« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月18日 (火)

今年も、もみじ市へ行ってきました。

暑からず、寒からず、
一年の中で、秋という季節がいちばん好きな、編集スタッフ・遠藤です。

秋というよりは夏のような暑さを記録した、この前の日曜日、
電車に揺られて、「もみじ市」に出かけてきました。

Kokuban
陶芸家、布作家、料理家、音楽家、農家、
写真家、イラストレーター、エッセイスト、カフェなど
さまざまな“ものづくりびと”が集まって、2日間だけのマーケットが開かれます。

毎年、テーマが決まっていて、今年は「末広がり」。
テーマにちなんだオブジェが、会場のいたるところに飾られていました。
Suehiro
広~い多摩川河川敷が会場となるこのイベント、
レジャーシートやおべんとうなどを持ち込んで、
思い思いにゆったりくつろぐのが定番のスタイルです。

Panhu_2 

私も、息子の遠足用レジャーシート(○年○組・名前明記)を拝借してきました。
まずは、マップをゲットして、どこを回るか作戦会議。

土日で開催される予定だった「もみじ市」でしたが、
今年は残念ながら、土曜日は雨と強風で中止に。
日曜日をめがけてたくさんの人が集まったため、
食べ物コーナーは長蛇の列。売り切れも続出していました。

去年の教訓から、今年はおにぎり持参で参戦。
おにぎりのお供にいただいたのが、
オレンジページでもおなじみのフードコーディネーターwatoさんの「いものこ汁」。
Imonoko

東北の秋の風物詩「いものこ会」。
私も小学生のころ、地区の子ども会で参加したなぁ~。
その雰囲気がもみじ市で楽しめるとは……。
懐かしくって、しみじみおいしい、いものこ汁でした。
(こちらの売り上げの一部は、被災地支援活動に寄付されるそうです)

お腹が満たされて、ひと安心したところで、会場をもうひとまわり。

Moyou_2

こちらのエリア、子どもが食いついていましたよ。

Pass_3

カラフルな革小物は、靴の革のはぎれを捨てずに作ったもの。

Kage

というわけで、今年も「大人の文化祭」終了。
思いがけない暑さのために、
文化祭というよりは、運動会で騎馬戦に出た気分で会場をあとにしました。
でも、帰ってからのビールがおいしかったですよ~♪(←結局、そこかい!)

みなさんも、秋の行楽にでかけてみませんか?
手作りのおべんとうを持参するのも、これまたテンション上がりますよー。

|

2011年10月14日 (金)

駅伝に初チャレンジ!

ちょっとお久しぶりの更新になってしまいました、編集スタッフの平尾です。
こんにちは! 季節はすっかり秋なのに、会社や電車の中は意外とまだ暑くて
毎日何を着ようか悩んでしまいます。

そんな今日この頃ですが、先週末は友人と
お台場で行われた駅伝大会に参加してきました!
というと、なんだかすごいことのようですが、復興支援を目的とした
初心者でも気軽に参加できる「PARACUP EKIDEN」という大会です。

2~6人を1チームとして、3時間、たすきをつなぎ続けて
1周1.8kmのコースを何周まわれたかを競います。

1_2

ものすごいスピードで駆け抜けていく本気ランナーから、

2

とにかく3時間、みんなで走り続けるのが目標、という
私たちのような初心者ランナーまで、参加者のレベルはさまざま。

4 

同じコースをぐるぐるまわるので、順番がわからないのが救いかな。
たすきにチップが縫い付けられていて、各チームの走行距離がわかる仕組み。

3

ゼッケンにニックネームを書くのですが、「かつこ」と書いたら
沿道から、「ヘイ、かつこ! ゴーゴーゴー!!」とかけ声が。
最初はびっくりするやら恥ずかしいやらでうつむいてしまったのですが、
2周目からはいろんな人とハイタッチしたりして、気分はすっかりマラソン選手!?
応援されるなかを走るって、気持ちいい~♪

6人で何度か交代しながら15周、27kmを走って、152位。
(何組中かは聞かないで……!)

この大会の参加費で、今度は東北で駅伝大会を開催するそうですよ。

6

まさに、このたすきが、東北につながるのですね。
会場には、食べもの&飲みもののブースや、


5_2

スポーツアロママッサージのブースも出ていました。

7

みなさんボランティアで、これらの代金もすべて募金になるそうです。
私も受けてみたのですが、なんと、この後筋肉痛になりませんでした!
正しいケアって大切なんだなあ~と実感。

今回、このスポーツアロママッサージのブースを出していた
Team GENKITI」さんたちは、何度も被災地に足を運んで
アロママッサージを行っているんだとか。
心身ともに傷つき疲れきったかたがたに、どれだけ喜ばれたことでしょう。
自分の手で人を癒せる技術があるって、すばらしいことだなあ~。



話が少し飛びますが、もうひとつ、すてきな活動だなあと思ったのが、
日本ロレアルの「美容師のちから」プロジェクト。

ビューティーバス(移動式美容室)で被災地に出向き、
ヘアカットサービスをするというものです。

8

いまだ美容室に行けない状況にある人たちを
継続的にサポートするために立ち上がったもので、
10月17日、宮城県気仙沼市から活動をスタートする予定だとか。

バスの車内では、同時に2人のヘアカットが可能。
1日最大60人程度がサービスを受けられるそうです。

9

美容師には、震災で影響を受けた地元の方々が採用されるそうです。

自分の特技を活かした活動をされている方に出会うと、
なんだか元気をもらえる気がします!
私もがんばろうっと。

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »