« 試作だもの。 | トップページ | 静けさのなかで。 »

2010/01/25

ケンタロウ料理教室in東京!

みなさん、
今週もよろしくお願いします!
編集長の杉森です。

コメントありがとうございました。
赤裸々に編集部の模様を
語った甲斐がありました。

さて、昨日は東京にて、
ケンタロウさんの料理教室を実施しました、
さっそくご報告をば。

Img_0652
会場は服部学園。
もう何度もお世話になっております。

Img_0653
朝から準備に努める
スタッフたち。
入稿のはざまなので、
コンディション的にはばっちりだ。

当日は晴天、日差しに恵まれて、

えーと恵まれて、、

Img_0655
で、キミはなぜ日陰に立つのか?

……そんなこんなで、
大変スムーズにスタートしました。

Img_0658
円形劇場のようなデモ会場に
ケンタロウさん登場。
みなさん、つい笑顔になっちゃうのが、
ケンタロウさんの魅力です。

Img_0662
今日はピザです。

Img_0675
やはりポイントは
生地のこね方。
実際にコツを説明しつつ、
粉をまとめていきます。

Img_0696
サイドメニューもあるので、
効率的に順序よく。
このへんはなかなか
本だとわからないところで、
料理教室ならではですよね。

Img_0703
カメラはその一瞬をとらえた。

Img_0709
そして、生地をのばします。
ここはやっぱり、、、

Img_0710
この生地には必要ないけど、
ピザといえばやってみたくなるあのアクションを。
歓声があがりました~

Img_0719
オーブンに入れて焼く。
ここまでくれば、
あとは待つだけ。
学校のオーブンの大きさと、
庫内灯の明るさが
話題の的。

Img_0725
じー。

Img_0729
仕上げはパラリと。
この手つきとピザからの
距離がポイントですね。

Img_0733
そして完成!!時間ぴったり。
おいしそうなんだこれがまた。
「鶏肉とごぼうのピザ」
「いかとほうれん草のピザ」
そして蒸し野菜に
チョコレートチーズケーキ
この組み合わせ、いいですよ!

さて、このケンタロウさんシリーズは、
見るだけでは終わらない。
次は実習へとまいります。

Img_0746
カップル、姉妹、友人、
関係はいろいろですが、
協力して、ピザ作りにいそしみます。
そして、、

Img_0745
そこには先生の姿が!!

Img_0744
生地の水分など、
各班を巡回して、
細かくサポートしていただきました。

Img_0758
よし、ばっちり!!

Img_0760
蒸し具合、どうかな?

Img_0773
焼け具合、どうかな?

東京のみなさん、
とてもスムーズに進みましたよ

Img_0780
すばらしい。

Img_0781
思わず拍手!!

Img_0794
ささ、どうぞ召し上がれ!

Img_0798
ピザ2種類とたっぷりの野菜に
デザート。お腹大満足のボリューム感。
試食しつついろいろなご意見ご感想も
いただいたのですよ。
ありがとうございます。

Img_0801
そして、
最後はケンタロウさんの挨拶。
質問はあがらなかったですねー。

みなさん、家でも作る!と
おっしゃっていただけて、
なによりでした。

今回も大変な倍率だったと
お伝えしたらみなさんから驚きの声が。
人数に限りがあって、すみません。
このレシピはもうちょい先の誌面で
掲載しますから、お楽しみに!
今年もいろいろなイベントがありますよ、
誌面とオレンジページnetをチェックしてください!

(今日の最凶)

Img_0804
暴君ハバネロの新製品
「最凶の暴君ハバネロ」

Img_0805
看板に偽りなし。
キッチンでみんなヒーヒー
いってます。こりゃほんとすごい。

|

« 試作だもの。 | トップページ | 静けさのなかで。 »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

コメント

とてもたのしかったです。
この間参加させて頂いた親子の娘のほうです。
うちでよくレアチーズを作るのですが、うえにシナモンかけるの?!と内心驚きましたが、よく合っていておいしかったです。
温野菜は蕪、カリフラワーは食わず嫌いでしたが、久しぶりに食べたらとてもおいしく感じられ、これからは食わず嫌いせず食べようとおもいます(笑

ピザはどちらもおいしかったのですが、、、オーブンが壊れてしまっているもので、、、機会があったらまた作りたいです。

また、このようなきっかけがあれば参加しようと思います。
ありがとうございました。

投稿: きのこちゃん | 2010/01/31 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 試作だもの。 | トップページ | 静けさのなかで。 »