« もうすぐ次のオレンジページです、という予告。(やせる号お早めに) | トップページ | 本日の編集部キッチン。(つれづれ日誌) »

2017/02/06

断面の美しいケーキがくる!という話。(つれづれ日誌)

みなさん、こんばんは。
編集主幹・杉森です。

バタバタしておりまして、
ちょっと間があいてしまいました。

今日はMT続きというのもあって、
編集部キッチンに置いてあるカメラを
後から確認してみますと、、

おお、撮れてる撮れてる。

Cimg2170

Cimg2171

Cimg2172

Cimg2173

……とまあ、定点的に何枚も。
気合の入った試作が行われていました。
しかしおいしそうだこと。

さて、みなさま、
昨年のトータル5100レシピを
超える勢いで試作をしている僕らですが、
その試作の結晶ともいうべき
最新号では、

Cimg2161
バレンタインスペシャルの1本。
この企画中のですね、、

Cimg1928
フランス発、断面がすばらしいケーキ、

Cimg1961
「ガトー・インビジブル」
こちらがSNSでけっこうなつぶやかれっぷり。

たしかに、何が「見えない」のかと、
ああ、そういうケーキ!!ってことかと。
切ってびっくりの一品。生地が見えない。
果物や野菜のスライスを重ねて作ります。

Cimg2130
ぜひご注目を。
そして、今月17日には
まるっと一冊このケーキのムック本が刊行されます。
もうすぐ社内に見本誌が届くくらいまできました。
この件、またお話します、
断面画像、撮りまくってありますんで。

(今日の小学生)

Cimg2164
おかあさんの扉第6巻も
店頭に並んでいます!!
もう小学生、時の経つはやさってばと、
この伊藤理佐先生の連載でほんと、感じます。

|

« もうすぐ次のオレンジページです、という予告。(やせる号お早めに) | トップページ | 本日の編集部キッチン。(つれづれ日誌) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事