« 今年はもうはじめてみませんか?という話。(オレンジページ11/2号) | トップページ | すっかり定着した鍋がさらに!という話。(オレンジページ11/2号) »

2016/10/25

捨てる力はトレーニングすれば鍛えられる、という話。

みなさん、こんばんは。
編集主幹・杉森です。

キッチンではまだ検証すべきことがあって、
あれやこれや条件を変えて試作しています。
いったい何度目だか(汗)

今日はこの本の話です。
部屋を片付ける以前に、
捨てられない!というかた、
もしかしたらこの本が、
あなたが変わるきっかけになるかも
しれませんよ。

Cimg1456
オレンジページ社刊
『ものを捨てるトレーニング「捨てトレ」』

スポーツだって、料理の腕前だって、
いきなり最初からできる人はいませんよね。
少しずつうまくなる。
だから、「モノを捨てる」ことだって、
最初はうまくいかなくて当たり前。

この本はまさに、
捨て方を身につけるトレーニングの
手順が書かれています。

そうはいっても捨てられないあなたへ、、という
言葉からはじまって、
まず最初のステップは、
なぜ捨てられないのか、心の中から、
解き明かしていくんです。

Cimg1458
損得で一喜一憂タイプ

いい人と思われたいタイプ

ハプニング続きで爆発タイプ

……などなど、
なぜ自分が捨てられないか、
実例のなかで共感することしきり。
さあ、あなたのタイプはどれでしょう??

そして、ステップ2は実践編、
捨て方を伸ばすコツから
ていねいに積み上げていきます。
順を追っていけば、必ず力がついてきますよ。

Cimg1462
コツ3「客観視する」。納得。
アイテム別の捨て方も詳しく解説されています。

その次、個人的にゲラを読んでいたときに、
とくに素晴らしいと思ったステップ3。

「捨てられないと失うモノ」

今まで何をやってもうまくいかなかったかた、
このステップは必読です。
価値観が変わるかもしれません。

そしてラストのステップは、
「二度と増やさないための心得」
アフターフォローまで完璧。

いきなりすごく上達するのではなく、
しっかり順を追って習得していく、
新しい習得方法が記されています。

実は僕とムック統括のHは、
原稿チェック時に内容に感激してしまい、
本のタイトルを「感動する捨てトレ」と
してはどうかという議論もしたほど。

著者の野沢恭恵さんの、
あとがきもまた、素晴らしい文です。

Cimg1457
ありそうでなかった、「捨てかた」のトレーニング本。
ぜひ、読んでみてください。実践できます。

(今日の作業)

Photo
花を仕分ける販売部マネージャー。なぜ。




|

« 今年はもうはじめてみませんか?という話。(オレンジページ11/2号) | トップページ | すっかり定着した鍋がさらに!という話。(オレンジページ11/2号) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事