« 「からだの本」の試作はこうなる。 | トップページ | 「オレンジページCookingおつまみレシピ」発売中! »

2011/05/19

ガラムマサラに挑戦する編集部。

ごぶさたしております。
編集トーカツの杉森です。

Img_3644
快晴…そして、
湿度も低めで快適。
土曜あたりまでは、
この調子でいてくれそうですね。

さて。
このさわやかな日中に、
編集部キッチンでは、

Img_3645
わお。
なんですかこのすごい肉は。
きっと素晴らしい試作になるに違いない。
…と思いましたが、
その先を見るには業務上至らず残念無念。

今日はですね、
エスビー食品さんが来社されて、
編集部スタッフ一同、
「ガラムマサラ」調合体験を
させていただきました。

実は七味、カレー粉に続いて、
このシリーズ第三弾。

ガラムマサラ、、、ご存知ですか?
複数のスパイスをミックスした、
インドを代表するミックススパイス。
これが英国にわたって、
いわゆる「カレー粉」ができたそうですよ。

ガラム→ひりひり辛い、ふれると温かい
マサラ→ミックススパイス
そんな意味だそうです。

ではさっそく、
その元になるスパイスを、、

Img_3649
チリペッパーは辛味。

Img_3650
コリアンダー、爽やかで甘いかな。

Img_3651
カルダモン、少量で香ります。
そうだもん、かるだもん。

Img_3652
そして人気上昇中のクミン。
オレペ記事でも単体で
とり上げられていました。
カレーのあの香りがします。

Img_3655
クローブ、甘くて濃厚。

Img_3654
シナモン。スイーツなんかでもありますね。

これらと、ブラックペッパー。
だいたいこのあたりが、
よくある組み合わせのようです。
本質的には100人いたら、
100通りのガラムマサラがあるみたいな、
種類や配合比もいろいろなんだそうで。

Img_3647
さあ、道具は準備万端(にしていただきました)

Img_3659
今回はオリジナルということで、
ジンジャーとガーリックもプラス。

Img_3661
全員、作ります!

Img_3664
すりきりをしないあたりに、
今後の不安がよぎりますね(注:人による)

Img_3665
どうでしょうね、
この自分流配合。けっこう考えたんですけれど、、。

Img_3667
よく混ぜたらビンに詰めて、、

Img_3669
できた。
ちょっと感動していますが、
紙コップで香りをチェックしたときに、
すでに「ぼんやり」な予感がしており、、

Img_3671
とりあえずスナック菓子に、
ふりかけて試食してみました。
おお、自分なりに達成感。が、ぼんやり風味。

周囲は「お!」「いい香り!」「成功!」なんて、
素晴らしくハッピーな図が
展開されていましたが、
どうも僕のはぼんやり風味(汗)

人それぞれの何かが反映される、
オリジナルガラムマサラ、
人生の何かを示唆しているようでもあり(?)
ほんと、誰のものもちょっとずつ
個性が違うんでびっくりしました。

Img_3670
それにしても
エスビー版のガラムマサラの、
バランスの良さに舌を巻く…
やっぱりすごいですね、
プロの仕事は。

Img_3673
目玉シールをつけて心に折り合いをつけます。

ガラムマサラ。
カレーはもちろん、
から揚げ、野菜炒め、焼きそばに炒飯。
いつものメニューがたちまち香り高く。
思った以上に使い勝手がよさそう。
夏に向かって、あると重宝しそうですよ。

Img_3672
すすめられるまま、
はやりの食べるラー油と
あわせてみましたが、
これは、、、、おすすめです!

|

« 「からだの本」の試作はこうなる。 | トップページ | 「オレンジページCookingおつまみレシピ」発売中! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カレー大好きです。
カレーの綺麗な黄色を出すためには、ターメリックを入れると良いですよ。
ターメリックは、辛味はないのでお子さん用カレーに使って安心です。
あとは、クミンはインド料理にマストなアイテムなのでぜひお試しを!delicious
以上、インド人のカレーの本場、イギリス情報でした。

投稿: フェアデュウ | 2011/05/20 01:24

フェアデュウさま、スパイス情報ありがとうございました!
クミンは最近人気急上昇です。小誌の記事も人気でした。
上手に活用すると楽しいですよね、スパイス。

投稿: 杉森です | 2011/05/20 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「からだの本」の試作はこうなる。 | トップページ | 「オレンジページCookingおつまみレシピ」発売中! »