« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

香水作り体験してきました♪

美しい香りをまとうことは女子のたしなみ……。
すれ違ったときに、ふわっといい香りがすると、
クラッとさせられてしまうのは私だけでしょうか。

とはいえ、夏本番のこの時期、どっぷり汗をかき、
気になるのが自分のニオイ。

「私ってば大丈夫?」

もう少し、香りに気を配らなくてはなぁなんて思うこのごろです。

ただいま、東京・銀座にある「ポーラ ミュージアム アネックス」では、
「香りをイメージする香水瓶展」が開催
されています。

なかには、20世紀はじめのアールヌーヴォー期を代表する
「エミール・ガレ」の作品や

110729_01

1940年代のメーカー・デザインのユニークな香水瓶がずらり。

110729_02_2
「ハイライツ香水」
カロフ・クリエーションズ/1939年


↑中には小びんが! 
うーん、なんてかわいいのでしょう。


110729_03 
「ショッキング」
レオノール・フィニ(デザイン)/
スキャパレッリ/1937年


こちらのデザインにも惹かれます。
色使いといい、その形といい、美しい!
ケースも素敵です。


近代以降、香水が一般的にも広く使われるようになり
趣向をこらした香水びんが次々と登場したそう。
どの作品もとてもストーリーが感じられて、
うっとりしながら、見つめてしまいました。

さて、ポーラミュージアム アネックスでは、
今回の企画展に合わせて、香りにさらに親しんでもらおうと
「オリジナル香水作り講座」が開催されます。
私もこの講座に参加させていただきました!

110729_05

まずは「フレグレンス(香り)」の勉強から。
香水は天然香料と合成香料からできているそう。
天然香料には、ローズやジャスミン、ナツメグなどの植物からとったものと、
抹香鯨(まっこうくじら)や麝香鹿(じゃこうじか=ムスク)などの
動物からとったものがあります。

110729_04_2
こちらはオルスルートの根(左)と、ナツメグの種(右)。
オルスルートは、クレオパトラが粉にして使っていたともいわれています。


もうひとつ、近代以降に発達したのが合成香料。
こちらは、天然香料の結果成分をもとに、化学合成して作られているそうです。

このほか、調香についてのお話等を聞いたところで、
いよいよ香水作りスタート!

110729_06_3

いろいろな香りを組み合わせて、自分好みの香水に作り上げます。

110729_07

さわやかな香り、柔らかい香り、妖艶な香り……
ぶどうや、りんごなどのフルーツの香りもあるのですが、
こちらは合成香料が多いのだとか。
なかには、本物にとても近い香りがするものも。
すごい技術です。

6通りほど調合し、ついに自分の香りが完成!

110729_08

私は、花の香りと東洋の香りを組み合わせた
「フロリエンタル」という香りをベースに、
シャネルのNo.5にも使われているという(!!)
「モダンフローラル」の香りを加え、
さらに、あんずとりんごの香りをトッピング。

最後に、レモンの香りを加えて涼しさを演出します。

110729_09

おぉ、濃厚で深みがありながらも、さわやかな香りとでもいいましょうか……。
我ながら大満足の出来です。

110729_10

オフィスに持ち帰ったところ、
「かなり女性らしい香りだねー」と先輩スタッフよりひと言。

「大人の女性」の雰囲気とは程遠い私。
今年の夏は、この香りで大人女子の仲間入りができるでしょうか……。
何より、ふんわりやさしい香りに癒されています。

「オリジナル香水作り講座」は8月に2回行われるそう。
この夏、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか♪

さらに、詳しい情報はこちらをご確認ください>>> 


■ポーラミュージアム アネックス
「香りをイメージする香水瓶展」>>>
http://www.pola.co.jp/m-annex/exhibition/
開催期間/9月11日(日)まで

|

2011年7月26日 (火)

ブランディア訪問!

こんにちは、S野です。

先日、net編集部のH尾、H田と三人で
東京モノレールに乗ってお出かけしてきました。

数年ぶりにモノレールに乗ったというH尾は、
ちょっと興奮気味。
窓の外の東京湾を食い入るように見つめるその姿は、
遠足の小学生のようです。
(ごめんね、先頭に乗せてあげられなくて)

さて、向かった先はというと、東京流通センター。
東京ドームの約4倍という巨大な倉庫が2棟建っていて、
その中には、たくさんの企業の商品が管理、流通されています。

巨大すぎる倉庫街の中をきょろきょろしながら、
私たちが目指したのは、
(株)デファクトスタンダードさんのオフィス。
無料買取サービス「ブランディア」を運営している会社です。

以前、net編集部で「ブランディア」を体験して、
すっかりその魅力にはまった私たち。
くわしくはこちら>>
今度は、全国から送られてくるバッグや洋服は
どうやって査定、管理されて、
次の人の手元に届けられていくのかが気になり、
会社におじゃまさせていただくことになったのです。

倉庫の中とはいえ、
外資系のようなステキな雰囲気が漂う受付。
マーケティング部の小磯さん(左)と山口さん(右)が
お出迎えしてくれました。

Dscf9398

さっそく中へ案内してもらいます。
入り口の段ボールの山の隣りに
ちょこんと置かれているのは、キックボード。

Dscf9316

とーっても広いオフィスのため、
これがあるとスイスイ~と移動できて便利なんだそう。
なんだか楽しそうです。

こちらは、本日全国から届いた段ボールの数々。

Dscf9317

1日200~300箱、
多いときでは400箱の段ボールが届くのだそう。
その中の一つを開けさせていただき、
中身をこっそり見せていただきました。

Dscf9318

○ェラガモの靴にネクタイ、バーバ○ーのセーター。
男性用アイテムが段ボールいっぱいに入っていますが、
送り主は女性です。
おこづかい稼ぎをしようと、奥様が、だんな様の物を
こっそり送ってきたのでしょうか、
それとも……(いらぬ妄想が膨らみます)。

気を取り直して、隣りのデスク島に目を移します。

Dscf9324

みなさん、届いた段ボールを開けて、中身を取り出し、
その商品情報を黙々とパソコンに入力しています。
送られてきたすべての商品には、
最初にここで番号をつけ、データ化して管理しているのだそう。

Dscf9351

番号タグがつけられた商品は、その隣りの島に渡されます。

ここでは、商品をすみずみまでチェックして、
商品の金額を査定しているようです。

Dscf9325

少しでも高めの査定でお願いしますね~!

Dscf9326

そして最終的な査定をされているかたが3人いらっしゃいます。

そのうちの一人が、こちらの間宮さん。

Dscf9334

査定歴10年のプロフェッショナルです。
ブランド品の真贋判定(本物と偽物を見分ける)、
商品の査定をすべて行います。
間宮さんの目をごまかすことはできません。
偽物を身につけていたら
すぐにバレてしまうので注意です。(汗)

今、間宮さんが査定しているのは、
○イヴィトンのエピシリーズのバッグ。

Dscf9329

こちらは、無事本物だったようです!
市場価格は8万円で、
査定金額は2万円くらいになりそうだとか。
さらに細かくチェックして最終金額をつけるそうです。

ちなみに、以下のブランドバッグは、
全国から届いた商品ですが、
残念ながらすべて偽物なんだそう~。

Dscf9339
Dscf9340

Dscf9341

みなさん、偽物と知っていて使っていたのでしょうか。
それとも、本物だと思い込んで使っていたのに、
じつは偽物だったのでしょうか……。

これらの査定金額はもちろん0円。
返却してほしいかたには返却して、
廃棄してほしいと言われた場合は、
今後の真贋判定の参考のために、
「ブランディア」で保管しているんだそう。

こちらの○ルメスのケリーバッグも偽物。
見よ、このあどけない表情を。(涙)

Dscf9343

こうして査定が終わったら、
お客さまにメールで金額をお知らせして、
その金額に同意していただければ買取成立です。

そこで気になるのが、
「ブランディア」が買い取った洋服やバッグはいずこへ?

じつは、独自で運営している「ブランディアオークション」という
オークションサイトに出品し、
落札されたかたの手にお届けしているのだそう。

なるほど、物を大切に使うための
よく考えられたシステムです。

そこでまず、こちらのコロコロで、
買い取った商品のホコリなどをきれいにします。

Dscf9356

そしてこちらの個人スタジオで
出品掲載用の写真撮影をします。

Dscf9353

コンパクトでいい感じですね。
私もデスクの隣りに欲しい~!

黒壁の内側に商品を置いて、
これから撮影すべく準備をしているようです。

Dscf9354

こちらのかたも、
いかに商品を美しく撮ろうか考えているもよう。
オークションでは、写真の美しさは大切ですもんね。

Dscf9359

がんばってキレイに撮ってください!

そして撮影を終えた商品はきれいにたたんで、
商品番号タグとともにビニール袋に入れます。

Dscf9362

洋服は、このようにまとめて保管しています。
ずらりときれいに収納されていますね~。

Dscf9364

キャ○キッドソンのスニーカーも
プチプチに包まれておめかし。

Dscf9366

箱に入れられたブランドバッグは
こんなにたくさん並んでいます。
まさに宝の山です!

Dscf9365

そうして、オークションで落札された商品は、
段ボールに詰めて、
新しいご主人さまの元へ届けられます。

Dscf9378

佐川さん、なにとぞよろしくお願いします!

今回、「ブランディア」の裏側を
じっくりていねいに、案内してくださった
小磯さん、山口さん、
どうもありがとうございました!

送った商品がきちんと査定、管理されて
次の方の手に届けていることが分かりました。
ますます、「ブランディア」のファンになりました~。

さっそく夏物を送ってみようっと♪

みなさんもぜひ試してみてくださいね!
こちらからどうぞ>>

|

2011年7月22日 (金)

ゴーヤー、いろいろ!

各地で大型台風6号の被害が出ましたが、
みなさま無事にお過ごしでしょうか……?

東京地方は少し涼しく感じる日もあった今週ですが、
また週末からは暑い日が続きそうですね!
夏休みシーズンも始まって、夏本番です!

今年は節電の必要性もあり、
これを始めた方も多いのではないでしょうか?

Realgoya

そうです♪ ゴーヤーの緑のカーテン
社内でもやっている人が多いんですよ。
これは子どもが通っている保育園のものですが、
つるがよく茂って、実がいくつもなって、
日中の厳しい日差しをさえぎってくれています。


ゴーヤーの豊富なビタミンCやあの独特の苦味は、
夏バテ気味な体を元気にしてくれますよね。
緑のカーテンとしても大注目のゴーヤーですが、
本場の沖縄ではさらにいろいろな商品が! 
先日沖縄県物産公社(わしたショップ)のイベントで、
ユニークなゴーヤー商品をたくさん見せていただいたので、
ご紹介しますね♪

こちらは沖縄産ゴーヤーを使った
発泡酒「ゴーヤーDRY」

Goyadry

ホップの苦味の後に、
ゴーヤーのすっきりした苦味が広がります。
のど越しも最高です~。灼熱の季節にはぴったりの味!

「美味沖縄 58(ゴーヤー)カレー」

Goyacurry


暑い季節に食べたくなるカレー!
これにゴーヤーを合わせた、最強の夏メニューです! 

「沖縄島茶 種入ゴーヤー茶」

Goyatya

沖縄産のゴーヤーを種ごと粉砕して焙煎したお茶。
ゴーヤーの種子に含まれる共役リノレン酸は、
脂肪燃焼にも効果があるそう。
そんなに苦味はなく、飲みやすいお茶です。

そしてなんと、
こちらは宮古島のゴーヤーを使った
「ゴーヤージャム」

Goyajam

思いっきり苦いんじゃないかと思いましたが、
ジャムなのでもちろん甘いです。
が、甘みの中にゴーヤーの苦味がほんのりひろがる……
という、初めての味わい! 
アイスクリームやヨーグルトなどに合いそうです。

こちらは沖縄産の厳選材料を使って、
手作りで作られているという「GOYA 石けん」

Goyasoap

ゴーヤーの豊富なビタミンCは、美肌成分としても注目です!
沖縄産のゴーヤーを種まで粉末にして練りこんだこの石けん、
肌をさっぱりとした洗い上げてくれるそう。
沖縄土産としても喜ばれそうですね♪

「GY・Cローション」

Goyalotion

久米島の海洋深層水と、ゴーヤーやアロエベラ、
モズクエキスなどの沖縄ならではの美肌成分をブレンドした化粧水。
すーっと肌に浸透して、うるおい力もばっちり。
日焼け後の肌にもよさそうです。

これからまだまだ、暑い季節は続きますが、
こんなゴーヤー製品にパワーをもらったら、
元気に夏を乗り切れそうですね♪


Shisha_2 

沖縄にも行きたいなぁ~。。

ここでご紹介した商品は、
銀座わしたショップなど、全国のわしたショップでも購入できます♪

|

2011年7月20日 (水)

小鳥ブローチ。

台風6号がどんどん近づいてますねえー。
ベランダで細々と育てている朝顔の花が、強風で全部しおれてしまいました。
今日と明日くらいは、咲くのを待てばよいのに、
それでも次々とつぼみをふくらませる姿がなんとも健気です。

さて、今回のお料理e-Lessonは、飛田和緒さんにご登場いただいております。
葉山で海辺の暮らしをされており、そのライフスタイルでも注目を集めている先生。
その先生にお会いできるのはもちろんでしたが、スーパー元気印の花之子ちゃんと
ねこのクロちゃんに会えるのが、今回とっても楽しみだったのでした。

前回お会いしたのは、2年ほど前。
当時クロちゃんは15歳。
もしかしたら、もう……と思っていたら、

1

いきなりカメラマンさんのバッグの上に座ったクロちゃん。
御歳17歳、健在でした~!

2

すっかりお姉さんになった花之子ちゃん。
「私も写真撮る!」
と、マイカメラで。

「あとね、これおねがいします」

4


なあに?


5

!?

6


東日本大震災の募金活動に賛同している、amaco靴工房さんの小鳥ブローチでした。
革製でしっかりしてるし、服やバッグにつけてもいい感じ。
ふつーにかわいいので、いろんなのが欲しくなっちゃう!
花之子ちゃんが選んでくれたペンギンにしました。
他にもいろいろ、かわいい小鳥さんたちがいましたよ。
通販もできるそうなので、ぜひ!


それから、こちらも↓

野菜がたっぷり食べられて、ご飯がすすむ簡単おかずを
ご紹介中のお料理e-Lesson。
ぜひ作って投稿してみてくださいね。
投稿していただいたかたのなかから、素敵なプレゼントも当たります♪
締め切りは、8月9日(火)AM10:00です。
ふるってご参加ください!

<おまけ>
3
グラビア撮影のようなことに……。
ちなみにこのセクシーショットはこちらです。

|

2011年7月12日 (火)

めざせ! 扇子美人

猛暑が続いております。みなさん、熱中症対策は大丈夫ですか?

節電でクーラーも控えめのところが多いからか、
電車の中でも会社の中でも、扇子であおいでいる人をよく見かけます。
お店の扇子コーナーも充実していますよね。

私も今年、思い切って扇子を新調しちゃいました!

  Sensu01_4

江戸千代紙の店「いせ辰」にて購入。
お気に入りの柄だと、広げるたびに楽しくなりますね。

でも、いざ、電車で取り出してパタパタしてみると、
なんだか急に人からどう見えているのか気になりだしました。
扇子の扱い方にも美しいマナーって、きっとありますよね。


そこで、「めざせ!マナー美人」で監修を務めていただいている
岩下宣子先生に取材でお会いしたときに、聞いてみました。


まずは、お店で扇子を選ぶとき、
みなさん広げて柄を見ると思いますが、

Sensu02

こんな風に持って、真横に一気に開いてませんか?
これはNG。

正解は……

Sensu04

左手で、つけ根(「要(かなめ)」といいます)の部分を持ち、
右手の親指で骨をずらすようにして、ゆっくりと丁寧に開きます。

そして、あおぐときですが……

Sensu03

全部をパカーンと広げないで、このぐらいで、
顔の下のほうで、小さくゆっくりとあおぐと、
優雅な雰囲気となり、上品に見えるそうですよ。

(私、最初の写真のように、扇子を全開にして、
せわしなくバッサバサあおいでました。。。)

もちろん、これは周囲の人への配慮もあってのこと。
大きく開いてあおいでは、扇子の風が隣の人にかかってしまったり、
自分の匂い(香水をつけている人は特に注意)を周囲に振りまくことにも。

慎み深く使うのが、扇子のマナーといえそうです。
これで私も、この夏、扇子(だけは)美人!

<おまけ>
夏といえば、カレー!
取材の際に、ちょっとめずらしいカレーをいただきました。

Hiyashi

その名も「冷やし野菜カレー」(おまかせ亭・渋谷)。
玉ねぎたっぷりのさらっとした冷たいカレーを、
揚げ野菜がトッピングされた酢飯(!)にかけていただくんですが、
たしかに味わいはカレー♪ でも、さっぱりサラサラいける。

スパイスがきいていて、クセになる味でした。
夏だけのお楽しみだそうですよ。

|

2011年7月 5日 (火)

私だってシンデレラ!?

暑くてジメジメした日が続いております。なんだか気分まで……という方もいるのでは?

でも、そういうときこそ、アクティブにならねば! と、
私、スタッフ遠藤、先日、ちょっとパーティにお呼ばれしてきました。

会場に着くと、目の前にはキラキラと輝く階段。
これって、もしかして〈大人の階段〉?(って、もう十分大人ですが)

Al_11_2

階段をのぼると、そこに広がっていたのは……

Al_02

めくるめく乙女の世界!

Al_03

ああ、気分はシンデレラ♪

Al_06_2

と、自分の中の眠れる〈女子〉も目覚めるような会場では、

Al_04 

この秋、アルビオンから発売される、
パウダーファンデーションの新作発表会が行われておりました。

ロングセラー薬用化粧水「スキコン」でおなじみのアルビオンは、
ベースメイクのラインナップも充実していますが、
この日は、シフォンケーキのような仕上がりで定評のあるエクサージュから、
新作のパウダーファンデーション「ドリーミィ シフォン」(8月18日発売)がお目見え。

会場では、全6色の中から、自分の肌色に合うドリーミィ シフォンを選んでもらい、
実際に、お顔でお試し。
スタッフのかたの丁寧なアドバイスのもと、
たったひと塗りで驚くほどきめ細かい〈美肌〉に変身!
なめらかな使い心地にも感動しました。

しかも、このドリーミィ シフォン、透明感のあるキレイな仕上がりが、一日中続くんです!

その秘密は、新配合の純白パウダー
汗・皮脂にヨレにくく、色あせを防ぐための特殊コーティングをほどこしているため、
透明感のあるピュアな肌色をキープしてくれるそう。

同時発売の専用下地「エクサージュ ドリーミィ シフォン プライマー」
あわせて使用すれば、より美しいシフォン肌を実現できますよ。

Al_05

メイクを体感したあとは、別フロアで素敵なコーヒータイム♪
このドリーミィ シフォンのレセプションのために特別に用意された、
ふわふわのケーキと香り高いコーヒーが待っていました。

京都の伝説のロールケーキ「フロール」(数量限定&完全予約制なんですって!)のアレンジバージョンを、コーヒーハンターの川島良彰氏のオリジナルコーヒーといっしょに。
「ドリーミィー シフォン」でメイクアップして、スペシャルなスイーツとコーヒーをいただいて。
なんだか、笑い方まで変わってしまうような、優雅な時間でした。

シンデレラの余韻に浸りつつ、
かぼちゃの馬車……はなかったので、地下鉄を乗り継いで会社に戻りました。


慌しい朝でも、ひとぬりで、驚くほどきめ細かい〈美肌〉に!
気分もぐっとアガル、アルビオンの新ファンデーション。
この秋の必須アイテムになりそう。発売をお楽しみに♪

☆8月18日(木)発売☆

パウダーファンデーション
「エクサージュ ドリーミィ シフォン」11g 6色 SPF15 PA++
セット価格 5250円(レフィル 4200円、マットつきケース 1050円)

専用下地
「エクサージュ ドリーミィ シフォン プライマー」30g SPF15 PA+
3150円
アルビオン

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »