オレンジページnet
このブログは、
『オレンジページnet』の
オリジナルブログです。

『オレンジページnet』はこちら>>
 
profile:山本ふみこ
随筆家。1958年北海道生まれ。つれあい、娘3人、黒猫との、5人と1匹暮らし。ふだんの生活をさりげなく描いたエッセイで読者の支持を集める。著書に『片づけたがり』 『おいしい くふう たのしい くふう 』、『こぎれい、こざっぱり』、『人づきあい学習帖』、『親がしてやれることなんて、ほんの少し』(ともにオレンジページ)、『家族のさじかげん』(家の光協会)など。
profile:山本さんの本
不便のねうち 不便のねうち
足りないくらいがおもしろい 足りないくらいがおもしろい
片づけたがり 片づけたがり
おいしい くふう たのしい くふう おいしい くふう たのしい くふう
こぎれい、こざっぱり こぎれい、こざっぱり
人づきあい学習帖 人づきあい学習帖
親がしてやれることなんて、ほんの少し 親がしてやれることなんて、ほんの少し
まないた手帖 まないた手帖
朝ごはんからはじまる 朝ごはんからはじまる
わたしの節約ノート わたしの節約ノート
おとな時間の、つくりかた おとな時間の、つくりかた
家族のさじかげん 家族のさじかげん
子どもと一緒に家のこと。 子どもと一緒に家のこと。
台所あいうえお 台所あいうえお
元気がでるふだんのごはん 元気がでるふだんのごはん
子どもと食べる毎日のごはん 子どもと食べる毎日のごはん
わたしの献立帖 わたしの献立帖
●こちらもおすすめ!
 『オレンジページ』のブログ
オレンジ進行中
オレンジページ定点観測
堤信子さんの文具びより (ときどき雑貨)
ワンツー☆スリーピース
からだの本ネット日誌
『花カレンダー』のブログ
オレンジページnet エディターズ・ボイス
オレンジページnet
『オレンジページnet』はこちら。

『オレンジページ』に関するご意見、お問い合わせはこちら。

« 宿題をしたくない | トップページ | オレンジページnetよりお知らせ »

2012年4月24日 (火)

台所小景

 台所に興味がある。
 食べものが生まれる場所だから……でもあるけれど、ひとが、ものを考える場所だからでもある。
 そこで働くひとは、手もとを見ながら(そして、たまにふとそこから目を逸らしながら)、考える。その日あったことも考えるし、ずーっと前にあったことも考える。まだ起こらないことについて思いめぐらしたり、起こりっこないようなことを想像したりもする。
 考えがこんがらかると、妙においしくないものができ上がったりして、困惑する。おいしくならなかった理由を、つくった本人は、わかる。
 あのとき浮かんだ妄想が、過分な辛みを加えさせたな、とか。辛い記憶が、混ぜこむべきでない材料を混ぜこませたな、とわかるのである。そうとうにいい線いっていた食べもののさいごのさいごに、あとから「入れなければよかった」と後悔するようなものを投げこんだときなどは、もう、二度といらないことは考えないことにしよう、料理に集中しようと誓う。
 また、いらないことを考えることを知っていながら、ちかっと誓う。

 今朝、わたしは5時に台所で働いていた。
 日曜日の、静かな朝だった。昼過ぎから雨になるとラジオは告げていたけれど、雨になるのは夕刻だろうという気がした。台所の窓から見える空が、そう思わせた。
 日曜日の早い時刻から何をしていたかというと、ソフトテニスの試合に出かける三女の弁当づくりだ。とにかく鶏のから揚げの好きなひとなので、朝の早(はよ)からじゅうっと揚げものをしている。静かな朝の揚げものは、楽器を奏でるように愉快だ。最初に1分半ほど揚げて引き上げる。5分くらいおいて、また1分揚げる。
 映画「南極料理人」(*)を観ていて(大好きな映画である)、「堺雅人」(大好きな俳優である)演ずる南極観測隊員・西村淳(調理担当)が、鶏のから揚げは二度揚げしなくてはいけないと一度ならず云うのを聞いてからの、二度揚げ。二度も揚げたら、油っぽさが増すように思えたのだけれどさにあらず。途中数分置くあいだになかまで火が通るらしく、さいごに1分揚げるときはからりといい色になってくれるというわけだった。

 おむすび3個。
 鶏のから揚げ、レモン添え。
 にら入りの卵焼き。
 茹でたブロッコリとカリフラワー(軸に白味噌を塗る)。
 焼きそら豆。
 にんじんグラッセ(花型)。
 りんごうさぎ。

 今朝も考えた。何を?
 自分が、説明的過ぎるということ。
 世のなか、誤解が前提になっていると思うあまり、あらかじめくどくどと説明してしまう。そうすることによって、経験の味わいが損なわれる。へんてこりんな予告篇でも見せられるようなことになって、実際にその場に立ったひとを興ざめさせてしまうのだ。ひとを興ざめさせたことで、自分も興ざめする。
 あとから、それもずーっとあとから、ああ、あのときの「あれ」はそういうことだったのかもしれないなあと心づくというくらいで、いい。
 そんなことを、りんごの皮をうさぎの耳のようにうすくそぎ切りし、ちょっと持ち上げながら考えていた。

 ——ひととひとのあいだに、ことばはそうたくさん要らないのかもしれないなあ。誤解されたって、かまわないじゃない。いつか、どこかで、それがも解けるもよし。解けないままも、まあまあよし。

*「南極料理人」2009年公開(日本)
 監督・脚本 沖田修一
 原作『面白南極料理人』(西村淳)
 南極観測隊員・西村淳は、南極大陸のドームふじ観測拠点の調理担当。
 越冬する隊員8人分の食事を用意するのが仕事だった。

Photo_2
台所の窓辺の小景です。
三葉とクレソンの、根っこの水栽培。
となりの小さいビーカー(ティーバッグの容器)には、
ドレッシングやたれの残りを入れています。
すぐ使いきってしまえるように。

|

コメント

はじめまして

どきどきしてきました
「おいしい くふう  たのしい くふう」の中で「そう、そう、私もそう思う!」って感ずるところがたくさんありましたので。

2度目の拝読ですが、メモ等には○○さんと「さん付け」をするようになりました これ、本当に心が動きました

私も「土いじり、花いじり」が大好き
そしてアーチ仕立てにはアンチ アンチ    自然、野生のままが美しい派です  野草の一輪挿しも大好き 今ならオドリコソウ  どくだみを愛でられるのもすぐですね
料理もなるべく素材のまま(手のかからないとも言いますが)、素を味わうのが好きです

そしてもうひとつ、「母娘で某気象グループ病」 も一緒で嬉しいかぎりでございます (本の中にでてきた葉っぱ君ご担当なら一緒なのでなお嬉しいです!)

これからも楽しみにしております ありがとうございました  

 

投稿: 野生より子 | 2014年4月24日 (木) 12時10分

はじめまして。

以前「朝ごはんからはじまる」を読み、すごく好きだなぁ、と思い、

さっき「足りないくらいが おもしろい」を読み終わって、
ふみこさんの言葉が心地良く、優しく、面白いので、あったかい気持ちになって、安心して ほっこり読んでたのに、もう読み終わってしまいdown
さみしいなぁ、と思ってたら、ブログがあることを知りました!

そうそう、励まされました、『予言者になる隙に』で!
ほかのもぜひ読ませていただきますね

投稿: わか | 2014年2月14日 (金) 00時27分

はじめまして。
毎日新聞での連載で初めて山本さんの存在を知りました。
いつも連載を読んでいるときは、私の勝手なイメージで、山本さんはふくよかなおばさんだと思っていたのですが、この前の毎日新聞での枝元さんとの対談で、山本さんのお写真を初めて拝見して、スリムで素敵な方で、勝手なイメージを持って申し訳なかったなと思いました。
それ以来、毎日新聞にお手紙を出そうかと思ったのですが、検索してみたら、ブログがありましたので、この場を借りて謝らせてください。
これからも、毎日新聞での連載を楽しみにしています!

投稿: ぼにょ | 2013年8月27日 (火) 09時37分

ふみこさん、こんにちは。
私は、すごく幸せな日を過ごしていたんです。
でも、ある日気づいてしまった。ようするに、旦那さんと別な道を
歩いていこうと。
新しい人生を歩いていこうと、清々しく思ってしまった。
ふみこさんは、
そういうとき、例えば、子供とか、親とか、自分とか、
みんなの事を考えていますか?
醤油麹を作りながら、考え事。

投稿: れんこん | 2012年8月12日 (日) 14時47分

ふみこさま

はじめまして。
私は東日本大震災で被災し 持ち家の自宅は流失しました。
ようやくPCで うふふ日記を見ることができる環境にたどり着きました。

あの日
わたしはささやかな日常を あっという間に全て失ってしまいました。
家族の為 食事を作る事は 穏やかな日常があってこそ
こころ静かに向き合うことができるのだと知りました。

以前の生活は取り戻せないと知りつつ
まだまだ 落ち着いた生活には程遠いです。

それでも
ふみこさまの本を また一冊ずつ買い揃えていきたいです。

投稿: N | 2012年6月12日 (火) 10時34分

The loans are important for guys, which are willing to start their career. As a fact, this is not very hard to receive a car loan.

投稿: LATONYAHardy23 | 2012年5月19日 (土) 12時50分

みぃさん

このたびみぃさんが書いてくださったことは、
わたしの知らない世界のおはなしです。
知らないけれど、あこがれの世界……。

「15×20センチ」を思って、
どきどきしています。

丸刈り頭を撫でたつもりになって、
はあ……とため息をついています。

部活、がんばろう!(母ちゃんも)。

投稿: | 2012年4月27日 (金) 09時58分

えぞももんがさん

えぞももんがさんに褒めていただいて、
有頂天になっています。

あ、静かなる有頂天です。

力むばかりじゃだめだとか、
相手にも事情があるんだとか、
そういう……あたりまえのことに(やっと)気づいたのは、
最近です。

でもね、
そういう不器用でトンマな自分のことも、
許して、わかってやりたいと思って。

そうそう、
最近、台所という場所は、
遠くのひと、見えないところと
つながっているなあというふうに思えます。

投稿: | 2012年4月27日 (金) 09時53分

焼き海苔の の  さん

わたしは「つくる」一方で、
自分でつくった弁当を、ほとんど
食べたことがないんです。

これは、もしかしたら、
とてもおそろしいことかも……しれません。
どんな味で、どんなふうなんだろう、
イヒヒヒヒヒ。っていう感じ(?)

感じわるいですね。

こんど、勇気をふりしぼって、
食べてみます。

(なぜ、勇気をふりしぼるんでしょうね)。

投稿: | 2012年4月27日 (金) 09時48分

ふみこさま みなさま

おはようございます。
我が家の長男は未熟児で生まれて
幼いころから食が細かったのですが
中学生になり野球部に入ってからは
「鍋 窯を持って逃げ出したい!」と思うくらい 
たくさん食べるようになりました。
お弁当箱も15センチ×20センチのドカベンで
毎回 隙間を埋めるのに苦労しています。

先日 部活から帰って来た長男
頭が青々と”ツルツルピッカちゃん”に変身していました。
聞くところによると 部員のひとりがバリカンを持ってきて
部活終了後にお互いに刈りあったとか。

「みんなで気合いを入れた。」
こういう気合いの入れ方 好きです。
そして 青々とした丸刈り頭は撫でると気持ちがよく 
ついつい頭に手が伸びてしまいます(笑)

引退が少しでも遅くなるように祈る気持ち 
とてもよくわかります。

この春 晴れて正式な部活動になった野球部。
いろいろな思いを胸に 最後のシーズンを迎えています。

投稿: みぃ | 2012年4月27日 (金) 08時36分

ふみこ 様
おはようございます。

私の料理の味が 日によって微妙に違って
味が定まらないのは
台所で あれやこれや 考えてるせいか・・・と
納得した朝です。


今はもうないんですが 私の生まれ育った故郷の家は
台所の窓から 田んぼと畑と裏山が見えました
私は この風景が大好きで
外を眺めながらの家事仕事も好きでした。


「誤解されたって、かまわないじゃない。
いつか、どこかで、それがも解けるもよし。
解けないままも、まあまあよし。」

ふみこさん、この感じがとてもいいです。
若かりし頃 何が何でも自分を分かってほしいと思っていたのですが
今は わたしも「まあまあよし」と思えるようになって
それが嬉しいです

追伸・・・・お弁当!色合いを思い浮かべただけで 美味しそうです!!

投稿: えぞももんが | 2012年4月27日 (金) 05時27分

ふみこさま

時々家族3人お弁当持ちの日があります。
そんな日の昼は、「今あの二人も同じもの食べてるかなぁ」と思ったり。

明日は遠足。
雨が降りそうな予報ですが、どんなお弁当にしようかな。

台所に気持ち良く立てるかどうかは、私の元気のバロメータかも。
疲れていても、ごはんを作って、食べて、また元気が出れば、
まだまだがんばれそうな気がします。

投稿: 焼き海苔の の | 2012年4月26日 (木) 11時10分

でん子さん

わかります。
誤解のはなしですが……。

わたしたちは、お互い、
ひとのことは、なるべく誤解しないで、
決めつけないで眺めていられるようでありたいですね。ね。

投稿: | 2012年4月26日 (木) 09時54分

うじゅかさん

王子さまたちのお暮らし、
覗いてみたいようです(悪趣味?)。

おかあさまのしていたことを、
思いだし思いだし、台所に立っているのでしょうね。
台所でばかりでなく、あらゆる場面で。

そんなふうなつながりというのも、
深くてつよいなあ、と想像しています。

どうもありがとうございます、よいおはなしを。

投稿: | 2012年4月26日 (木) 09時52分

こぐまさん

着物に割烹着で、台所。
なんだか、まぶしい……。

書いてくださった品品も、
さらにおいしそうに思えます。

投稿: | 2012年4月26日 (木) 09時49分

しょうさん

なんだか、しょうさんは、
終日家にいる研究家のようですね。
文学者……。
科学者……。

きっとその両方です。

あたらしい道をゆく気持ちが伝わって、
そんなふうに思えるのでしょうね。

投稿: | 2012年4月26日 (木) 09時48分

green iceさん

スナックえんどうを、
紅生姜を刻んで加えた天ぷらのコロモをつけて
揚げるのが、大好きなんです。
弁当にもよく入れます。

不調のとき、台所に入って「磨く」というの、
えらいなあ、わたしは磨かず、
もっぱら、自分がつくりたいものを勝手に
つくっていて。
こんどは、そういうとき、磨かなくちゃと
思ったことです。

投稿: | 2012年4月26日 (木) 09時45分

私は料理を作っている時は集中するんですが洗い物をする時にあれこれ考えていると思います 今迄は自分が他人からどう見られているのかと言う事ばかり気になってなるべく誤解されないようにびくびくしてたんですが、60歳になってからはなんだか開き直ったのか、誤解されたらされたで別にかまわないと思うようになりました、生きて行くのが楽になった気がしますsign03

投稿: でん子 | 2012年4月25日 (水) 22時36分

ふみこさま、みなさま、こんばんは。

お弁当、夫の分だけになってしまいました。
千葉に暮らして一年半、昨年の秋にまた愛知県に戻りました。
夫と二人暮らしになりました。
今春、ようやく関東で大学生になった次男と、
関東に残りたいと言う長男は二人で暮らしています。
彼らは何を食べてるのかな。
夫のお弁当を作りながら、
あの子はこのおかずが好きだったなあ、とか思ったり。
晩御飯も、二人分じゃ4つ入りのがんもどきを持て余してしまいます。
(結局余計に作って、お弁当に入れますが)

台所に立つ時間も短くなりました。

投稿: うじゅか | 2012年4月25日 (水) 21時17分

ふみこさま。みなさま。こんにちは。

台所の仕事って、毎日しなくちゃいけないって、めんどくさく思っていた時期もありましたが、この頃、楽しくすごせる私がいます。
たけのこ、わらび、つくし・・・。春、一度は食べたい食材が手に入り、たけのこは
木の芽あえに、わらびは信田巻きに、つくしは卵とじにして食べました。
着物に割烹着で作っていると、自然にテンションが上がります。
暑くなると、なかなか着物も着れませんけど・・・。
では、またぁ。

投稿: こぐま | 2012年4月25日 (水) 15時27分

ふみこさん、こんにちは。

家にいるようになってから、いちにちの大半を台所で過ごしてしまっています。うちは台所兼食堂とリビングは別々なのですが、日中、リビングに行くことはほとんどありません。主婦にとって台所はお城って、本当に実感しています。

周囲の人がスーツ姿の男性→エプロン姿の女性に変わり、自分がまらうまくなじんでいないような…ちょっと不安なかんじです。「ことば」も、なんだか多すぎてしまったり。自分のままで、そのままで、と思っていたのに、やっぱりなじもうなじもうとしてしまうんですねえ、人間って。

先週のコメントでも「NEWしょう」をきにかけていただいて。。。とってもうれしかったです!
なんだかずっとこまごまこまごま動いてしまい、とっても疲れます(笑)
「終日家の人」の新米、サボり方から学びます(^。^)本当に1からだなあって思います、いろんなことが・・・。

来月から娘のお弁当が始まります!旦那君のお弁当はなんでもぽいぽい入れていましたが、子供のものは「食べやすいかな」「食べたくなるかな」といろいろ考えないとならないので、慣れるまでは大変そうですが、これも、新米なんで、ぼちぼちまいります。

今週もありがとうございました~

投稿: しょう | 2012年4月25日 (水) 11時40分

ふみこさんのお弁当。おいしそうです。
白味噌。ほんとうにおいしそう。
わたしももう少し工夫しなければ…
今日は庭でとれたスナックえんどうで隙間を埋めてごまかしました。

私も、いらいらしたり悲しいときは
台所に逃げ込みます。
あちこち磨いて気持ちを落ち着けます。
言ってしまって後悔したり、
気持ちが伝わらずに悲しい思いをしなくてすむように…
でも、家族はそれが始まるとちょっとドッキリするようです。

こどもの芽を摘まないように…。(ぞみさん。はっ!としました。)

親の背中をみせる機会は少なくなってきたので
後ろから拍手をして見守らないといけないのだなぁと思います。
がっくり疲れたり悲しそうなときには
とりあえず おいしいものをつくって励まして
(元気をささえる場所ですね。台所は)
はなしてくれるのを心配しながら見てるしかないのでしょう。
なーんにも気づいてないよぉ~と鈍感なふりをして。

まきはやさん。うちの中3女子は吹奏楽部です。
あたまのなかは♪が詰まっています。

投稿: green ice | 2012年4月25日 (水) 10時45分

あきぴこさん

ほんとうにね。
いつもは、拠り所などとは思わずにいますが、
「気がつけば……」ね。

気がついて働きたいですね。
せっかくの拠り所ですもの。

それに、
台所は、自分の状態(心身の)を
映しますね、怖いくらいに。

投稿: | 2012年4月25日 (水) 08時42分

ももさん

家の近くで「つくしちゃん」見なくなりました。
子どものころは、そこらじゅう、
「つくしちゃん」がいたのでしたが。

よろしくお伝えいただきたく。

ふんちゃんより

投稿: | 2012年4月25日 (水) 08時39分

ぞみさん

わたしはね、
頑固に「弁当づくりだけは、趣味」と
位置づけているのです。
で、遊ぶ気分でつくっています。

食べ手のことを、
ちょっとしか考えていないなあ……あはは、
てな感じです。
そういうわけなので、
ときどき、思いきった遊び方をします。

いつか、思いきった遊び方の
はなしができたら……と思っています。

投稿: | 2012年4月25日 (水) 08時38分

ふみこさま。みなさま。

今日も、「がんばれ~」をいただきました・・・

台所・・・台所を任されるになって11年とすこし・・・
気づけば、心のよりどころになってるな~と、今更ながら思いました。

ケンカした日、
お鍋ややかんをぴかぴかに磨いたり・・・
(このときは、台所が綺麗になる)


考えがこんがらがったときには、
無性に何か作りたくなって
いくつもお菓子を焼いたり、おかずを作ったり・・・
(でも、そんな時に作ったものは、こんがらがってますが・・・)

台所に感謝しなくては・・・です。


誤解されても・・・・・はあああああ・・・
慎みます。ことばを。

投稿: あきぴこ | 2012年4月25日 (水) 05時57分

ふんちゃん

 二度揚げ…
 先週末、母が二度揚げがいいらしいよ~と教えてくれたばかりでした。
 『南極料理人』で、その揚げているシーンの前後少ししか見たことなくて、
 早く見なくては!と思います♪
 
 ことばはたくさんいらない…。
 あ~、ここにお邪魔すると、
 “たくさん”になってしまう自分に気づかされていました。
 こんな風に書くなら、こんなことを書かなくちゃ伝わらないかなぁとか、
 あ、こんなことだって…と、ついつい。
 「誤解されたって、かまわないじゃない」
 ふ~っと吹き飛ばされた感じがしました。
 そう、すべてが自分の思っているように伝わるなんてありえないですもんね。
 ほんとだ!ありがとうございます(^。^)

 家の近くで、たくさんのつくしちゃんたちと目が合うようになりました。
 北海道はまだ寒かったりするので、ようやく春だなぁとほっこりしましたよ~
 「つくし食べてみようよ~」と私が言うと、
 「去年、食べたの苦かったからいらなぁ~い」と子どもたち…。
 あっさり振られてしまいましたぁ。いいも~ん、私は食べてみるんだも~ん。
  

投稿: もも | 2012年4月24日 (火) 22時49分

ふみこさん、みなさん、こんばんは。

「あなたのために!」と、先回りして伝えてしまって
子供の経験の芽をつまないように気をつけなくちゃ、と
台所仕事をしながら、想いを巡らせていました。
台所ってスゴイ。台所が無ければ、こうやって
気持ちを整理することも出来なかったのかも。

学生時代、当たり前に6年間作ってもらっていました。
喧嘩しても、勝手してても、毎日お弁当があったこと、
本当に有難かったなぁ。
母に恩返しするつもりで、お弁当を作ろう!
まだ3年先ですが。

ところで、お弁当。
同じおかずばかりにならないですか?
それが嫌だったのか、2年程続いていた主人のお弁当、
夏に「最近、食欲が無いから」と断られたっきりです・・・汗。

投稿: ぞみ | 2012年4月24日 (火) 22時38分

ゆきたんさん

身にあまるおことばを。
どうもありがとうございます。

今夜も、ゆきたんさんに
励ましていただきました。

ありがと!ござんす。

投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時57分

きんもくせいさん

ほんとうに。
わたしも、つくづくそう思います。

わたしにできることは……って。

投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時55分

CITRONさん

ああ、学びました。
わたしも、せっかち。

わざと、ゆっくりね。

わざと、ゆっくり……。

わたしも、それを心がけます。

なんだか、こころがぱあっと晴れました。
うれし。

投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時54分

マドレーヌさん

茎に白味噌を、
みつけてくださって、ありがとうございます。
うれしく、そして、
ちょっと照れています。

投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時51分

どりすさん

わたしなんか、
いまでも、ときどき苦手な場所になります。

どりすさんの努力を思うと、
「苦手」って、それ何?
と思ってしまいますが。

「堺雅人」
ねー。

投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時49分

Chiakiさん

二度揚げにして満足しているのは
わたしで……、食べるひとは
それをどう受けとめているものやら。

好物を知っていて、
それを詰めるしあわせってことです。ね。

暑かったですね、きょう。
王子さま、どんなにうれしくお母さんのから揚げを
頬張ったことでしょう。

投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時42分

rantana さん

ああ、ものがたりのような
おたよりを……。
励ましとして受けとりました。

どうもありがとうございます。
(いつも)。

だから、考えも前向き。
そうか、そうですね!


投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時38分

ふみこさん、お久しぶりです。
いつも、素敵な文、ありがとうございます。
ことばは、たくさんいらない…はっとしました。まさに、ことばを足して、誤解をとこうと悪あがきしそうでした。

誤解がとける、とけない、どちらにでるかなあ。

よかったよかった、悪あがきせず、流れにまかせてみます。

今日もふみこさんに助けられました。
ありがとうございます

投稿: ゆきたん | 2012年4月24日 (火) 20時37分

寧楽さん

台所って、ほんとうに不思議な
場所ですよね。
この場所がなかったら、
わたしは……。

と、思います。
つくづくと。ね。

投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時32分

まきはやさん

引退が、少しでも先にのびますように。
……そうか。
そういうふうに、こっそり希おうっと。

休日の弁当、たのしも、ね。


投稿: | 2012年4月24日 (火) 20時29分

ふみこさま

美味しそうなお弁当に、私の心もわくわくしました。

いまちょっと気がかりなことがあって、つくづく、私にできるのは
家のことをいつも通りにやることだけなんだなあと感じています。

私もこれから晩ごはん、つくります。
ありがとうございます。

投稿: きんもくせい | 2012年4月24日 (火) 18時29分

ふみこさま

最近なるべく、わざと”ゆっくり動く”ことを心がけています。
せっかちな性質で、急いでもいないのに
ついつい小走りになったり、勝手に焦ったり、
あわてて簡単なことを間違えたりしがちなので。。

仕事から帰って料理するときも、気持ちは
早く早くとあせりにあせっているのですが、
なるべくゆっくりお野菜を丁寧に切ってみたりして、
まずは”気”を落ち着かせるようにしています。
多少支度が遅れても、その方が美味しく仕上がる気がします。
あとは、お待たせ~の笑顔を添えて。。
それにしても、
”誤解されたって、かまわないじゃない” なんて...
嬉しいお言葉を、有難くいただきます。

投稿: CITRON | 2012年4月24日 (火) 13時40分

ふみこさま


こんにちは(●^o^●)

娘さんのお弁当、おかずがどれも美味しそうです。
中でも、私は、茹でたブロッコリとカリフラワー(軸に白味噌を塗る)にトキメキました。

白味噌、大好物です。
作ってみますね。すてきなレシピ、ありがとうございました。(●^o^●)

投稿: マドレーヌ | 2012年4月24日 (火) 12時54分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
私は、台所が苦手でした。
学校の調理の時間ですら、逃避行していました。
でも、台所に立つ人の後ろ姿を
ある時、惚れ惚れして以来、居心地の良い場になりました。
最近は、料理びとの傍らで全力で洗い片づけをしています。

私も、思います。 ことばはそうたくさん要らない・・・
あ、言い残したかな、と、ついつい言葉を余分に添えてしまうのですが、
たぶん、ことばでなく、伝わるものがある、と思えてきました、近頃。

堺雅人さんの笑顔は、もう体中の力が抜け、しあわせになりなす。
窓外に、こいのぼりが泳ぎだしました。

投稿: どりす | 2012年4月24日 (火) 12時46分

ふみこさま
 
台所はわたしの一番落ち着く場所です。
テーブルを置いていて
そこでご飯を食べているのですが、
流しに一番近い席がわたしの指定席。
それがちょうど台所のおへその位置なんです。
 
お弁当、12年ほど作ったけど
終了してからずいぶんと月日が流れました。
思い出になりかけています。

投稿: ゆるりんりん | 2012年4月24日 (火) 12時28分

ふみこさま、皆さま、こんにちは。

唐揚げの二度揚げ…あ~、やっぱり、そうしておけば良かった…despair
今日は小3の息子の遠足で、やはり私も朝から揚げ物をしました
(奈良は暑いくらいの晴天です)。
が、ちょっと起きるのが遅くなったのもあって、二度揚げをしなかったんです。
先ほど、ふみこさんの文章を拝読し、後悔しきりcoldsweats01

でも、息子は「やった~唐揚げだァ」と喜んで出掛けていったから、
今日は良しとしようなんて、思うのでした。
次回からは必ず二度揚げにしまァす!

「南極料理人」をまだ見そびれていたので、早く見たくなりました。

投稿: Chiaki | 2012年4月24日 (火) 11時44分

ふみこさま みなさん こんにちは

わたしは、お弁当づくりから解放されて、早や2年です。
その前、13年間のお弁当づくりの日々があったのですが。
今、改めて数えました。13年ねえ。ほんとかしら。
最後の6年は、6時台に出かける人のため、早起き!でした。

台所は食べものと、思いを産む場だから、楽しいのか、
誰かのために、支度しながら、だから、考えも前向きなのか。

おいしいものはできるわ、
何があっても、まあまあよし、と思えるわ、
やっぱり台所は素敵ですね。

投稿: rantana | 2012年4月24日 (火) 11時29分

ふみこさま

台所しごとは穏やかにと
思っています。

心がざわつくとき、つい
荒っぽくなりがち。

ふみこさんの仰るとおり
得体のしれないモノになったりします。

不思議と磨いたり、整理したりしていると
気力が溢れてきたりして…

ほぼ毎日ほど筍と仲良くしている春です。

投稿: 寧楽 | 2012年4月24日 (火) 11時20分

こんにちは。

日曜日の早朝に からあげなんですね。素敵!

うちにも 中3の娘がいます。バスケをしてます。
日曜、試合のお弁当だったのですが、一口を小さく 種類は多めに 詰め込みました。 がんばれ!と 気持ちをこめて。

うっかりすると 勝ち負けに必死になって 負けると 応援する母たちも ズシーンと 落ち込んだり、プレイについてあれこれ 口出したりしちゃって。

いやいや 子どもは子ども、私は私と 切り替えるのがお弁当かな。私は。

お弁当作りに集中すると、 とっても楽しい。

夏はそうめん弁当、冬はうどん弁当なんてのもありました。麺とお汁は別々で。


あと2ヶ月。総体まで。土日の試合のお弁当は続きます。引退が 少しでも先にのびますよう。


『南極料理人』 ほんっとに 美味しそうでしたね、あのからあげ。

投稿: まきはや | 2012年4月24日 (火) 11時05分

コメントを書く





絵文字を挿入