オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« こびとのしごと | トップページ | 「忘れない人」 »

2012年2月28日 (火)

あたまと尻尾

 目には見えないはずのものが、見えるような気のすることがある。
 と云っても、わたしに超能力があるわけではない。見えないものは見えないものとして、不思議なものは不思議なものとして、ただ、感じるだけだ。

 ごく最近もこんなことがあった。
 見えないもののあたまと、尻尾が追いかけっこをしている。わたしは、追いかけっこを眺めるところに位置しているのだが、それは……、そうだ、あれに似ている。虎たちの様子を、やしの木のかげに隠れて、「いったい、どういうことに なるのかしらと おもいながら、そっと のぞいてみている」さんぼに似ている。
『ちびくろ・さんぼ』の主人公のさんぼである。

                     *

 おかあさんのまんぼがつくってくれた赤いきれいな上着と青いずぼん、おとうさんのじゃんぼが買ってくれた緑色の傘と、底が真っ赤で内側も真っ赤な紫色の靴を、4頭の虎にとられてしまったさんぼです。泣きながら歩いていると、「ぐる・る・る」という恐ろしい声が聞こえてきました。
 それはなんと、4頭の虎が「おれが、いちばん立派な虎だ」と云って、けんかをしている声でした。しまいに虎たちは、けんかのきっかけになった、さんぼからとり上げた上着、ずぼん、傘、靴をほうり出して、自分のとなりの虎のしっぽに食いついて、ぐるぐるかけまわりました。すると、木のまわりに虎の輪ができました。
 そのすきにさんぼは、虎たちがほうりだした上着とずぼんを身につけ、靴を履き、傘をさして帰りました。
 あんまりぐるぐる、ぐるぐるまわっているうちに、とうとう虎たちは溶けてバタになってしまいました。そこへ、さんぼのおとうさんが大きなつぼを持って通りかかります。バタをつぼにいっぱい入れて、うちに帰りました。
 おかあさんはバタを使って、おいしい「ほっとけーき」(※)を山のようにつくってくれました。

                     *

 わたしに見えた(ような気のする)、見えないはずのものとは、時間のあたまと尻尾だった。時間の尻尾が、自らのあたまを追いかけている。それをこっそり見ているわたしは、むなしさとおかしみの混ざる気持ちを抱いている。
 ふと、忙しさから逃れたくて、ぐる・る・る・る・る・る・る・る・る・る・ると、自分の時間に追いかけっこをさせてしまったなあと、思ったら、むなしさとおかしみが同時に湧き上がってきたものらしい。
 ——むなしさやおかしみなんかより、バタのほうがよかったなあ。

 半年ほど前のことだ。
 朝の家事の時間にゆとりをもたせるため、洗濯を夜のうちにすることを思いついた。長年、洗濯は朝してきたのだったけれど。朝にしようと、夜にしようと、洗濯には変わりがないし、その変化も決して大きいものではない。それなのに、なんだかものすごいことを思いついたような気持ちになるのだった。これこそが家のしごとの特質だと、わたしには思える。そして、些細なことを掻き抱きながらすすんでゆくのは、一種の醍醐味とも云える。
 そのことはうまくいった。
 とくに初めは快調だった。
 ところがそのうち、洗濯かご(洗濯したいモノを入れておくかご)に衣類がたまっているのを見ると、朝であってもつい、洗濯したくなってきた。ことに夜、洗濯をすませたあとに帰宅した者たちが大物の洗濯ものを出したときなど、そんなことになるのだった。
 おかしなことに、いつしか、夜の家事の時間にゆとりをもたせたくなってくる。朝の家事の時間にゆとりをもたせるためにはじめた、夜の洗濯だというのに。このあたりで、時間の追いかけっこがはじまったのだ。時間の尻尾が自らのあたまを追いかけている……? いや、時間の頭が尻尾を……? 何にしても、ぐる・る・る・る・る・る・る・る・る・る・ると、やっている。
 忙しさから逃れたい気持ちが、あたらしい忙しさを生むというわけだった。
 ほんとうは、朝生まれたゆとりのなかで、「ほっとけーき」を焼いて、みんなでたーくさん食べたりするはずだったのに。

※ 「ほっとけーき」
ものがたりのさいごに、おとうさん、おかあさん、さんぼの3人が「ほっとけーき」をたくさん食べる場面が出てくる。さて、それぞれが食べた枚数は?
(答えはキャプションのおしまいに)。


Photo

洗濯と云えば、先週初めてこういうものを洗いました。
三女が、中学の授業で使わせていただいた柔道着です。
干しているときも、たたむときも、どきどきしました。
柔道着、小さくたたんで帯でしばり、その帯を肩にかけて
(かついで)運ぶのですね。
そのことにも、どきどきしました。

          *

「ほっとけーき」の答えです。
おかあさんのまんぼ、27。
おとうさんのじゃんぼ、55。
ちびくろ・さんぼ、169。

※お知らせ
2012年6月1日 13:00 - 15:00
新宿の朝日カルチャーセンターにて、
「エッセイを書いてみよう」という講座(1回)の講師を
つとめることになりました。
ご興味のある方は、朝日カルチャーセンター
(03-3344-1945)に
お問い合わせください。

|

コメント

green iceさん

green iceさんのやさしい気持ちに、
ありがとうございますと申し上げたいです。

ほんとに、ありがとう。

それぞれ、いろんなものを抱えて、
生きているのだなあと思います。
抱えていないひとは、ないでしょう。
外から見えないにしても。

そこを(わからないながらも)思い合って、
そこにある、というのが、
いいなあと感じています。

わたしも、ここにただ坐っているだけ
(立ってるというほうが格好がいいけれど、
ここでおたよりするときは坐っているので)。
でも、いつも「ここ」にいます。
ごたごた抱えながら。

待ち時間が、
いい時間になりますように。
と、念じています。
待ち時間にふさわしい本も、
思いついたらおたよりします。

投稿: | 2012年3月 7日 (水) 09時13分

すみません。green ice = 海です。
名前を入れ間違えてしまいました。

ふみこさん。わたし泣きました。うれしくて…
ぐる・る・るのとらになった時(よくあることですが。)、苦しくて 苦しくて…
きんもくせいさんのように、ふみこさんなら…って思ってしまいました。
わたしのほかにトラさんはいたけれど、
つらい思いを引き出してしまったようで、
申し訳なく思い、またここにくるのが怖かったのです。
なのに、ふみこさんの優しいコメント。
ほんとうにほんとうに心が温かくなりました。
涙が出ました。ありがとうございました。
カメの子さんも元気出してくれるといいなぁ。

ハーキュリーはふみこさんの本で読み、
あー私もだぁ!!と思い、
つらいときには、心のなかでこっそり「オリンピア」とつぶやきます。

診察日、やさしい先生と話してきました。
今月はあと2回検査に行くことになりました。
長~い待時間も編み物したり、本を読んだり
せっかくの休みを大切に楽しんでつかいます。
薬がないと前へ進めない私ですが
薬があれば前へ進める!!
しあわせですね。

ふみこさん。みなさん。
ごめんなさい。ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。


投稿: green ice | 2012年3月 6日 (火) 13時32分

きんもくせいさん

おはようございます。

じつは、わたしは、
そうとうにせわしなく暮らしています、いま。

それで、全体的に、
全部自分の人生、
していることも、全部自分のこと、
と思ったら(決めてしまったら)、
もう、いちいち分類したり、
いやになっちゃあうなあとか考える時間が
ないのです。
ありがたいなあ、とつぶやいたら全部がそれになり、
疲れたなあ、とつぶやいたら全部がそれになるというわけです。

ほんとうは、少し休みがほしいです。
のんびりしたいという夢ももっています。

でも、どうやら、いまはだめなんです。
きっと、まっしぐらに生きることで鍛えられているんです。
文句の出やすかった自分を、
すぐ落ちこむ自分をあらためる時間が与えられているみたい。

佳い1週間を。

投稿: | 2012年3月 5日 (月) 09時23分

ふみこさま

私も本当は、自分のためと思いきれないとき、ふみこさんは
どうされているのかなあと思っていたんです。
でも、格好つけて聞けなかったなあ・・・

「ひとのため」と「じぶんのため」は、私にとって人生ずっとの
課題のような気がしています。

投稿: きんもくせい | 2012年3月 4日 (日) 17時53分

Koujiさん

わたしも、つぶやかせていただいてもかまわないでしょうか。

ストレスを抱え……。
疲れてしなびて……。
爆発寸前……。
いえ、あばれることだってあります。
(あばれないと、心身によくないとも思っているかな)。

そういう自分を許したい。
そういう自分をなぐさめ、励ましたい。

投稿: | 2012年3月 4日 (日) 12時16分

海さま

ああ、いいお話を。
聞かせてくださって、どうもありがとうございます。

いろいろなものを抱えていても、
海さんのような方のそばにいるひとは、
しあわせです。
あやかりたい、と思う気持ちがひとの気持ちを
照らすように思えます。

肉じゃがにじゃがいもを足してのコロッケだけでも
素敵なのに。
じゃがいもの皮を生かして、せりと大豆、にんじんと
かき揚げにするなど。
もうもう、うっとりです。
こびとは、海さんのなかに住んでいるのですね。

投稿: | 2012年3月 4日 (日) 12時12分

えぞももんがさん

「たまに」。
それに気がつけるようでありたいなあ、と
思います。
なんだか、最近、気がつくことが遅くて。
いえ、遅いのはいいのです。
いいのですが、遅過ぎるため、
効果が半減することも少なくはなくて。

半減しても、気づいたことを積んでゆけるのは、
いいですよね。
えぞももんがさん、ありがとうございます。


投稿: | 2012年3月 4日 (日) 12時07分

カメの子さま

いらっしゃいませ。

うれしいおたよりです。
どうもありがとうございます。

場違いなんてこと、あるものですか。
わたしばかりでなく、
ここには、
カメの子さんが書いてくださった思いを
抱いたことのないひとはないだろうし、
ましてや、その気持ちをわからないひとはないと思います。

誰かのためと思うのはいいとしても、
それよりなにより、なにをするときも、
自分のためだと思いたいなあと、わたし、考えています。
自分のためだと思いきれないときは、
やっぱり無理が過ぎているのでしょうね。
休む計画を立てます。
遊ぶ計画を立てます。
ささやかにでも、休んだり遊んだり、です。

また、いらしてください。
お待ちしています。


投稿: | 2012年3月 4日 (日) 11時58分

green iceさん

返信おそくなりました。

いかがでしたか、診察の日? 

それにしても、「オリンピア!」って、
「マイティ・ハーキュリー」?
なつかしいなあ。
わたしも、いつも「オリンピア!」って叫んでいます。

投稿: | 2012年3月 4日 (日) 11時49分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 
ひとりごとを、つぶやかせてください。
単なる、ひとりごとです。
 
だれしも、なにかしらで虎になって、ぐるぐる唸って、まわることがある気がします。
ストレスになっているあなたのそれが、もたないひとには憧れになっていることも、あるかもしれない。
そして、ふみこさんもまた、あなたとおなじようにかんじるときが、ないわけではないとおもう。
というか、あるんだろうなとおもっています。
人間だもの。
憶測だけではなくて、ふみこさんの書かれたものを読んでも、それはかんじられる。
だから工夫して、発表(随筆で)してらっしゃるのではないかな。
いつもおもうのは、いろんな考え方感じ方がありつつ、やっぱりおなじ人間で、そこは決して外してはいけないんだろうな、ということ。
天はひとの上にひとをつくらず。ひとの下にひとをつくらず。
 
なんとなく、つぶやいてみました。

投稿: Kouji | 2012年3月 3日 (土) 10時46分

ハーキュリーの海です。(笑)

私のほかにもトラさんが見つかり
うれしいやら、ちょっとせつないやら…
きっと、私の母もこんな気持ちを抱えながら
私を育ててくれたのでしょう。
お母さんって、ハーキュリーになりがちですよね。

昨日まだまだ救われない気持ちで
病院から帰り、前日の肉じゃがに新しいじゃがいもを
足してコロッケを作っていました。
ふと、じゃがいもの皮が気になり
冷蔵庫をのぞいたら
使いかけの大豆、せり、にんじんがあり
皮と一緒にぜーんぶ混ぜてかきあげをつくったら
あーらびっくり!!
主役のコロッケをくってしまいました。

難病を患い、仕事もして、
エンドレスの家の仕事に疲れ
(うちの家にはこびとが存在しないので…)
私の入院中の家族の苦労を思うと
みんなに無理も言えない。
時々は、爆発しそうになるけれど
普通に生活できることはしあわせなんですよね。

じゃがいもの皮のおかげで、すこし元気になりました。
生活の中にちっちゃい幸せがたくさん隠れていますね。
ふみこさん。カメの子さん。えぞももんがさん。ありがとうございます。


投稿: 海 | 2012年3月 2日 (金) 12時57分

ふみこ様   おはようございます

ヤシの木のまわりをぐるぐる回る トラ・・・
私の毎日の家事も そんなふうです

頭の中で グルグルとします

朝食とお弁当を作りながら 夕食のことを考え
夢の中で お弁当を作り・・・。

グルグル回っているのは トラではなく
私ですね。
でも 窓を開けて 季節の変化を感じながら
掃除機をかけたりすると 嬉しくなる
いつも何かに追いかけられているから
この「たまに」がとっても 効果的なのかもしれません。

そう言えば・・・・子供の頃 色黒で細くて小さかったので
ちびくろサンボと呼ばれたいました。 

 

投稿: えぞももんが | 2012年3月 2日 (金) 04時48分

わたしは今までの自分の価値観と、気付いてしまった思いとのグルグルの真っ只中です。ある出来事をきっかけに、今まで大切だと思ってやってきたことが
実はわたしにとって”ものすごく無理をして、頑張ってやってきていたことだった”と気が付いてしまい、それは”かぞくのため”とか”一生懸命働いてくれている夫のため”とかそういう思いに取りつかれて、それこそが自分の幸せだと思い込んでいた…そんな自分が愚かなことと思えてきたのでした。

”かぞくのため”と思ってがんばっていたことも、夫にとっては”当たり前のこと”
”当然のこと”でした。それを知ったとき、”わたしって一体なにもの?”と
愕然としました。

暇な専業主婦のたわごと…と思われるかもしれません。けれど、気付いてしまった。そこに残ったのは虚しさだけでした。
もう、がんばらない!と決めました。でも決めたそばから”それは傲慢では?”という思いに駆られます。

けれど、まずは1歩を踏み出そう… そう思います。
”かぞくのため”という思いは遠い彼方へ押しやり ”自分がそうしたいからする!”に切りかえようかと。そして、働きに出る準備をしようと。
経済的に自立できるように、行動を起こそうと。

非常に場違いなコメントだろうと、みなさまのコメントを拝読しつつ思います。
けれど、わたしの決意表明だと思ってお許しいただければと思います。
失礼なコメント 申し訳ありません。

投稿: カメの子 | 2012年3月 1日 (木) 16時41分

ふみこさん。こんばんは

わたしはいま自分がとらのバタになってしまいそうです。
ぐる・る・る・る  ぐる・る・る・る…

そしてハーキュリーなのです。(笑)

明日は、診察日。
やさしい先生に会って、気分転換できて
またオリンパス!と叫んで飛び出していけるといいなぁ。

それとも、爆発してしまおうかなぁ…

ごめんなさい。こんなことで。

投稿: green ice | 2012年2月29日 (水) 21時40分

ぞみさん

おひな様、どんなによろこばれたでしょうね。

本のこと、うれしく。
でも、わたしには、ご友人のしごとが
まぶしいです。
よろしくお伝えいただきたく。
わたしも、がんばります、と。ね。

投稿: | 2012年2月29日 (水) 18時54分

Kouji さん

「たたむ」はすごいと思っています。
たたみながら生きていきたいというふうにも
思っていますし。

たたんだ何かのあいだに、
あたらしいもの、それから因縁とか、
宿命が入りこんだりするのでしょうか。

洗濯問題。
朝の「洗濯かご」を見て見ぬふりをする術を
身につけつつあります。
見て見ぬふりができないときには、
朝もするという、解決。


投稿: | 2012年2月29日 (水) 18時52分

ふみこさん、みなさん、こんにちは。

洗濯、私は朝派です。
が、夜も好きです。
洗濯物、洗って(洗濯機さんがやってくれますが)
取り込んで、たたんで・・・までは好きですが、
家族それぞれに分けたものを片付けるのが
あまり好きではなくて、山積みのまま
半日過ぎたりします。笑

ふみこさん、先日子供達と一緒に実家で
雛人形を飾ってきました。10年振りにお会い
するお雛様達は懐かしい顔ぶれでお変わりなく。
とても嬉しそうにしているのが、わかった気がします。

遠く離れたお友達に、ふみこさんの本をおすすめしたら、
早速瓶を3つ買い、煮干とかつおとこんぶを入れた
写真を送ってくれました。なんだかとっても嬉しくなって、
私も頑張らないと、と思いました。

投稿: ぞみ | 2012年2月29日 (水) 11時58分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 
『ちびくろさんぼ』、柔道着。
とても身近にありました。もちろん、洗濯はいま身近にあります。
柔道着、考えたこともありませんでしたが、たしかにコンパクトにして持ち歩けることは、はっとしますね。たたみかたもあるんですよね。忘れてしまいましたが。たたみかたにも、きっと歴史があるんでしょうね。
そういえば「たたむ」は日本文化なんでしょうね。
『ちびくろさんぼ』、一時廃刊になりまた復刊されたんですよね。なかなか複雑ですが、複雑にしたひとがいるだけのことなんでしょうね。きっちりホットケーキの枚数までかいてあるところが、なんとも素敵です。
 
お洗濯の問題は、解決されましたか?

投稿: Kouji | 2012年2月29日 (水) 11時30分

きんもくせいさん

バタになるという発想が、
すばらしいなあ(虎にはわるいけれど)、
と思いますねえ。

ものがたりをつくったヘレン・ バンナーマンは、
イギリス人の主婦です。夫の赴任にともなって、
インドへ行くのですが、幼い子どもたちと離れて
暮らさなければならない時期があったそうです。
そのとき、子どもたちのためにつくったのが
「ちびくろ・さんぼ」(絵も)でした。

きんもくせいさんも、
王子のために、おいしいもののたくさん出てくる
おはなしをつくって聞かせてあげたら……。
ね。


投稿: | 2012年2月29日 (水) 11時09分

ゆきたんさん

洗濯はいいですねえ。
わたしも好きです。

とりこんで、仕舞うところで、
いつも緊張します。
そこまでしての「洗濯」だと自分に云い聞かせて、
がんばって、ちょっといらっとしそうになって、
あわてて、反省して……という具合。


投稿: | 2012年2月29日 (水) 11時04分

ふみこさま

おはようございます。
先日金柑の写真を見て、つやつやと美しく、美味しそうな様子が
脳裏に焼きついてはなれません!
こびとが娘さんだったなんて、なんとも素敵なお話ですね。

私も家事を手早くすませて、できたゆとりで息子とゆっくり遊ぶ時間を
と思っているのですが、ぐる・る・る・る・・・になってしまいます。

ちびくろさんぼ、とらが溶けてバタになってしまうなんて、しかも
美味しそうなほっとけーき・・・と大好きなお話でした。
子供の頃からくいしんぼうだったのだな、と最近気がつきました。

柔道着の運び方は、アニメの「いなかっぺ大将」で知っていたような。
母が主人公の大ちゃんが好きで、今思えば意外な組み合わせに
くすっとしてしまいます。

投稿: きんもくせい | 2012年2月29日 (水) 09時03分

ふみこ様
お久しぶりです。
洗濯、私も夜していますが、結局、朝もしていることが多いです。気持ちがさっぱりするから、洗濯好きなのです。
ちびくろさんぼ、懐かしいです。
ホットケーキ、久しぶりに食べたくなりました。

投稿: ゆきたん | 2012年2月28日 (火) 19時14分

こぐまさん

いつか、わたし、二槽式洗濯機にもどしたいです。
そうなったら、どんなにいいだろうなあ。

こぐまさん、
一度、夜、洗濯してごらんになったら?
とくに、翌日雨とわかっているときなど。
室内干しにはなりますけれど。

投稿: | 2012年2月28日 (火) 16時38分

どりすさん

たんこぶって、どりすさん。
星って、どりすさん。

すこし休んでくださいね。

休息せよ、の合図のたんこぶですよ、きっと。

投稿: | 2012年2月28日 (火) 16時35分

まきはやさん

そうですね、
追いかけっこは、家のしごとには
つきものなのですね。
ちょっと、ほっとしました。

金柑の甘煮とクリームチーズ!
それ、いただき。
ありがとうございます。

ばたばたばた。
(これは、クリームチーズを買いに走る音)。

投稿: | 2012年2月28日 (火) 16時34分

寧楽さん

ああ、そうか、
そうそう、と(風呂の残り湯のことも)
思いながら読ませていただいています。

息子さんたちが高校生。
上のお嬢さんが、大学生ですね。
寧楽さんも、大きな進級(進学)ですね。

おめでとうございます。


投稿: | 2012年2月28日 (火) 16時31分

マドレーヌさん

そうなんです、そうなんです。
小さくたたんで、帯で。
わたし、感激してしまいました。
なんてうつくしい仕度だろうと思って、ね。

マドレーヌさん、
いつもありがとうございます。

投稿: | 2012年2月28日 (火) 16時27分

ふみこさん。みなさん、こんにちは。

洗濯、私は夜したことがないです。
いつも朝、たいぎだなぁ・・なんて思いながらしています。
全自動洗濯機に代えるのが、結構遅かったので、5年ほど前まで
2槽式でしていました。全自動に代えたら、ありがたいと思っていたのに
慣れてしまった今では当然になっています。
あー慣れってこわいですね。

ふみこさんの エッセイの講座、うけてみたいですぅ。
ちょっと遠い。残念。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2012年2月28日 (火) 15時55分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
つい、今しがた外階段で頭を 打ってタンコブができました。
学生の頃以来の懐かしいタンコブ。
本当に、星が飛ぶのですね。
頭がぐるぐるしているな、と思いつつ、ふみこさまの日記を
開いてみると・・・ぐるぐるのことが。
痛いけど、なんだか嬉しいタイミング。
『ちびくろ・さんぼ』→「ホットケーキ」が身についていましたが、
ぐる・る・る・る・・・が気になりだしました。
回っているうちに、変わることがあるかもしれない。
そんな楽しみが浮かびました♪
洗濯したての柔道着の白が、まぶしく頼もしいです^^

投稿: どりす | 2012年2月28日 (火) 12時53分

うちの中学生の娘も そろそろ 柔道着を持ってかえるはず。ドキドキ。

私の追いかけっこは 常備菜です。

手間の貯金 のはずが 一昨日 作った おかずを今日食べて、 今作ってるのは 明後日の分 なんてことに なっちゃってます。 あれれっ?


時々 ひと休み。

先日の金柑煮は クリームチーズにのせて パクッと。 手がとまりません。

投稿: まきはや | 2012年2月28日 (火) 12時26分

ふみこさま

洗濯、なんどきでもしています。
朝、夜、夏は特にそうです。

お風呂の残り湯を使うときは
朝になりますが(笑)

息子たち、幼稚園から小学校六年生まで
空手をしていました

毎週、胴着を洗っていました。
なかなか乾かず…

小さかった彼らも、もう高校生になろうと
しています。


新刊、拝読しました。
まとめて読めるのがとても嬉しく思っています。

投稿: 寧楽 | 2012年2月28日 (火) 11時10分

ふみこさま  

 柔道着は小さくたたんで帯でしばり、その帯を肩にかけて運ぶのですね。
初めて知りました。(●^o^●)
どこかでそんな姿を見たような気もします。
美しいカタチのひとつですね。

「エッセイを書いてみよう」ふみこさんの講座があるのですね。
これは、すごい、ことです!

投稿: マドレーヌ | 2012年2月28日 (火) 10時55分

green iceさん

夜洗濯すると決めてしまえば、
帰りの遅いひとが出てきても、
「それ」でゆけると思います。
つい……、
わたしは追いかけっこをはじめさせてしまって。

今週もありがとうございました。

投稿: | 2012年2月28日 (火) 10時38分

おはようございます。

あ~ちびくろさんぼのホットケーキ。
当時まだホットケーキを食べたことがなく
どんな味がするのだろうとわくわくしました。
自業自得とはいえ、溶けてしまったとらは
かわいそうでしたが…
今でもホットケーキを食べると
ちびくろさんぼを思い出すのです。

私は夜洗濯しています。
娘が中学生なので、今のところ
これで大丈夫なのです。
そのうち、夜が遅くなって
家の仕事の順番ややり方が変わってくるのでしょうね。

投稿: green ice | 2012年2月28日 (火) 10時17分

コメントを書く





絵文字を挿入