オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 陰のしごと | トップページ | 決断 〈引用ノート14〉 »

2012年1月17日 (火)

バッグひとつで 〈引用ノート13〉

  ハルナ ずいぶん大きな荷物ですね。
  タエコ そうですか。
       とりあえず必要なものだけ持ってきたんですけど。
  ハルナ 必要なもの?
  タエコ  読もうとしてた本とか。
  ハルナ 本。でも、ここじゃ読めないでしょ。
       サクラさんはね、毎年バッグひとつでここへ来るんです。
       ちょっとそのへんに買い物にでも行くような感じで。
                           映画「めがね」※より

 ことしがはじまって早早、名古屋に出かけた。長女とふたりでの、1泊2日の小さな旅である。
 これまで、自分は出かけるときには比較的身軽なほうだと思っていた。ところが、出かける日の朝、靴を履こうとしていたときにあとからやってきた長女を見たら……。わたしよりいっそう身軽で、隣町まで本をさがしに行くときと、そうは変わらない出で立ちで靴を履こうとしている。なんだか、御株(おかぶ)を奪われたような気がして、ちょっとくやしくなるけれども、もう間にあわない。靴を履いてしまったし。
「身軽だね」
 と云う、くやしい気持ちをおさえて。
「ああ、ラオスに行ったときに、荷物なんか、ほんとうに少しでいいなあ。持っていなくてもへっちゃらだなあと思ったんだ」
 と、長女が答える。
 長女は昨年の暮れからことしの正月にかけてラオス(通称はラオスだが、正式にはラオス人民民主共和国)へ一人旅をしてきた。帰ってきてから、ときどき、ぽろっぽろっと旅先のはなしを聞かせてくれるが、彼女の様子を見ていて、いい旅をしてきたのだなあということがわかり、それ以上は何も聞かなくていいような気がしている。聞かなくても伝わり、何かが伝染する。
 旅の経験のなかでも、「荷物なんか、ほんとうに少しでいいなあ。持っていなくてもへっちゃらだなあと思ったんだ」の経験は、かなり大きいものであるらしかった。

 そんな長女とふたり、新幹線の乗客になる。
 東京駅でも、名古屋駅でも、コロコロと車のついた鞄(キャスター付きスーツケース)を引きずって歩いているひとの多さに、仰天する。なかでも、若いひとがコロコロと行くのを見ると、なんとなく違和感をおぼえる。スーツケースのなかには、何が詰まっているのだろうか。
「流行(はやり)なのよ」
 と長女が説明する。
「流行って、荷物をたくさん運ぶのが……?」
 と驚いて訊く。
「キャスター付きのスーツケースを持つことが」
「ああ。鞄の流行……」
 何にしても、と思う。
 旅は、荷物のこともべんきょうである。旅の荷物を少なくできたら、日常の持ち方も変わるような気がする。
 どんなふうな荷造りをするかで、そのときの自分を知ることもできるだろう。
 持ち過ぎているようなときには、徒(いたずら)に心配性になっていることが疑われるし、持たないことは自由に近づいている証かもしれないし。まるきり持たない、つまり持たな過ぎるときは、虚ろな時期をあらわしたり、あるいはまた、ひと頼みになってのことだったりするだろうか。
 荷物が少ないのばかりがいいわけではないけれど、わたしは、少ないのが好みだ。身軽がいいなあと思う。
 名古屋への小さな旅のあいだ、荷物を預けることもなく肩にかけ、ふたりであちこち歩きまわった。まるで、地下鉄にもバスにも乗るのを忘れたひとになって。
 歩いていると、旅人だというのに、たびたび道を尋ねられる。名古屋駅に降りたってすぐ、総合案内所でもらった地図を見ながら、もとめの行き先を答えたりするのは、なんとも愉快。道を尋ねるときにひとは、正しい道標をほしがっているのにちがいないけれど、そのじつ、いっしょになって道をさがす相手をもとめているのだなあ。

 映画「めがね」に出てくるサクラさん(もたいまさこ)は、バッグひとつでその島にやってくる。その佇まいの潔さ、浄らなのには、あこがれを禁じ得ない。素敵だ。
 たそがれたい(これは、映画「めがね」の鍵を握ることば。ご興味の湧く方は、映画でたしかめられたし)、自由に近づきたいというときに、荷物はいらないということだろうな。

※ 「めがね」(日本映画/106分)公開2007年
脚本・監督 荻上直子
配役 小林聡美(タエコ)、市川実日子(ハルナ)、加瀬亮(ヨモギ)、三石研 
  (ユージ)、もたいまさこ(サクラ)

*毎月第3週に書いてきた「引用ノート」、ことしは第3週と決めず、いいことばに出合ったときに書きたいと思います。どうか、おたのしみに。

Photo
小さい旅の効能でしょうか。
ずっと大事にしまっていた末の子どもの産着を
出してきて、階段の踊り場にある小さな窓に飾ることを
思いつきました。
友人が、佐渡の染色家にたのんでつくってもらったものです。
ときどきとり出しては、眺めるほか、
どうすることもできずに、ただ持っていました。
産着が、わたしを励ましてくれます。窓辺で。


Photo_2

背中は、こんなふうです。
このうつくしさ、産着に込められたこころが、
わたしを励ますのだと思えます。


Photo_3

前身頃をめくったところに、
金文字で、招き猫が染められています。
こんな「いいもの」が「隠れて」たしかに「在る」ということも、
わたしを励ますのだと思えます。

|

コメント

ともこさん

空き地や、がらん、は、
あることに気づくということも、
すくなくないのでしょうねえ。
……なるほど。

お誕生日の夜に、「めがね」を。
それ、いいなあと、思えます。

もうすぐのお誕生日まで、
まいにち、おめでとうございます。

投稿: | 2012年1月24日 (火) 09時53分

ふみこさま

おはようございます。一週間経ってしまいました。

少ない荷物 わたしも好きです。でもまだまだ まだまだ無くてもよいものがあるんだろうな…。特に家の中に。

がらんや空き地を欲しくて 日々考えながら暮らしています。でも本当はそういうものって考えて作るんではなくて、気づいたらあった というもの なんでしょうね。

もうじき誕生日がやってくるので、その夜に『めがね』観れたらいいなと思ってます。(こども達を早々寝かしつけて…。ふふふ。)

投稿: ともこ | 2012年1月24日 (火) 08時27分

みぃさん

ときどき、メルシー体操の真似みたいなこと、
します。
ああ、いいなあ。
わたしも、自由なんです、という気持ちで。

映画は、
何も起こらないように見えていて、
偉大なことに、それが明日(もっと云えば未来)に
つながってゆくというようなのが、好きです。

投稿: | 2012年1月23日 (月) 10時04分

ふみこさま みなさま

こんばんは。
わたしも「めがね」の世界 いいな…と思います。

ウクレレの奏でる音楽も好きで
わたしの”やる気度アップミュージック”です。
(メルシー体操の音楽は 特にやる気が出ます)

わたしが好きな映画に共通している事柄は
”たべものと料理” ”手しごと 針仕事”が描かれているものです。

最近観たもの 『食堂かたつむり』。
美味しそうで 可愛くて ジーンときて良かったです。

藍染の産着 うっとりしました。
作って下さった方の想いも この産着には込めれれていますね。
素敵です。


投稿: みぃ | 2012年1月22日 (日) 21時34分

ももさん

ああ、こんがらからせてしまった。
どうか、許してください。

「たそがれる」は、そうです、
ぼーっとする、ぼんやりする、
そういう時間をつくるという意味だと
わたしも思っています。

あのね、
初めて映画の「めがね」を観たとき、
「覚悟」という感じ二文字が浮かんだのです。
そんなこともあって、
ももさんをこんがらからせてしまいました。

反省のふんちゃんより

投稿: | 2012年1月21日 (土) 11時27分

こぐまさん

持ち方は、いろいろでいいんだと思います。
ひと、それぞれに。

ただね、
持たなくても生きてゆけるんだという
実感は、大きいと思えます。

こぐまさんは、たくさん持っていても、
ひとのためにそれを使うでしょう?
そういうひともいてくださらないと。

投稿: | 2012年1月21日 (土) 11時24分

ふんちゃん
 
本当に単純すぎる私…。いつも残念です…。
 ぼーっとするくらいに感じてました。
 そうか…、「はずす」、「はずれる」

 「たそがれ」たい時は、ちょっとリセットしたい気持ちがあるような…。
 それって、その時の何か…(何か…?)をはずしたい気持ち…。

 私が「たそがれ」を映画の中に見つけて、
 「あ、私、それ大好きなことだ!」と思ったのは、
 小さい頃の母のイメージがあったからかもしれません。
 母は、本当に大変な状況に追い込まれていた時期、
 一人壁に向かって座っていることが多くありました。
 今、思うと、途方に暮れていたんです。きっと。
 その背中が、初めは悲しいものでしたが、
 だんだん、素敵な背中になっていったんです(娘の私から見ると)。
 なんていうか、それが、あの「たそがれ」に近い感じと思えて…。
 子どもながらも、その背中がかもしだす感じは、大事な行為に思えていました。
 大変な時こそ、思い出そうと思う背中となりました。
 きっと、当の母にこんなことを言ったら、「は?」と言われそうですが…(笑)。

 そう考えると、確かに「はずす」とか「はずれる」とか、
 そういった意味合いが強い感じがしてきました。

 私が、本当にそういった機微がわかっているかというと「…」ですが、
 そういったことを(母の背中も)思い出せるようなひとになりたいなぁと思います。
 大変な状況で「たそがれる」大事さを、
 自分が、そういったことを思い出せるかを、
 改めて考えました。
 ただ、ふふふ。「たそがれ」。いいなぁというよりも、
 気がつくと、一人なにやら背負った気持ちになり、
 暮らしを大切にできないでいる私になりそうな時、
 思い出したい大事なことばにもなりました。
 何だか、何度も、すみませんでした…。
 ついつい…
 
 東京にも雪…とニュースで見ました。
 お寒いと思います。お体、お大事に…。 
 

投稿: もも | 2012年1月21日 (土) 10時56分

ふみこさま。みなさま、おはようございます。

私、まだ「めがね」をみたことがなくて。
冒頭の文章で、私は、タエコさんだなって思っちゃいました。
ふだんから、大きめのカバンを愛用していて
本なんかも入れてて・・・。
物をへらしたら、必ず出先で、あっ、あれ持ってくればよかったって
後悔することが多くて。
なんなんでしょうねー。
身軽に旅をするようになりたいとは思っているんですが・・・。
生き方も、そうなのかも。
なんかなんでも持ちたい感じの欲張りな感じです。
ちょっと、さっぱりさせてみたいです。

投稿: こぐま | 2012年1月21日 (土) 10時25分

ももさん

「たそがれる」というの、
どうかなあ、わたしには才能、ないかもしれません。

ぼんやりするとか、
時間を生みだすというより、
「はずす」、「はずれる」ことだと思えます。
そのあたりにある機微みたいなものが、
わかってないなあ、わたしは。
……とね、思うんです。


投稿: | 2012年1月20日 (金) 14時28分

ふみこさま

今年もよろしくお願いいたします。
「いつも通り」、私も大切にいきたいと思います。

娘さんのラオスへの旅、詳しいお話を聞いたわけではないのに、
なんだかいいなあと思います。
娘さんからふみこさんへ、ふみこさんから私へ、何かが伝わって
くるんですね。

旅の荷物、私は多い方だと思います。
友人に教えてもらった「持ち物リスト」に自分なりに書き加えて、
支度をするたびにチェックしています。もう何年も使っています。
なまじ、あれがあるから減らせないんだなあ、と今気づきました。
荷物を揃えるのも毎回気が重いですし。
今度、使わないでやったら心も軽くなりそう(^^)

投稿: きんもくせい | 2012年1月20日 (金) 14時28分

Koujiさん

「めがね」
Koujiさん、お好きだろうなあと思います。

アドバイス(観るタイミングについての)
ありがとうございます。
こころをたしかに保って、観るようにします。

投稿: | 2012年1月20日 (金) 14時25分

焼き海苔の の さん

おんなじ、おんなじ。

好きな映画はいろいろありますが、
DVDまで(もとめて)二っているのは、
おいしそうなものが登場する映画ばかりです。

投稿: | 2012年1月20日 (金) 14時23分

ふんちゃん、みなさま

 なんて素敵な産着…。
 見とれてしまいました。 
 今まで見たことのない産着で、それこそ「たそがれ」ました。
 それを実際に見ながら「たそがれ」てることを想像した…というか。

 「たそがれる」には、才能がいるって映画の中で言っていたような…。
 その時、とっさに、あ、私、その才能あるなぁと思いました(笑)
 何気に、「たそがれる」の、だぁいすきです。

 我が家の子どもたちにも、「たそがれる」こころの余裕みたいなものを、
 もってもらいたいなぁ、と思っています。
 それには、忙しくっても、ふと、たそがれている私を見せなくては…(笑)
 忙しい…にかまけて、「たそがれる」ことを忘れずにいたいなぁ。
 また、ひとつ。大事なことを思い起こせました。
 ありがとうございます。

投稿: もも | 2012年1月19日 (木) 22時30分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 
『めがね』おもしろそうですね。
最近やっと『かもめ食堂』を観たばかりです。
映画を観ることも旅に似てますね。似ているというか、旅なんでしょうね。
マドレーヌさんが挙げられていた『わたしを離さないで』。
カズオ イシグロの原作小説読みました。
大好きな小説です。映画のほうは予告編をみただけですが、忠実につくられているかんじ。
近未来小説で、残酷の極みみたいな内容なのに、端正な、古典的ですらある青春小説の体裁。マドレーヌさんが『わたしを離さないで』を挙げた気持ちがわかる気がします。
映画として素晴らしいとおもわれたのでしょう。でもそれだけではなく。たくさんのひとに触れてもらいたい。一緒に考えていただきたい問題が、そこにはあります。
ただ、かなりキツいので、精神のコンディションが整ったときに、ご覧になったり読まれたほうがいいとおもいます。

投稿: Kouji | 2012年1月19日 (木) 14時40分

ふみこさま

私も「めがね」大好きです!
映画館に観に行って、DVDも持っています。
ときどき「めがね」観ながら、たそがれています。

そして、たそがれを堪能した後、映画に出てくるような
おいしいごはんを作ろう!と、いつのまにかやる気が
湧いています。

なんだか私、食べ物が出てくる映画や本が大好きなんだって
気がつきました。

投稿: 焼海苔の の | 2012年1月19日 (木) 14時20分

rantanaさん

べんきょうも、ひらきましたね、わたしは。

それから。
「せんせい」もひらきます。
ひらがなで書くのです。
それでね、わたしから見て、
つまらないせんせい、
けしからんせんせいは、
「先生」と書くことに決めています(こっそり)。

たとえば、「せんせい」と、ひらがなで
書かれるのを嫌うようなせんせいは、
「先生」なんです。
内緒ね。

投稿: | 2012年1月19日 (木) 09時45分

マドレーヌさん

ありがとう、ありがとうございます。
ひとつも観てやしない。

ぜんぶ観ます。

うれしいなあ〜♫。

投稿: | 2012年1月19日 (木) 09時42分

えぞももんがさん

あのね。
「部分たそがれ」はときどき、します。
旅全体、一日ぜんぶたそがれるのでなく、
部分的にたそがれる……の、です。

それから。
旅で、
おすすめのなんとか、とか、
ここだけはおさえておきたい名所、とか、
興味が湧かなくて。

名古屋は、
「リニア鉄道館」と「ボロック展」(後者は、
東京にも来るのですが)がよかったです。

投稿: | 2012年1月19日 (木) 09時41分

ふみこさま、みなさま こんにちわ

産着、お誕生日の頃だけ飾る、とか
そういう出し惜しみをしたくなる程の、素晴らしさですね。
出し惜しみって、
しまってる間の、どうすることもできなさ、と書かれているのにね。

荷物、少なく。
持ち物、少なく。
ないってことは、なんで潔いのでしょう。
日記を捨てられたつくしさん、素晴らしい!
マドレーヌさんのベスト5をひとつも知らない私は、
いっぱい捨てて、それらを入れたいなあ、と思いました。

今日は、べんきょう、がひらがなでした。
ふみこさんの使い分け、ですね?

投稿: rantana | 2012年1月19日 (木) 09時13分

ふみこさま

ふみこさんのコメントに背中を押されて、去年映画館で観た映画のベスト5を決めてみました!ありがとうございます!(^-^)(^-^)
15本観た中のベスト5です。

     一位 人生万歳

     二位 森崎書店の日々

     三位 海炭市叙景

     四位 わたしを離さないで

     五位 ハーブ&ドロシー

以上、いかがですか?
「人生万歳」はW・アレン主演のロマンティック・コメディです。とてもキュートな映画でした。ハッピーエンドがたまらなく良かったです。

投稿: マドレーヌ | 2012年1月18日 (水) 14時02分

ふみこ 様

「たそがれる」はあこがれています。
映画の「めがね」を観てからです。
旅となると せっかく行くのだから 名所はできるだけ見て
名物はできるだけ食べて
お土産は外さず・・・と思うと
気が重くなるので

行き先を決め 宿泊場所だけ確保したら
後は 何も決めず 「たそがれる」
本当に いつかきっと してみたい旅です。

ふみこさん
こんな素敵な 産着 初めて見ました。
発想をちょっと変えると こんな素敵な
産着になるのですね。

 

投稿: えぞももんが | 2012年1月18日 (水) 09時38分

ぽんぽんさん

ことしもよろしくお願い申し上げます。

あたらしい日日を行く姿。
まぶしく応援しています。

投稿: | 2012年1月18日 (水) 09時26分

ゆるりんりんさん

はい。

こちらも、昨日は、
静かに、ゆっくり過ごしました。
落ち着かない気持ちだったので、
わざと静かに(無口)、わざとゆっくり。
仕事も、あまりしませんでした。

きょうは、あたらしくまたがんばろうと
思います。

投稿: | 2012年1月18日 (水) 09時24分

アサコさま

おはようございます。

わたしも、歌いました、今朝。
「サクラ〜咲け〜♪」って。

どうか、佳い日日を。
まずは王子さま、風邪にお気をつけて。

投稿: | 2012年1月18日 (水) 09時23分

ふみこ様 皆様
おひさしぶりです

今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

転職して慌ただしくしておりましたが、なんとか昔の勘を取り戻して、新しい生活を楽しんでいます。

忙しいなぁ…と思いつつ、健康で仕事や育児、生活をくりまわせること有り難く。思います。

文中の持たなすぎるとき、人に頼っているのかも…のところも、うなずけました。私の場合は時間がないのを言い訳にして、無駄な買い物をしてしまいそうになったり…がそういうことかなと…。

ひと手間かけたら、使わないで済むお金や、電気や、お水など。

また日々学びです。

どりす様


お体その後順調なこと、お祈りしています。
今年もよろしくお願いいたしますね。

投稿: ぽんぽん | 2012年1月18日 (水) 09時01分

ふみこ様
 
わたしは今日一日中
何をやっていても落ち着きませんでした。
わかっているんです、
また生きのびている負い目がちくちくしてるってこと。
いいんです、
一年のうち今日だけは
普通でない日、
思う日、
そのための日にするって決めてあるから。
明日から
この荷物をそっとしまって
また歩みます。

投稿: ゆるりんりん | 2012年1月17日 (火) 21時37分

こんばんは
娘さんとの旅、素敵ですね。
長男は来週月曜日に私立高校受験です。
第一志望ではないのですが、初めて息子の力で自分の進む道をきりひらいくことなので、私も緊張気味に「サクラ〜咲け〜♪」と口ずさみ気をまぎらわすこの頃です

投稿: アサコ | 2012年1月17日 (火) 21時09分

ぞみさん

名古屋の旅、たのしかったです。

旅先の名古屋で、長女だけが行ったラオスの旅も、
わたしのなかに流れこんできてね、
帰ってきてからも、まだ旅の感覚がのこっています。

「縁」のこと、ほんとうです。
このたびの「招福」の二文字も、ぞみさん、
忘れず、受けとってくださいね。

投稿: | 2012年1月17日 (火) 17時20分

どりすさん

きょうは1月17日。
この国の、大事な日です。
そう思って、静かになまけて過ごしました。

なまけるつもりはなかったのですが、
生きていることの素の感覚……とか
考えはじめたら、そこから先にすすめなくなりました。

四国への旅。
手ぶらに近い、たいへんな旅でしたね。
ご友人の、さらなる回復を今夜、祈りたい。です。
よく行かれましたね。

投稿: | 2012年1月17日 (火) 17時14分

しょうさん

ムーミンママのハンドバッグね。
ありゃ、すごいです。ね。

そうか、あれをめざそう……。

いいこと、思いださせてくださって。
ありがとうございます。
……いつもながら。

投稿: | 2012年1月17日 (火) 17時11分

マドレーヌさん

映画への旅は、
ほんとうに深いものがありますね。

「めがね」への旅も、忘れられません。
DVDも持っています。

本もですが、またい好きだった映画も
おしえてください。
お願いします。

投稿: | 2012年1月17日 (火) 17時09分

つくしさん

ことしもよろしくお願い申し上げます。

日記帳を捨てるおはなし、
たのしく読みました。
わたしも、同じことをしただろうなあと
思いました。

佳い日日を。
いえ……、佳い5年間を。

投稿: | 2012年1月17日 (火) 17時06分

寧楽さん

長女の旅に関しては、
知らない国へのひとり旅を
賛成できた(内心心配もしたんですよ……)
自分を、こっそり褒めています。

よく送り出したねえ(さりげなさを装って)……。
よく無事に帰ってきたねえ……。
のセット。


投稿: | 2012年1月17日 (火) 17時04分

ふみこさん、みなさん、こんにちは。

ふみこさん、先日は「縁」について書いてくださり、
ありがとうございました。なんだかとても励みに
なりました。じっくり、いい縁と出合えるまで
待つことにします。。。

娘さんと名古屋の旅、楽しかったですか?
荷物の大きさで、旅の達人かどうかが
判定されるような気がしますよね。
娘さん、さすがふみこさんの娘さんですね。笑

投稿: ぞみ | 2012年1月17日 (火) 13時42分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
いつも、身軽なイデタチの人に憧れていました。
自分は、肩が凝るほどの大荷物。
ところが、ところが、先週、喉が詰まるような連絡が入り、
慌て過ぎて、財布と携帯だけを 掴んで四国まで出かけました。
友人が、危篤という知らせ。
まったくの健康体で、年もまだバリバリ、青天のへきれき。
1月の3日に、カレンダーに
「いつも通り」と書初めしたところですのに。
大騒ぎしたけれど、奇跡の生還。
おかげで、初めて最軽の旅を体験しました。
「めがね」のサクラさんのセリフ、そらで言えるだけDVDを みました。
そして、そのセリフは、私を励ましてくれます。
今日、17日。 身体全身がその日を甦らせます。
荷物も気持ちも 足せる余裕でありたいです。

投稿: どりす | 2012年1月17日 (火) 12時50分

ふみこさま、みなさま

お寒うございます。。。ぶるぶる

自分より身軽な娘さんをみて「くやしい」なんて、本当にふみこさんったら……わかります(笑)

キャスター付きバック、本当にはやっていて、小さいお子さんもガラガラやってますよね。私は通勤で東京駅を使うのですが、キャスター付きバックにひかれそうになったり、つまずいたりしていて、ちょっと…な、存在です。

今は子供が小さくて、どうしても多くなってしまう荷物。どんどん身軽にしたいなあ。ムーミンママのハンドバックくらいに。こころもいっしょに身軽になりそうですもんね。

投稿: しょう | 2012年1月17日 (火) 12時49分

ふみこさま

映画「めがね」は封切り当時、オットとムスメを誘って、家族三人で観に行きました。年に一回くらいは、家族そろって映画を観に行くのが、この頃の楽しみの一つです。映画はいいですね~。あとから、何年経っても、あれやこれやと思いだすことがありますね。(^-^)

ラオスへの一人旅、お嬢さんは、またぽつりぽつりとふみこさんへ思い出話をされるでしょうね。


投稿: マドレーヌ | 2012年1月17日 (火) 10時51分

こんにちは♪

私はなんやかやと荷物を持ってしまう方です。
本、お茶、常備薬、洗濯バサミ、手帳、飴、、、。
長子生まれは荷物が多いと聞いたことがあります。
うちは、旦那も多いです。
今朝、5年間の日記を捨てました。
捨てようと決心したのは良かったのですが、
はて?どうやって捨てよう?となり、
結局破るだけ破いてガムテープで巻いて捨てました。用心しすぎでしょうか?
苦しい気持ちが強かった5年間の日記、
あるとつい読み返してしまって、色んなことを思い出してしまうんですよね。
良いことも悪いことも。
先に進めない…という程の重いものとの認識はなかったのに、
今朝、サヨナラ~アリガトウ~と手を合わせたら
何だかすごく身軽になりました。
たくさんのしんどさを受け止めてくれてアリガトウ。
さっ、次に進んで行くぞ!

投稿: つくし | 2012年1月17日 (火) 10時48分

ふみこさま

長女さん、なんて心に残る旅を
なさったことでしょう!

足りないくらいがおもしろい!を
実践されたんですね
娘さんに受け継がれていく、道標。

荷造り、私、得意かもしれません。
今から二時間後、スキーにいくと
言われても、家族5人分の荷物
準備できます。(笑)


産着の美しさ。
手仕事がひかります。
それも受け継がれていくもの。

投稿: 寧楽 | 2012年1月17日 (火) 10時44分

コメントを書く