オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 力学 | トップページ | 好きなもん »

2012年3月27日 (火)

その週のはなし

 終わるときは、いきなり終わるのだろうなあと、考えるともなく考えている。
 みずからの命の終わりも、もしかしたらこの世界(地球)の終わりも、どちらもいきなりやってきそうである。
 どちらの終わりも、わたしは恐れたくない。

 けれど。この世界の終わりに向かっては、いま、抵抗はしないといけないと考えている。なぜといって、それを終わらせるのは、わたしたち人間の仕業にちがいないからである。そこを反省したり、あらためたりすることなしに「終わりを恐れたくない」などと云うのは、身勝手が過ぎる。
 抵抗して抵抗して、反省してあらため、もうひとつ反省してあらため、という末にやはり終わりがきてしまったら、仕方がない。謹んで終わりを迎えよう。

 みずからの命の終わりも、もしかしたらこの世界の終わりも、どちらもいきなりやってきそうだ、と書いたけれど。もし、予告されたらどうするか。
 たとえば、「あと1週間で終わります」と予告される。
 1週間を長いと考えるか、短いと考えるかは、ひとそれぞれだ。わたしは、自分が、案外たっぷりあるなと考えるだろうと予想している。
 どんなふうに予告されようと、予告された当初はあわてるにちがいない。何をしておくべきかを考えて。やがて、わたしは、あわてた自分を笑うのだ。あわてる必要はないと、そう云って笑うのだ。
 いつもどおりに過ごせばいい。
 仕事もしよう。月刊のと、単行本の仕事……は、もうしなくてもいいだろう。
 問題は週刊の仕事だ。新聞の連載の原稿は、2週間前に渡してあるはずだから、安心。が、待てよ。さいごのコラムに、これまでの感謝を記したほうがよさそうだ。原稿を、差し替えてもらおう。
「愛読ありがとうございました」と書くだけではつまらない。これまで、書くには書いたが、遠慮しいしい書いてきた類(たぐい)のことを、おおっぴらに発表して締めよう。そうなれば、挿絵もあたらしく描かないといけない。いつもは速達郵便で挿絵を送っているのだが、この際、電車に乗って、東京竹橋の毎日新聞社まで届けに行こう。長く担当してもらった編集局の小川節子さん(記者生活30余年の彼女のことだ、きっと社に出ているだろう)に会って、ふたりで昼食に、パレスサイドのレストランのフランス料理を奮発しようか。「本日入荷・海の幸網焼きオリジナルタルタルソース」。よし、これにしよう。子どもの時分から30歳前半まで唯一苦手だったのに、ある日を境に好きになったタルタルソースを食べておくのも、わるくない。なぜ好みが変わったかというと、自分でタルタルソースをつくる羽目に陥り、つくってみたら、やけにおいしかったのだった。
「節子さん、長い間ありがとうございました。じゃ、ばいばい」と、手を振って別れる。
 ブログもあたらしく書いて、火曜日(ブログ「うふふ日記」は、毎週火曜日が更新日)を待たずに更新してもらう。そうして、いつもどおり、ときどきあけてみてはおたより(コメント)に返事を書く。たくさんコメントがくるといいなあ。これまで読むのにとどめてコメントを書かずにきたひとも書いてくださったら、わたしは忙しくもたのしく返事をする。
「地球はなくなってしまうけれど、こんどまたべつの星で会いましょう」なんかと書くのである。愉快。

 家のこと。仕事が片づけたあと、のんびりとりかかろう。
 ごはんもいつも通り。洗濯も掃除も。
 寝る前の読書。そうだなあ、「庄野潤三」を読むだろうかなあ。
 忘れるところだった。英文翻訳の課題をしなければ。これも、できるだけていねいに訳して、せんせいに見ていただく。高橋茅香子せんせいは、築地の仕事場におられるだろうか、それともご自宅におられるだろうか。どちらにしても、これはパソコンでお送りしよう。せんせいは添削してくださり、「いつの日にか、じっくり英文と向きあえるといいですね」 きっとそう書いてくださる。

 こうして、いつも通りの1週間が、いつもと同じ速度で、つまりあっという間のようでもあり、それなりに充実もしていたようでもあり、というふうにおわり、とうとうさいごのごはんだ。
 わたしは、これについて、この20年あまり、考えを変えないできた。
 鶏とセロリのサンドウィッチとスコッチウィスキー。
 これをさっとつくって、さくっと食べる。


Photo

「その週のはなし」の原稿を書き、
鶏とセロリのサンドウィッチをつくったら、
どんどん「その気」になってきました。
さいご、さいごと思っているのです。

でも、考えたら、今週は今年度の最終週ですね。
佳い1週間にしましょう。

         *

〈鶏とセロリのサンドウィッチ〉
鶏(蒸して細切り)とセロリ(せん切り)を合わせて、
酢(少し)をふりかける。
ここに塩こしょうして、マヨネーズで和える。
パンに、バタ(またはマーガリン)を薄くぬり、
好みの辛子をぬる。
鶏とセロリを和えてつくった「なかみ」をはさむ。
※パンの耳はつけたままでいいでしょうね。
 さいごの日なのですから。

|

コメント

焼き海苔の の さん

おたより、ありがとうございます。 
先輩、どんなによろこんでおられることか。
先輩のお母上も、もちろんのこと。

わたしがこの世から旅立ったあと、
「の さん」が、
塩むすびと御御御つけ、
さんまの開きの焼いたのを「陰膳」のようにして
食べてくださる。
そういうのを想像してしまいました。

そこが、わたしのめあてかもしれません。


   

投稿: | 2012年4月 3日 (火) 07時34分

えぞももんがさん

期せずして綴ってくださいましたね。

「おわり」と思えることが、「はじまり」だと。

ほんとうにそうだと、思える、ことしの春です。

投稿: | 2012年4月 3日 (火) 07時29分

ふみこさん、みなさん、こんにちは。

そうですねぇ…、私はまだほんのり暖かい塩むすびと
しっかりとだしのきいたお味噌汁。
それだけでもいいけど、焼きたてのさんまの開きもあったら
うれしいかな。

私も、普段と変わらない1週間を過ごせればいいなと思います。
「あと1週間」と考えると、自分の大事なものがわかりますね。

昨年急病で亡くなった大好きな先輩。
1年経ったので、ご自宅へお線香を上げに行きました。
そこで、お母様にうかがったのですが、
亡くなる前日に、ベッドで、バナナのスライスにレモンを
絞ったものを「おいしい、おいしい」と召しあがったとお聞きしました。
そういう時間をお母さんと過ごされたことに、なんだか、少しほっとしました。
私がホッとしたというのも変ですけど。


投稿: 焼海苔の の | 2012年4月 2日 (月) 13時56分

ふみこ様 

おはようございます。
「その週のはなし」を聞きながら
私はどんな風に過ごそうか・・・と考えました。
できれば いつも時間がある時に歩く森へ行きたい
それは やっぱり 雪のある冬ではなく
綠たくさんの季節が良いな
そして ご飯を炊いて 出汁をとってお味噌汁を作って
納豆と、何か簡単なお浸しでも作って食べたい
でも 自分の決められた時間の最後まで
そんな風に元気でいられたら しあわせたな・・と思いました。

今日は4月の2日。
終わりではなく 今日から始まる新生活の若者もたくさん
いるのでしょうね

それにしても ふみこさんのサンドイッチ、ふかふかで
美味しそうです!!

投稿: えぞももんが | 2012年4月 2日 (月) 09時47分

ももさん

「ちょっと離れて見ていてあげられる母になれるかなぁ」
とのこと。

「あの世」と「この世」に向けての
見方をあてはめてくださいね。
お嬢さんを「見ているももさん」
ももさんを「見ているお嬢さん」の
両方が在るというわけです。

自分の顔を見るよりも、
ずっとたくさん子どもの顔を見ているお母さんが
ときどき忘れること。

「あちら」もやっぱり、
自分夫の顔を見るよりも、
じっとずっとたくさんお母さんを見ています。

ご卒園おめでとうございます。

投稿: | 2012年4月 1日 (日) 08時08分

おまきさん

近くに家族……。

不思議なのですが、
あまり考えていませんでした。
それも、いつも通りでいいかな、と。

帰りを待っている感じで、終わるのもいいように
思えて。
父と母には、ファクスをしようかと思います。
はがきがいいけれど、郵便がどうなっているかわからないので。
ファクスもできなかったら……、
テレパシーですね。

投稿: | 2012年4月 1日 (日) 08時03分

ふんちゃん

 私も、最後の一週間…と、ここのところ考えていました。
 
 茶碗蒸しと卵焼きが浮かんだところで、
 私は卵が好きなんだなぁと、再認識しました。
 ごはんと、だしのきいたおみそ汁と、漬物と…。
 
 死後の世界のことを「あの世」とよく言いますが、
 小さい頃、「この世」から見ると、「あの世」だけれど、
 「あの世」から「この世」を見ると、「この世」が「あの世」だなぁとか、
 考えて愉しんでいたことも思い出しました。
 変な子どもだったんです、ね。
 すごい発見をした気がして、愉しかったんです。
 
 いつもどこかで、感謝を込められるような生活を…と、
 また一つ、大切なものが増えました。

 ついでに…、
 今日、二番目の子が6年間の保育園生活を終えました。
 長いようで短いようで…の6年間。
 また新しい生活が、彼女を待っているんだなぁとしみじみ…。
 いろんなことに出くわして、戸惑うだろうけど、
 ちょっと離れて見ていてあげられる母になれるかなぁ。
 手も口も、出しすぎずに…。
 ドキドキ、しています…

投稿: もも | 2012年3月30日 (金) 22時07分

ふみこさま、みなさま。

すじこをのせたご飯かな……今最も好きなご飯なので。海苔も少々散らします。

最後の一週間、私はどう過ごすんでしょうか。
家事を任されているひとは、普段とかわらない毎日になりそうですよね。
特別なことはしないで、普段どおりに過ごして、満足したり不満だったりして過ごすのかも。
近くに家族がいてくれたらいいなあ。

スコッチウイスキーは、美味しいですよねえ。

投稿: おまき | 2012年3月30日 (金) 18時57分

ひなりきのまま さん

このたびは、課題を出していただき、
ほんとうにありがとうございました。

いろいろなこと、たしかめることができました。

さいごのごはん、
さっとつくって、さくっと食べる。
というのが、わたしの気持ちです。
あくまで、ウィスキーを飲もうとしているところが、
自分でも可笑しいですけれど。

わたしも、一食一食感謝とともにと、
思います。
その気づきこそ、 ひなりきのまま さんにいただいた
贈りものだと思えます。


投稿: | 2012年3月30日 (金) 18時02分

ふみこさま みなさま

わたしはやっぱり…。
息子たちに好評の料理をすべて作って
彼らと共に食べつくしたいです。

彼らの言うところの”おふくろの味”

・肉じゃが
・ハンバーグ
・コロッケ
・大根とわかめの味噌汁
・さつま揚げの甘辛煮

和洋折衷も良いところですが これらを作って食べようと思います。
締めはやっぱり…”塩むすび”かな。

投稿: みぃ | 2012年3月30日 (金) 18時00分

山本さまへ

山本さまの最後の晩餐のお食事・・・大人の女性の風情を感じてしまいました!

この質問をいろいろな方にお伺いすると、本当に様々な答えが返ってくるのですが、それはいつも食べなれているものだったり、憧れの食べ物だったり、過去のノスタルジーを彷彿とさせるものだったりと、人それぞれの生き方や人生が垣間見えるような気がします。(ちょっと大げさかもしれませんが・・・。)

考えてみれば、私達が日々あたりまえのように頂いているごはん(食事)も、後何回楽しく美味しく食べれるのかな~と思うと、とても大事に愛おしく思えてしまいます。

これが最後の食事かも・・・と思いつつ、毎日大事にごはんを食べたいです~!

投稿: ひなりきのまま | 2012年3月29日 (木) 19時23分

きんもくせいさん

いいおはなしを、どうもありがとうございます。

おにぎりが上手というのは、
もうもう、たいしたものだと思います。
それにしても、素敵だなあ……。

「ちょっとずつ手際よく、上手になってきて、嬉しいです」
という感覚、思い方。

投稿: | 2012年3月29日 (木) 17時46分

ふみこさま

読んでいて、「いつもどおり」に涙が滲んできました。
今日もまた、いつもどおりに。

私は最後のごはんに梅干しのおにぎりを食べたいです。
最初は作るのにあたふたしたり、食べているとくずれてきたりでしたが、
ちょっとずつ手際よく、上手になってきて、嬉しいです。

投稿: きんもくせい | 2012年3月29日 (木) 09時16分

アサコさん

「自分にかかわったすべての人に感謝を伝えていきたい」
とのことですが。
その気持ちを抱いて胸に手をあて、
唱えれば、「自分にかかわったすべての人」に
伝わる。と、わたしは信じているんです。
ほんとです。

王子さまおめでとう、おめでとうございます。

わたしから、こっそり。
これを贈ります。

  果てない空がそこにあるって
  いま確かな声が聞こえる
  とべない自分を変えていこうか
  踏み出して何度でも
  やり直そう 力強く

(写していて、テンションが上がりました)


投稿: | 2012年3月29日 (木) 06時08分

keiko.anさん

おはようございます。

自分が、
迷惑かけ散らかしているので、
へんなこと書いてしまいましたね。

でも、迷惑かけ合って、
いっしょに困りながら、
たのしくやってゆきましょう、というのが、
やっぱり好きだなあと思えます。

佳いきょうを。

投稿: | 2012年3月29日 (木) 05時54分

ぞみさん

「その日」がくる前に、
きっとお会いしましょう。

ね、いろいろ考えたり、書きだしたりしているうち、
「その日」がなんだか、辛くかなしい日では
なくなってきます。

わたしには、それがうれしいです。

投稿: | 2012年3月29日 (木) 05時52分

こんばんはmoon3
あと一週間で終わるなら…我慢してきた事を思い切りやる…でもそんな我慢してきた事なんてないことに気がつきました。
いろいろと考えてみたら一つ、身の回りをすっきりかたずけていきたいなと思いました。
二つ、自分にかかわった全ての人に感謝を伝えていきたいです。
三つ、辺り一面が桜の花という景色を眺めたいですが…この三つの事はあと一週間じゃなくても出来る事ですよね…やはりやるべき事をきっちりとやっていつ終わりがきても後悔しないように、日々過ごしていきたいです。
私事ですが…中3の長男が無事第一志望高校に合格して卒業式を迎えました。
式の最後に卒業生全員の合唱の力強い歌声に聴いていて涙がとまらず…ここまでまとめてくださった校長先生はじめ先生がたには感謝でした。
これからどう歩んで行っても、「サクラ咲ケ」を口ずさみ応援していくのが親の出来る唯一かなと思ってます。

投稿: アサコ | 2012年3月28日 (水) 22時54分

ふみこさま

「迷惑をかける」について。気づきました。

このお話の中で ふみこさんは
「迷惑をかけないように」行動していたのではなかったと。
読んでいて 気持ちが明るくなったのはだからですね。
ああしよう、こうしよう、って どんどん想いが膨らんでたからですね。

そんなところに「楽しみ方」を見つけた気がします。
明日から 私も楽しんで家事ができそうです♪

ありがとうございました。(なんども ごめんなさい)

投稿: keiko.an | 2012年3月28日 (水) 22時11分

ふみこさん、みなさん、こんばんは。

世界があと一週間で終わるなら・・・
家族それぞれの好きな食べ物を日替わりで作って
みんな一緒に食べながら、この世での反省会をしようかな。
来世、もしくは違う星でまた会えた時のために。笑
お世話になった人々全員への挨拶は無理だから
年賀状ならぬ感謝状を贈ろうかな。
「その日」がいつ来てもいいように、
日日をたいせつにしなくてはいけませんね。
「その日」が来るまでに、ふみこさんにはお会いしたいなぁ。

先日は、お祝いのお言葉をありがとうございました。
息子の成長を眺めつつ、自分も前に進まなくては。
いよいよ、春ですね。

投稿: ぞみ | 2012年3月28日 (水) 21時13分

green iceさん

押しつけてしまったようで、
申しわけなくも、うれしい……です。

子どもたちのせんせいとのお別れを、
わたしも幾度も学びました。
それは別れではなく、
経験のなかに、
こころのなかに、
存在をうつしかえることなのだ、と。

うつくしい春の一場面です。ね。

投稿: | 2012年3月28日 (水) 16時25分

ふみこさん。たびたびごめんなさい。

眠れぬ夜の友をありがとうございます。
さっそく「村田喜代子」の故郷のわが家と
メイ・サートンの海辺の家 を図書館に予約しました。
予約してから、家ばっかりだ。と気づきました。
また新しい世界に入り込めます。楽しみです。

明日は小学校の離任式です。
娘がとても好きだった先生が何人も転任になります。
今度中3 (受験の年です。どきどき) になる娘と
その同級生 (久しぶりにあう子も…たのしみ) に混じって
お見送りをしてきます。

投稿: green ice | 2012年3月28日 (水) 16時10分

keiko.anさん

昨年の明日館での会のへ、
いらしてくださいまして、
どうもありがとうございました。
あれから、また時が過ぎました。

小さな変化も、
気づかない変化も、
そして変わらずにあることも、
この日日のなかには、含まれています。

何もかも、きっと意味あることなんだなと
思えます。
このおたよりにも、そんなとくべつな「あありがたさ」を
おぼえます。

そうそう、わたしは、
迷惑をかけないように、とはあまり考えていないかなと
思うのです。
おたよりを読ませていただいて、気づいたのですけれど。
どうしたって、迷惑はかけていると思うのですもの。
気がつかないうちにも(迷惑を)かけていて、
よかれと思ってしたことでも、迷惑になったりしますもの。
それで、迷惑をかけられても平気と思うことに
切り替えました。
だから、こちらのもお許しくださいね、という感じです。

勝手なことを申しました。
こういうのも、迷惑なんだと思いながらも……。

投稿: | 2012年3月28日 (水) 09時46分

saguchiさん

こんにちは。

ああ、そうでした。
昨年の9月ごろ、つわりでいらしたのでした。

もう、そういう時期ですね。
うれしいです。
いいお産になりますように、と
祈っております。

ふたまわりも、三まわりも大きな、
たっぷりとした春ですね。

投稿: | 2012年3月28日 (水) 09時38分

ふみこさま みなさま こんばんは

 私も

「これまで読むのにとどめてコメントを書かずにきたひとも書いてくださったら」

の言葉に促されて来ました(^^ゞ

毎日ふみこさんの文を読み返し、みなさんのコメントも読ませていただき
感じることはあるのですが、どうも気後れしてしまい・・・。

とはいえ
今日のふみこさんも魔法使いでした。
読み進んでいく内「命があと1週間」という辛いはずのことが消えて
あれもしたいこれもしたいと夢が膨らんでいるように感じちゃいました。

でも、迷惑をかけてはいけないとか
お世話になった方には会って挨拶したいとか、私も同じです。
あと、子供達に後片付けをさせなくて良いように物は減らしています。

最期
スッキリした部屋で大好きな鰻が食べられたら満足です。

みなさん この春新しい生活が始まるんですね。
どうぞ素敵なスタートを。


投稿: keiko.an | 2012年3月27日 (火) 23時27分

ふみこさん、みなさん、こんばんは!
saguchiこと、かかです^^
だいぶ長い事、書き込みせずにいましたが、
私は元気です。

「これまで読むのにとどめてコメントを書かずにきたひとも
書いてくださったら」
というのを見て、書いてしまいました(笑)
あと一週間と言われたわけじゃないのですが・・・

でも、あと一か月です。
そう、もうすぐ三人目の子の出産なんです。
予定日は四月の三十日なのですが、
おそらく早くなりそうなのです。

もうそろそろ新生児を迎える準備をしなくてはいけないのですが、
下のタオルの記事を見て、真っ白なガーゼを買うのをやめて、
可愛い模様か色がついたものにしようと決めました。
赤ちゃんに使うガーゼほど、黄ばみが気になるものは無いので・・・

そして、その他のタオルも、お産をきっかけに、
新調しようと思っていたんですが、ベージュ、茶、良いですね~!
アイデイアいただいちゃいます♪

そうそう、先日、長男が年中さん最後のお弁当で、
リクエストを聞いたら、サンドウィッチでした^^
キュウリだけのものと、おろした人参とツナを混ぜたもの、
これが我が家の定番ですが、これを入れました☆
最後の日は、それにプラス、美味しいカフェオレかなと思います。
でも、お刺身も捨てがたい・・・・・・・・
しばし悩みます。

それでは、また。

投稿: saguchi | 2012年3月27日 (火) 22時31分

こぐまさん

お嬢さんの門出に、
こぐまさんも、あたらしくなるのですね。
新こぐまさんですね。

おめでとうございます。

わたしは、子どもたちが独立したら、
どんな感慨をもつだろう……。
とてもはるかな、
とても親しいひとたちですが、さて。

わたしも、さいごの1週間のなかで、
お寿司は食べたくなるだろうと思います。
さいごの1週間、市場はどうなっているのか、
などとは考えなくて……いいかな。

投稿: | 2012年3月27日 (火) 18時17分

ふみこさま。

こんばんは。
娘が下宿先に行ってから、2日経ちました。
どんなに寂しい日々になるかと思いきや、いたって元気に過ごしております。
娘は、いずれ結婚していなくなる人だと覚悟もしているので、いないことで
寂しがってはいけない気がしています。
娘も、けろっとしていて電話でもけらけらお互い笑ってしゃべっています。

地球最後の日。
それも、こんなふうに過ごしてしまうのかも。
案外、普段通りに・・・。
まぁ、でもさすがに、やっぱりあわてるかな?
最後に食べたいもの。
なんだろうなぁ。お寿司かな?
なんて思っています。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2012年3月27日 (火) 17時22分

green iceさん

眠れない夜に読むのにふさわしい本といえば。

……ええと。
『大草原の小さな家』とか。
作家で云うなら、
「村田喜代子」や「ドスとエフスキー」。

ええと、ええと。
「メイ・サートン」とか?

なんだか、系統もなにもなく。
すみません。
そして、どうもありがとうございます。
green iceさん。


投稿: | 2012年3月27日 (火) 15時27分

どりすさん

映画の主人公のような方ですね、
どりすさん。

でも、考えてみると……、
いま生あるわたしたちは、
誰もかれも、気がつかないだけで、
危機をくぐり抜け生きているのでしょうね。

大事に生きたいです。ね。

投稿: | 2012年3月27日 (火) 15時18分

しょうさん

大事な「週」ですね。

わたしも、ここを通して、しょうさんの机が
見えるような気がし、
そしてそして……、大事なときに立ちあっているような気がします。

邪魔にならないようにします。

わたしね、
この世から先に旅立ったひとに向かっても、
「じゃあ、またね」と挨拶します。
「じゃあ、またね」って、いいなあ。と思います。

投稿: | 2012年3月27日 (火) 15時15分

Koujiさん

Koujiさんが寒さに向かって怒るとは……。
にわかには信じられません。

でも、もうあたたかくなりますね。

わたしもつくしに会いたい。

投稿: | 2012年3月27日 (火) 15時11分

ふみこさん。こんにちは。
最後の日ですか…
ほかの事はともかく、うちの老犬を真ん中において
だいじょうぶ。だいじょうぶと言いながら
家族みんなで固まっていたいです。
たべものは、何がいいかなぁ…
おいしい冷たい水!!(へんな答えですねぇ)

最近なぜか眠れずに、
お休みの前日は仕方なく眠剤を飲んだりしていますが。
あっちに転んでも、こっちに転んでも
時計の針はどんどん進んでいくし
焦るばかり…
で、諦めてふみこさん「片づけたがり」を読ませていただきました。
2日で読んでしまい、今また丁寧に読み返しているところです。
私、決心しました。片付けたがりに弟子入りして
夜台所でやかんやその他もろもろの方々にも休んでもらおう。
(はずかしながら、やかんはいつもコンロの上に載ったままなのです)
勝手に弟子入りして3日が過ぎました。
昨日は病院で5時間を過ごしへとへとになりましたが
(待っている時間は編み物しながら楽しく過ごしたんですが…)
夜の片付けもちゃーんと出来ました。やったぁ!!

時間をたべる虫。は
佐藤さとるさんのマッチ箱の虫を想って
楽しかったです。
たっくさーん勇気と気持ちを補充できました。
眠れぬ夜の友。ありがとうございました。

投稿: green ice | 2012年3月27日 (火) 14時04分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
ノーテンキの代名詞のように言われてきましたが、
私は、たぶん、ものすごーく慌て、潔いとはいえない動揺ぶりを
発揮する気がします。
生まれてから今までに、3回生命危機がありました。
仮死状態で誕生、ガケから転落、交通事故。
どれもやはり、「いきなり」ですよね。
でも、1週間と宣告されれば、もしかしたら最高に濃縮された過ごし方を
するのかもしれませんね。
最後の最後に、最高に幸せな過ごし方に気付くのかも。
今日、久しぶりに同級生たちと会うので、
みんなでシュミレーションしてみます。
桜のプクプクした蕾を 愛でながら。

 しょうさん、締めの日が佳き日でありますように。
 

投稿: どりす | 2012年3月27日 (火) 13時09分

ふみこさま

こんにちは。

読みながら私も「その週」のような気持ちになりどきどきしてしまいました。
物語を読んでいるような。

そして、はっとしました。
私は今週いっぱいで退職です。
地球最後の日とは重みが全く違いますが、私のなかでひとつの世界が終わる「その週」なんですよね。
で、結局普通に過ごしていて、送別会してもらっても「じゃあまたね」みたいなかんじなんですよ。でも最後の日は泣いちゃうのかな~。
最後の日のランチは、ひとりでしみじみ食べようかな、とか、考え始めてます。

ランチタイムにこのデスクで「うふふ日記」をみるのも、今日が最後です。
勇気をだして初めてコメントをいれたのもこのデスクででした。

ふみこさん、前回のコメントでたくさんの「おめでとう」をありがとうございます。
手放して、こんど新たに迎え入れるものを大切にしていきますね。

投稿: しょう | 2012年3月27日 (火) 12時49分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 
寒い寒いと怒りながらも(怒ったりしています。)、梅がさき、きのう「つくし」をみました。
つくしをみること自体、ひさびさな気がしました。田舎なんですけれどね。
ところで「書くには書いたが、遠慮しいしい書いてきた類(たぐい)のこと」がぼくは気になりました。
それは置いといて、最後の晩餐。
以前はラーメンでした。美味しい、醤油の中華そば。東北のものが、やはり。
いまは、炊きたての白いごはんです。美味しい辛子明太子とか美味しいおつけもの(ぬか漬け、なら漬け、キムチ)といっぱい食べたいです。
漬け物といえば、岩手の「南蛮漬け」ご存知ですか?
ピリッと辛くて美味しいですよ。
年々歳々、生まれ故郷の味に惹かれてゆきます。なんだかおじいさんのようですが。

投稿: Kouji | 2012年3月27日 (火) 12時08分

寧楽さん

サンドウィッチというのは、
時に……、事柄に……、
「、」や「。」を打つような食べものだと、
わたしには思えます。

昨年、奈良でひらかれた
「『自分の仕事』を考える3日間」のとき、
寧楽さんがつくって持ってきてくださったサンドウィッチ。
あれは、すばらしくおいしかったなあ。
プロのサンドウィッチでした。

鶏とセロリのサンドウィッチだけ、と
考えています(さいごには)。
キューカンバー・サンドウィッチも
捨て難いのですが。
あれもこれも、と思いはじめると、
ピクニックのようになってしまう……。

投稿: | 2012年3月27日 (火) 11時14分

ふみこさま

嬉し…

サンドイッチが最後の食べ物!

これには好きなきゅうりも
入っていますか?

私なら……
自分で食べることもするけれど

感謝をこめて
作れるだけのパンやサンドイッチを
作って
みんなに食べてもらいたいなぁ(笑)

投稿: 寧楽 | 2012年3月27日 (火) 10時47分

コメントを書く





絵文字を挿入