« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月27日 (火)

充電式電池でトライアスロン?!

突然ですがみなさん、電池って、こだわって選んでいますか?
恥ずかしながら機械系に弱い私は、
電池について考えたことがあまりなく、
スーパーや、100円ショップでついでに
買うことが多いのです。。
充電式電池もLED電球とともにわが家にも導入しよう!
と思っているもののひとつなのですが、
ついつい先延ばしになっています……。

そんな折、
電池ブランド「エボルタ」のオリジナル検証ロボット エボルタが、
電池の電源だけで、世界中でさまざまな挑戦を続けているという
ニュースを聞きつけました。
しかも、なんと今年の挑戦はトライアスロン! 
充電式電池でトライアスロンのコースを走破を目指すそうです。
電池にそんなパワーがあるの?! と、興味津々で発表会に行ってきました。

Evolta1

こんなかわいい顔をしたエボルタくん、
この写真は大きなマスコット人形ですが、
実際の身長は17cm。

一見おもちゃのようなロボットなのですが、
じつはすごいパワフルな子なのです。
2008年にはグランドキャニオン登頂
2009年にル・マン24時間耐久走行をエボルタ乾電池2本で成し遂げ、
2010年には東海道五十三次を充電式電池エボルタ12本で走破!
世界のトップアスリート並みの脅威の挑戦を続けています。

そして2011年は、
トライアスロンの聖地ハワイで、
世界一過酷といわれているトライアスロンのコースに挑む
そう! 
しかも驚いたことに、使用するのは充電式単三電池3本のみ。
1週間(168時間)以内でのゴールを目標に、
3種類のエボルタ ロボットが充電時間以外は
24時間休みなく走り続けるそうです。


エボルタくんの性能もさることながら、
充電式電池のパワーってすごいなぁ~と改めて驚きです。
思えば私がふだん何気なく買っている電池はすぐに使えなくなってしまいますが……
充電式電池エボルタなら、そんな持続力とパワーがあるなんて。
電池をちゃんと選ぶこともエコにつながりますね!

Hakase
会場ではエボルタくん生みの親、ロボットクリエイターの高橋智隆氏が、
「今回は強い波や風など、過酷な自然環境の中での挑戦になるので、
強いパワーを安定して持続的に出せることが必要。」
と、今までのチャレンジ以上のハードルの高さ、
それに対する開発の苦労や工夫をお話してくれました。

トライアスロンといえば
「スイム、バイク、ラン」の3つ。
それぞれにこんなエボルタくんで挑みます。

Swim
スイム・ロボットは浮力を確保するために
前後にフローターがついており、
防水やサビ予防のためのさまざまな工夫がされているそう。

Realswim

こんな風にクロールで泳ぐんです。
かわいい~! けれど結構力強いです。

Bike
こちらがバイク・ロボット
ロードバイクをイメージしているそうです。

Run

そしてこちらがラン・ロボット
リングのなかのエボルタくんが、
腕をふって走ります。

Realbike Realrun

ブレブレ画像で恐縮ですが、力強い走りを披露してくれました! 
これなら世界の超人たちが挑むようなコースも制覇できる?! 
との期待も高まります♪

エボルタくん、前哨戦として
9月23日に大磯ロングビーチで行われた
トライアスロン 4年生男子の部で出場しました。

そして10月24日(日本時間)ハワイ島にて
アイアンマンコースの挑戦がはじまります! 


このエボルタくんの挑戦の様子は24時間、
コチラで生中継されるそうなので、
みなさんもぜひ応援してくださいね♪
小さな体でで黙々とゴールを目指すその姿に、きっと元気をもらえますよ! 

◆今までの挑戦など、エボルタくんの詳細についてはコチラをチェック!
EVOLTAワールドチャレンジ スペシャルサイト

|

2011年9月16日 (金)

ぜいたく肌ケア体験してきました♪

9月も半ば。
少しずつ秋めいてきましたね。

私ごとですが、この夏は不安定な気候が続いたのと、
エアコンのきいた部屋にいることが多かったためか
肌が乾燥気味でボロボロ……。
頬の赤みも気になり、ブルーな日々が続いたのです。

うーむ。と悩んでいたところに、
化粧品メーカー・シーボン.のかたからうれしいお誘いが。

ちょっと緊張しながら、サロンまで足を運んできました。

シーボン.では、化粧品を購入すると
そのアフターケアとして、
肌のカウンセリングや美顔マッサージなどの「サロンケア」を
受けることができるそう。

今回は、そのアフターケアサービスを体験してきました。

さて。まずは、クレンジングから。

01

肌にやさしくて汚れがよく落ちると評判の
「トリートメントマセ」というのを使います。

「小鼻の汚れは、下から指をくるくる回しながら
マッサージするとよく落ちますよ」

という、ていねいなアドバイスをいただきながら、
メイクを落とします。

そのあと行うのが、酵素洗顔。

オリジナルの酵素パウダーに
洗顔フォームを入れて混ぜると……

02

こんなに泡立つのです!! びっくり。
ふわふわ&もちもちの感触♪
酵素は余分な角質を除去してくれる働きがあるそう。

これだけでも肌が元気になる予感☆

素肌になった状態で、いよいよ肌の診断をしていただきます。
ウッドランプで、シミやくすみがどこにあるかチェック。

04

この機械で撮影すると、
ふだんは見えないシミ&シワまで見えてしまうのです。

続いて、ダメージを受けやすい頬の一番高い位置と、
肌への負担が少ない腕の下の2カ所で肌のキメ度を確認。

05

こんなに自分の肌と向き合うのって
はじめてかもしれません。

思っていたより、肌の状態は不健康でなかった模様。
ホッとひと息。

でも、やはり「乾燥がちょっと気になりますね」
とのことでした。

会員になるとこれらのデータを保存しておいてくれるそう。
自分の肌の状態をきちんと管理していただけるのはうれしい!

いよいよトリートメントケアの開始。
今回は、とくにカサつきと乾燥に働きかけてくれるというコースを
体験させていただきました。

まずは、東洋式美顔マッサージ。
顔にある36カ所もの美肌ポイントを押して代謝を促します。

たっぷりのクリームを塗って。

07

グッとツボに入っている感じ。
気持ちいい!

08_2

マッサージし終わったあとのクリームを見ると、
真っ黒!!

09
※右がマッサージ後のクリーム。

白いクリームと並べると一目瞭然です。
こんなに汚れがあるなんて、
ふだんどれだけ洗顔を怠っているのでしょう(反省)。

毛穴に詰まった汚れをきれいに取り除き
お肌をピカピカにしたら……

うるおいを補給!

フェイシャルはもちろん、
デコルテまでまんべんなく、マッサージしながら、
数種類の美容液を補給していきます。

11
至福のひととき。。♪

さらに、目元にもパックをしてもらいスペシャルケア。

うるおい補給している間に、
ヘッド、ハンド、フットマッサージと、

13 14

気持ちがよいことの連続で(!?)
ものすごい睡魔に襲われました(笑)。

あぁ、この幸せが永遠に続けばいいのに……
なんて極上の気分に浸っているところで終了!

肌を触ってみると……
ぷるんぷるん。

15

これ、本当に私の肌!?

うれしくて、思わず何度もその感触を確かめてしまいました。
余分なものがなくなって、顔も小さくなったみたい!

アフター肌チェックでは、水分が肌に行き届き
肌のキメが以前より整っているのを確認。

こんなにすぐに効果がでるなんて~と
ウキウキしてしまいました。

この体験のあとの私の肌といえば……
少しずつ回復し、今では乾燥も気にならないほどに。

化粧塗りもよくなったよう
乾燥がより気になるこれからの季節。
これを機に、きちんと肌のケアをしようと心に誓った私です。

シーボン.のサロンケアは、
1500円でお試し体験をすることが可能!

プロのフェイシャリストのケアを体感してみてはいかがでしょう。
詳しくはこちらのページをご覧ください♪

株式会社シーボン
http://www.cbon.co.jp/net/

|

2011年9月13日 (火)

会津に会いに。

どうも、福島県・中通り出身の編集スタッフ遠藤です。

あ、〈中通り〉って、商店街の通りの名前じゃないんですよ。
福島県って横長な県で、

【会津】【中通り】【浜通り】

という風に、山をはさんで地域が分かれているんですが、
同じ県でも、方言や文化に、結構、違いがあるなーと私は思っています。

でも、福島のどのおうちでも、わりとよく見かけるのが、この赤い顔。

Beko 

会津の郷土玩具「赤べこ」です。
「うんうん」(上下)とか「イヤイヤ」(左右)とか、首が動くんです。
しみじみ、かわいいやつです。

会津といえば、「あの人のごはんフォト日記」に、
オレンジページの連載「おつきあい研究所」でもおなじみのコラムニスト、
えのきどいちろうさんがご登場されたとき、
「会津びいき」のお話をされていたの、覚えてますか?

その中で紹介されていた「BOOK!BOOK!AIZU」というイベントの、
発起人である山本晶子さんから、
おもしろそうな物産展のお誘いをいただきました。

山本さんは、〈会津のいいもの。〉を紹介する『oraho』 という、
かわいい冊子の編集発行人もつとめている方なんですが、
その『oraho』主催の会津物産展を開催中(9/8~9/18)とのことで、
ちょっと、お邪魔してきました。

Kanban_2

会場は、文京区小石川にある「橙灯(だいだい)」というお店。
赤べこを目印に、雑居ビルの階段をのぼってドアを開けると……

Naikan

『oraho』セレクトの会津&福島の器や小物がずら~り。

Nuri_2

会津といえば、うるし塗りも有名ですね。
『oraho』も、このお店で購入できます。

Rousoku

こちらは、ていねいに絞った菜種油や、デザイン性の高い蜜ろうそく。

Yakigashi

そして、焼き菓子も♪
売り切れ続出だそうなので、出会えたらラッキーかも。

まだまだ気になるものはあったのですが、続きはぜひお店で!

ちなみに、今回の物産展の売上は、
東日本大震災の義援金、そして、
福島のものづくりの作家さんの活動資金となるそうなんです。

オレンジページnetでは、毎日の食卓から、ささやかな支援につながるようにと、
「東日本のおいしいもの見つけた!」をスタートさせたのですが、
工芸品や器など、ていねいに作られたよいものと出会って、
それを日々の生活で使い続けるのもいいなぁ~と感じました。

お近くのかたは、ぜひ、この機会に、東京で会津に会ってみてください。
きっと、いい出会いがありますよ。

「oraho 物産展 2」
2011年9月8日(木)~9月18日(日)  火曜・水曜休み
13:00~19:00 ※最終日は~18:00
「橙灯(だいだい)」
(こじんまりとしたかわいらしいお店です。混雑時にはご配慮を……。)

●おまけ●

Sennrihinn_2

ちなみに、私が第一印象から決めて、連れて帰ったのは、このお二方。

パッケージもかわいい焼き菓子(鬼ぐるみのポルボローネ)と、
会津もめんのミニコースター(配色がステキ!)。
ほんとは、もっともっと連れて帰ってきたかったのですが、
次回は、会津へ会いに行きたいと思います。

|

2011年9月 8日 (木)

丸の内で高野山体験。

都会のど真ん中、東京・丸の内で、
高野山を体験してきました!

というのも、9月1日(木)~11日(日)まで、
新丸の内ビルで、期間限定イベント
〈「高野山カフェ」in 丸の内ハウス〉が開催されています。

そのオープニングにおじゃましてきました。
P1150432

高野山といえば、今から約1200年前、
空海が開いた山で真言密教の聖地、世界遺産でもあります。
パワースポットとしても、今注目の場所です。

そんな高野山の金剛峯寺のお坊さんたちが、
高野山の魅力を伝えてくれるというイベントです。
P1150411

さっそく、高野山開創1200年イメージキャラクター
「こうやくん」にお出迎えされ、合掌~。

P1150439

高野山×ゆるきゃら→癒されます。
P1150435

こうやくん、かわいすぎて、たまりません。

会場に入ると、美しい刺繍が施され、
華やかな袈裟を身にまとった
お坊さんによる声明(しゅうみょう)ライブがスタート。

P1150394_2

「声明」とは、
お経に旋律をつけて唱える仏教音楽のこと。
着物を着た女性が弾くバイオリンとの
絶妙なコラボレーションは必見です!

お次は、一度はやってみたかった写経体験。
P1150422

まず、「塗香(ずこう)」といわれる、
お香のような香りのする粉を両手ですり合わせ、
全身につけて心と体を清めます。

P1150414

お坊さんが朝のおつとめで唱えるお経
「般若理趣経」を心をこめて書き写します。

P1150419
文字を一字一字ていねいに書くのは、何年ぶりでしょう。
心地よい緊張感と書き終えた後のすがすがしさは、
やみつきになりそうです♪

期間中は、「丸の内ハウス」の9店舗で、
肉、魚を一切使わない、各店オリジナル精進料理が食べられます。

和食はもちろん、

P1150443

洋食、

P1150444

イタリアン、

P1150445

P1150447

中華まで、こーんなに。
P1150446

どれを食べようか迷っちゃいますね。

P1150453

高野山オリジナルのドリンクも勢ぞろい。

柿の葉+麦茶、竹茶、

P1150450

ミネラルウォーター、日本酒、

P1150451

(カンパ~イ)

P1150455

スイーツまでずらりとそろっています。

P1150462
 

そしてもちろん、こうやくんグッズもいろいろありますよ。

P1150460

P1150459

都会の生活に疲れた人はぜひ遊びに行って
エネルギーチャージしてみてください!

期間中に行けないかたは、南海電鉄の「天空」電車に乗って、
本物の高野山に行ってみてはいかがでしょうか?

--------------------------------------------------------

「高野山カフェ」in 丸の内ハウス
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル7階「丸の内ハウス」
※ イベント期間:2011年9月1日(木)~11日(日) 
11~翌4時(最終日は14時まで)

http://www.nankaikoya.jp/cafe

| | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」
いよいよオープン!

「ドラえもん」をはじめ、
日本のみならず世界中で愛されている藤子・F・不二雄作品。

その魅力がぎゅーッと詰まった「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」
いよいよ9月3日にオープンします!
先日、その内覧会まで足を運んできました。
その模様をちょっぴりご紹介します♪


美術館のエントランスを見上げると、
おなじみのキャラクターたちの姿が!

05_2
夢の共演です!

さて、いよいよ美術館めぐりスタート。
まず音声ガイド「おはなしデンワ」を受け取ります。

06

ガイダンスとともに、懐かしいアニメソングなども流れてきて
気持ちはすっかり小学生の頃に戻ったよう。

1階の展示室では、
『ドラえもん』『キテレツ大百科』『エスパー魔美』など、
代表作の原画がずらり。

こちらはエスパー魔美。
07

アニメの放送が、毎回本当に楽しみでした。

そして、見てください。
原画といっしょに
キャラクターにまつわるアイテムも展示されているのです。

10
左下にはジャイアンのプロマイド! 
奥には『けんか読本』も。


09
こちらは『奇天烈大百科』。めがねもちゃんとあります。

1階の展示室から、2階の展示室へ。
その途中には、先生の仕事部屋の再現を見ることができます。

クラシックを聞きながら作品を描いていたという
藤子・F・不二雄先生。

11
こういうところで仕事をしていたのですねぇ。

天井約8.5mもある書棚は、圧巻です。

12

2階の展示室では企画展が開かれています。
現在は、各作品の「第1話」を中心に約85点が展示。

こちらは、ドラえもんにつながる作品となった
『てぶくろてっちゃん』の原画です。

13
かわいい!

さて、少し疲れたなぁと思ったら休憩所が。
「きこりの泉」と書いてある先を行くと……

「あ、キレイなジャイアンだ!」

と、これまたひとりで大興奮。

このストーリー大好きなんです。
(詳しい内容は、ぜひ漫画をご覧ください!)

泉から、めきめきと姿を現す「キレイなジャイアン」(笑)。

15_2 → 16_2

インパクト大です。

さて、ミュージアムのもうひとつの魅力がカフェメニュー!
作品にちなんだメニューが並んでいます。
 
17
試験前に「これがあったら!!」と切に願った「アンキパン」
の形をした「フレンチトースト de アンキパン(ソフトクリーム付)」です。


18
ほかに、こんなかわいいラテもあります。

カフェのテイクアウトメニューは屋外にある
いつもの空き地を再現した「はらっぱ」で食べることも可能。

ここで、パーマンやドラえもんなど
おなじみのキャラクターたちに出会うことができるのです!

20_2 21

屋内には、
藤子・F・不二雄作品が自由に読める「まんがコーナー」も。

22

赤ちゃんのために、きちんと授乳室もありますよ。
小さな子どもたちが遊べる「キッズスペース(未就学児のみ)」には、

24

木製のおもちゃなどがありました。

25

ほかに、ここでしか手に入らないオリジナル商品の販売や、
藤子・F・不二雄先生愛用の品々の展示、体験ゲームなどなど。
時間がいくらあっても足りません。

今回は少し駆け足だったので、今度はプライベートでじっくり見たい!
と、後ろ髪を引かれながらミュージアムをあとにしました。

『ドラえもん』『エスパー魔美』『パーマン』……
小学生の頃から、親しんできた藤子・F・不二雄作品。
その魅力にふたたび触れ、改めて作品をじっくり読み返したくなりました。

チケットの購入方法など、ミュージアムの詳しい内容は
こちらのWEBサイトをご覧ください。

時間を忘れて、親子で楽しめること間違いなしです!!   

===
「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」
〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
http://fujiko-museum.com/

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »