« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/28

豆乳で、健康的にやせる! 

からだの本Y田ですY田

いつも、あと少し健康的にやせたいな~と思っている私ですが、
お菓子大好きなので、甘いものの誘惑になかなか勝てません。
クッキーや羊羹、チョコレートを
朝からよく食べていた私……


『からだの本VOL.2』「やせる代謝アップ生活」で取材したときに、


「朝イチのお菓子は、太るモト 」
と先生から一喝。



お菓子には、脂肪を燃やすタンパク質や、
体の中にたまったいらないものを出してくれる食物繊維も
少ないとのことです



そこで、朝ごはんには……
P8190815

ドライフルーツがいっぱい入った食物繊維たっぷりのシリアルに
豆乳を温かくして、かけて食べています。
すぐに、準備ができてラクちんでーす。


以前は、朝は食べないこともしょっちゅうだったのですが、
朝食に、豆乳シリアルを食べ始めてから、
お腹が動き出すようになり、すっきりしてから会社に
来られるようになっております!!

また、夕方まで仕事をしていると、お腹がぐう~っと
鳴ってしまいます。

「お腹空いたな……」

つい、お菓子に手が伸びそうに~、
なるのをぐっと我慢。


まずは、温めた豆乳を飲むことにしています。

P8240826_2

甘いものの禁断症状が出そうなときは、ハチミツをいれて。
冷房などで、体が冷えたと感じるときには、
チューブのショウガを1センチほど絞り入れて飲んでいます。



お菓子の食べすぎ防止にもなっています。

Y田は、すっかり豆乳にハマッてしまい、
色々なメーカーさんの豆乳を試しているのですが、
先日、神楽坂のお豆腐屋さんで、
作りたてのフレッシュな豆乳が売られているのを発見
P8190817_2 P8190816_2

お豆腐屋さんの豆乳は、
こっくりとして濃厚、まろやかな味わいです!
だからコップ一杯で、充分に満足。
P8240825

朝、行きがけに、空きペットボトルを持参し、
豆乳を買うのが最近の習慣となっています~。



豆乳効果か、じわじわ、じりじり体重が減少中!!
(まあ、お菓子も食べてしまうんですけどねー)

Y田Y田のダイエットはまだまだ続きます!

| | コメント (0)

2009/08/25

これで完璧! 咳エチケット

I津副編集長のI津です。

今、このブログの下書きを携帯で打っているのですが、
「I」も「津」も「4」を3回押して変換することに気がつきました!
……と、どうでもいいネタはともかく。

最近、のどがイガイガしてます。

そんなタイミングで
新型インフルエンザ流行」との厚労省会見。
もしかして……ニュータイプになっちゃった?
と、おどおどしましたが、おかげさまで熱もなく快調です。

ただ、こんなご時世なので、
電車内などで咳をするのに気をつかいます
インフルエンザではないにせよ、
エチケットのため、電車ではマスクをするようにしました。

最近はマスクにもいろいろありますが、
僕がお気に入りなのがこのタイプ。
Mask

鼻のところも針金(?)でしっかりフィットできるので、
メガネもくもりません。
あと耳にかけるひもがゴムなので、
何度か外してまたつけても、へたらないのがいいです。

これでよし!と出かけて、
電車に乗って、ゴホンッ。

……とここで疑問に思いました。
手で口を押さえるべきなのだろうか?と。

一応、マスクしてますから…まわりには迷惑かからないはず。
……でも、仁王立ちのまま咳をするのも違う気がする。
何だかえらそう?
マスクしてるんだから文句ないだろっ
!みたいな? 
でも、わざわざマスクしてるのになぁ……。


と、ぐるぐるぐるぐる考えちゃいました。

そういえば、咳をするときに握った手を口に添えるポーズ、
あれって飛散防止効果は薄いですよね。
ただ所作としては美しいんだよな~。

んっ……そうか!
マスクしつつ、このポーズをすればいいんだ!
Kohon

気づかいのサインとして、このポーズをとりつつ、
マスクをして飛散を防止。
心理的にも物理的にも、これで完璧! 
そういう結論にいたりました。あ~、すっきり!
ってインフルエンザにかかってないのに、何をずっと考えてるんだろう……。

くだらないことを長々、書いてしまいました。
まあ、こんな細かいことまで考えて、
『からだの本』は作られている。
そんな美しい印象をお持ちいただければ幸いです

Hyousi
宣伝:からだの本vol.3は9月17日発売です。

インフルエンザはもちろん、
風邪予防には何より「手洗い」「うがい」です。
きちんと行って、どうぞ健やかにお過ごしください。

| | コメント (2)

2009/08/21

富士登山で心とからだをリフレッシュ!?

こんにちは。似顔絵を新しくしてもらった編集KKです。
突然ですが、わたくしこのたび、女子登山ブームに乗っかって、
会社の先輩と、富士山に登ってきました!

054 どどーん!

富士山といえば、あの、
100人の友達とおにぎりを食べるという…。(童謡「一年生になったら」より)
浮世絵にも描かれたという…。
俗世から離れ、煩悩が去るという…。
これは、一生に一度は登っておかないと!(*゚∀゚)=3
そして、人生観変わったとか言ってみたい♪

じつは私、心とからだが疲れてくると、
ふらりと旅に出て、ひたすら歩くという癖がありまして…。
あるときは尾瀬の木道、あるときは屋久島の森…。
歩いているうちに、ランナーズハイならぬ、ウォーカーズハイの状態になり
不思議と気持ちもからだもすっきりしているという体験をしてきました。
今回もあの快感を味わいたい…。

もう動機からすでに、煩悩の匂いをぷんぷんさせつつ、
バスで五合目まで行き、正午に出発。

005 五合目~六合目。
果てしなく広がる青い空…に目をやればいいものの、うっかり
自分の前を行くアツアツカップルに気をとられる。
「こんなところまで来て、いちゃいちゃしてんじゃねえ
(でも、ちょっとうらやましいゾ♪)」という煩悩が去りません…!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


Sn3d0033 六合目~七合目。
お、ちょっとしんどくなってきた。
でも日焼け対策は忘れない。ザ★女子登山。
先輩たちと撮った写真はすべて、誰が誰だかわからないものに…。

020 七合目~八合目。
こ、こここ
これはキツイ!
高度のせいか、頭がみゃくみゃくします。
ほんとうに「みゃくみゃく」鳴ってるんじゃないかとおもうほど
頭の血管が波打って痛いのです。
くわえて、その行程の長さ。
登っても登ってもつかない恐怖…。
そのとき私は思いました。

なぜ、登るんだ……また下りるのに。

そんな登山を根底から覆すような疑問に襲われ、
一歩一歩がつらく果てしないものに。
甘かった。ランナーズハイならぬ
ウォーカーズハイならぬ
登山ナーズハイを狙ってる場合じゃなかった…。

あと10分、この自問自答が続いたら
「父さんの自家用ヘリを呼んで下山してやる!(`Д´)」
と叫ぶところでした…。
ちなみに自家用ヘリは幻覚です。

これはまさに高山病なりかけの状態。
高度が高いと、空気がうすくなり、酸素不足に陥るのです。
そこで大切なのが腹式呼吸。
ヨガでも骨盤呼吸でも、「からだの本」では折に触れ、
腹式呼吸を推奨してまいりましたが、こんなところで取材が役に立つとは…。
ほんとうに役立つ本です、「からだの本」。(手前味噌ヾ(´ε`*)ゝ)。

そんなところで八合目の山小屋に到着。
ここで、夕食と仮眠をとり、
夜中の1時に起きて、頂上へご来光を拝みに出発するのですが、
高山病で食欲もわかず…。
ここまで来て、リタイアかと思われました。
祈るように寝袋のなかで腹式呼吸を繰り返す私…。

Sn3d0043 八合目~頂上。

奇跡は起きた!
やっぱり休息って大切。
腹式呼吸がきいたのか、睡眠がよかったのか、
頭すっきり、疲れも回復。
外へ出てみると、おお…!
なんとも幻想的な景色が広がっていました。
そして…

040ご来光が…!

すべての疲れを溶かすような、その雄大な景色。
地球に生まれて、よかったー!!! 

しかし、このとき私は知る由もなかったのです。
まだ、下山という一大イベントが残っていることを…( ̄◆ ̄;)

まとめ:
①富士山登山は、やはり一生に一度登ってみる価値はあると思います!
②だけど、根性なしの私の場合、一生に一度でいいかな、なーんて…。
9/17日発売「からだの本vol.3」では、
もっとお手軽な心とからだの疲れの取り方をご紹介する予定です!
④おまけに、気になる「ウォーカーズハイ」についても取材しております。
⑤ぜひ、お楽しみに(*´v゚*)ゞ

⑥冒頭の写真は、富士山の影が描く、「影富士」。富士山は影もハンパないぜ!

| | コメント (1)

2009/08/18

太らないおつまみ

編集長I田です。I田

お盆休みも明けましたね。
暑い毎日が続きますが、皆さま調子はいかがでしょうか。

「からだの本」の取材を通してよく感じるのが、
「その日の疲れ&ストレスは、その日のうちに解消する」
ことの大切さ。

「ためこまない」ことがポイントで、
毎日、ほんの少しでも心からくつろげる時間を持つことで、
心と体の疲れはグッと軽減できるようです。

皆さまの「くつろぎ時間」はどんな時間ですか?

私のくつろぎ時間のひとつは、晩酌タイムです。
家のこともひと段落して、ホッとくつろぐひととき…。

とはいえ、夜の飲み食いは肥満のもと
ストレス解消の時間が、逆にストレスのもとになりかねない…

ということで、あまり遅くまで飲まないように心がけるとともに、
おつまみに気をつけるようにしています。
キホンは野菜とたんぱく質。

『からだの本』の別冊、

Cimg5282
「太らないレシピ100」を参考に、ちょっとアレンジを加えたりもしています。



Cimg5269 きゅうりに、ゆずこしょう&マヨディップ

Cimg5271 キャベツ&塩昆布(ごま油と塩をかけます)

Cimg5270 にんじんに、粗塩&こしょう

Cimg5274 カッテージチーズに塩、プチトマトのピクルス

Cimg5280 ごまもやし(「オレンジページ」最新号の「もやし特集」レシピより)

などなど。
あっという間に支度が出来て、すぐに飲み始められます。
作り置きおかずも活用。

たんぱく質つまみは、ほかに刺身やあたりめ、煎り豆
などなど。

魅惑の高カロリーつまみに手が出ることもありますが、
キホン、野菜とたんぱく質中心で行くと、体重増加は
なんとか防げるようです。
(あとは飲みすぎによるむくみに注意せねば…


皆さまも「くつろぎ時間」、楽しんでくださいね♪

| | コメント (0)

2009/08/14

野菜、食べてますかー!!

突然ですが、夏といえばみなさん何を思い浮かべますか?
海?プール?カキ氷?スイカ?ラジオ体操?いやいや……

Photo
甲子園ですよ!!

失礼致しました。編集部一(唯一)の野球好き、I 川  I川です。
さて、夏バテで食欲がない……なんていう声が社内でもちらほら
聞こえてきますが、私は毎日モリモリ食べております(´ρ`)ムシャムシャ
食べたものの一部をご紹介しますと……

Photo_2 大・大・大好きなお肉

Photo_3 無性に食べたくなる甘~いもの
Photo_4 ヘルシーな蒸し鍋
Photo_5 食欲を増してくれるカレー
Photo_6 もひとつカレー!
080721_122001_2 有機野菜のサラダ


みなさん、気づきましたか?

そう、野菜が多いのです

自分では泣く子も黙る超・肉食女 щ(゚Д゚щ)だと思っていたのですが
「お肌&お通じのために野菜食べよ~」と、
せっせと野菜を食べていたのです。
よくよく考えてみたら私だけじゃなくて、女子ってみんな野菜好き?
女子がいちばん食べたいのって、野菜?

そこで、9/17発売のからだの本では、
「野菜たっぷりレシピ」をどどんと紹介します!!

現在、着々と編集作業を進めております。
まだ詳しいことはお伝えできませんが、女子必見の内容です。

次回は、私が欠かさずストックしている
野菜てんこもりスープの作り方を
ご紹介したいと思います。

| | コメント (0)

2009/08/11

真夏ですけど、鍋情報!

こんにちは!「からだの本」編集部のS賀S賀です。

蒸し暑いなぁと思いつつも、薄着は避け、エアコン冷え予防してます。

そんな中、カゴメ株式会社が行うトマト系鍋の試食会に行ってきました。
いちおしなのが、お子様と一緒に楽しめる「甘熟トマト鍋 鍋用スープ」!

Dscn0801野菜嫌いのお子様も喜ぶように、甘めトマト系。

Dscn0794_2 ウインナーや星型にんじんでお子様にアピール。

Dscn0799 もちろん、締めはオムライス!! ご飯も卵もトロトロ!!

「お子様」を連発しましたが、もちろん家族皆で楽しめる味わいでした。

さらに、フレッシュトマトやバジルを入れるとぐっと大人味になり、
この場合、何と締めはチーズフォンデュ!! 今年の鍋は色々楽しめそう!

Dscn0798 Dscn0800_2

| | コメント (0)

2009/08/07

夏冷え対策実行中!

みなさま、こんにちは! 

夏でも食欲はとくには落ちていない、
元気なY田ですY田



さて、一見、健康そうな私の悩みの種は「冷え」。

冷房に、めっぽう弱くて、夏でもお腹や足が冷えてしまうんです。
外は、むしむし暑いのに、社内や室内に入ると、
冷房が効いてひんやり……。
この温度差に、体がついていけないみたいです。



以前、取材で聞いたところでは、
夏の冷えをほうっておくと、
体の中に「冷え」がたまり、
冬の本格的な「冷え」の原因になってしまうとのこと。


そこで、冷え症の私は、冬にそなえて、
早くも、3つの夏冷え対策をしています。


①温かいものを飲む
P8050717
ずびずび~。

会社では、暑い日でも冷たいものは飲まない
お店などで冷たい飲み物を頼むときは、
氷なしでお願いします!」と徹底しています。



②足首を冷やさない
P8050714
足首は、冷えの入り口。

ずーっと社内にいると、いつのまにか足は冷えてます。
そこで、夏も使いやすい、綿のレッグウォーマーを
会社に置いて使ってますよ。


③お腹を冷やさない
_

上からたくさん着込むより、腹巻きを一枚をプラスするだけで、
ぜんぜん冷え方が違うんですよー
薄手だし、着ていてもバレません。
今年の夏は、かわいいデザインの腹巻きを
お店でたくさん見かけましたので、ぜひチェックしてみてください。


こんな冷え対策を実行しているせいか、
今年は、今のところ体調を崩すこともなく、元気ですよ!
冷房の苦手な方、ぜひお試しください。 

| | コメント (0)

2009/08/04

お試しはつづく。

I津こんにちは。副編集長I津です。

年4回お届けしている『からだの本』。
8月に入り、いよいよ9月17日発売の号の
編集作業が佳境に入ってきています。

みなさんにお届けする前に
試して試して編集中です。
個人的には、からだの本に参加して、
9月発売の号でちょうど1年がたちます。
あっという間でした~。

そこで勝手にバックナンバーフェア。
いままで担当したページのなかで
いちばん思い出深いテーマをご紹介しようと思います。

それは、リニューアルして一冊目の『からだの本vol.1』掲載の
「やせにくくなった人のがんばらないダイエット」。

なんといっても、私、このダイエットでやせたんです!


B
去年の今ごろの私

A
今の私

同じTシャツを着てみました。
アイコンイラストのサイズは演出ですが、
そんなこと必要がないくらい、シルエットが違いますね。

不規則な生活と暴飲暴食がたたって、
入社以来、体重は右肩上がりに景気よく増加
気がつけば、8kg増えていました

そこで担当することになったダイエットテーマ。
取材したのは去年の12月、年末年始の暴飲暴食シーズン直前でした。

伊達友美先生からは「やせ食べダイエット」を、
植森美緒先生からは「美へそダイエット」を教えていただき、
これは効きそう!と取材に手ごたえを感じたのを覚えています。
そこで「さっそく試しちゃおう!」ということで、
みなさんよりも先に実践したんです。

結果、、毎年数キロは増えてしまう年末年始を、
むしろマイナス1kgでクリア。
からだも軽く、新しい年を迎えました。

それからも、このページで学んだことは今もつづけています。
おかげで約8カ月たって、体重は入社したころに戻りました!
10年以上前の体重だなんて…。
この方法、自分の体質に本当に合っていたみたいです。

ほかにもこの1年で担当したページで
教わったことがたくさんあります。
このペースで自分の生活に取り入れていくと、
3年後くらいには、分刻みでやらなきゃいけないことが
目白押しなんてことになりそうですね~(笑)。

「これって○○にいいんだって!」と楽しみながら、
元気になる!(男だって)きれいになる!ことを
読者のみなさんといっしょに続けていきたいと思います。
これからも、よろしくお願いします!

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »