« 「作り置き」できる肉のおかずがてんこ盛り、の話。(オレンジページ3/2号) | トップページ | 『おいしい記憶』を投稿してみませんか?という話。(ご案内) »

2017/02/22

「ガトー・インビジブル」と編集部、という話。(つれづれ更新)

みなさん、こんばんは。
編集主幹・杉森です。

ひっさびさの更新です。

今日はですね、
SNSで話題になっている、

果物や野菜のスライスを重ねた
美しい断層のケーキ
「ガトー・インビジブル」

こちらについて、
お伝えしたいと思います。

Cimg2269
前号の『オレンジページ』で予告編的に
とりあげた後、
日本初のレシピ本(※2月15日現在小社調べ)
小社より刊行しております。
発売前から一部ネット書店で予約だけで
売り切れるという想定外の事態になりましたが、
今日現在は在庫ありのはず。お待たせしました。

小社がこれはぜひと、ガトー・インビジブルの本を
出版するにいたったのは、
実は、編集部の担当小松のパリ旅行がきっかけ。
パリから戻ってきた小松が、
すごいのを見つけたといってかなりの熱量で、
企画を出してきたんですよ。
(そのいきさつは、オレンジページ☆デイリーに)

で、とりあえずどんなものか、
キッチンで作ってみてよということになって、
担当小松がはじめて作ってみたのが、これ。

Cimg1007
おお、すでに断面に素敵な片鱗が。
まだ半袖を着てたときのこと。

これはいける!!と、
めでたく出版が決まって、
フランスのお菓子に精通している、
若山曜子さんにお願いすることになりまして。
その後も編集部キッチンでは試作が続きまして、、

Cimg1853
どんどん素敵な

Cimg1869
断面に

Cimg1872
なっていく。
ちなみにこれは
じゃがいものしょっぱいバージョン。

Cimg1873
バリエーションもいろいろに、、

Cimg1870
ツートンになったり、

Cimg1932
これ、さつまいも版かな?

Cimg1961
ほんと、切るのが楽しみなケーキです。

Cimg2100
これもなかなか。

Cimg1992
素材を工夫すればするほど、
断面が美しく、、、。

スライスしたたっぷりの果物や野菜、
そしてほんの少しの生地。
重ねて重ねて、焼いている間に生地が「見えなく」なります。
作り方はいたってシンプル。

Cimg1962
みなさん、ガトー・インビジブル、
ぜひ作ってみてください。
じゃがいもなどで作るしょっぱい版なら、
お酒のつまみにも。

Cimg2270
発売中のレシピ本に、たっぷり掲載しています。
どうぞ店頭でご覧ください。ちょっと品薄かも(汗)

(そのころのインビジブル)

Cimg1908
試作マックスで断面だらけだった日、
編集長と副編集長が、苦労しておりました。
たぶん上下のキャビネットを
つなぐネジがインビジブルで、
重ねてるのがばらせなかったと。
重ねて、、、インビジブル、、。(←無理やり)

|

« 「作り置き」できる肉のおかずがてんこ盛り、の話。(オレンジページ3/2号) | トップページ | 『おいしい記憶』を投稿してみませんか?という話。(ご案内) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事