オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« グラデーション 〈引用ノート12〉 | トップページ | いつも通り »

2011年12月27日 (火)

空き地

 目覚めるなり、頭のなかにきょう1日の予定が整列する。きょうは、やけにぞろぞろならんでいる。1年のうち、昼間がもっとも短い冬至だというのに。
 ぞろぞろをひとりひとり見て、ならび順をたしかめるというやり方もあると思うが、なんだか、それはいいや、と思った。(きょうはぞろぞろだなあ)とだけ思って、飛び起きることにする。

 食卓の上に、「きょうはお弁当いりません。あ」の札が置いてあった。あ、というのは長女のしるしである。
 毎日たいてい弁当を必要とするひとは、弁当を必要としない日、「きょうはお弁当いりません」を当日の朝わたしが台所に出るまでに食卓へ出しておき、たまに弁当を必要とするひとは、前の晩までに(わたしがふとんに入る前までに)「明日はお弁当たのみます」と予約するのが約束だ。
 さて、きょう、こしらえるはずだった長女の弁当がいらなくなった。(これで、予定のぞろぞろがひとり消えたなあ)と思う。目の前に、空き地がひろがったような気がする。あとにつづく、ぞろぞろのなかからはがきを書く予定をひっぱりだして、食卓で、とりかかる。弁当づくりの空き地で、はがきを書く。
 三女が朝ごはんを食べている、その横ではがきを書く。
「となりでこんなことしててごめんね。きょう、ぞろぞろなものだから」
「ぞろぞろって?」
 と三女が云う。
「ぞろぞろっていうのはね……」
 と、説明する。
「ふーん。わたしは、終業式終わったら、すぐ帰ってきて、ピアノの練習して、年賀状書いて、それから、友だちと遊ぶ。……ぞろぞろでしょ」
「ぞろぞろだねえ。がんばろうね、お互い」
 と云う。
 大急ぎで台所を片づけて、机に向かう。新聞のコラムのゲラ(校正刷り)を見て(1行削って)、ファクスする。原稿を書き上げ、後日それがゲラになったものを見るというのが、わたしの仕事だ。いつでも原稿を編集者にわたしたときほっとし、すべてが終わったような気になるのだが、ゲラが送られてきて、(そうだった。ゲラがあるんだった)と思う。出版社時代を含めて33年間もこういう仕事をつづけてきたというのに、毎度毎度、(そうだった。ゲラがあるんだった)と思うというのなんかは、進歩がないにもほどがある。けれど原稿を書き終えたときと、ゲラを見るときとでは、つかう神経も、向ける気持ちも、そうとう異なるともいえる。原稿のときはまだ、自分自身に属する部分が大きいが、ゲラとなると、ずいぶん自分とのあいだに距離ができている。そういうわけなので、(そうだった。ゲラがあるんだった)のときには、相手に対してどう挨拶したものか迷うこころが芽生えている。「ど、どうも」というふうに。
 無事ゲラをファクスして、こんどは約束の2本の原稿にとりかかる。
 きょうは午後、ことしさいごの英文翻訳塾の授業がある。うしろに出かける予定のあるときは、机に向かう気持ちが散漫になりがちな上に、きょうは11時半までに書き上がったら、ヒフ科に寄って唇にできたヘルペスの薬を出してもらおうという企てをもってしまった。時計を睨みながら、ああでもない、こうでもないと書いてゆくうち、とてもではないが、無理なことがわかってくる。(ヒフ科はあきらめよう)。
 どうにかこうにか書き上げて、パソコンでびゅんと送り、急いで出かける仕度をする。仕度をしながら、翻訳の課題を印字する。印字したものを読み返し、(こりゃまた、何のこったろうか)と、われながらうまくない箇所をみつけてしまったが、(高橋茅香子せんせい、ごめんなさい)とこころで詫びて、うまくない箇所には目をつぶる。
 三鷹駅に向かって歩くうち、だんだん自分が変化してゆく。目的の新宿駅では、もうおおかた学生になっている。

 教室で、きょう持ってきた課題を教卓に置き、そこに重ねてある前回提出した自分の課題(レイ・ブラッドベリの本のまえがきだ)をとって、席につく。青ペンでせんせいの添削が、入っている。せんせい、ありがとうございます。せんせい、ごめんなさい。ありがとうございます、ごめんなさい、それが入り混ざった気持ち。
 受けとった課題のしまい、欄外に、何か書いてある。「Season’s greetings!  Chikako Takahashi」と。それと、とてもうつくしい、小さなロウソクのシールがぽっと、貼ってある。もうずいぶん長いこと、茅香子せんせいを追いかけてきたけれど、せんせいとの距離は一向に縮まらない。縮まらないばかりか、せんせいの背中は遠くなる一方のようだ。でも……、こういうことは、つまり書類の隅っこに小さくクリスマスのメッセージを記したり、ちょんとシールを貼りつけたりするようなことは、真似できる。そう思うだけで、うれしい。
 授業のあと、学友たちとてくてく帰る。
 帰り道が一緒の、峯岸文子さんと笠井久子さんと電車に乗りこむと、いつもは最寄り駅の国分寺まで行く久子さんが、「きょうは、吉祥寺駅で降りて、毛糸を買うの」と云う。電子辞書を入れる袋を編むのだそうだ。三鷹組の文子さんとつきあわせてもらうことにする。毛糸売り場に行くのなんか、何年ぶりだろう。果てしないように見える毛糸売り場の棚から、久子さんは、「これとこれ」と云って、まるで前もって決めていたものを受けとるような素早さで、毛糸を2玉選んでしまった。どちらも紫色が入った、白茶系のと赤系のと、混ざり毛糸。
 買った毛糸を入れた袋をそっと叩きながら、「こういう色たちがそばにあるのがうれしいの」と久子さんがつぶやいた。わたしは、(そういう色たちをよろこぶ久子さんを眺めることが、うれしいの)と思う。うれしい、というより、刺激される。
 久子さんと別れて、帰る途中、それぞれ家に電話した文子さんとわたしが、同じように「ほうれんそうを茹でておいてね」とたのんだのが愉快だった。夫たちが、同じように(すこしあわてて)ほうれんそうを茹でているところを、ふたりで想像する。
 帰るなり冬至のかぼちゃを煮ようと腕まくりをするが、夫がかぼちゃとねぎの味噌汁をつくってくれていた。ご飯。かぼちゃとねぎの味噌汁。しゅうまい(きゃべつといっしょに蒸す)。ほうれんそうのおひたし、あさりの佃煮、の晩ごはん。

 予定ぞろぞろのきょうだったけれど、ところどころに空き地のようなものがあった。予定がひとつなくなってできた空き地、予定をひとつあきらめたことでできた空き地、寄り道によってできた空き地。そのほか、シールや、毛糸や、ほうれんそうやかぼちゃや。空き地というのは、ゆとりである。与えられるのもあれば、自分でつくり出すのも、ある。
 ところで。空き地で何をするか。  
 でんぐり返しがしたい!と思ったりする。
 でんぐり返しをすると、空も雲が近くなるもの。でんぐり返しといっしょに、いろんなものが入れ替わるもの。


Photo

いちご(うちの猫/16歳)は、いつもいつも、
空き地のような時間を悠悠と生きています。
ときどき、みならいたいなあ、と思いながら
その様子を眺めます。

さて、皆さま。
これがことしさいごのブログです。
ことしも、ここへ来てくださって、
お読みくださって、
どうもありがとうございました。

佳い年をお迎えください。
あたらしい年が希望とともに明けますように。
                  山本ふみこ

|

コメント

ふみこ様

もう新しい年になってしまったのに、
ごめんなさい。でも、遅れてここへやってきて、

三鷹駅に向かって歩くうち、だんだん自分が変化してゆく。目的の新宿駅では、もうおおかた学生になっている。

という件が心に飛び込んできて、
きゅんとなりました。
私もこれを週に2度ほど経験中です。
日常をはなれて、学生に戻れる貴重な瞬間。

移動の時間も私にとっては「空き地」です。
へーんしん♪

遅ればせながら、
ふみこ様、2012年も書いてくださって、
ありがとうございました。

投稿: CITRON | 2012年1月 4日 (水) 06時46分

ぽこはなさん

あたらしい年になりました。

お返事、大きな淵をまたいでしまって。
でも、それもいいなあ、と思えます。
「そこ」は大事な地点ですもの。

ことしもよろしくお願い申し上げます。

合い言葉は……、暮らす。

投稿: | 2012年1月 1日 (日) 09時27分

ふみこさまへ

今年も今日で終わりですね・・・。
今年も、ありがとうございました。

暮らす事の大切さを感じさせられた1年でした。
         
この間見たテレビの中で、
主人公の女の子が近所に住んでる老人に
「毎日、家でなにしてるの?」
と質問しました。
と老人は
「くらしてるのさ」と答えました。

重みのある答えでした。
「くらす」・・・。
その事は生きることそのものなんだと、改めて深く思いました。

暮らす事の醍醐味は工夫ですよね、
ふみこさんにはいつもそのことを教えていただいています。
ありがとうございました。

年の瀬、寒い日が続きますがお身体に気をつけてよい年を
送りください。

来年もよろしくお願いいたします。


投稿: ぽこはな | 2011年12月31日 (土) 19時44分

えぞももんがさん

大晦日と元旦は、
勝手にぞろぞろできるので(変な云い方)、
気楽です。
途中でやめちゃったり、
はしょったりしようと思ったりもしています。

ことしも、1年通してありがとうございました。
ならんで、歩いている気持ちになることが、
多多ありました。

佳い年を、どうか。

投稿: | 2011年12月31日 (土) 11時34分

green iceさん

いらっしゃいませ。

こちらこそ、どうもありがとうございます。

すると、
green iceさんとわたしには、
そうとうに共通点があることになります。
むずかしいですよね、ほんとうに、
無理しないのって。

ぼちぼち無理し、はっとしたりしながら、
自分の思うように歩きたいですね。

佳い年をお迎えください。

投稿: | 2011年12月31日 (土) 11時31分

くまはちさん

昨日、CDで「林英哲」を聴きました。
何だか不思議。

来年も、お互い、
できることをしてゆきたいですね。
「チャリーン♫」も。
山登りも。

どうか来年も、
よろしくお願いします。

投稿: | 2011年12月31日 (土) 11時28分

ももさん

わたしの英文翻訳はねえ……、
師である「高橋茅香子」せんせいを
学ぶ意味が大きいのです。
もちろん、英文とその世界の背景、
(英文からうつすなかで)日本語も学んでいますけれど。

ともかく、
もっと勉強しなくては、と思います。

「場」は異なっても、
ご一緒に学びましょう。

ことし、ほんとうにありがとうございました。

ふんちゃんより

投稿: | 2011年12月31日 (土) 11時25分

ふみこ様

ことしも とうとう 大晦日になりました。
ふみこさんの ぞろぞろの話を聞きながら(読みながら)
一緒に わたしも 空き地の時間に 毛糸を選んだような気分です。
そして 娘さんの ぞろぞろを 少し羨ましく思いました。
わたしにも 確かにあった 「あとは 遊ぶ」で締めくくれる日。
日々の暮しは ぞろぞろの繋がりですね。

きのう 新しいカレンダーをかけました。
今年の お正月、「今年は どんな年になるのだろう」
いつも通りにそう思っていた年が 
こんなにも 前に進むにはたいへんな年になるとは
想像しなかった・・・。

ふみこさん きょうも たくさんのぞろぞろですか?
きっとそうですね。

さあ 私も 今日 明日と・・・ ぞろぞろを続けるために
腕まくりをします。

今年も たくさんの 暮しの力 楽しみ 味わいを
ありがとうございました。
今年の締めくくりも やっぱり いつもと変わらず 同じ言葉にしたいと思います。

新しい年が 佳い年でありますように!!
佳い年を お迎えください。

投稿: えぞももんが | 2011年12月31日 (土) 05時55分

こんばんわ。
はじめまして。

今、まないた手帖をよんでいます。
いろんな所で、にっこりほっこりしていますが、
いちばん心に響いたのは
無理しないのって難しい…という言葉。

今年はじめから、長い長ーい入院をしました。
家族のことが気になり、
食事のたびに申し訳ない気持ちになっていました。
やっと退院して、今度はみーんなから
無理しないで!!を連発され、ひどく傷ついたのです。
それこそ「ほら、また!」 って…

主治医の先生に話したら笑いながら
あいさつだと思って笑っておいて下さい。と言われ
救われた気持ちになりましたが、
本を読んで私だけじゃないんだ。と、うれしくなりました。
なんとか、このうれしい気持ちを伝えたいな~と思っていたら
このコメント欄にたどりつきました。
ありがとうございます。
毎晩、ふとんの中で読んでいます。

よいお年を

投稿: green ice | 2011年12月30日 (金) 23時14分

ふみこさん、皆さん、こんにちわ^^
転勤暮らしを終えてから2年めに入った時に、震災が起きました。
11月に、継続して被災した方を支援する団体を決めました。
実は、ふみこさんがご交流のある、小室等さんの団体「ゆめ風基金」です。
しょうがいを抱えた人を支援する団体、とのこと、また、これまた、ふみこさん同様、小室さんとご交流のある和太鼓ソリスト、林英哲さんの作品を購入した際、「ゆめ風」のリーフレットが同封されていて(英哲さんは、「呼びかけ人」になられているのです)、「あ、自分が集めた募金を託すのはここだ!」と思い、自分も「賛助会員」になりました。
今も、「チャリ~ン♪」は続いてますよ~^^
山にも登りました!
来年は、頂上を目指します^^

いちごさんのような、黒ネコさんをご近所で見かけます。
何故か、黒ネコさんは、フレンドリーな子が多いです^^
特に、とある家の子(ジジ君と呼んでいます、密かに…)は親しげで、いつも出会えば、挨拶するんです。

今年1年、ありがとうございました!
特に震災時、この場所が大事な「つっかえ棒」になってくれました。
ここを訪れる皆様にも、感謝申し上げます^^
来年が、佳い年でありますように…。

投稿: くまはち | 2011年12月30日 (金) 14時11分

ふんちゃん(小さな友だちになった気分で…、うれしい♪)、みなさま

 今年もほんの少しとなりました…。
 いつものことながら、振り返るとあっという間でした。
 お父さんがいなくなり、時折、気配を感じて立ち止まることもありました。
 じいちゃん子だった息子も、ようやく落ち着いてきた気がします。
 お父さんの不在と、震災。重なり合って、色々、考えたり、感じました。
 震災の後、色々なことを見聞きしたりもしました。
 来年も、少しずつできることをしたいなぁと思いながら…。

 翻訳のお勉強…、いいですね。
 とてもとても回り道をした大学時代の始まりが、英語学科でした…。
 (その後は、あちこちに…。ふふふ…(恥))
 いつか私もゆっくりやり直したいなぁ、英語とのつきあい…と思っています。
 そして、その教室でご一緒されている方の年齢が高いことに、驚きました。
 日々、学びたいなぁ。そんな気持ちを励ましてもらったような気がしました。

 今年、ここにお邪魔するようになって、本当に色々なことを学び、考えました。
 いつもいつもよい機会を与えていただいていることに感謝しております。
 そして、時々、パソコンの前でも笑っていました。
 ふんちゃんの「ぞろぞろ」とか、「空き地」のようなことばが大好きです。
 
 来年も、ふんちゃん、みなさまが、
 心身共にご健康でいられることを心よりお祈り申し上げます。
 佳いお年を…
 

投稿: もも | 2011年12月29日 (木) 22時00分

あすちるべさん

ことしは、こちらこそ、
たくさんの「気づき」をいただいて。
どうもありがとうございました。

ぞろぞろや、
ぽつりぽつりや、
「しーーーん」や、
いろいろあると思いますが、
謙虚に、にこにこ進んでゆきたいです。

投稿: | 2011年12月29日 (木) 17時34分

Kouji さん

最寄り駅は三鷹です。
吉祥寺までは、てくてく25分。

風も、空き地も好きです。
お金も着るものも必要なだけ(ぎりぎり)
あるのが好きですが、
風や空き地は、どっさりほしい……。

あ。
雲も好きです。
雲を眺めていると、時間を忘れます。

おんなじ雲を眺めているにちがいない
遠くのひとを思うのも好きです。


投稿: | 2011年12月29日 (木) 17時32分

ゆきたんさん

そうですか。
犬さんのおはなし、しみじみ読みました。

ご両親さまの犬さんにも、
よろしく伝えていただきたいです。

佳き空き地を、つくりましょう、来年。

投稿: | 2011年12月29日 (木) 17時27分

ゆるりんりんさん

ことし、神戸の会にいらしてくださって、
ほんとうにありがとうございました。

来年も、
大きな海苔でぐるぐるの「いちご」
ともども、よろしくお願い申し上げます。

投稿: | 2011年12月29日 (木) 17時25分

みぃさん、ぞみさん

どりすさんのお母さまも、
たしか、ふみこさんです。

「ふみこ」という名が、
いっそう好きになったことしです。

投稿: | 2011年12月29日 (木) 17時21分

ふみこさま  

こんにちは
今年は家の中がぞろぞろとした年でした。
無理やり空き地を作ってばたばたと楽しんで・・・
でも、それはそれでとても楽しくて、その楽しんだことに支えられて何とか家のぞろぞろを乗り越えられました。
今年はじめ、奈良のフォーラムで、ふみこさんのお話を聞いて
「なりゆきを楽しむ」という言葉に気づかされ、そうして「少しわがままに、間を楽しむ」を今年の目標にしたのでした。来年は少し余裕を持った空き地で、でんぐり返りができれば良いな。
ありがとうございました。

ふみこさま、みなさま
どうぞ良いお年をお迎えください

投稿: あすちるべ | 2011年12月29日 (木) 17時20分

みぃさん

そういえば、
「缶けり」好きだったなあ。
でもね。
3人缶けりをして、鬼になって、
友だちが帰っちゃったという、
さがしてもさがしても、みつからない……。

その哀しさも、
なつかしいです。

みぃさんにも、
まだ極めなければならない道があるのですね。

わたしも、がんばります。
果てしない道を、お互いに。


投稿: | 2011年12月29日 (木) 17時19分

どりすさん

わたしたち、
未来のひとたちのために、
空き地をつくってあげたいですね。

どりすさんのおたよりを読んで、
その思いをつよくしました。

そうだ、空き地を未来に!って。

投稿: | 2011年12月29日 (木) 17時14分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
今年もあと数日。
一年ありがとうございます。
 
「空き地」、「風」。
ふみこさんが好きなものだろうなぁとおもって読みました。
好き、というか、ポリシー。
判断基準。
それをもとに、うごいたりうごかなかったりされている気がします。
三鷹駅が近いんですか?
吉祥寺駅のほうが近いのに、ひと駅あるいてらっしゃるのかな?と想像したりしました。
井の頭公園をぬけて、てくてく三鷹まであるいたことを思い出しました。

投稿: Kouji | 2011年12月29日 (木) 16時57分

寧楽さん

寧楽さんには、
いつもここへ、しっとりとしたものを
醸していただきました。
ときに、大人の色気も……。

感謝しています。
佳い年をお迎えください。

投稿: | 2011年12月29日 (木) 16時49分

rantanaさん

どんな理由でできた空き地でも、
空き地にはちがいないですもの。ね。

空き地で何をするか。
空き地に何かつくるのか。

それは、空き地をみつけた者に
まかされているのだと思えます。
宿命でもあるかな、と。

たのしい空き地にしましょう。
空き地で、一緒に遊びましょう。
うれし。

ことし。
どうもありがとうございました。

投稿: | 2011年12月29日 (木) 16時47分

ふみこ様皆様

いちごちゃん、癒されます。
私も、子供の時から犬がいる生活をしていたから、動物から色々学びました。

犬は、オーラを見抜きますからね。
いくら、調子いいことを言っても、本心と違う人は、無視するし、黙っていても、優しい人には、自分から近寄って行きます。私は、一緒には暮らしていないのですが、両親と暮らしている、この子(犬)に吠えられたら、人間終わりと思っています。大人しくて、滅多に吠えないので。
会いに行く度、甘えられると、私は、まだ大丈夫とほっとします

いちごちゃんと同じように、よく空き地を過ごしています。

空き地って、以外に、生きていく、本能を磨く、大事なことかもしれませんね。

そう思ったら、気が楽になります。

今年最後に、また、大事なことに気付かされました。

どうもありがとうございました。

よいお年をお迎えください


投稿: ゆきたん | 2011年12月28日 (水) 23時40分

ふみこ様
 
いちごちゃんの写真が出てきたところで
一度指が止まり、
大きなのりでぐるぐるに巻いたおにぎりだなあと
思ってしまったわたし・・・
(いちごちゃんごめんなさい)
こんなわたくしですが
これからもよろしくお願いいたします。
ふみこさんのお話しも
ここにこられる皆様のお話しも
いつも楽しみにしています。
あともう少しの今年をしっかりと味わい、
来年をいい年にしましょう♡

投稿: ゆるりんりん | 2011年12月28日 (水) 16時16分

ぞみさん

うれしいおたよりを。
どうもありがとうございます。

ほんとうに、
ここは、不思議な空き地です。
いろいろのこころを抱えてやってきてくださるのに、
皆さんは、いつも穏やかで、ことばを選んで
置いてくださる……。

ぞみさんも、ことし、
たくさんの気持ちを、ありがとうございます。

投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時47分

ちあすけさん

こんにちは。

文子さんはわたしのふたまわり年上、
久子さんはひとまわり年上です。
このふたりの年上の友人は、
わたしの……大事な宝ものです。

そうですか、
ちあすけさんにとって、大事な宝ものとおなじ
お名前だったのですね。
なんだか、うれしい。

佳い年をお迎えください。

投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時44分

おまきさん

佳い年にしましょう、来年。

おまきさーん、
佳い年にしましょうね。

と、叫んでいます。
どうもありがとうございました。
ほんとうは……、
励ましたいわたしでしたが、いつもいつも
励ましていただきました。

投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時32分

きんもくせいさん

まいにちまいにち、
わたしたちは、進んでいます。
目を見張るようなことがなくても、
進んでいる……。

芽もわたしたちのなかには、あるのだと
思います。
いつ発芽するのかは、わかりませんが。
きっと芽をだし、葉をだし、花を……。

友だちも、まがり角のむこうで待っていてくれます。
ここから見えないだけで。

投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時29分

brownbearさん

いいおはなしをどうもありがとうございます。

合唱というのはすばらしいものだなあと、
ことし、あらためて深く深く感じました。
仲間との練習が、ひとが本来もっている
佳きものを引きだすようにも思います。

佳きものを
外に向けてあらわすきっかけを
つかめないことも多多あります。
……よかったですね、ほんとうに。


投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時21分

こぐまさん

いろいろなことを
たくさんおしえていただいたような
気がします。

チャレンジするこころも。

どうもありがとうございました。

投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時13分

ちあすけさん ぞみさんへ

最後の最後に ”とんちんかん”をやってしまいました。
お二人に ごめんなさい。

お母様が”文子さん”でいらっしゃるのは
ぞみさんではなく ちあすけさんでしたね。
大変 失礼いたしました。

まったくもって 締まりのない今年最後のコメントに…。
どうも すみませんでした。

投稿: みぃ | 2011年12月28日 (水) 15時12分

アサコさん

  僕の記憶がすべて消えても
  生まれ変わったら
  また君をさがす

この歌詞を、ことしのさいごにアサコさんに
贈ります。

投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時12分

きなこさん

「すかすか」の番が
まわってきたとき、
きなこさんのように、
知らない誰かのためにルームソックスを
編むことのできるひとになりたいです。

どうもありがとうございました。

お大切に、どうか。

投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時08分

たびたび すみません。

ぞみさんへ

私の母も”文子”です。
親しみを感じ この場をお借りして書いてしまいました。
(ふみこさん みなさま すみません)


投稿: みぃ | 2011年12月28日 (水) 15時06分

しょうさん

2012年の、しょうさんの「変化」を
こころの内で、そっと祈っています。

ことし、どうもありがとうございました。

投稿: | 2011年12月28日 (水) 15時06分

ふみこさま みなさま

私 みなさんとのこの場を空地のように感じ
”缶けり”や”鬼ごっこ”をするような感覚で訪れていたのかも…と
今回のおはなしを読ませていただき思いました。
ホッとできる場所 のんびりできる場所 わかりあえる場所 そして楽しい場所。
ふみこさん みなさん 来年もよろしくお願いいたします。

ふみこさんの文章は 魔法のように良く効きます。
やっぱりふみこさんは 魔法使いなのかもしれませんね(笑)
お忙しい中 すてきなおはなしを たくさんありがとうございました!

来年の目標を宣言された『こぐまさん』に続き 私も宣言します!!
来年は”刺繍教室”に通い 基礎からの叩き直しをします。
新しい技術もマスターします!!
そして 今年以上にたくさんの作品を作りたいと思っています。

それではみなさま すてきな年始をお送り下さいね。

投稿: みぃ | 2011年12月28日 (水) 15時00分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
空き地→どらえもん・・・とういう直線が浮かび、
私たちは、空き地で大きくなったんだなぁ、と有り難くその存在を
思います。
おとなになっても、空き地はどこかに見つけておきたいなぁ。
でんぐり返りは、よい案ですね。
いろんなものや、たくさんの概念が変わった2011年から、
よい方向が見えてくるように、見えたらイイな、と念じながら、
ぐるりぐるりと転がってみたいです。
私には、ここ、ふみこさまの日記が、まさに「空き地」です。
不思議な土管を見つけたり、登りやすい樹があったり、たくさんの人たちが集い・・・新発見しながら楽しい時間をいただきました。
新しい年が
ふみこさま、みなさまに、愛すべくかけがえのない日々でありますように。
               感謝を こめて。


投稿: どりす | 2011年12月28日 (水) 12時57分

ふみこさま

今年、人とのつながりに感謝した日々を
積み重ねました。

温かい言葉の数々をありがとうございます。

ふみこさんもご家族みなさんも
ここを訪れる方々も

佳いお年をおむかえください。

投稿: 寧楽 | 2011年12月28日 (水) 12時13分

ふみこさま

本だけの存在だったふみこさんから、
毎週こちらへ寄せていただくようになった今年。
それは、私に、人生の空き地時間ができたから。
うれしいことでもらった空き地ではないけれど、
それが楽しめたのも、こちらの存在が大きかったです。
ほんとうに、こちらへ伺えてよかった。
同じ事を経験しても、とてもいろいろな感じ方があること、
ふみこさんや、みなさんの感じ方を知るのがとてもいとおしいと思えること、
ほんとうに、うれしいことです。

空を見上げられる空き地ってほんとうにいいです。
散歩に出るようになっての収穫です。
心の空き地のこちらへ、来年も通えることを楽しみにしています。

暖かいルームシューズ。
毛糸のケースといい、小さな編み物、いいですねえ。

投稿: rantana | 2011年12月28日 (水) 09時21分

たびたび、すみません。笑

ご主人にほうれん草を茹でてもらう電話を
かけたのは・・・ふみこさんと文子さんじゃあ
ないですか!!!
本当に、なんという偶然!
これは「縁」ですね。

また来年もご本とブログ、楽しみにしています。


                         

投稿: ぞみ | 2011年12月27日 (火) 23時43分

ふみこさま、みなさま、こんばんは。

私がふみこさんの本と出会ったのは昨年。
あっという間にどんどん引き込まれていって、
読むたびに、忘れていた「空き地」を思い出させて
いただいたように思います。
また、こちらのサイトを見つけたときの嬉しさといったら!
ふみこさんからお返事をいただいたときの嬉しさといったら!!
そして、こちらでお会いできるみなさんのコメントにも
たくさんの「空き地」をいただきました。
ありがとうございました。

またやってくる新しい年が、日本中を
優しく包んでくれますように。。。


きなこさん、ルームシューズ送られたんですね。
読ませていただいてほっこりしました。
ありがとうございます。


投稿: ぞみ | 2011年12月27日 (火) 23時40分

ふみこさま、みなさま
こんばんは。

もう一年が終わってしまうのですね。
ふみこさんの文章にずいぶん助けられました。
ありがとうございました。

実は
私の母も文子という名前です。
母の姉は久子といいます。
今日のお話を読んで、
母とおばと私が一緒に毛糸を買いに行ったように感じました。

離れて住んでいますので
一緒に手芸やさんへの買い物は
叶わぬ夢なのですが
ふみこさんのおかげで
母とおばの温もりに触れたような
暖かい気持ちになれました。

ありがとうございました。

来年も佳い一年になりますように。

投稿: ちあすけ | 2011年12月27日 (火) 22時39分

ふみこさま、みなさま。

ああ、ほんとほんと。空き地。
空き地があると、私ははじめに深呼吸して、空を見上げます。

お忙しい日々の中、たくさんのお話をありがとうございました。

がんばろう。龍を育てていこうと、思っています。

投稿: おまき | 2011年12月27日 (火) 20時51分

ふみこさま、みなさま

今年もあたたかい時間をありがとうございました。
ここに伺うとほっとして、違う方に逸れて行ってしまいそうな自分が
元の道に戻れるような感じでした。

一番大きかったのは、「もがきながらも、ちょっとずつ前に進んでいる」
と気づけたことでした。それまでは、つまずくたびに「進めない、進め
ない」とばかり思っていました。他の方へのふみこさんのコメントが
きっかけでした。
まだもがもがしていますが、来年もちょっとずつ行きたいです。
きなこさんのルームソックス、私も編んでみようかなあ。

来年もよろしくお願いいたします。
佳いお年をお迎えください。

投稿: きんもくせい | 2011年12月27日 (火) 20時46分

ふみこ様
うさぎ年があと数日でおしまいになります。
今年は思ってもみなかったことが起き、
こうして何とか年が越せそうなことに
まず感謝したくなります。

ぞろぞろが引きも切らずですが
私 空き地をつくる名人で
午前に1回 午後2回
しょっちゅう空き地でゆっくりします(*^_^*)

昨日は大掃除中に、
末っ子が「見てね」と言って置いていった
中学校の合唱祭のDVDを見始めたら(聴き始めたら)
引き込まれて・・・ 
ワックスがけの手を止めて正座して見続けてしまいました。
休日返上で仲間と練習してきた成果が学年準優勝(10クラス中)
に繋がったことは承知していましたが
こんなにも 心を込めて仲間と歌えるとは
思ってもみなかったのです。

昨年から担任していただいている先生が
「2年生の時に比べたら、信じられないくらい成長しましたよ」
っと先月の面談で仰っていたことが
こういうことだったのか と漸く分かった私です。
ひどい態度だった娘をはらはらとした気持ちで
ずっと見守ってくださっていたのです 先生は。

親の私は、はらはらの「は」の字も感じずに
のほほ~んと仕事ばかりしてきました。
娘の成長は、先生方やお仲間のお蔭だった・・・
それがありがたくて 何度も再生してしまいました。

私も(仕事ではもちろんですが)
誰かのために祈り 見守る人であろうと
そう思う年末です。

ふみこ様 皆様 
今年も週一度お会いできるのを
楽しみに過ごすことができました。
ありがとうございました。
どうか よいお年をお迎えくださいませ(*^。^*)

投稿: brownbear | 2011年12月27日 (火) 19時03分

ふみこさま。みなさま、こんばんは。

今年も残り少なくなりましたね。

ここにこさせてもらって、毎回楽しいひとときをすごさせて
いただきました。ありがとうございました。
私、もう来年の目標を作ってしまいました。
漢字検定準1級に挑戦してみたいと思います。
決意がにぶらないうちに宣言させてください。
娘が挑戦するために買ってた本があって、とうとうあきらめてしまった娘の代わりに私、やってみます!
昨日、ちょっと問題解いてみました。
醤油 っていう字、書けないですね。
まぁ、がんばってみます。

投稿: こぐま | 2011年12月27日 (火) 17時37分

こんにちは
今年はもう終りなんだなと思いつつ、読ませていただきました。
家族と友達とふみこさんの文章にも助けられ、嵐の歌にも助けられ、今年も過ごせました。
よいお年をお迎え下さい。

投稿: アサコ | 2011年12月27日 (火) 16時29分

「ぞろぞろ」な日を送れることが羨ましく思えてしまう、
病み上がりのきなこです。
目覚めた瞬間「今日は何曜日?お弁当は何個?」と頭の中がぐるぐるする感覚、
懐かしいです。

「すかすか」な毎日を送っている私は、
新聞に掲載された、被災地からの「ルームソックスください」の記事を見て、
2足だけですが編んでお送りしました。
時間も心も「空き地」が埋まって、ほっこりした気分。

ふみこさまも、みなさまも、お体大切に、良いお年をお迎えください。
健康って、ほんとにすてきなことですから…

投稿: きなこ | 2011年12月27日 (火) 15時59分

ふみこさま、みなさま

2011年は、忘れられない年になりました。
年が変わっても、苦しんでいる方の状況は変わりません。
そのことを忘れずに、私も日々の営みや家族や友人を大事にしていきたいです。

2012年は、私にとっていろいろ変化の年になります。
何があっても、毎日笑って、楽しくおもしろく暮らしていきたいです。
意識して幸せをかんじていきたいです。

いままでは必死に空地を作って、埋め尽くしていましたが、
たまには空地は空き地のまま、というのもいいですね、いちごちゃん。

ふみこさん、みなさん、3月11日の後、ここに来て、不安定な気持ちをたくさん
落ち着かせていただきました。改めて、ありがとうございました。
そして、来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください!

投稿: しょう | 2011年12月27日 (火) 12時20分

コメントを書く