« 祝50周年☆お祭りムード満点の後楽園飯店へ♪ | トップページ | オレンジページnetよりお知らせ »

2012年4月24日 (火)

暑い日は「本つゆ」でエンターテイ麺を楽しんで♪

こんにちは、編集スタッフ・倉澤です。

やっと春めいてきたと思ったら、
このごろはぐんぐん気温が上がっていますね。
東京・新宿区では昼間は長袖一枚で充分といった感じ。

A_5
歩いていると、こんな冷たいものが食べたくなる陽気です。

ちょっと前まで煮込みうどんやシチューなど
あったかい料理が恋しかったですが、
だんだんざるそばやそうめんなど、
ひんやりさっぱりしたものがおいしくなってきました!

ただ、こういう麺料理は、どうしても食べ方が似たり寄ったりに……。
私はそうめんの場合、錦糸卵・きゅうり・ねぎ・しいたけ・しそなどを
薬味に食べる、というワンパターンで落ち着いてしまっています。


何かいい食べ方はないかな~と思っていたところへ、
日本料理「賛否両論」のシェフ笠原将弘さん
エンターテイメントなそうめん料理「エンターテイ麺」を作る
料理ライブをすると聞いて、早速行ってきました!

Dscf0345_2
たくさんの来場者を前に、笠原さんは緊張気味で登場☆

このライブは、キッコーマンの「本つゆ」を使ったそうめんレシピを、
記者発表形式に、取材陣の前で笠原さんが調理するというもの。
プロの技と遊び心で、そうめんがあっという間に「エンターテイ麺」に変身します!


笠原さんが最初に作ったのは、「五色おろしそうめん」
卵黄やしば漬けなどを大根おろしにまぜ、薬味にしたそうめんです。

大根おろしは盛り付けるときに、キュッと小さく丸めます。
小さくコロンとした大根おろしが並ぶとかわいいですね♪

Dscf0355_2 Dscf0356_2

あとは麺を盛り付ければ完成!
今回は小分けにし、くるくるっと巻いて盛り付けます。

Dscf0364

こうして完成したのはこちら!
大根おろしはつゆに入れず、そうめんに乗せて
麺だけつゆにつけると味が混ざらずいろんな味が楽しめます♪

Dscf0385

ちなみに、大根おろしのおろし汁と本つゆを5:1で割ると、
ピリ辛だけれど大根の甘みも感じてさわやかなめんつゆに!
おろし汁があまったら、ぜひお試しください☆


続いては、「香味ネギだれのやわらか鶏そうめん」
ささみとトマトをそうめんの上に乗せ、
ねぎ・しょうが・ごま油・塩こしょうを混ぜたねぎだれをトッピング。

Dscf0379

希釈した本つゆをかけたら完成です!

Dscf0383_4

そうめんはさっぱりしすぎてるな~と思うときにはこれ!
コクがあって見た目より食べごたえがあります。

ねぎだれは、たれだけなら白身魚と和えて、
たれ+本つゆはマグロやかつおにかけてもおいしいですよ♪


そして次は洋食風の「イタリアントマトそうめん」
生ハム・モッツァレラチーズを乗せたそうめんにかけるのは、
なんとトマトジュース入りの本つゆ!

Dscf0390_2 Dscf0400

トマトと和食って全然縁がなさそうですが、
昔からトマトは「赤なす」と言われて和食によく使われているんだとか。

確かに、食べてみると本つゆの味とうまく合わさってうまみが増している感じ!
ぜひ、その味を確かめてみてください!

Dscf0424


最後は、「薬味たっぷり冷ややっこそうめん」
そうめんに手くずした豆腐と、細かく切ったカリカリ梅を乗せます。

Dscf0412 Dscf0416

完成はこちら!

Dscf0421_2

さっぱりしていて、暑くてバテそうなときにもするする食べられるおいしさです!

豆腐は手で崩すと味がからみやすいし甘みも増すし、
麺料理のソース代わりにもなるそうなので、
そうめん以外にもいろいろ試してみたいところですね!


こんな風に、「エンターテイ麺レシピ」は、
いつもとはちょっと違った食材や意外な組み合わせで、
今までにない「作って楽しい! 食べておいしい!」そうめんレシピがいっぱい。

本格的に暑くなる季節はまだちょっと先ですが、
今年はぜひ、「エンターテイ麺」でおいしい麺を満喫してください♪

■「本つゆ」で作るエンターテイ麺レシピ>>>

|

« 祝50周年☆お祭りムード満点の後楽園飯店へ♪ | トップページ | オレンジページnetよりお知らせ »

編集スタッフ/倉澤」カテゴリの記事