« 発表会でも、クリスマス♪ | トップページ | 「母の手紙」 Vol.7&8 »

2010年12月24日 (金)

木についてのエトセトラ

友人に誘われ、
「木についてのエトセトラ」 というイベントへ足を運びました。

Tree_etc_thankyoupdf_adobe_reader

なんと、日本の森の60%は、枯れかけているのだそう。
それを生き返らせる、一つの手段として「間伐」があるとのこと。
今回は、生きている木として役割を終えた
「間伐材」をテーマにしたイベントです。

Dscn1181_2

まず、入り口には、きれいに積み上げられた薪。
お花もアレンジされ、木の存在感と美しさに圧倒されます

Dscn1156

薪のある生活。うーん、あったかそう!
エアコンは便利だけど、木のぬくもり感にあこがれてしまいました。

Dscn1159_3

会場の中央では、ワークショップが開催され、
木を台に使ったクリスマスキャンドルが作成されていました。
子どもたちを中心に、大人も夢中です。
さあ、もっと飾りつけて!

Dscn1178_2

そうこうしているうちに、パーティの準備が。
テーブルのタイトルは、「あ、枝、でもパン」。
奥にある、壺に差してあるパン、本物の木の枝に見えませんか!?

木としての役割を終えた間伐材について、
見て、触れて、考えて、食べる一日。
今後、第2回、第3回と続けていくとのこと。

都会を少し離れただけで、木に囲まれる日本。
遠くに見えるけれど、目を向けると
とっても近くにある木々
のことを、
考えるきっかけになる、おしゃれで楽しいイベントでした♪

|

« 発表会でも、クリスマス♪ | トップページ | 「母の手紙」 Vol.7&8 »

編集スタッフ/大出」カテゴリの記事