オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 「忘れない人」 | トップページ | 力学 »

2012年3月13日 (火)

あ、つながった。

 すごいなあ、すごいなあと思っている。
 こういうものに向かって、「すごい」と云うだけなんて、語彙(ごい)のないこと。けれど、ほかに……。そうだ、凄いと書いたらどうだろうか。こんなにやさしくきれいなものに「凄い」はないか。

 友人が、「母の手しごと……」と云って手渡してくれたものだ。
 刺し子の布巾である。赤い糸のと、藤色の糸のと2枚もらった。卓をはさんでともに飲もう、食べようという場面でのことだったから、すぐと鞄にしまい、それきり忘れた。
 思いだしたのは、夜半すぎ、家にもどったときだ。鞄からとり出し、矯(た)めつ眇(すが)めつ見れば見るほど、うつくしい。うつくしいが、それだけでなく、つよさのようなものもあらわれていて、圧倒される。
 友人のお母上は、たしか80歳をいくつか超えているはず。
 ふと、布巾の針目から、「使ってくださいな」という声が立った。酔っているせいかもしれなかったけれど、たしかに聞いてしまった。
 翌日、ほんとは飾っておきたいようなその布巾を、わたしは台所の電気オーブンの上にひろげた。洗い上げた食器類を拭いたあと、もうひととき干しておく広場にしようと考えたのだった。
 菜箸、しゃもじ、木杓子、椀、わっぱの弁当箱の休憩地である。この上で休みながら、さっぱりと乾いてもらおうという算段。

 お目にかかったことのない友人の母上が、わたしの台所で働いてくださっている。翌朝の台所には、そのことを思わせるのにじゅうぶんな空気が漂っていた。
「おはようございます」
 と、挨拶する。
「陽子さん(友人の名である)がここへ、お連れくださったのです。よろしくお願いいたします」
 刺し子の布巾は、「ごていねいに……」とおっとりと云ったあと、何年もここにこうしているかのような佇まいで、いる。
「陽子のところへは、子猫がやってきましたねえ」
 と、布巾が語る。
「ええ、ええ。先住の猫さんが逝ってしまって、しばらくは猫なしで暮らすつもりと云われていたのでしたが。そんなことにはならないような気がしていたのです」
 と、云う。
「生きる力が増すだろうね」
「ほんとうに」

 ひとと、こんなかたちでつながる。
 最近まで、それを知らないでいた。こころの宿ったものを通じて、つながることを確信したのは、東日本大震災のあとからだ。

Photo
気持ちのいい刺し子でしょう?
なんというやさしい針目かと、眺めるたび
わくわくします。
こういう手しごと、おぼえたいなあと思います。
そうして、知らない家の台所で働きたいです。
……夢。


Photo_2
休憩地です。

|

コメント

Kouji さん

…… Kouji さん。

投稿: | 2012年3月19日 (月) 09時32分

ふみこさま、みぃさま、みなさま、こんにちは。
 
みぃさん、やさしいおことばありがとうございます。
みぃさんやみなさんに、ぜひぜひお勧めしたい本があって。
つい最近図書館で出会った本ですが、『元気がでる美味しいごはん』すごくすごくおもしろかった。
いや、みなさんもうすでにお読みかもしれませんが、もしまだでしたら。
みぃさん、元気づけられますよ。
ふみこさんのご本です。

投稿: Kouji | 2012年3月18日 (日) 21時30分

きんもくせいさん

ああ、いいもの、思いださせてくださいましたね。
どうもありがとうございます。

海に落ちているガラスのかけら。
あれは、ほんとに不思議ですねえ。

あんなふうにまるく……。

わたしもご一緒させてください。

投稿: | 2012年3月17日 (土) 12時12分

みぃさん

いつか、わたしの刺繍ものがたりも
聞いてくださいね。
小学校高学年のとき、刺繍と出合い、
高校3年まで、刺繍を(たのしみで)つづけていました。

図案が思い浮かばないので、
当時あつめていたナプキンペーパーの柄を真似したり、
本の挿絵を写して刺したりしていました。
メアリーポピンズとか、ドリトルせんせいとか。

たのしい思い出です。
ときどき、当時の刺繍(あたまにつける三角巾の
三角のところなんかに)と顔を合わせると、
ぽっと赤くなったりします。

投稿: | 2012年3月17日 (土) 12時02分

ふみこさま、みなさま

いつもありがとうございます。
「まっしぐら」な気持ちから逃げてしまっていたかなあ、と反省
しました。
またいっしょうけんめい、すごしています。
子供の寝顔を見ていたら、小さい頃に好きだった、海に落ちている
ガラスのかけらみたいに、波にもまれながら、しろくまるくなって
いきたいなあと思いました。

刺し子の布巾、ほんとうにうっとりしますね。
私も憧れている手しごとのひとつです。
もうちょっと先の楽しみにとっておきます(^^)

投稿: きんもくせい | 2012年3月16日 (金) 09時46分

ふみこさま Koujiさま すいかさま

おはようございます。
ふみこさん 『マルタのやさしい刺繍』 わたしも観ました。
幾つになっても あたらしい事や夢にチャレンジできるのだな…と
この映画を観て希望と勇気をもらいました。
かわいらしく 美しく そして丁寧な刺繍もとても素敵です。
Koujiさん ぜひ ご覧になってみて下さい!
そして。
『キルトに綴る愛』。まだ観ていません。
ぜひ観てみようと思います。内容を読ませていただいて
とても気になってきました。
ありがとうございます。

わたしの周りには刺繍をされている方があまりおらず、
ずっと淋しい思いをしていました。
けれど すいかさんが刺繍を楽しんでいらっしゃる事を知り
とても嬉しくなりました。
ハンガリー刺繍 お好きなんですね。わたしもです。
サテンステッチが苦手なので苦労していますが…。
わたしも体調が良くない時には なかなか刺繍の時間が取れません。
けれどコツコツと長~い時間をかけて
これからものんびり楽しんでいけたらいいな…と思っています。
いっしょに”あたたかいチクチクばーさん”を目指したいですね。

ふみこさんのおかげで こんな風に刺繍や映画を愛する方々と
この場でつながることができました!ありがとうございました!

投稿: みぃ | 2012年3月16日 (金) 09時45分

mayuさん

いらっしゃいませ。

というか、
一昨日は、読者の会にいらしてくださって、
どうもありがとうございました。

ああ、お名前をまちがえたあのとき……。
ほんとうにごめんなさい。
粗忽者のわたしときたら……。

あの日は、不思議な日でした。
降り注ぐように、いっぱいいろんなものを
いただいて。
(もちろん、目には見えない賜物のこと)。

忘れられない日になりました。

投稿: | 2012年3月16日 (金) 09時40分

まきはやさん

こちらこそ、うれしいです。
ピースも、
3月11日に、未来の花をみつけられたことも、
うれしい……。

投稿: | 2012年3月16日 (金) 09時37分

すいかさん

そうです、そうです。
あせらず、ゆっくりちくちくです。
(せわしない「ちくちく婆さん」は、魅力半減)。

そんな素敵な手しごとのできる指を
もっておられるのですもの。
それは、ほんとうに輝かしいことだと
思えます。

投稿: | 2012年3月16日 (金) 09時35分

rantana さん

一昨日は、
どうもありがとうございました。
広島からいらしてくださったこと、
忘れません。
(距離のはなしではないのですが)。

こんどは、わたしが広島に行けるといいなあと
思います。

あの日、明日館のホール、ふさがって、
混雑していましたね。
せっかくの機会でしたのに。

投稿: | 2012年3月16日 (金) 09時33分

えぞももんがさん

ほんとうに。
この刺し子の布巾は、
わたしの未来のビジョンだなあと
思うんです。

目標ももたず、
日日せっせとひたすらに……と希うわたしですが、
これは、ある目標かな、と。
ありがたい、ありがたい刺し子の布巾です。

投稿: | 2012年3月16日 (金) 09時29分

Koujiさん

まあ。
その映画(「キルトに綴る愛」)、
観てみよう……。

うまくゆかなさに価値を見いだす
生き方が、共感をよぶのかもしれませんね。

投稿: | 2012年3月16日 (金) 09時27分

ふみこさま

とてもすてきな刺し子。
ほんとうに素晴らしい手仕事です!

先日はお話会に参加させていただきました。
憧れのふみこさんにお会い出来てうれしくて・・・
勇気を出してもっと、お話したかったです。

サインをしていただいた時、私が付箋に書いた名前が
小さすぎて、ふみこさんに申し訳ないことをしてしまった
と反省しています。

幸せな時間をありがとうございました。

投稿: mayu | 2012年3月15日 (木) 21時48分

ふみこさん

お祝いの言葉 ありがとうございました。

息子に伝えました。

ニヤッと笑って
ピースして
ありがとうって言っといて って 出かけていきました。

希望の春です。

投稿: まきはや | 2012年3月15日 (木) 20時08分

ふみこさま みなさま
 こんにちは。
 わたしも20年ほど前の冬、幼稚園バスを数人のママたちと待っていたときに、ご近所の年配の方から、1人2枚づつ刺し子のふきんをいただきました。その後転勤続きで、どうしてらっしゃるのかわかりませんが、今でもぬか漬けの甕にかけて、毎日見るたびほっこりしています。
 わたしはクロスステッチで親しい人にサンプラーを刺繍したりします。みんないろいろあるけれど、わたしにできることは?なので、詫びるような祈るような気持ちで刺しています。
 わたしもハンガリー刺繍も大好きです。直に見たくて昨秋、2回京都での展示会に行ってきました。
 ところが、最近は体調によって作業が中断ばかり、図案集やら布やら糸やらが溜まるいっぽうで、あきらめ気分いっぱいになっていまい反省中&落ち込み中でした。
 でもみなさまのコメントに出会えて、嬉しい気持ちになりました。好きなことはあきらめず、無理もせず、あたたかいちくちく婆さんめざして、思いをこめて、1つ1つ仕上げていきたいです。
 ありがとうございます。 

 

 
  
 

投稿: すいか | 2012年3月15日 (木) 18時30分

ふみこさま みなさま

広島は、やっと、春のひざしです。日向の梅は、満開でした。
花ふきん、手作りをいただきながら、
私が活躍の場を考えつけぬばかりにしまったままにしているのを思い出しました。
今年は、ふみこさんに問われて、お雛様にもご登場いただいたし、
花ふきんにも、持ち場を担っていただきましょう。
つながってる、おかげです。

お話会、やさしい空間でしたよ。
明日館のホールをあじわえなかったのがちょっぴり心残りでしたが。
会のお知らせを見た当初はとても無理と思えたのに、その場にいられたこと、
うれしかったです。ただひたすら。
ありがとうございました。

投稿: rantana | 2012年3月15日 (木) 17時21分

ふみこ 様 こんにちは

ずっと読み進めていって 「刺し子の布巾」の写真を見て
「うわ~~」と 声が出ました。
この布巾 本当にすごいです。
一針 一針 と言う言葉がぴったりですね。
さわってみたくなります。

わたしは たまに自分の無力さにがっかりすることがあるのですが
こうして ひとつ ひとつ 丁寧に仕事をしていくと
こんなに すごいものになる・・・そう思いました。

丁寧に 丁寧に 暮していれば 
いつか 自分でも 「これでいいね」と思える日が来そう!
この布巾を見て そう思いました。

今週も ありがとうございます。 

投稿: えぞももんが | 2012年3月15日 (木) 16時48分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
 
『マルタのやさしい刺繍』 
どんな物語なんだろう、と検索してみたら、記憶にありました。そういえば、宣伝をみたことがあります。
その時分にはあまり関心をもちませんでしたが、いまになるととても興味があります。観てみたい映画です。
ところで、『マルタのやさしい刺繍』のタイトルをみて思い出した映画があります。
『キルトに綴る愛』。
恋に悩んだ女の子が、大叔母のもとへゆく。そこではキルトの制作がはじまっていて、携わる女性たちひとりひとりの愛が語られてゆく。それが励みとなり、女の子は踏み出すというおはなしです。
 
上手くいったという体験談はないのに、それが励みになる。というのは不思議な、もしかしたらおかしいことなようでいて、でもなるんですよね。
成功談よりも、励みになるかもしれません。

投稿: Kouji | 2012年3月15日 (木) 16時23分

まきはやさん

3月11日、
王子さまのお誕生日おめでとうございます。
(あらためて、大きな声で)。

だからこそ、
希望に満ち満ちた存在として、
希望の象徴のような存在として、
生きていっていただきたいなあと、思います。

ふんちゃんというおばさんが、
「期待しちゃうなあ」と云っていたとお伝えください。

投稿: | 2012年3月15日 (木) 11時21分

寧楽さん

折り目正しい……。

ほんとうにそうです。
いいことばを、
ぴったりなことばを、
みつけてくださって、
ありがとうございます(いつもながら)。

読者会、無事に終えることができました。
来週、報告いたしますね。

投稿: | 2012年3月15日 (木) 11時18分

みぃさん

ハンガリーの刺繍、知りません。

が、みぃさんのおはなしから、
映画をひとつ思いだしました。

「マルタのやさしい刺繍」

あれは、たしかスイスの小さな村を
舞台にしたものがたりでした。

ハンガリーの刺繍、さがしてみます。

投稿: | 2012年3月15日 (木) 11時16分

こんにちは。

松山も 先日は なんと雪が降りましたが 今日は 一転 春らしい柔らかい日がさしています。


花の模様の布巾、大らかで素敵ですねぇ。

手から手へ。いろいろなものを通して おもいは伝わるのですね。


11日 息子は 18歳になりました。
去年 「これから毎年僕の誕生日は辛いな」と 沈んでいましたが 今年は いろんな人に祝ってもらい、(ふみこさんにもこの欄でおめでとうと言っていただき) 新しい門出に希望に満ちた顔で 一年のスタートをきりました。

当たり前ではない日常を大事にしていきたいな。

人とつながるのは あったかいです。

投稿: まきはや | 2012年3月14日 (水) 12時29分

ふみこさま

優しい手しごとですね。

それに折り目正しい。
穏やかな強さ、受け取る方も
きちんの使わせていたぢきます。
と言いたくなるような…

モノはどんなものも
使ってこそ!だと
思いますね。

おはなし会、優しい空間で
ありますように。

投稿: 寧楽 | 2012年3月14日 (水) 10時11分

ふみこさま みなさま

おはようございます!
今朝顔を洗っていると、聴こえてきました。
♪ホーホケキョ…と。
わたしが聴いた この春 最初の歌声でした。
こころが踊っております。

さて。花布巾。
なんと たおやかなお布巾なのでしょう。
先週のコメントにも書かせていただきましたが
日本の文化のすばらしさを しみじみと感じました。
生活の中に息づいているなぁ… そんな思いがします。

ハンガリー刺繍をご存知でしょうか?
ハンガリーのすてきなおばあちゃま達が
伝統を引き継いで 日がなちくちくと素敵な刺繍をされています。
その作品の素晴らしさといったらありません。
長い人生を生きてこられたおばあちゃま達だからこそ
あの見る者を圧倒するような それでいて
あたたかな雰囲気の刺繍が刺せるのだろうなと思います。

この花布巾も おともだちのお母様の 
これまでの人生が詰まっているような
そんなお布巾ですよね。
ハンガリーのおばあちゃま達の作品と
同じニオイを感じました。


投稿: みぃ | 2012年3月14日 (水) 10時10分

ぞみさん

へえ、お手紙をね。
うらやましいですね、それを
受けとる「同級生」。

ホワイトデーなのですね。
きょう。

投稿: | 2012年3月14日 (水) 09時21分

keiko.anさん

おはようございます。
やさしい気持ち、
やさしい時間。
ほんとうに、そうですね。
手しごとって、それですね。

昨年11月の明日館での会にいらしてくださって、
どうもありがとうございました。
きょう、また、明日館の会があります。
行ってまいります。

おたよりに、とても励まされています。

投稿: | 2012年3月14日 (水) 09時20分

おまきさん

わたしの「手しごと」には、
「破れかぶれ」な感じが……。
どうしても目的地に到着するという
決心はいいですが、無茶するんです。

この布巾は、とことんやさしくてね、
洒落ています。
みならいたいなあ、と。

投稿: | 2012年3月14日 (水) 09時17分

ふみこさん、みなさん、おはようございます。

すてきな布巾ですね、ほんとうに。
ご友人のお母様が優しい気持ちで
作られたんだなぁと、ほんとうによく
伝わってきます。
眺めているだけで、優しい気持ちになります。
そして、その「縁」がほんとうに素敵。
私の母も靴下を編むので、一度友人に
送ったことがあります。
使ってくれる方が、ふみこさんのように
感じてくれたら嬉しいですよね。

今日はホワイトデーですね。
6年生の息子がお返しを持って登校したのですが、
昨夜、お返しにつけるお手紙を書いていました。
今の子って、マメなんでしょうかね。笑

投稿: ぞみ | 2012年3月14日 (水) 08時36分

ふみこさま、みなさま こんばんは。

素敵な花布巾から 作った方の優しい笑顔が見えるようです。
花びらを集めたような、刺し子ですね。

私も 自己流で刺し子を楽しんでいるので
今日は特に興味深く拝見しました。

早速使っていただけて
お友達も作り手のお母様もお布巾も、みーんな喜んでいると思います。
私も、作ったものをあげたら
どんなに褒めてもらうよりも、使ってもらえるのが嬉しいですもの。

それにしても、優しいお布巾ですね。
ふわっとした手触りが感じられます。

私もこういうのができるようになりたいです。

まずは、優しい人にならなくちゃ でしょうね。
ね。

投稿: keiko.an | 2012年3月13日 (火) 22時34分

ふみこさま、みなさま。

きれいな布巾ですね! 私の憧れの手仕事です。刺し子、こぎん刺し。長い冬の間に刺してみたいですね……。

手で作るものって、作り手の様子がすごく現れますね。私の母が作った刺し子やセーターは、若い年代に作ったからか、もっとキッとしていた覚えがあります。

私が作った物は、なーんかこう……まばら。
気持ちのままに進みすぎなのですね。
私はこのままおばあさんになりそうで、怖いような、わくわくするような。

投稿: おまき | 2012年3月13日 (火) 19時34分

しょうさん

どうもありがとうございます。

明日の会のようなのも、
ちくちくのような気持ちで、と
思わせていただきました。

「日直」がんばります。

また、いつかどこかで。

投稿: | 2012年3月13日 (火) 14時05分

どりすさん

わたしも、
そうとうな勇気をもって、
この刺し子の布巾を使いはじめたんです。
そうしてみると、
やっぱり使うのがいいなあと、
思えてくるのです。

しまいこまなくてよかったなあ、と。

投稿: | 2012年3月13日 (火) 14時04分

green ice さん

ケット作成のただ中なのですね。
素敵だなあ。

どうか、無理せず、
お願いします。

あたらしい道もさがしあててくださいますように。
わたしも、いつでもあたらしいことに
気づけるようでありたいと思っています。

投稿: | 2012年3月13日 (火) 14時02分

ももさん

そうなんです、そうなんです。

わたしも、あたたかいちくちく婆になりたいです。
このままだと、
騒がしいがさがさ婆になってしまう……。

いつもありがとうございます。
『暮らしのポケット』を書いたころの
ふんちゃんに、よろしくお伝えください。

ふんちゃんより

投稿: | 2012年3月13日 (火) 13時59分

バッテリーさん

手しごとの世界に生きておられる
バッテリーさんの目から見ても、
なんて美しい!と映るのですね。
というより、
わたしには見えないけれど(まだ)、
バッテリーさんに見えている「美」も
ここにはあろうか、と。

どちらにしても、
ひとのそばにいてくれる「美」ですね。


投稿: | 2012年3月13日 (火) 13時57分

ふみこさん、こんにちは。

わぁ・・・すばらしい、「作品」ですね。でも、やっぱり、使った方がいいですよね。
以前結婚のお祝いで若い作家さんの陶器をいただいたのですが、その方も、それを贈ってくださった方も「どんどん、使ってね。器はどんどん使うことで生きてくるから」といってくださり、がしがし使っていることを思い出しました。

私はお裁縫がからきしだめで。。。でも先日ちょっときっかけがあって、
はじめて刺繍をしました。そして、とまらなくなってしまいました(笑)。
「ちくちく仕事」が好きなみなさんの気持ちがちょっとだけ、わかりました。
ゴールじゃなくて、過程が楽しいんだなあって。

明日は明日館ですね!今回は仕事がどうしても休めず見送りましたが、
気持はあの小部屋にいたいと思います。日直、がんばってくださいね(^-^)

投稿: しょう | 2012年3月13日 (火) 13時14分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
ほんとうに。
ご挨拶をしたら、やさしい声の聞こえそうな、なんとも見事な刺し子ですね。
80歳を過ぎたお母様でしたら、鍛錬なさっていても、その一針一針は、
ご苦労なことだったでしょう。
赤い糸が、いろんな繋がりと言葉に見えます。
「手しごと」って、こんなにも力強く、優しいんですね。
有り難すぎて、使えずしまいこんでいた手編みの食器洗いを
私も使うことにします。
「もっと丁寧に洗うのよ」「あら、今日は手際イイわね」
もう今は、目の見え辛くなった作者の声が、感じられそうです。
今日は、お昼前から、なごり雪が降っています。

投稿: どりす | 2012年3月13日 (火) 12時53分

こんにちは。
刺し子すてきですね。
でも、刺し子とお話できるふみこさん…
わたしもお友達の70歳を超えたおばちゃんから
刺し子をいただいています。
わたしも、お話してみよう。

私も手仕事大好きで、
退院した日に娘が布団の上に掛けてくれた
キルトの暖かさに感動して(自分で作ったものですが)
いまはお昼ねケット作成に頑張っています。
チクチク…やさしい時間です。

ふみこさんごめんなさい。少しだけこの場所を貸して下さい。

カメの子さんへ。
難病同士つながりましたね(笑)。笑いごとではないんですが。
体調はいかがですか?
先日はメッセージありがとうございました。
とてもうれしかったです。
発病して1年半がたちました。
先のことを考えると不安で、娘が心配で。
仕事ももうできないんだろうと、
夢見ていたことがすべてなくなってしまった感じでした。

体力は8割ほどしかもどってない感じですが
そんな体でも使い慣れて、本業の合間でやっていた子どもたちとの仕事にも
復帰できました。手仕事もガーデニングもやっています。
もちろん、体調第一です。これが一番難しいのですが…
ついついやりすぎてしまいます。
病気になって良かった。とは思えませんが
病気になってわかった事はたくさんありました。
家族には今でも申し訳ない気持ちで一杯ですが
長い入院中は、先生はじめスタッフ、患者さん達にやさしくしてもらい
悲しいけれどほんとうに幸せな時間でした。

思うようにならずに、煮詰まってしまうことも
たびたびです。
またお話きいて下さい。お体大切にしてください。


投稿: green ice | 2012年3月13日 (火) 12時36分

ふんちゃん

 先日は、とてもお優しいお心をありがとうございました。
 静かな落ち込みもまた、大切にしなければならないと感じています。

 とても素敵な刺し子に見入ってしまいました。
 そして、深~く息をしました。
 うっとりします。一針、一針の動きを想像しながら…。
 暮らしの手帳にも、花ふきん模様集という素敵な特集がありました。
 いつか、ちくちく…ゆったりとした気持ちの温かいおばあちゃんになることを夢見ながら、眺めていました。
 そして、今日の布巾。
 ひとつ、ひとつ…、そういったことをいつの間にか忘れて暮らしてしまいます…。
 ここへ来れば、何か思いだせるような気がして、いつもお邪魔しています。
 (毎日、怒ってばかりの私に…、「ふ~ん、そんな暮らしを目指しているようには見えないけれどねぇ…」と、子どもたちには言われそうですが…(笑))

 昨日、フト、ふんちゃんの「暮らしのポケット」を、また拝読しました。
 そこには、今よりもお若い、今の私と同年齢くらいのふんちゃんがいました。
 そしてまた元気が出てきました。
 
 ふんちゃん、いつもありがとうございます…。

 

投稿: もも | 2012年3月13日 (火) 10時30分

ふみこ さま

うっとりと、ため息をついてながめています。
なんて美しい手しごとでしょう!

ほんとうにながめているだけで、
彼女(彼?)から、いろんな物語が聴けそうですね。

投稿: バッテリー | 2012年3月13日 (火) 10時20分

コメントを書く





絵文字を挿入