オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 素振り | トップページ | たたむ »

2011年9月 6日 (火)

なあんだ

 ふと、家のなかを見まわし、あれ、と思う。
「あれ、」のあとで、やっと、自分がすこうしくたびれているのではないか、体調をくずしかけているのではないかということに、気づく。
① 食卓の上に、新聞が出しっぱなしになっている。
② 台所に、空のガラスポットが置いてある。
③ 居間の壁に洗濯用のタオルハンガーが立てかけてある。
④ テレビのリモコンが床に投げ出してある。

 これらをそれぞれの居場所におさめるのに、たいした苦労はない。
① 1日のおわりの新聞。食卓から10歩先にあるわたしの部屋に片づける。
② ガラスポット。ここに半分ほど湯を注ぎ、茶葉の袋を入れて10分ほどおく。
それを冷蔵庫へ。
③ タオルハンガー。わたしの部屋のワードローブ内のS字フックに吊るす。
④ テレビのリモコン。テレビ横の窓枠(大陸棚のようになっている)に置く。

 こういうことをできずに「あれ、」と思うときは、要注意だ。こうして不調に気づいてしまうと、突如大げさになる。もう二度と、不調でない自分にはもどらないような心細さが全身を包む。さようなら、元気だったわたし。こんにちは、不調なわたし。どうかよろしくね。
 まったくどういう話の展開を期待しているのだか、わたしはずんずん、不調の坂道をころがり落ちてゆく。まわりにあらわれた、些細な「片づけられなさ」を見てやっと気づいたくらいの状態だというのに。

 さて、不調は不調、くたびれは、くたびれなのである。
 が、そんなもの、ときどきまわってくる当番のようなものだと知っている。
 だから、かすかに、不調のつづくことを恐れながらも、ほんとうはそう遠くない日に当番の終わることは知っていて、当番のあいだは最低限のことをしてゆく覚悟をする。
 ①のこと、②のこと、③、④のことなどは、どうということもない。誰かがかわってしてくれることもあるし、そうでなくても、そのくらいのことは、目をつぶれる。不調の日のなかで、いちばん、自分を悲しませ、自信を失わせるもの、焦りのようなものを生じさせるものは、べつにあった。その正体が何であるかに気づいたのは、つい最近のことだった。

 便りをするのが好きだ。
 こちらが元気で、しゃんとしているときには、時間がなかろうと、忙しかろうと、すぐと便りをしてしまう。
 便りと云っても、たいていははがきだ。美術館めぐりのときに集めた絵はがきを選びに選んで使うこともあるけれど、できるだけ、官製はがきに絵を描き、私製絵はがきをつくることにしている。そうするのが好きだからだし、文字の足らなさ、絵のほうの足らなさをお互いに補いあう便りになると考えているからでもある。
 好きらしいことには気がついていたけれど、自分がこれほど便りを書くことが好きだとは思わなかった。それをすることで安心を得ていることも。
 気がついたのは、最近の不調のときに、自分がやけにしょんぼりし、苛立っているので、「仕事のことなら心配ないんじゃないの? 約束のは仕上がっているし、書き下ろしのほうの原稿は少しなら待ってもらえるんじゃないかな。いまは最低限のことをして、からだを休めたほうがいいよ」と、自分に云って聞かせてみた。すると、わたしはこう云うのである。「仕事のことは、あんまり心配していないのよ。なんとか、急ぎのと、ぎりぎりのはやったし。だけどだけど……」
 だけど、だけど……のあとは、「しなければならないのにできずにいること」があるというのに、ちがいなかった。仕事ではなくて、家の仕事でもない「しなければならないのにできずにいること」とは、何か。
 すると、ここ数日、1枚もはがきを書かずにいたことに気がついた。あのひとへのお礼。かのひとへの返信。書きたいと思いながらも、どうしても書けない。それをする気力を失っているのである。

 つぎの日。思いきって、はがき書きからはじめた。
 すると、どうだろう。不調がとっとこ逃げていった。
 ——なあんだ、しなければならないって、アナタ、はがきが書きたかったんじゃないの。


Photo

皆さんにもはがきを書くつもりで、
何か絵を描こうと思ったら……。
迷わず、フラミンゴが浮かびました。
(鳥の好きでない方、ごめんなさい)。

小中学時代、
わたしの通った学校では、
動物園に行って動物のスケッチをする美術の授業が
ありました。
フラミンゴが1本足で立つ様子がめずらしかったのと、
色もきれいなところが気に入って、
いつも、フラミンゴのところへ行って「ひとりで」
スケッチしました。
好きな動物は、ほかにもたくさんありますが、
動物園でのなじみと云えば、何と云ってもフラミンゴです。
ひとりでフラミンゴ舍の前に佇んでいる感じは、
いまもなつかしくて。


Photo_2

こういうものをお目にかけるのは、
気が引けるのですが……。
パレットは、ここ数年、一度も洗ったことがありません。
こんな状態のまま、年中、机の横の棚に置いてあります
(ぱちんと、二つ折りにして)。

はがきの絵は、描きためません。
相手のことを思って、ふと浮かんだものを描きます。
至福のときと、云えるかもしれません。

それにしても汚いパレットですね。
中学のときから使っています。

        *

先月、新刊『まないた手帖』(毎日新聞社)ができました。
すでに、読んでくださっている皆さん、どうもありがとうございます。
この本は、毎日新聞に毎週火曜日連載の「山本さんちの台所」を
収録した2冊めの本です。
どこかでお手にとっていただけましたら……。
よろしくお願い申し上げます。          山本ふみこ

|

コメント

rantanaさん

ありがとう、ありがとうございます。

ポテトサラダも。

投稿: | 2011年9月12日 (月) 16時31分

ぽんぽんさん

ありがとうございます。

みぃさんのお話、
ぐっと耐えたというところ、
それが報われたこと、
何度読み返しても、じーんとします。


投稿: | 2011年9月12日 (月) 16時30分

みぃさん

おめでとうございます。

一見世知辛くない日本の社会で、その年で公に(?)誹謗中傷を受ける経験をし、
そして、優勝という形で見返す(!)ことができた息子さんたち、
すごい経験されてますね。
今では、野球部に反対した人たちも味方になってるのかな。
ほんとうに、おめでとうございます。

わたしはそうだな、何にしようかな。
ポテトサラダにしようかな、ほくほくの。
どっさり作って届けたいですね!

投稿: rantana | 2011年9月12日 (月) 15時15分

ふみこ様 皆様
こんにちは

ここ数日はまた暑さが戻った陽気の東京です。

天候がもたらした、各地の被害も胸を傷ませますが…
皆さん季節の変わり目、ご自愛くださいね。

みぃさん、心熱くなるお話しを、ありがとうございます!

私は、夏野菜のナスを使った、簡単ナスのグラタンをお届けして皆さんとハフハフ食べたくなりました〜!

投稿: ぽんぽん | 2011年9月12日 (月) 15時09分

みぃさん

もうもう、わたしはね、
野球部の皆さんと、そのご家族に
お赤飯を炊いてお届けしたい気持ちです。

お赤飯と、
いま、わたしが凝っているクリームコロッケどっさり。

ほかのものは、
きっと、ここへ来てくださる皆さんが、
つくりたい!
と云ってくださることでしょう。

ごめんなさい。
食べるはなしを先にして。

おめでとうございます。
おめでとうございます。
おめでとうございます。

何度云っても足りないわ。

この優勝のおはなし、忘れません。
お知らせくださいましたこと、どうもありがとう
ございました。

投稿: | 2011年9月11日 (日) 15時51分

ふみこさま みなさま

こんにちは。
今日は とても嬉しいことがあったので
どうしてもご報告したく コメントさせていただきました。

実は長男たちの野球部が 今日 市内大会で優勝しました!
このひとたち 昨年は本当にいろいろな思いをしてきました。
小規模校の悲しい現実で 生徒数が非常に少ないので
息子達が入学するまで野球部がありませんでした。

息子をはじめ 野球部の選手のほとんどが
小学校時代にリトルリーグでプレーをしていました。
やっぱり中学へ行っても野球をやりたい!ということで
お父さん達が学校や市に掛けあって とりあえず『同好会』のような形で
昨年スタートしました。

ところが9人も必要な野球部の存在は 数すくない他の部活の存続を危ぶむため 
PTAの一部から猛反発にあい 「野球部を部活として認めるな!」とか
「野球部なんて潰してしまえ!」などの陰の抗議をたくさん受け
子供達も相当に傷つき 私たち親も ずいぶん我慢をしてきました。
そんな立場でしたので 一部の教師からも何かと言うと「野球部は… 野球部だから… 」と言われ
 「母さん、俺ら そんなに悪いことをしているのか?ただ、好きな野球をやりたいだけなのにな…」などと 
息子も悔し涙をずいぶん流しました。

でもそんな中でも 厳しくも優しく あたたかな監督のもと 
辛い練習にも耐え頑張ってきました。
そして今日 実を結びました。

優勝の瞬間は今までの事がいろいろ思い出され 涙が止まりませんでした。
努力は人を裏切らないし どんなにひどい事を言われても 子供達も そして親達も 
挑発にのらずにグッと歯をくいしばり耐えてきたから 
今日の優勝があるのだな…と思い またまた涙があふれてきました。

中2の息子達は これからが部活の本番です。
今回の優勝をステップとして さらなる飛躍をして欲しいな…と願っています。

長く そしてまとまりの無い文章ですみません。
でも この感激をどうしてもお伝えしたく。
 
ふみこさんのお話に関係のない内容で ごめんなさい。

投稿: みぃ | 2011年9月11日 (日) 15時31分

bakuさん

おはようございます。
(お返事おそくなって、ごめんなさい)。

そうですね。
動物にしても、植物にしても、
実物をじっと観察して描く、というのが
約束でした。
美術の授業だと思ってたら、気がつくと科学の授業に
なっていて、何もかもはつながっているんだと
感じました。

bakuさんのおかげで、
わたしも「いいこと」思いだせました。

ありがとうございます。


投稿: | 2011年9月11日 (日) 08時36分

再度すみません〜
さっきのコメントに追記です。「生活学校」というのはJ学園の、です。美術の時間にしても、工芸の時間にしても、動物園にでかけてゆく、というのはすばらしいなあ、と改めて思います。

投稿: baku | 2011年9月10日 (土) 22時30分

くまはち(がーねっとBee)さん

おもしろいおはなしを、
ありがとうございます。
が、どうか大事にしてください。

そこにはやはり、
それなりの時をお過ごしよ……という
メッセージもあるのだと思いますし。

杉村春子さんね。
なるほど……。

投稿: | 2011年9月10日 (土) 20時48分

ふみこさん、皆さん、ご無沙汰しております^^

先週末に、ゴミ出しに行った時、不注意で滑り、膝から着地(というか、強打)。
久々に整形外科に行きましたら、膝のお皿に小さいヒビ…。
この1週間、膝の経過とともに過ごしています。
なんだか、日々、良くなるんですね、こういうのって。
人類の進化の過程?
「ハイジ」のクララ??
なんか、そんな気持ちでした^^;

「ハシビロコウ」、存在感のハンパなさ!
この鳥でも、一応びっくらこくのかな…^^;
子どもの頃は、どんな感じかな…?
親子でこんな感じだったら、威嚇もされないでしょうね^^;
そうそう!
フリーアナウンサーの小島慶子さんが、TBSの局アナ時代、
ラジオで、「ハシビロコウって、何か女優の杉村春子さんに
似てる…」っておっしゃってました^^;
確かに…大物オーラが漂うっていうか…^^;
この鳥…やっぱり…不思議^^
小島さんは「ヤブイヌ」もお好きだといってましたよ。
歩く姿がユーモラスなんだそうです。

投稿: くまはち(がーねっとBee) | 2011年9月10日 (土) 19時30分

えぞももんがさん

たのしいおたより
うれしく、はずんでいます。

フラミンゴの色のことを書いてくださったのは、
さすがです。
わたしにはめずらしいピンク色の
絵の具を塗っている自分が愉快で、
ああ、わたしは元気だなあと思ったのでした。

そして円山動物園。
北海道の記憶はたんとはありませんが、
そこのことは、よくおぼえています。
また行ってみたいです。
およそ50年ぶりに。

それにしても、
マレーグマの名前が「ウメキチ」というのは、
いかにも素敵。

投稿: | 2011年9月10日 (土) 10時35分

ふみこさん。
おはようございます。いつもたのしみに読ませてもらっています。
フラミンゴの絵と『わたしの通った学校では、動物園に行って動物のスケッチをする美術の授業がありました。』の一文に、コメントしたくなりました。

わたしが小学6年のとき7歳上の姉が(前にも書いたことがありますが)「生活学校」に行っており、帰省するたびに学校の話を聞かせてくれるのがたのしみでした。そのひとつひとつが当時のわたしにはおどろきだったからです。

「ぬいぐるみを作るのにも、まず動物園に行って何回もスケッチするんよ」というのもそのひとつ。写真や絵を見る、なんかのマネするんじゃなくて、わざわざ動物園に行くのか。すごいなあ〜と、子どもながらに「ちょっと変わってる、ええガッコ!」と思ったものでした。
もうすっかり忘れてたけど、ここでふみこさんの学校話にであってこのこと思い出しました。

投稿: baku | 2011年9月10日 (土) 09時58分

ふみこ 様

おはようございます。
今朝 ここに来て 「あっ」と 思いました。
夏の疲れが出たのでしょうか?
もう大丈夫ですか?

暑過ぎる夏を 頑張って 越して
「少し休もうか?」のサインだったのかもしれませんね。
でも 優しい色の フラミンゴのはがきを見て
ホッとしました。

今年の5月の末に 札幌の円山動物園の年間パスポートを
買いました。年間と言っても 1000円。 この なんとも嬉しい値段に
「ヨシ!3回は 来よう」そう 思いました。

1回目は友人たちとぶらぶら。
2回目は 両親と巡りました。
園内を 半分ほど 回ったところで 父が少し疲れた様子。
そうか・・・ずいぶん体力が落ちたんだ。と 思ったのですが
回れなかった あと半分は 秋に来ればいいね。
ただそれだけのことです。

北海道の短い夏も終わり もう遠足にはぴったりの季節になりました。
春に見られなかった ヒグマ シロクマ オオカミ
このあたりを 両親と見てこようと思います。
地下鉄 円山公園駅を出て 右手に 北海道神宮の敷地を
眺めながら 15分歩くと動物園に到着です。
マレーグマの名前は「ウメキチ」と言います。

追伸・・・・・わたしの疲れの兆しは 料理の味が 「あれ?」となる時です
仕事の行き帰りに かばんから ごそごそ 「まないた手帖」を取りだして
助けてもらっています!!


投稿: えぞももんが | 2011年9月10日 (土) 05時31分

テレジアさん

こんにちは。

不調に気づいたら、
気づいたなりの、つまり、不調を受けとめる
過ごし方をしたいなあ、と思わされています。

だましだまし何かしても、
それは結局、「間に合わせ」なのですし。

……不調から戻られたばかりのテレジアさんに
愚痴など。
ごめんなさい。
でもこれは、気づき→成長→進歩を
希っての愚痴なのです。
(こんどは、云いわけ)。

コメントうれしく。
どうもありがとうございました。

投稿: | 2011年9月 9日 (金) 13時57分

 ふみこさま
 ご無沙汰してます。不調でしたので、長い間失礼していました。

 不調の兆しのお話 とても興味深く読ませていただきました。私は不調になると、本が読めなくなる、文章が書けなる という症状が出ます。だけど、このときはかなり深刻。その前に気がつけばいいのに と感じていたところです。

 ああ、ふみこ様も不調の影が見えることがあるのだ と感心して、不調の谷底に落ちる前に 少し気をつけてやりましょう と考えました。

 確かに部屋の中が散らかり始めると、私不調です。心の状態と部屋の状態と同じなのかもしれません。少し面倒だと感じることもありますが、それぞれの場所にお帰りいただくことにします。

 ありがとうございます。

投稿: テレジア | 2011年9月 9日 (金) 09時20分

ぽんぽんさん

あら、
いらしてましたか。

ふふ。

投稿: | 2011年9月 8日 (木) 08時25分

ゆきたんさん

手紙を書くことを仕事にしている。
これに近い感じで、わたしはいるかなあ……
と、けさ、ふと考えました。

そう考えただけで、
うれしくなってきましたよ。

投稿: | 2011年9月 8日 (木) 08時24分

ふみこ様

再び失礼します。

ホント、ぶらり行きたくなりました。

そして、ハシビロコウの前で「あら、いらしてましたか」なんて言って、ふみこ様と静かに眺める…

なぁんて 夢みちゃいました(^o^)/

今日も皆さんいい一日を!!

投稿: ぽんぽん | 2011年9月 8日 (木) 08時08分

ふみこ様、皆様
夏の疲れが、出てきますね。朝晩、涼しくなって、秋風に変わり、ほっとする頃、体の細胞も、秋支度するのでしょうね。

私も、部屋が散らかったり、片付いていないと、疲れているなあと感じます。

最近、いいお天気だから、朝一番、風通したり、夏の間は、お花を飾れなかったから(昼間は仕事だから、締め切っているから)、そろそろいいかなあと、今日、お花を飾りました。

ちょっとしたことで、気持ちをリニューアルしています。

手紙、いいですね。
私も、久しぶりに、出してみようかと思いました。

投稿: ゆきたん | 2011年9月 7日 (水) 21時09分

ぽんぽんさん

皆さんとやりとりしているうち、
動物園に行きたくなりました。
ぶらりと。

ぶらりと出かけるなんていうこと、
ずっとしていませんが、したいなあ、と。

投稿: | 2011年9月 7日 (水) 15時47分

どりすさん

ハシビロコウ。
あれは、いいです。

わたしも、描いてみたんです。
なんだか、ふざけた感じに描けてね、
それがもしかしたら、コイツの本質かも……と
思ったりしました。
ハシビロコウをわたしに紹介してくれた友人によると、
ちょっといぢわるなところもあるそうで、
あら、ますます愉快ね、と感心(?)しています。

投稿: | 2011年9月 7日 (水) 15時45分

ふみこ様 皆様
こんにちは

ハシビロコウ!
上野動物園で、いっつもじーっとしているのですよね。でも、ある日、飼育員さんが出て来たとき…
すごく声を出して鳴いて、バサバサと羽を羽ばたかずのを見ました。

顔はあのまま(当たり前か)だけど、なにかスゴく喜んでいるように見えて。

印象的でした。

私も今度、スケッチしてみようかしらん。

転職の件は、朝早い当番の時に子どもを預ける先を確保しなくてはならないことが今、悩みの種ですが、ワクワクもしているんだな〜と、ひとつ前の方のコメントに力をいただきました。
ありがとうございます!

(どりすさんかしら?違ったらごめんなさい)

投稿: ぽんぽん | 2011年9月 7日 (水) 15時11分

ふみこさま
 「ハシビロコウ」
 衝撃的でした。
 目はコワイのに、なんともユニークなイデタチ。
 興味津々です。
 高知の親戚の所に出掛けた際には、ぜひとも、のいちの動物園に
行って会ってきます^^
 カモノハシ以来の衝撃。  
 このわくわくを 今度は私が絵はがきに描いてみようと思います。
 何かが始まりそうなきっかけを 本当にありがとうございます。
 
 ぽんぽんさんのワクワクが伝わってきます♪
 
 

投稿: | 2011年9月 7日 (水) 13時07分

ももさん

くたびれているというより、
ちょっと、「なまけたい期」だったようで、
それは、かすかにいまもつづいています。
そういうのは、許しながらゆかないと、
つづかないので、ね。
仕方ないか、と考えています。

本、読んでくださっていて。
とてもうれしいです。

どうもありがとうございます。

投稿: | 2011年9月 7日 (水) 10時47分

きんもくせいさん

フラミンゴは、フラミンゴミルクを口からだし、
赤ちゃんに飲ませたりする、鳥類としては
めずらしい習性をもっています。
学生時代フラミンゴ好きだったものですから、
雑誌記者になって数年たったころ、
フラミンゴの記事をつくったんです。
知れば知るほどおもしろい鳥でね、
ますます好きになりました。

なんてね。
つい、興奮してしまいました。

カナカナの声を静かに聞いておられたというのにね。
ごめんなさい。
東京は、カナカナの声があまり聞かれなくなりました。
子どものころは、よく聞いていましたのに。
……さびしい。

投稿: | 2011年9月 7日 (水) 10時45分

ふみこさま、みなさま

 ふみこさんも、くたびれ期だったのですね…。
 
 気付くと、夏の終わり頃、落ちてしまうことが多いかなぁと、
 私自身感じていたところに、今週のお話…。

 きっとお忙しいから…と気にかかりながらも、
 そうやってどうにかして過ごしていかれているんだなぁと、
 ホッと一息つきながら読ませていただいたりしていました。

 私は、少しずつ浮いてきたようです。
 たゆたゆと浮いたり沈んだり…。
 ちょっと家族には、もろもろの迷惑をかけてしまうのですが、
 そうやって暮らしていけるくらいがいいのかなぁとも思えるようになってきました。
 
 「まないた手帖」さんにも、とっても助けられました。
 クスッと笑うことが、しばしば。
 そうそう!ほんとだ!と思ったり、じんわりしたり…。
 我が家も毎日新聞ではないので、本当に待っていました。
 もったいないので、ゆっくり味わって読んでいます♪

 そして…、なんかいつもよりごちゃごちゃしてる我が家を見て、
 いつもイラッとしてしまっていたのですが、
 ふみこさんのおかげで、「あ、私、調子悪い?ゆっくりしないとな」と思えるようになってきました。
 これは、大きな宝物です。
 ありがとうございます。

 台風…。予想以上に大きな被害ですね…。
 我が家も川の近くなので、少し警戒しています。
 今年は、本当に次々と災害が続きます…。
 うまくことばが見つかりません…。
 どうか、これ以上、大きな災害が続きませんように…。 
 
 みなさま、どうぞご自愛ください。

投稿: もも | 2011年9月 6日 (火) 22時19分

ふみこさま

フラミンゴ、ゆっくり見てみたくなりました。
動物園でじっくりながめたことはない気がします。
綺麗な色、脚を上手にしまう優雅な様子はテレビでの印象
かなあ・・・

そういえばひぐらしの声、ふみこさんにお会いした夏は聴け
なかったんですが、昨年と今年は聴けました。
今年は具合が悪くて横になっている時でした。
「カナカナだよ」と言ったら、息子も「カナカナ」と真似して
嬉しかったです。

投稿: きんもくせい | 2011年9月 6日 (火) 14時28分

ゆるりんりんさん

本をお読みくださって。
ありがとうございます。

フラミンゴのことも、
うれしいです。

このパレットのおかげで、
わたしの机まわりには、たのしい気配が
漂っています。

投稿: | 2011年9月 6日 (火) 14時10分

どりすさん

いや、うれしいこと。
フラミンゴをこんなに喜んでくださる方が
いたなんてね。

上野動物園のフラミンゴのところに、
「ハシビロコウ」という、ちょっとこわい顔の
不思議な鳥がいて、いま、気になっています。
友人が好きになっておしえてくれたのですが、
絵に描いたり、調べたりしているうちに、
わたしも好きになってきて。

もともと、鳥は好きなのです。
サカナも好きです。

投稿: | 2011年9月 6日 (火) 14時08分

tomoさん

臨月のお妹さん、
豪雨や風の音、怖かったでしょうね。
でも、ご無事でよかったです。

赤ちゃん、たんしみですね。

手紙というものは、ほんとうに不思議なものだと
思います。
お互いのあいだに手紙のあるつながりというのは、
いいものだなあ、と。

投稿: | 2011年9月 6日 (火) 14時02分

ふみこ様
 
わあっ このフラミンゴ好きです。

わたしもすぐそばに色鉛筆と
パレットを置いています。
落書きが好きで、
頭から消えないうちに描いておこう・・・
紙のきれはしにちょこちょこ描いては色つけします。
このひとり遊びをしているうちは
自分が自分でいられます。

「まないた手帖」ゆっくりと読ませていただいています。
うちは毎日新聞じゃないので
この本を楽しみに待っていました。
読み始めてくすっ・・・
わたしも洗濯物は3階に干しています。
ベランダから雲や月をみるのが好きです。

投稿: ゆるりんりん | 2011年9月 6日 (火) 14時02分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 あぁぁ・・・フラミンゴ!!
 やさしい色のフラミンゴ。 私は、子供の頃から動物園に行ったら、
真っ先にこの子の所に走っていきます。
 久しぶりに会えた感で、交感神経が緩みます。 ほっ・・・
 先週から、仕事、私生活で、交感神経は高ぶり続け、テンションも上昇し続けています^^;
 これは、まずいな。 と、身体のどこかで呟きが聞こえた時に、
友達から週末に、はがきが届きました。
 絵描きの彼女からは、時折、手描きのはがきが届きます。
 これは、よいタイミングに、有り難や。
 と、少し息をつきました。
 ふみこさまからのはがきを 手にされた方たちも、きっと至福のときを
満喫されているのでしょうね。
 私のパレットは、水彩のも油絵のも、真っ白です。
 1度、手離してしまい、それから12年後に友人が新しいのを送ってくれました。
 いつか、この写真のように染めたいです。
 
 心身ともに疲れが出やすい時期ですので、ふみこさま、みなさま、
どうかご自愛専一になさってくださいね。

  今日は、フラミンゴの顔が見られて嬉しいなぁ♪

 

投稿: どりす | 2011年9月 6日 (火) 13時05分

ふみこさま

私は、本当につい先日、和歌山に住む妹のところに便りを送ったところです。

今年の夏、緑のカーテンで実ったゴーヤの実で作ったゴーヤ茶の葉(?)
も一緒に。

今月出産を控えている妹に、健康にもいいとされているゴーヤ茶をひとくち
呑んで欲しい為だけに。

しかし、家族の住むふる里が大変なことになって・・・
こんな台風の被害が起きるなんて予想もしませんでした。

被害には直接合わなかったものの、
何かと大変だったようです。

そういう事もあってか、少し膨らみをもった手紙を手にとった妹は、
とても喜んでくれました。

手紙は気持ちもちゃんと運んでくれるのだなあと改めて実感。

これからも、自分の字で気持ちを伝えて行きたいと思います。

投稿: tomo | 2011年9月 6日 (火) 12時03分

寧楽さん

このたび書いたのは、
わたしに起こりがちなことということで。
今夏は、元気でいます。
どうもありがとうございます。

便り。
文字を書くことを、忘れたくないという
気持ちもつよいです。
寧楽さんも、そうでしょう?

毎日新聞社の1冊めは、
『朝ごはんからはじまる』です。

投稿: | 2011年9月 6日 (火) 11時22分

ぽんぽんさん

大事な時期なのですね。

なんだか、
どきどきしてきました。

覚悟とわくわくを携えてすすむぽんぽんさん!


投稿: | 2011年9月 6日 (火) 11時18分

台風12号の被害を受けた方がたへ

日本の「良心」と呼びたくなるような
集落が倒壊したり、孤立して。
こころが痛みます。
このたびの豪雨は、いろいろの地域に
被害をもたらしました。
お見舞いを申し上げます。
どうかがんばって。
どうか、無事でいてください。

山本ふみこ

投稿: | 2011年9月 6日 (火) 11時16分

ふみこさま

くたびれが過ぎたんですね。

夏が少しずつ遠のいていますが、見えない疲れがたまっているのかもしれません。

はがき、手紙書くのが好きです。

なんでもない日に
どうということもないけど送ったり。

ふみこさんのイラストも温かくて好きです。

まないた手帖、拝読しました。

うんうんと頷きながら。
一冊めは何という本ですか?
よろしければお教えください。

無理なさいませんように

投稿: 寧楽 | 2011年9月 6日 (火) 10時18分

ふみこ様 皆様
おはようございます

便り…
私は、ずいぶんと書いてないですね。
ハガキでも手紙でも、したためる…という日本語に憧れと敬意すら抱くというのに。

日常の中で、やってみたいことも多々あるのに、なんだか相変わらす゛のバタバタに流してしまって。

今は、転職を考えていて、その事に気持ちがとらわれています。

以前していたことなのですが、ブランクがあるので、相当の覚悟を要するというの思いがあり。

その一方で、新しい気持ちで挑戦しようとしている自分にワクワクもしており…
やってみたら、なあんだ…と思えるのかもしれませんね。

今週もよろしくお願いいたします。

投稿: ぽんぽん | 2011年9月 6日 (火) 10時18分

コメントを書く