« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/29

「太らないおべんとう100」を、ぜひ書店で!!

S賀こんにちは、編集部S賀です。

先週の休みは、残暑厳しい奈良を散策して来ました。紅葉はまだまだ先のよう。
Dscn0848 Dscn0842

いよいよ「平城京遷都1300年」が来年にせまり、
どこに行っても、キャラクターの”せんとくん”が頑張ってました。よく見ると可愛いかも??



さて、からだの本別冊『太らないおべんとう100』が発売されましたが、
ご覧になっていただけましたか?

Dscn0870 女性にも男性にも活用していただきたい一冊!!

「太らない」ってことは、もちろんダイエットべんとうがテーマ。
手作りすると、余分な油脂はカットできるし、野菜もたっぷりとれるし、
いいことづくめ。カロリーも300~500kcal台と超ヘルシーです。

編集部でも試作しましたが、どれも本当にスピィーディに作れて
「これだったら、毎日続きそう」とのうれしい感想も寄せられてます。

まだご覧になってない方は、ぜひ書店へ!!

Dscn0873Dscn0874
野菜、肉、魚、きのこ&豆、作り置きなどの章別の作りやすいおべんとうがいっぱい!!

とっても簡単&ボリュームあり!!
Dscn0878
Dscn0879

| | コメント (0)

2009/09/25

肉もいいけど、野菜もね!

Photo
ムシャムシャ……

Photo_2
モグモグムシャムシャ……

はっ!Σ(゚д゚;)

失礼致しました。編集部 I 川I川です。
ご覧のとおり相変わらずの肉食です。しかし!
今回のからだの本の料理特集は「野菜たっぷりレシピ」。
すべてのメニューを、社内キッチンで試作してもらい(料理上手のアルバイトSに……)、
もれなくおいしいことを自らの舌で確認しました!
一部をご紹介すると

Photo_4
かぶのコムタン風スープ。
豆板醤をのせていただきます。

Photo_6
キャベツと豚肉の蒸し煮 トマトだれ。
さっぱり味のトマトだれにつけると
大量のキャベツもぺろりと食べられます!

Photo_7
ほうれん草と鮭のチーズ炒め。
ほうれん草大好きな私にはたまらない一品。
溶けたチーズといっしょに食べると最高です。

Photo_8
酵素がとれる副菜8品。
これは私が作りましたが、本っ当~に簡単です!
ぶきっちょな私でもささっと!できちゃいましたヽ(´▽`)/
ちなみに一番人気は「カリフラワーのカレーオイルがけ」。
カリフラワーは生で食べても……いや生で食べるのがおいしい!!
と大評判でした。副菜たちはおつまみにもおすすめです。

余談ですがこの試作からしばらく、お通じとお肌の調子がとてもよくて
野菜の素晴らしさを実感しました。
(余談といいつつ太字で強調)


ぜひ!作ってみてくださいね。感想お待ちしております♪

| | コメント (0)

2009/09/18

机の上はお試しの山

みなさまこんにちは、健康グッズ大好きY田ですY田



健康おたくの私の机には、
健康かつキレイになるためのグッズがいっぱいあります!

P9090832


いつでも手にとれるように、
パソコンの横に、こんな風に並べています。


例えば、夕方、社内の空気が悪くなってきたときや、
リフレッシュしたいときは、アロマオイル。


アロマポッドを置くスペースがなくても、
ティッシュにぽとりと1滴たらして、香りをかぐだけでOK。
気軽にアロマの香りを楽しめますよー。


お気に入りは、柑橘系やウッド系の香り。
すっきりとしたグレープフルーツに、
リラックス作用のあるローズウッドをまぜています。
仕事中のよい気分転換になるのでおすすめです!



『からだの本』では、商品を紹介することも多いのですが、
紹介する前には、必ず試してから載せるようにしています。
新商品を試したりすることも、よくあります!



例えば、とある一日。
Photo



ふだんどおり、仕事をしているようにみえますが……。


Photo_2 どーん!



たぬきが二匹(人)?


いえいえ実は……、「新商品」を試しています。



今日は、目元の血行をよくして、クマを改善するシートをお試し。
保温効果のあるシートなので、目元がほのかに
温かい

Photo_4 Photo_5


このシートをつけたまま、トイレに行ってしまい、
他の編集部の人にびっくりされてしまいましたが!!



編集部では、このように日々いろんなグッズをお試しして、
みなさまのお役に立てるものを探しております。



紹介しているグッズにも注目して、
今月9/17に発売する『からだの本vol.3』も
見ていただけると嬉しいです。


どうぞよろしくお願いします

| | コメント (1)

究極のやせポーズ&野菜たっぷりレシピ

編集長I田です。I田

昨日に引き続き、『からだの本』最新号(vol.3)の
中身をちょっとご紹介。

大特集「女の疲れをまるごと取る!」のほかにも
ぜひ読んでいただきたいテーマがたくさんあります。

昨日もちらっと紹介しましたが、とっておきのダイエット企画が…

「発表! 究極のやせポーズ」

何がすごいかというと、
1日1回30秒、
たった1つのポーズをとるだけで
体の5ヶ所に効くんです


そう、まさに「究極」

Cimg5469

例によって編集部でも試しましたが、ホントに効きました。

Cimg5471

私の場合、ぷよぷよの二の腕と太ももが少し固くなったのを実感。


そして毎号好評の料理テーマは

「女が食べたい 野菜たっぷりレシピ」

Cimg5451


ブログでI川I川も書いていましたが、
女子は野菜が大好き!
今回は、とにかく「たっぷり」食べられる、おいしいレシピばかりを
厳選して紹介しています。

Cimg5464 Cimg5465
Cimg5466 Cimg5467

炒めて、蒸して、煮て、生で。
野菜のおいしさを満喫してください♪
栄養をたっぷりとれる調理のコツも、要チェックです。




『からだの本』では、
婦人科テーマも毎号掲載しています。

Cimg5473_2
自分の生理をきちんと知ることが、女性の健康のキホン。
ということで、今回「生理日記」をつけることを勧めています。


Cimg5472
不妊のテーマには、毎号多くの反響が寄せられます。

女性の美容と健康、そしてライフスタイルにまで関わってくる、
生理や婦人科の健康状態。
毎号詳しく、わかりやすく紹介していきますので、
こちらもぜひご注目を!


| | コメント (0)

2009/09/17

最新号、本日発売!~女の疲れをまるごと取ります~

編集長I田です。

いよいよ『からだの本』最新号(vol.3)、本日発売です!
(一部地域では発売日が異なります)

からだの本 vol.3
http://www.orangepage.net/book/detail.do?isbn=4873036534

今回の大特集は「女の疲れをまるごと取る!」

Cimg5444_2

仕事に、家事に、育児に、人間関係に…毎日忙しくて
疲れをためている人が本当に多いことが、読者アンケートで判明。

どうやら「女はみんなお疲れさま」らしい!


Cimg5445_2

そこで編集部一同、総力を挙げて調べました。

Cimg5446_2

取材したところ、どうやら疲れを取るのにもちょっとしたコツがあるそう。
ただ休んだり、眠るだけではうまく疲れが抜けないそうです。

そこで、「効率よく」疲れを取る、
カンタンで、気持ちよく楽しい
夢のような疲れ取り法を、あれこれご紹介。

Cimg5447_2
疲れがじわ~っとほぐれるのがすぐに実感できます。
あまりにも気持ちがいいので「極楽ストレッチ」と命名

Cimg5448_2
今日からすぐに出来る、ちょっとしたアイディアが満載。

Cimg5450_2
ストレスによる「心の疲れ」を取るのにもコツがあります。

Cimg5453_3
「顔の疲れ」も、女性にとっては非情に気になるところ…。
忙しい人でも出来るスキンケア&メイク法をご紹介。


今号は他にも
「発表! 究極のやせポーズ」
(スゴイんですよ! ホントに効きます!)

「女が食べたい 野菜たっぷりレシピ」
(1品で1日に取りたい野菜の約2/3が取れちゃいます)

などなど、女性の元気ときれいを応援する記事がたっぷり。


そして『からだの本』別冊『太らないおべんとう100』
本日同時発売!!


太らないおべんとう100


http://www.orangepage.net/book/detail.do?isbn=4873036542

ボリュームがあるのに低カロリーの、おいしいおべんとうレシピが
約100点も登場!

Cimg5458_2

『からだの本』vol.3、『太らないおべんとう100』
どちらも書店・コンビニでぜひチェックを!
(明日も引き続き内容について紹介します)

| | コメント (0)

2009/09/15

インフルエンザにかかりたくない「もうひとつの理由」

I津副編集長のI津です。

先週の月曜日のことです。
朝、目が覚めると、のどがひどく腫れていて、
つばを飲み込むのも痛いほどだったんです。
そこで頭をよぎったのは・・・

  やばっ・・・今度こそインフル
  今週、もしかして出社できないってこと?
  アレとコレとソレとソラシドが進められないなんて・・・
  ・・・それはまずいっ!!!

意地でも会社に行かなくちゃ、初めはそう思いました。

  いやいや、待て待て。インフルエンザだとして、
  会社にいったら、感染拡大しちゃうでしょ!
  妊娠中の同僚もいるし。
  ・・・それはまずいっ!!!

2つの意味で、ひじょーにまずいです。

そして、より可能性の高い家族への感染。
週末に行った実家への感染。
あとあと、道ですれ違った人たちとか・・・
ぐるぐるぐるぐる考えました。

結局、大事をとって会社を休むことに。

Yasumi
写真はイメージです(というか再現です)。

おかげさまで熱は37°台までしか上がらず、
市販の風邪薬で症状が治まったので、
インフルエンザではなかったみたいです。
お騒がせしました。よかった~。

翌日からは、出社。
のどの保湿のためにも、一日中マスクをして過ごしました。
咳はまったく出ていなかったんですけどね。

Mask
例のこのタイプです。

しかし感じる、冷たい視線・・・
ん? みんな避けてる?
そう、「インフルなのに無理して出社疑惑」が
編集部では起こっていたのでした。
違うのにーーーーー!

Giwaku
心なしか冷たい?(妄想でしょうか?)

とはいえ、自分も街や電車などで咳をしている人がいると
じろり、と見てしまうのも事実。
さらなる流行が懸念される今、一般的な反応だと思います。
でも、何もウイルスそのものみたいな扱いしなくてもさ・・・。

そんなことを考えていて、
僕がインフルエンザにかかりたくないのは、
高熱にうなされたくないだけでなく、
自分が家族をはじめ身の回りの人たちにうつして、
流行させた「原因」になりたくないのも、
大きな理由なんだと気がつきました。

当然ながら、マスクは健康な人が予防のためにするよりも、
インフルエンザかな?と疑われる人が使用するほうが
何倍も感染拡大を抑える効果が高い
といいます。

今回はことなきを得ましたが、
インフルエンザ感染がめずらしくない今、
かかったとき(や疑われるとき)の行動=エチケット
大切だなぁとあらためて実感しました。



さて、いよいよvol.3の発売が近づいてきました!
17日からは編集長I田I田が注目の記事と
同時発売のムックをご紹介していきますよ~。

お楽しみに!!!

Kiji
小さな記事ですがインフルエンザ対策
も掲載してます。

| | コメント (0)

2009/09/11

夜さんぽで脳トレ!?の巻

こんにちは。担当KKです。
近頃すっかり秋めいて気持ちのいい季節となりましたが、
みなさん、散歩してますかー!!

なーんて、突然ですみません(*´v゚*)ゞ。
9月17日に発売する『からだの本vol.3』では、
「散歩のススメ」と題して、
散歩がどんなに健康にいいか、
もっと健康にいい散歩にするにはどんなコツがあるかなど、
散歩の魅力について詳しくご紹介しております。

散歩は体にいいだけでなく、
ストレス発散になったり、歩くことによって脳の血流がアップしたり
心や脳にもいいことがたくさんあるそうです。

そこで思い出したのが、わたしが幼少時代楽しみだった「夜さんぽ」。
Photo


これは、夕ご飯のあと、母と二人でミスタードーナツに行くというもの。
母は読みかけの本、私は学校の宿題を持って夜の町を歩くのです。
Photo_5

さっきまで子どもたちで駆け回っていたはずの町も、夜にはちがう表情を見せ、
なんだか自分が大人になったようで嬉しかったのを覚えています。
Photo_6

   

ミスタードーナツに着くと、
きまって私はミルクティー、母はコーヒーを頼み、
おしゃれな「外国の音楽」が流れるなか、思い思いのときを過ごす…
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* うっとり…
Photo_8 ※写真はもちろんイメージです!

といっても、私は「漢ド(漢字ドリル)」やら「計ド(計算ドリル)」やらをやってただけなんですけどね(;´▽`A``

今思うと、それは家事に追われる母にとっても
ひとときのストレス発散の時間だったのではと思います。

しかも、行き道に歩いて脳へ血を送り届けていたので、わたしの宿題の効率もアップ!?
さらに、帰り道も歩くので、ほどよい疲れでぐっすり眠れる!?
もしかして、そこまで考えられていたのか…?
いやいや、そんなことはありませんよね(゚ー゚)。

でも、散歩の魅力ってそういうことだと思うんです。
何気なくやっていたあの散歩が、実は心身の健康に役立っていた…
そうだとしたら、ちょっと嬉しくありませんか?

「散歩のススメ」では
みなさんから集めた「マイ散歩術」も紹介しております。
みなさん、忙しい毎日のなか、
いろいろ工夫して散歩を楽しんでいるようです。

この秋は、ちょっと意識して、散歩してみませんか?

詳しくは「からだの本 vol.3」をご覧くださいね!

| | コメント (0)

2009/09/08

目の乾燥&トラブルの意外な原因は…?

編集長I田です。I田

突然ですが、皆さん、アイメイクはしてますか?

最近は、目もとを強調したメイクが流行ってますよね。
目を大きく見せるために、アイラインやアイシャドウを、
まつ毛の根元だけでなく、粘膜にまで塗る化粧法もあるようです。

でも…このアイメイクで目のトラブルをまねくケースが
最近とても増えているそう!

先日「アイメイクとクレンジング剤がコンタクトレンズに与える影響」についての
チバビジョン(株)の記者発表会へ行ってまいりました。

97_001 97_002

講演で月山純子先生に伺った内容によると
まつ毛の生え際の内側あたりには、
目のうるおいを守ってくれる「マイボーム腺」があり、
アイメイクでこの腺をふさいでしまったり、
メイクを落とす際にメイク成分が目に入ってしまうことで、
「目が乾く」「感染症にかかりやすくなる」
といったトラブルを招くそうです。

コンタクトレンズを使用している場合は、
レンズが汚れたり、変形してしまうといった研究結果も…。

目の健康を守るためには、
まつ毛の内側へのアイメイクを控えるとともに、

コンタクトレンズをつけたままのクレンジングも避けましょう、
…とのことでした。

目の健康って、全身の健康にもつながるので、とても大切です

9月17日発売予定の『からだの本vol.3
「女の疲れをまるごと取る大特集」でも
目の疲れと全身の疲れについて紹介しています。

97_005

ぜひチェックしてくださいね

ちなみに、目の健康にはブルーベリーやぶどうなどに含まれる色素成分
アントシアニンがいいようです。
97_003

| | コメント (0)

2009/09/04

野菜たっぷりスープ

気づけばもう九月……
「秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞ驚かれぬる」
という歌のように、吹く風に秋の訪れを感じます。

090818_193101

しかしプロ野球ではまだまだ熱い戦いが続いております!!

失礼致しました。編集部 I川ですI川
前回予告したとおり、私が欠かさずストックしている
野菜たっぷりスープの作り方をご紹介します。

Photo_9

使う野菜は、セロリ1本(葉も)、にんじん(大)1本、ピーマン1袋、玉ねぎ(小)2個、
セロリが2本セットで安売りをしていたら、玉ねぎを1個減らしてセロリ多めで!
と、臨機応変に。

そしてこれらをひたすらに切ります!!にんじんは皮付きのままで食物繊維を補給。

1_3

あ~手が疲れた(;´▽`A``
本当は1cm四方に切るのが理想ですが
ご覧のとおり適当です、ハイ。
しかしちょっと待てよ、女子的には野菜の「盛り」が足りないような……

2

玉ねぎをさらに1個追加
涙があふれてきたので、切り方はかなり粗いです(汗)

大きめの鍋にオリーブ油を中火で熱し、にんにくのみじん切り1かけ分を
加えて炒めます。香りがたってきたら、野菜を加えてしんなりするまで炒めます。
ベーコンを加えてもおいしいですよ。

1_4

ホールトマトの缶詰2個を手でつぶしながら加え、さらに水を加えます。
水の量は煮立てたときに鍋からあふれない程度と、これまたアバウト(^-^;
洋風スープの素(固形)を3個と砂糖ひとつまみを加え、セロリとにんじんが
柔らかくなるまで20~30分煮込みます。

Photo_10

完成~ヽ(´▽`)/

量が減っているのは、写真を撮る前にうっかり食べてしまったからです……

Photo_13


冷めたら、ジップロックに入れて冷凍しておきます。
これがあると「最近、野菜不足かも」というときに助かるんですよね~。

皆さま、ぜひ作ってみてくださいませ!


| | コメント (0)

2009/09/01

『からだの本』別冊を進行中!

S賀

こんにちは! 編集部のS賀です。
いよいよ、『からだの本』vol.3の発売月の9月となりました。

私は、別冊も担当し、からだの本と同じ9月17日に発売します!

その別冊とは、好評発売中の『太らないレシピ』シリーズの第2弾!

テーマはずばり、「ダイエット系おべんとう」です。
ダイエットのコツ満載の内容になっていますので、
ぜひ、ご期待下さい!

ダイエット中のご飯は150gはとらなきゃ!
糖質の量をセーブしすぎてはやせにくくなるそう…
Dscn0789_3

おべんとうに役立つ作り置きも「からだの本」らしく、ヘルシー!
Dscn0805_3

最近のおべんとう箱ってスリムで鞄に入れやすくなってる!
Dscn0811

仕切りは紙製や竹製のほか、
繰り返し使えるシリコン製などいろいろあって楽しい!
Dscn0790_2

次回のブログでは、どーんと誌面の紹介をしますので、
お楽しみに~!!

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »