サインと捺印を頼みにきた。
「いいねえ、テニス。ソフトテニスっていうのは、軟式のこと?」
「うん、そう。ボールはぽわぽわのやわらかさ」

 入部後は、「練習も試合も、見にこなくていいよ」と云っていた。「見にこなくていい」というようなのを、ことば通りに受けとることにしているわたしは、そうか、と思い、「見にきてよくなったら、知らせてね」と頼んだ。
 ソフトテニス部は、水曜日と日曜日を除く5日間(日曜日には、ときどき試合が入る)、練習がある。Sの一所けん命さと、たのしそうさだけをよすがに、そっと応援した。わりあいおとなしい性格だし、強気になるところを見たことがないから、坦坦とラケットを振っているところを想像していた。
 1年以上たって、やっと「見にきてもいいよ」の日がきたわけだった。午前9時試合開始だという。
その日締切の新聞の原稿が書き上がったら出かけることにする。こういう決心のもとではじめたせいかさくさくとすすみ、1時間ほどで書き上がったので夫に読んでもらう。原稿は、書き上がると、夫がいれば読んでもらう。もう長いことそうしてきた。見てもらっても、夫が「ここは、ちょっとわかりづらい」と云うのに、「それはそのままでいいことにさせて」なんかと、批評を反映させないことも少なくはないのだけれど、見てもらう安心は手放せない。夫がいないときには、自分が夫になったつもりで原稿を読み返し、「いいんじゃない?」と云ってみたりする。

 市営コートには、もう球音(たまおと)が響いている。
 夫とふたり、コートの外側の金網越しに見学する。到着するや、Sの出番がきた。緊張する。ペアのRちゃんはやさしく、おっとりとしているが、技術のある選手だ。Rちゃんと組めたことがうれしいという話を、何度も聞いている。
「あ」とわたしは、いきなり驚いている。
 Sが素振りをしている。その素振りに、驚かされているのだ。おとなしい子が腰を低めにかまえて、ひゅん、と音が離れたここにまで伝わりそうな勢いでラケットを振っている。こちらは、猛獣に威嚇された小動物のような気分だ。
 その様子をひと目見ただけで、Sがどれほど部活動を好きで、どれほど熱心に取り組んできたかがわかった。わたしの知らない動作を、自ら学びとっていることがまぶしくて、不覚にも瞳に膜ができる。
 

Photo

わたしの知らない動作をするS に
尊敬の念を抱きつつ、
わたしの知っている昔ながらの動作を
おしえてやらなられば……とつよく思いました。

軽く缶詰類をあけることができる缶切りを、
被災地への荷物に(缶詰ともども)入れました。
それで、いまうちにあるのは、この昔ながらの缶切りです。
これを使うの、初めてだったそうです。
 

Photo_2

マッチを擦って、火をつける。
これは、したことはありますが、
なんとなくぎこちない。
……練習。


Photo_3

ごまをほうろくで煎る。
これも、練習しました。
このほか、かつお節削りや、ぬか床のかき混ぜも
してもらっています。
忘れたくない動作、所作が、いっぱいありますね。
        *
本文の「しないちゅう」で、Sの中学は優勝しました。

|

コメント

ふみこ様
おはようございます

《大人の仕事》にコメントしました。

ご無理言って、ごめんなさい。

投稿: ゆきたん | 2011年9月 6日 (火) 06時35分

ぽんぽんさん

お返事、おそくなって。
ごめんなさい。

体育会系でいらしたんですね。
わたしは、近年、「体育会系」に大きな
憧れを抱くようになっています。

お嬢さんの道の上のこと、
静かな伴走、
たのしみがたくさんですね。
いえ、ほんとうはたのしいばかりではないのだと
思うのですが、わたしは、なんだかいつも、
スキップ伴走です。
阿呆な伴走者……。


投稿: | 2011年9月 6日 (火) 05時29分

焼海苔の のさん

学習能力がなくて、
コメントをみつけられなかったこと、
ごめんなさい。

なくしたり、
減らしたりできるというのは、
「自信」をもっていないひとには
できないことなんです。
もっていないものは、なくしも減らしも
できませんもの。

わたしも、
かすかに自信はもっています。
どういう自信でしょうねえ。
厳密に語ろうとすることはむつかしく、
それこそ、語ろうとすることでなくなってしまいそうな
自信でもありますが。

小さな灯を、手で囲うようにしながら、
てくてくゆきましょうよ。ね。
初めてゆく道なのですし、行き先も、
わかりませんが。
それもまた、たのし、です。

投稿: | 2011年9月 5日 (月) 18時07分

ふみこさま

続けるということは、すごいことですよね。
ふみこさんが小学生の夏休みに、毎日リコーダーを吹いて
夏休み明けにはとっても上達していた・・・
という話を思い出しました。

私、同じ仕事を20年続けていますが、
この頃、自信をなくすことがあり・・・
今、その状態から脱出しようともがいているところです。
う~ん、どうしたものかな?!
とりあえず、お隣からたくさんいただいた夏野菜を使って
おいしいごはんを作ってみます!

※間違えて先週のところにコメントしてしまいました!
 同じ文章ですが、こちらにも書かせていただきますね。

投稿: 焼海苔の の | 2011年9月 5日 (月) 11時01分

ふみこ様 皆様
こんにちは

Sちゃんの活躍、楽しく読ませて頂きました。

私は根っからの体育会系なので、学生時代は部活(バスケ)のために学校生活を頑張っていたような。

好きで好きで、下手でも、試合では万年の初戦敗退チームでも続けていました。
私は親に試合とか見てもらったことなかったなぁ…

見てもらえば良かったなぁと思いました。

さて、これからの私。

娘がもう少し大きくなり、何か始めたら、どんな風に付き合っていくかしら?
楽しみになりました。

投稿: ぽんぽん | 2011年9月 5日 (月) 10時21分

Koujiさん

おたより、
うれしく読みました。

同じ屋根の下で暮らすひとたちへの見方。
それが、ちょっといびつであることは自覚しているのですが、
自分では、どうすることもできない見方、思い方であると同時に、
律してきた揚げ句……ということもあります。

律することになった要因もあるのですが。

Koujiさんのおかげで、
そうとう楽な、明るい気持ちになっています。

感謝いたします。


投稿: | 2011年9月 5日 (月) 09時58分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 
いつもいいなぁと読ませていただいていますが、この度のお作はとても…なんというか、好みです。
家族という単位のなかの、ちがった個性の集まりが、かんじられて。
きっと同じことを書いても(あり得ませんけどね)、またちがった内容になったでしょうね。
 
おもしろいなとおもった要因は、もしかすると、『ふみこさんの家族に対する見方』なのかもしれません。
 
陽が射したり、突然土砂降りになったり。にぎやかな天気です。

投稿: Kouji | 2011年9月 4日 (日) 11時46分

ももさん

泣いてきたというところで、
感動してしまいました。

わかるなあと思って。
よく、時間をつくったなあと思って。
足で歩いて映画館へ行かれたなあと思って。

ほんとうに、
泣きたいというときは、あります。ね。
でも、たいていは、泣こうとして泣くことは
かなわず、
泣いてみて、泣きたかったことを知るのです。ね。

いいお話を聞かせていただいて、
わたしも、泣きたいような、
すでにすこし泣けたような気持ちになっています。

投稿: | 2011年9月 2日 (金) 12時17分

ふみこさま

 温かいおことばをありがとうございます。
 あれから、さぼりにさぼって、映画を見てきました。
 もしかすると、10年ぶりくらいに映画館に足を運びました。
 そしてね、泣いてきました。
 どうやら泣きたかったようです。
 ほんとは、もっとうえ~ん、うえ~んと泣きたかったけど、
 静かに泣いてきました。
 ちょっと浮いてきた気がします。
 
 以前、どこかでふみこさんも泣こう!とすることがあると書いてあったような…。
 私も時々あるんですけれど、今回は、久しぶりでした。
 時々、泣くのは、大事ですね。

 本当に、北海道も生温かい変な風が吹いています。
 そちらは、もっと厳しい暑さなのでしょうね…。
 そして、これ以上、被害がでませんように…、私も祈っています…。

投稿: もも | 2011年9月 2日 (金) 11時48分

えぞももんがさん

そうですね、そうですね。

そしてね、
子どもは、親の知らない一面をもって
育ってゆく、ということを、
知ることも大事だと考えています。
いえ……考えるようになりました。

子どもは、
親の知らないところで何をしているかわからない、
という意味ではなくて。
子どもを驚くという、
視線のさやけさが、子どもを支えるように
思うんです。ね。

こちらも、なまあたたかい、変な風が吹いています。
きのうの朝は、黄色い朝でした。
陽の様子が、おかしかった……。

こちらはともかく、
被災地にあらたな被害を加えてくれるなと、
祈っているところです。


投稿: | 2011年9月 2日 (金) 10時25分

山本 ふみこ様

おはようございます。

以前 母が何気なく言っていたことを 思い出しました。
「子供たちが 学校に通っていた頃が
変化があって 一番面白かった」

この言葉は 自分の見たことのない
こどもの姿に 驚かされる・・・そんな場面から
きているのでしょうね・・・きっと。

私も 個人面談などの用事で 学校に行った時
家では見せたことのない 表情をしている
息子たちを見て 驚くことが しばしばあります。

息子たちは 親の知らないところで いろんなものと
葛藤し 愉しみ 自分で何とかしているのだな・・・と、
思うと 私も 目がかすんできます。


追伸・・・・ふみこさん 台風が近づいています。今朝は なまぬるい 暑さの北海道です。 

投稿: えぞももんが | 2011年9月 2日 (金) 05時14分

ゆーさん

赤ん坊だったひとが、
中学生です。
でも、中学生はなんというか、
まだ、ぽにょんとしています。

離乳食とプール。
どうか、たのしい9月をね。

投稿: | 2011年9月 1日 (木) 09時30分

brownbear さん

おはようございます。

9月のはじまりに、
いいお話を聞かせていただきました。
どうもありがとうございます。

「好き」の大事さ。

ほんとうにそうだなあ、と思います。
忘れそうになっていました。

ああ、「好き」を思いだせて、
よかった。
brownbear さん、サンキュ。

すがすがしい9月を。

投稿: | 2011年9月 1日 (木) 09時28分

どりすさん

わたしも。

なんとなく「欠け」を感じていた躍動を、
この月がわりに、焚きつけています。

生き生きとゆきたいなあと、思います。
9月のわたしの決心です。

佳い9月を。

投稿: | 2011年9月 1日 (木) 09時25分

こんばんは~
そうかSちゃんはもう中学生だったかあ
なんだか親戚のおばちゃんのような気分です
子供と食べる毎日のごはんではSちゃんの離乳食のお話とかありましたよね
今それをまた出してきて9か月息子の離乳食進めています
なんだか不思議な気分だなあ

4歳娘が初めて自分でやりたいと言ってきた水泳教室
昨日申し込みしてきたところです
夏の始まりの幼稚園でのプールでは
プールサイドにしがみついていた娘 これからが楽しみです

投稿: ゆー | 2011年8月31日 (水) 21時18分

ふみこ様

Sちゃんが「好き」に出会えたことが
何よりです。
「好き」は 頑張れる。
頑張れるから 伸びる。
「好き」は 仲間と励まし合える。
励まし合えるから 強くなれる。
入学してわずか1年4.5ヵ月で
こんなに人を変える「好き」はすごい・・・。

末っ子は この夏ソフトテニス部を引退しました。
華々しい結果は残せませんでしたが、
「好き」がもたらしてくれた宝物を胸に
高校生になることを今夢見ているようです。

「三年ねたろう」の時に
「好き」なことしかできなかった息子は、
その「好き」が原動力になって 
来春目指しこつこつの日々です。

あぁ~ 「好き」があってよかった

投稿: brownbear | 2011年8月31日 (水) 17時06分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 声をかけられるまま、深く考えることなく入部していました、私も。
 中学の時は、先生から誘われて、野球部のマネージャーをしました。
 でも、初代だったのでスコアつけるだけで、あとは、男子と一緒に
球ひろいに従事していました。
 自分自身はスポーツをしませんでしたが、その傍らにいて、こみ上げるものを
貰い受けていました。
 共に汗は流しませんでしたが、今でも、どこかに少年の面影を伺えるおじさんたちと同窓会をしています。
 Sちゃんは、一生懸命に楽しめるものを見つけて、生き生きした時間の中に
いはるのですね。
 きっと、これからも、いろんなものに繋がっていきそうですね。
 なんだか、自身の中にも躍動感がわいてきます。
 8月のまとめの日に、そんな気持ちになれて・・・
Sちゃんに、ありがとうとつぶやきます。
 

投稿: どりす | 2011年8月31日 (水) 13時06分

ゆきたんさん

Sの性格と、テニスのとあいだの
山谷のような落差に驚きました。

自分が知らないだけで、
見えないだけで、
たしかにそこにあるもの、について、
知らされた思いです。

テニスの試合を見学しながら、
「号外!」という声が、耳のなかで響いていました。
なるほど、号外。

投稿: | 2011年8月31日 (水) 05時47分

ぽこはなさん

わたしは、真っ黒に日焼けして
運動したという思いでをもたないので、
いまさら、
その値打ちに驚かされています。

おはようございます。

しんとしたものが張っている。
そんな朝です。
8月さいごの日です。
ページをめくる覚悟をしながら……ここにいます。

投稿: | 2011年8月31日 (水) 05時44分

こぐまさん

おはようございます。

つぎの日、
本を持っていた腕や肩が筋肉痛でした。

というところで、
じーんとしました。
本の読み聞かせという……、
あるひとつの仕事という……ものの、
見えにくい一面を思ったからです。

見えにくい一面に支えられているこの世を、
考えたからです。

ああ、わたしも「ラピュタ」を聴いてみたい、と
思いました。

投稿: | 2011年8月31日 (水) 05時40分

ふみこ様
《かえし》ありがとうございました。助かりました。

Sちゃん、素敵です。
Sちゃんが、赤ちゃんだった頃、ふみこさんの本と出会いました。雑誌でSちゃんをお見かけしたとき、あの赤ちゃんだったSちゃんだ!って、嬉しくなりました。

テニスをしているSちゃん、目に浮かびます。微笑ましいです。

ふみこさんの所作が、受け継がれていく、素敵です。

投稿: ゆきたん | 2011年8月30日 (火) 21時45分

ふみこさま こんばんは~

ソフトテニス部と今は言うんですね!(^^)!
私も中学の部活は軟式テニス部でした。

ちょうど今ぐらいの時期毎日練習に励んでいたことを
懐かしく思い出しました。
きつい練習と夏の暑さにへこたれながら・・・。
でも、楽しくて充実してたな~
まさに青春でした。
もちろん、日焼けして真っ黒でしたよ(^_^;)

この間見た「マザーウォーター」と言う映画の
エンディング曲の歌詞に「がんばらなくてもいい、ひたむきであれば」と言う歌詞がありました。

あのころ、ひたむきだったなぁ~と思います。
今もその心忘れずにいようとおもいました。
今週もありがとうございました。

お嬢様、優勝おめでとうございます。
すごくうれしかったでしょうね(*^。^*)
青春ですね・・・。


投稿: ぽこはな | 2011年8月30日 (火) 19時39分

ふみこさま。

Sちゃん、ソフトテニス部だったんですね。
実は、私も中学の時、テニス部でした。動機は、エースをねらえ に憧れていたから。よく考えもせず入ってから、先輩の厳しい練習にへこたれそうになりながら、なんとか3年間続けました。運動音痴の私が、試合に出たりするようになり
自分でも信じられませんでした。
先日、その頃の友達と、プチ同窓会をしました。
厳しい練習を乗り越えた仲間とは、いつでもつながっていられるな・・と思いました。Sちゃんも、きっとすごい宝物を手に入れていると思います。

ところで、よみきかせに、この間の金曜日に行ってきました。
夏休みということで、時間があったので、「ジブリの 天空の城 ラピュタ
を読もうかな?」って聞くと1年の女の子が、「テレビでしかみたことないから
読んで」って言うので、「長いけど、読んでみるね」と言って読みました。
20分くらいかかりましたが、1年の女の子も、がんばって聞いてくれました。
3年の男の子が、体操座りで集中して聞いてくれて、うれしかったです。

次の日、本を持っていた腕や肩が筋肉痛でした。

でも、楽しかったです。

長くなりました、もうすぐ8月も終わりです。
残り少ない夏を楽しみましょう。

投稿: こぐま | 2011年8月30日 (火) 14時21分

寧楽さん

真っ黒で。

というくだりで、
笑いました。
(神妙に読んでいましたのに)。

ほんとうに、真っ黒。
表もうらも、わからないほどです。

高校も、ソフトテニス部のあるところへ
行きたい(東京は、高校がいっぱいあります)と、
云っています。

投稿: | 2011年8月30日 (火) 13時40分

ゆるりんりんさん

14年間。
なんという年月。
なんという重みでしょう……。

お疲れさまでした。

ゆるりんりんさん、
ずっと伴走なさったのですね。

投稿: | 2011年8月30日 (火) 13時35分

ももさん

沈んでおられるのですね。
沈んでしまったとき、
じっと沈んでいられたらいいのに、
することがあって、
なんとか浮かぼうとするのが、辛いです。ね。

ゆっくり、自然に「沈み」が解消されますように。

投稿: | 2011年8月30日 (火) 13時33分

ふみこさま

Sさん、おめでとうございます。

素晴らしい!
暑い中の頑張り、心からおめでとうを。

知らない間に逞しくなるというのが親にとってのご褒美でもありますね。

娘もソフトテニス部でした。
真っ黒で!優勝も何度か。
県大会には冷たいドリンクやアイスキャンデーを差し入れに応援。

高校でも膝の故障でできなくなるまで頑張りました。

私が勇気をもらいました
Sさん、かけがえのない夏でしたね。ふみこさんも。

投稿: 寧楽 | 2011年8月30日 (火) 11時19分

ふみこ様
 
青空が見えてくるお話し、
ありがとうございます。
先週わたしも
息子のことでちょっぴりうるり・・・
14年続けたバスケット、
最後の試合が終わって帰ってきた時のこと。
がっくりと肩を落とし、深い息
「終わったんだねえ」と言うとこくりとうなずき二階へ。
始めた時は確か少年でした。
青年になりおっさんになりかけています。
がんばったことにも感動。
こんなに夢中になれるものにめぐり会えたこと、
こんなに好きになれることをもらえたことに
感謝の涙で景色がぼんやりです。
sちゃんのキラキラとスパークリングしている姿が
目に浮かびます。
輝けsちゃん!

投稿: ゆるりんりん | 2011年8月30日 (火) 10時44分

ふみこさま、みなさま

 火曜日の朝、仕事へ出かける前に、
 さてと…と、ここへお邪魔するのが日課になっています。
 
 いつもふと書きたくなる衝動にかられるのですが、
 うまく書けない気がする…と、いつもじっとこらえてから書いたりしていました。
 (その割に、いつも書いたあとで反省…とかが多いですが…(笑))

 でも…、
 今日は、あまり考えずに…。
 私も、読んでいて、目にうっすらと…。
 娘が保育園で和太鼓を教わっているのですが、
 近所のお祭りに、今年は幾度か発表の機会がありました。
 いつもは見たことのない娘の姿に、緊張し、息がつまりそうになりながら、
 やはり目がかすんで…。
 こんなことが、重なって、Sちゃんのお姿を想像してしまいました。
 きゅっとがんばっているであろうお姿を…。
 (そして、エビが苦手だったSちゃんも…。にっ)
 気がつくと、自分の知らないところで、子どもというものは、
 いろんなことを身につけているのですね…。
 あたりまえだけど、時々、ドキッとします。

 昨日から、ちょっと沈んでいます。
 今日は、少し自分にご褒美を…と考えています。

 ふみこさんの新しい本も我が家にやってきました♪
 (これは、大きなご褒美となっています!!)
 毎週、ここやあそこに書いていらっしゃることを考えたら、
 本当にすごい…と、改めて感じていました。
 いつも愉しみですが、どうぞお体もお大事にしてください…。

 では、またぁ

投稿: もも | 2011年8月30日 (火) 10時26分

コメントを書く