オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 魔法 | トップページ | グラデーション 〈引用ノート12〉 »

2011年12月13日 (火)

手のはなし

 手のきれいなひとが好きだ。
 きれいと云っても、つるつるぴかぴかの意味ではない。ええと、なんだろう……。所作のきれいなこと(それはたしかに大事だ)。
 それに、よく働く手であること(それはもっと大事だと思える)。

 手のきれいなのは、文字通りの「きれい」ではない、とたしかにわたしは考えている。
 けれど、のび切った爪を指につけている手や、何年も手入れをしていないくたびれた手は、いくら所作がきれいで、働き者であっても、「きれい」の範疇に加えるわけにはいかない。
 そう発表した上で、おそるおそる白状するけれど、のびた爪にぎょっとしたり、自分の手ががさがさなのに気がついて急いでポケットにつっこんで隠したり。それが、最近のわたしである。
 きれいな手が好きなわたしの手が、きれいでないのは……。わたしが、使い放題使うだけ使って、「ありがとう」も云わず、クリームもすりこんでやらない暴君だからだ。暴君。……よく云った。

 これはいけないと思い、ハンドクリームをつけようとした。友人がプレゼントしてくれた、ものすごく効き目があって、いい香りのする(チェリーブロッサムだった)ハンドクリームのフタをとって、指ですくいとろうとした。
 が、「待てよ」と思う。わたしはじきに台所に入り、料理をする身だ。それなのに、手にこれをすりこんだらどうなるだろう。まず、石けんでごしごし手を洗う。ハンドクリームを洗い流すのはもったいないし、それに、洗ったあと、塗ったものと、その香りが調理に障るのではないだろうか。それは困る。
 だから就寝前にすりこめばいいというわけなのに、つい仕損なう。まことにまことに、感謝知らず(自分の手への)だ。
 そういえば、以前、「柚子のタネを焼酎につけたものを手にすりこめばいいですよ」とか、「わたしは料理に使うオリーブオイルを手に塗っています」とおしえてもらったことがある。そんなありがたい助言を忘れて、ことしもまたもや暴君になっているなんて。がさがさの手で、過ごしているなんて。

 一昨日は台所で働きながらオリーブオイルをすりこみ、昨日はごま油を塗った。なかなかいい具合で、しわしわよれよれがさがさの手が、女っぷりを上げている。……ような気がする。きょうは、一昨日、柚子のタネを小さな空き瓶に入れ、焼酎を注いだもの(※)をすりこもうと思う。

 ありがとう、手よ。

※柚子のタネのハンドオイル、ほんとうはひと月ほどおくと、有効成分が出てくるそうです。でも、そんなことにかまわず、どんどん使っています。タネは洗わず、そのまま小瓶に入れています。

Photo
友人が、プレゼントしてくれたへちまです。
夏のあいだ、グリーンカーテンとしても活躍し、
たくさんの「実」をつけてたのしませてくれたそうです。
わたしは、これで(てのひらに収まる大きさにカットして)
食器を洗うことにしました。

へちまも、
ハンドオイル(柚子のタネ+焼酎、オリーブオイル、ごま油などの)も、
台所を変えてくれています。
……うれしい。

|

コメント

すいかさん

すいかさんのことです。
冬のすいかは、魅惑的。

もう一度、送ります。

投稿: | 2011年12月20日 (火) 10時22分

ふみこさま
  「冬のすいかは魅惑的」私のことじゃないのはわかっているんですが、なんだか照れています……
冬至は今日20日と何故か思い込んでいました。22日だそうなので、もう一度、柚子風呂たてます。
次の柚子皮は干してみますね。(夕べの分は冷凍完了なので)
種は今晩とりだしてホワイトリカーに漬け込みます。
ホワイトリカーはベストなんですね、とっても嬉しく、楽しみです。
ありがとうございました。

投稿: すいか | 2011年12月19日 (月) 18時59分

たろじろさん

どんなにかお寂しいことでしょうね。

でも、
すばらしいおじいさまをもっていらしたこと、
おめでとうございます。
ふさわしくない云い方かもしれませんが、
おめでとうと云いたいです。

いい手の見本も、
もっていらして……。

がんばりましょう、
佳き手をめざして。

投稿: | 2011年12月19日 (月) 15時53分

こぐまさん

素敵なことば。

わたしからも、もう一度。

「がんばってるひとの手ですね」

佳い年の瀬を。

投稿: | 2011年12月19日 (月) 15時50分

すいかさん

いらっしゃいませ。

冬のすいか。
なんだか、魅惑的です。
あたらしい感覚が、やってきたときのような。

すいかさん、
わたしね、柚子の皮は刻んで、
干しています。
からからになったそれを、
料理に、薬味に、つかっています。
(干すのも、ちょっとおすすめです)。

ホワイトリカー、ベストです。
35度くらいのがいいらしいので。

またね。

投稿: | 2011年12月19日 (月) 15時46分


ふみこさま、こんにちは。

先週父方の祖父が亡くなり、葬儀を終えてきました。
静かに眠る祖父の手を握り、ふと、生前は祖父の手に触れた事が無いのだと思い至りました。

農業を営んでいた祖父の手はたくましく、96歳という年齢を感じさせない大きさを感じました。

母方の祖父は洋裁の職人で、万が一にでも生地に引っ掛からぬよう、爪も指先も綺麗に整えていたのとは正反対。

どちらの手も、
私を大きく守っていてくれたのだな…、今更ながら二人の優しさを思い、涙がこぼれました。

私も、私という人間を表すような手を持ちたい。
まだまだ何も成し得ていない手のひらを握りしめ、歩いていこうと思います。

自分の事ばかりですみません。

投稿: たろじろ | 2011年12月19日 (月) 09時32分

ふみこさま。みなさま、おはようございます。

昨日、着付け教室の忘年会に行ってきました。
若い着付けの先生に、私の手をみられて、
先生が、ひとこと。
「お母さん、がんばってるって手ですね。」
って。なんか、ちょっと恥ずかしかったけど、うれしいような、
そんな気分でした。

あっ、私もくちびるにヘルペスできます。
前は、あわてて皮膚科に行っていましたが
最近は自力で直せるようになりました。
つい最近もなって、やっと今治ったところです。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2011年12月19日 (月) 08時37分

ふみこさま
 こんにちは。初めてこちらにおじゃまして、その後、今年のすいかの食べ納め(こんな表現があるのかどうか?)をしたのが、つい最近のように思われますのに、もう師走。
 行きつけの八百屋さんで冬至用のゆずを買ってきました。
 帰宅して、うふふ日記を拝見したら、「柚子のハンドオイル」、いいことを伺いました。
 お風呂に浮かべる前に、もちろん皮は刻んで冷凍して薬味にしますが、種まで使えるなんて、嬉しいです。ホワイトリカーでもいいんでしょうか?
わたしは、ダマスクローズの香りのハンドクリームを使っています。
ちょっと気分が乗らない時にいい香りをかいで、エイヤッと掃除に取りかかったり、外出したり。香水は苦手ですが、クリームはほのかな香りなので好きです。柚子の香りも楽しみです。
次女に夕飯を任せて、今からゆずの皮むきをします!

投稿: すいか | 2011年12月18日 (日) 16時56分

えぞももんがさん

「手」には、そのひとの人生や、
生き方があらわれるのかな。
きっとそうですね。

わたしの手をそう思って見るとね、
乱暴な生き方。
そんなふうです。

でも、大事な大事なわたしの手。

投稿: | 2011年12月16日 (金) 10時22分

ぞみさん

わたしの弱点、くちびるなんです。
自分が気がつかなくても、
くちびるがヘルペスをつくって、
「疲れてるよ」と知らせます。

そうでなくても、荒れやすく、
それなのにリップクリームも忘れて、
ひどいことになります。

あちこちにリップクリーム置こうと思います。

ありがとうございます、ぞみさん。

投稿: | 2011年12月16日 (金) 10時20分

ふみこ 様
おはようございます。

結婚する前 赤ちゃんを連れたお母さんの手を
うっとり眺めたことがありました。
指輪もつけておらず
爪は短く切ってあって
マニキュアは塗ってい何のですが
爪には自然なつやがある。
子供ができたら こんな手になりたいな・・と思いました。

実家の母の手は 兼業農家を随分していたので
節くれだった手で 「指輪が入らなくなった」と言っていました。
私も いつの間にか 婚約指輪が入らない手になりました。


追伸・・・ふみこさん お友達のへちまは
「たしかにあった熱い夏」の証みたいに立派ですね。

投稿: えぞももんが | 2011年12月16日 (金) 05時12分

ふみこさま、みなさま、こんばんは。

年中、大活躍している主婦の手・・・特に師走は感謝して、
労わってあげなくてはいけませんね。
台所仕事が終わった時、外出先で、
寝る前に・・・と、それぞれ台所、
かばんの中、枕元に用意してあります。
寝る前にリップクリームもつけますよ。
荒れてしまってからでは、回復に時間がかかりますものね。

ふみこさんの「手」、みなさんの「手」に、
今年一年、お疲れ様でした。

投稿: ぞみ | 2011年12月15日 (木) 19時01分

みぃさん

そんな愉しい仕事をなさっていたとはね。

息子さんたちが、たとえ、
「そういやぁ おふくろがさ……」と云い交わすことがなくったって、
それはみぃさんにとって、愉しく、つづけたくてつづけた
仕事だと思えます。ね。

いいなあ。

……とっても。

投稿: | 2011年12月15日 (木) 16時32分

ふみこさま みなさま

こんにちは。

子供たちが赤ちゃんのころからずっと 
夜寝るときに彼らの足の裏をマッサージしています。
小さな足を優しくマッサージすると気持ちが良いのか、スースーと眠りにつくのでした。
そんな寝顔を見てわたしも眠気がおこり いつしかグーグー。

小学生になってからも ほぼ毎日。
暗闇の中では心が解放されるのか 食卓では話されなかった悩みや想いが
こどもたちの口から聞かれることもありました。

厳しく叱ってしまった日も ”ごめんね”の想いを込めて。
頼りない小さな足をマッサージしつつ 感情的に叱った自分を見つめる時間にもなりました。

今はもう 病気の時や疲れている時くらいしか「マッサージして」のリクエストをしてこない長男ですが 
わたしの足よりも3センチも大きくなった足を
グイグイと力を込めてマッサージするのも なかなか良いものです。

次男は「今日はマッサージある~?」と毎晩リクエスト。
可能な限りは”よしきた!”と応えています。

彼らが大人になった時 「そういやぁ おふくろがさ 毎晩マッサージしてくれたんだよな。」
なんて兄弟で話し合って わたしの手の感触を思い出してくれたら
それは とてもうれしいことだよな…と夢見るわたしです。

指の関節が昔よりも高くなり けっしてきれいな手ではないけれど
わたしは今の自分の手 好きです。
みなさん同様 クリームを塗って いたわろうと思います(笑)

投稿: みぃ | 2011年12月14日 (水) 15時06分

寧楽さん

いいですねえ。
お嬢さんの贈りもののハンドクリーム。

効き目が増すようですね。

投稿: | 2011年12月14日 (水) 09時57分

ゆるりんりんさん

長持ちね。
賛成です。

すりすりしようっと、わたしも。

すりすりするけれど、
甘やかさず。


投稿: | 2011年12月14日 (水) 09時53分

どりすさん

指先が商売道具のひとつなので(素敵)。
……そうか、そうですよね。
感謝知らずは、ね。

手も指も、いろいろの自分を
感謝して、労りたいなあと思います。
そして、ときどき休ませてやらないと。


投稿: | 2011年12月14日 (水) 09時48分

ももさん

ご長男が「思い出して」くださって、
「じゅっぷんばたらき」をなさっているというのに、
うっとりしています。
感激もして、います。

たのしい師走を(もう実現していますが)。

投稿: | 2011年12月14日 (水) 09時43分

ふみこさま

手荒れ、あかぎれ、
冬には手入れが必要ですね。

娘が買ってきてくれた
ハンドクリームを塗るのを忘れないように!しています。

へちま、すごーく久しぶりに見ました!
自然のモノっていいですね。

きっと手にも優しい。

投稿: 寧楽 | 2011年12月14日 (水) 09時09分

ふみこ様
 
手だけでなく
足もかさかさです、特にかかと。
目覚まし時計のそばにクリームを置いて
寝る前にスリスリすりこんでいます。
顔だけでなく、
手入れするところが増えていますが
手入れして長持ちさせたいです。

投稿: ゆるりんりん | 2011年12月13日 (火) 19時53分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
手のたたずまいの美しいひと、素敵ですね。
指先が商売道具の1つなので、ケガとかには気を付けていますが、
感謝の気持ちは、滞りがちです。
辛抱強く働いてくれているのに。
「ごめんよぅ」、気づかせて頂いた今日は、せめてマッサージで
ねぎらいと、励ましをあらわします。

余談ですが、以前、我が家にいたお達者な小鳥の脚が、ガサガサになった時、
オリーブオイルでマッサージしてみたら、滑らかになりました。
彼も嫌がらず、身を任せていました。
彼らには、脚は生きるための柱でもあります。

寒さが本格的になってきました。
この方にして、この娘さま! と思ったふみこさまのお父さま、
佳き冬を お過ごしください。

投稿: どりす | 2011年12月13日 (火) 13時00分

ふみこさま、みなさま

 最近、手がかさかさしていることに、度々、気付きながら、
 私も暴君でした…。
 今日は、お礼を言って、すりすり塗ってみようと思います。
 色々、効果的なものがあるんですね。
 何を塗ろうかなぁ~、という愉しみができました♪

 そしてね、
 先日の風邪の穴の話…。
 どこだったっけなぁと思いだして、本を見ていたら、
 ありました「食卓のこころ」の中に…。 
 本当に、おいしそうな装丁で、にやにやしながらまた読み返していました。
 そしたら、フト、「干鱈のシチュー」と目が合って…。
 その後、最近、送っていただいた干鱈とも目が合って…。
 これは、やってみなければ!と思い、
 初めて干鱈のシチューを作ってみました。
 おいしい!!!!!!!
 本当においしかったです。家族みんな、大満足の顔が並びました♪
 本当にありがとうございます。
 
 あとね、ここ2、3日、子どもたちが、「10分ばたらき」をしたがって、
 やってくれるようになりました。
 ふみこさんの新しい本が届いたのを見て、長男が思いだしてくれたんです。
 「山本ふみこさんのアレやってみたいなぁ」なんていうので、
 初めてキッチンタイマーを購入。
 さっそく、愉しそうに動き出してくれました。
 愉しく続けばいいなぁと思いながら、やってみています。
 重ね重ね、ありがとうございます。 
 
 またまたたくさん書いちゃいました…。
 うれしくって…。
 では、またお邪魔します…。
 

投稿: もも | 2011年12月13日 (火) 10時13分

コメントを書く