編集スタッフ/平尾

2012年4月 6日 (金)

イケメン料理家も絶賛! パナソニックの新・調理家電

こちら東京・新宿区では桜が見ごろをむかえています。
早く、お花見しなければ!と
気もそぞろの編集スタッフ・平尾です、こんにちは。

先日、マンダリンオリエンタル東京で行われた、
パナソニックさんの新製品発表会に行ってまいりました。

スチームオーブンレンジ『3つ星ビストロ』と、スチームIHジャー炊飯器
人気シリーズが新しい機能を備えて新登場!
ということで、ちらっとご紹介させてください。

ゲストは、オレンジページnetでもお世話になっている
料理研究家の寺田真二郎さん。今日もイケメン!

1

ビストロを使った、とってもおいしいレシピを試食させていただきました。

2

鶏肉の上にチーズ、生ハム、そしてオリーブオイルに浸したパン粉を
のせただけのチキンカツレツ。

「この『3つ星ビストロ』のすごさは、誰にでも簡単に
完成度の高い料理ができること」と寺田さんがおっしゃっていましたが、
確かに、聞いただけで作れてしまいそうなほど簡単……。
このチキンカツレツも、余熱なしの10分で完成!

3

とろけたチーズとカリッとしたパン粉の食感がたまらない
レストランの一品みたいなおいしさでした。
(とってもおいしかったんですけど
写真がちょっと、申し訳ない感じでスミマセン……!)

そして今回、さらなる時短&節電を目指して
新しく搭載された技術が「スピードエリア加熱」。
今まで2人分か4人分の2択しかなかった
焼き物、揚げ物、焼き魚メニューが
部分的な集中加熱で1人分や3人分設定が可能に!

1人分に大容量のビストロを使うのに、
ちょっぴり罪悪感があったかたも
これからは気にせずどんどん使い倒せます♪

4

火力もさらにパワーアップしているので、
食パン1枚焼くのに、たったの3分50秒!

5

そして、もうひとつの新機能が、スマホと連動したこと♪
専用アプリをダウンロードし、好きなメニューを選んだら
ピッとタッチするだけで調理設定ができるんです。

6

大充実の『3つ星ビストロ』メニューですから、
日々のごはんはもちろん、少量のお弁当のおかず作りから、
大勢のパーティメニューまで大活躍すること間違いなしですよ。

そして、このスマホ機能は、スチームIHジャー炊飯器にも
搭載されています。
お米の種類や炊き方、炊き上がり時間を登録できるほか、
おこげコースや炊き込みご飯などマイレシピの登録も。

高温の「200℃スチーム」に「大火力おどり炊き」という新技術が搭載され
かまどで炊いたごはんのように、一粒一粒がたっている、
ふっくら甘みのあるご飯を実現しています。
どこまでも進化するスチームIHジャー炊飯器!

7

ふっくら、つやっと。
本当に、しみじみおいしかったです♪

少し先になりますが、どちらも6月1日発売予定。
購入を検討しているかたは、ぜひチェックしてみてください。

|

2012年3月 6日 (火)

簡単便利♪ 電子レンジクッキング

もうすぐ春♪
毎日少しずつ陽がのびて、寒さがゆるんでくると
やっぱりうきうきするものですね。

さて。
先日、いつもお世話になっている
旭化成ホームプロダクツさんの
新商品発表会に行ってまいりまして、

14

電子レンジ調理の三種の神器のようなお助け便利グッズを
教えてもらいましたのでご紹介します!
じゃーん。

1

左から
「クックパー®レンジで包み蒸しシート」、
「ジップロック®レンジでお料理バッグ」、
「ジップロック®コンテナー レンジで温野菜」

とにかく、これらで作れるメニューがどれも驚きなんです。

左の「クックパー®レンジで包み蒸しシート」

6

鮭ときのこの包み蒸し。
これに白ワインでも添えたら、もう立派なディナーです。

7

焼きそば。
焼かないのに!

8

そして大学いも。
揚げないのに!

真ん中の「ジップロック®レンジでお料理バッグ」では、

11

ベーコンポテト。
ほくほくのじゃがいもに、玉ねぎとベーコンのうまみがきいてました。

10

鶏もも肉と青梗菜のしょうが蒸し。
鶏肉のふっくらジューシーな仕上がりにびっくり。

9

かぼちゃ煮。
6分でほくほく&味がしみてる……。

全部試食させていただいたんですが、
これがチンしただけなんて、言われなければ気づかない!

スピーディーに作れて、洗い物は少なくて済むし、ヘルシーだし、
ひとりご飯や「あともう一品」なんてときにもってこいです。

個人的にとくに気に入ったのは焼きそば。
材料を包んで冷蔵庫に入れておけば、
「レンジでチンして食べといて」
ってなこともできちゃうわけで。
これは本当に便利!


お土産でいただいたので、家に帰ってさっそく
「ジップロック®コンテナー レンジで温野菜」
でブロッコリーをチンしてみることに。

専用の穴あきかごに、
ちゃーんと分量と加熱時間が書いてあるのがありがたい。

17

見えるかな?
ブロッコリー1株(250g)だったら
500Wで3分30秒とのこと。

ふつう、このコンテナーでチンするときは、ふたをはずしたり
ずらしたりしないとなんですけど、この専用穴あきかごを中に入れるおかげで
パチッとふたをしても絶妙な空気穴ができる仕組み。

12

野菜をゆでると、ビタミンCなどは
お湯に溶け出してしまうといわれていますが
電子レンジ調理だとかなりキープできるそう。
栄養面でもうれしいわけですね。

16

調理が済んだら、専用の穴あきかごで粗熱をとり
コンテナーに移してそのまま保存。
これがあれば鍋もざるも、ラップもいらないんですものねえー。
いやー、手放せなくなりそう。

今回ご紹介した3品とも、もう発売されているそうなので
スーパーなどで見かけたら、チェックしてみてはいかがでしょう♪

|

2012年2月17日 (金)

こんな髪どめが欲しかった!

こんにちは、編集スタッフ・平尾です。
先日、ヘアカラーや白髪染め商品で知られるダリヤさんに
とってもナイスなヘアアイテムを教えてもらったので紹介させてください!

その名も、「前髪とめ~る」。

Hair01_3

はい。
商品名、そのままのものです。

Hair02_2

ぺたっと貼り付けるだけで、しっかり留まるのが不思議!
ヘアピンやヘアバンドのかわりになる、便利な髪どめ。
あ、これで電車乗って会社来たわけじゃないですよ?
「前髪うざい!」ってときにさっと使える髪どめです。

Hair03_2

何年も前からドラッグストアなどで売られている人気商品だそうです。
何で今まで気づかなかったんだろう!
もっと早く出会いたかった~。
でも、このかわいいリボン型は、2/14にリニューアル発売したばかりだそう♪

洗顔やメイクのとき、集中して作業するときや
ラーメン食べるときなんかにもおすすめ。
そして、髪にクセがつかないのがうれしい!

マジックテープみたいになってます。
何回でも半永久的に繰り返し使えるそう。

Hair04

家の洗面所と会社の机と、携帯用ポーチにも入れときたい!
軽くてかさばらないのも◎。

Hair05

色違いで黒もありますよ♪

くわしくはこちらをどうぞ>>>


|

2011年12月13日 (火)

神の雫に酔いしれて

年の瀬もいよいよ押し詰まってまいりましたね~!
こんにちは、編集スタッフ・平尾です。

今日は、オレンジページでもおなじみの料理研究家、関岡弘美さんのお誘いで、
ワイン好きにはたまらない、とーっても素敵な会に参加させていただきましたので、
そのご紹介をさせてください!

1

場所は、六本木ヒルズの51階、雲と同じ高さから下界を見下ろす
会員制クラブ「百味庵」でございます~。

4_2 15

フランス・ボルドー地域に位置するナジャン村でワインを造って250年という
デスパーニュ家。世界中のワインファンから注目されている作り手であり、
日本ではあの『神の雫』にも登場して、一躍有名になりました。

517bh046jjl__sl500_aa300__2

そのデスパーニュ家の当主、ティボー・デスパーニュ氏が新しい白ワインを発売。
今日はその試飲会なのでございます♪

2

伝統を重んじつつ、最先端の技術を取り入れることにも積極的な
新進気鋭の醸造家として注目を集めているかたです。
日本が大好きなんですって!

新作ワインを含む6種類のワインと
それぞれに合う和食のマリアージュを楽しむ、という趣向。
どれもティボー氏が手がけたとびきりのワインたち! 胸が高鳴ります。

5

まず最初に供されたのは、上の写真でティボー氏が手にしていた
「シャトー トゥール ドゥ ミランボー 2008 白」といかの一夜干し、たたみいわし。
いかに添えられたマヨネーズ&一味というおなじみの味に、ホッ♪

ワインって、よく花やフルーツ、スパイスなど、いろんな食材を用いて表現されてますよね。
ミランボーはへーゼルナッツ、バター、パイナップルの香り。
ぶとうなのになんか、面白いなあと思いますけど、
そういわれると確かにそんな香りがするんですよ!

次は「シャトー モン ペラ 2007、2009 白」

11

右が2009年で、白い花と炒ったアーモンドの風味、パイナップルやライチなどの
トロピカルフルーツの香り。
左の2007年は、完熟果実とバニラ風味を漂わせるピュアな香り。
同じワインなのに、比べてみると色も違うし、味わいもぜんぜん違う!
なんだか不思議な気もしますが、自然な飲みものだからこそと思います。

こちらには、ぶりの塩焼きと鯛の刺し身が合わせられていました。

7 14

最初のひと口めは、ひんやりと感じる5℃くらい。
それから約10分で1℃ずつ上がっていく計算なのだとか。
そう、ワインの風味って温度や湿度と密接に関係していて、グラスに注がれてから、
時間とともにどんどん変化していくんですよね!

さらには、刺し身も塩で食べたとき、しょうゆで食べたときと、
ひと口ひと口ワインの味わいも変化します……。
関岡先生は、「ぶりの血合いのところと、そうでないところも
また違うマリアージュになって、おもしろいわよ」とおっしゃっていました。
奥深く、繊細なワインの世界!


そしていよいよ今日の主役、ボルドー最高峰の白ワインと
呼び声高い「ジロラット 2009 白」

12

去年の8月に瓶詰めしたばかりだそう。
よく熟したパイナップル、ライチやパッションフルーツなどのリッチな果実味。
オイルのようなとろりとした舌触りとともに、フレッシュでさわやかな味わいが持続。
こちらは根室産真鱈の白子の天ぷらととともにいただきました。

13_3

これから発売されるこの「ジロラット 2009 白」、デイリーワインには
ちょっと高価かもしれませんが、記念日や大切なかたへの贈り物には
ぴったりと思います! なんといっても人気醸造家のファーストヴィンテージ
という話題性も、ワイン好きには見逃せないはず。

3 

ちなみにこの後、「シャトー モン ペラ 2005 赤」を鴨の治部煮とともに、
「ジロラット 2009 赤」を、牛フィレ肉のほう葉みそ焼きとともにいただきました。

8

厳選された料理とワインの、めくるめくマリアージュ。
それも醸造家から直接お話を伺いながらという貴重な体験をさせていただいて、
ワインの魅力にますますはまってしまいそうです……!

ティボー氏のワインは、インターネットでも購入できるようです。
どれも人気なので売り切れもあるかもしれませんが、おいしさは保証つき!
興味のあるかたはワイン名で検索してみてください。
これからのパーティシーズンに向けて、ワインを探しているかたの
参考になれば幸いです♪

 

|

2011年11月17日 (木)

ボージョレー・ヌーボー2011

ワインを愛してやまない
(なのに銘柄はちっとも覚えられない)
編集スタッフ・平尾です。
今年は、フランス食品振興会が主催する
カウントダウンパーティ@八芳園に行ってまいりました~♪

A

午前0時に解禁のため、夜9時スタート。

B

フランス政府によって解禁日が正式に決められ
「ボージョレー・ヌーボー」が誕生してから、今年で60週年なんだとか。
それにちなんで、試飲できるワインは60本!

C

会場にはDJブースがあったり、

D

ワイヨリカのAzumiさんによるジャズライブも!
著名人のかたも大勢いらしていて、
深夜に近づくほど人が増え、熱気が増していきます。

E

辛口ファッションチェックでおなじみのドン小西さんも発見♪
おしゃれワザ効かせまくりのコーディネートで
ひと際目立っていらっしゃいました。

F

そして、バレエダンサーの首藤康之さん、
モデルの生方ななえさん、道端カレンさんといった
華やかなゲストとともに、カウントダウン!

G

天井に文字が映し出されました。あと23秒。

H

あと1秒!

I

かんぱーい!!!

楽しい盛りあがりのなかで、いっしょに行ったイベント担当Iと
しみじみ思い出したことがありました。
それは、あの日のこと……。

オレンジページでは、
3月11日のあの日、まったく同じこの会場で
からだの本の「漢方セミナー」イベントを行っていました。

J

パニック寸前の私たちスタッフや参加読者のかたがたを
懸命に案内し、この会場を緊急避難所として
提供してくださったのです。これはそのときの写真。

K

大きなテレビモニターを設置し、
毛布、飲みもの、食べもの(ビュッフェ!)を提供してくださり、
帰宅困難になったかたには、宿泊できるよう、畳の大広間を用意してくださいました。
また、困っている家族や友人も八芳園に呼び寄せるように案内してくださったのです。
おかげさまで、全員が無事帰宅することができました。
この場を借りて、改めて感謝申し上げます!

 :
 :
 :

この八芳園さんのすばらしい対応に感謝感激したイベント担当Iは、
以来、結婚する友人に八芳園をすすめまくってるそうです。
それもいいけど、まずは自分がしたほうが……(あ、こりゃ余計だね)。

そんなこんなをしみじみ思い出しながら、
今年もおいしいワインが飲めたことに感謝した2人でした☆

L

あ、肝心のお味なんですが、今年はほぼ理想的な天候に恵まれたそうで
3年連続で「偉大な品質」となったそうです。
確かに、去年にも増しておいしいですよ♪
みなさまもぜひ!

|

2011年11月 9日 (水)

ご飯大使がやってきた!

こんにちは。
断然、ご飯党の編集スタッフ・平尾です。

一年中、お米は毎日欠かさず食べてますが、
最近はとくにおいしいですよね~。
そう、今は新米の季節!

ということで、昨日はこんなかたが
茨城県産の新米を届けに来てくれました~。

1_3

「いばらきご飯大使」の細島亜希さん。
まずは、お米をイメージしたというファッションをご覧あれ。

2

髪留めがお米のかたち!
ビーズとスパンコールでキラキラ☆

3

足元はおしゃれ草鞋でございました。

関東平野の豊かな自然に恵まれた茨城県は、関東一の米どころ。
古くから稲作が盛んで、平安時代には、日本一の水田面積を誇っていたとか。

そしてなんと、茨城県のこしひかりの生産量は、新潟に次ぐ全国第2位なんですって!
へええ! すみません、初めて知りました……。

4

スーパーでこのパッケージを見つけたら、
ぜひ一度ご賞味ください。太陽のマークが目印です♪


ご飯つながりの話になりますが、
去年、炊飯器のタイマーが壊れて以来、わが家は鍋でご飯を炊くようになりました。
そのうち買おうと思っていたのですが、鍋で炊いたほうが早くておいしいのと、
とくに不便を感じなかったのでそのまま鍋炊きご飯の生活に。

A

最初はふつうの鍋で炊いてましたが、
いまは土鍋で炊いて、おひつで保存しています。
そのおいしさを語ると長くなるので省略するとしても、
この季節、新米の炊きたてご飯は、もう~、たまりませんね!

土鍋とおひつ、別々に買ったのですが偶然にも
スタッキングできるのがお気に入り。
そしてもうひとつのお気に入りが、この米とぎ専用ボール

B_2

ボールの内側にある突起のおかげで、すばやく均一にとげるのだそう。
底にすべり止めのゴムが貼ってあったり、片方にだけ穴があいていて、
水きりのときに米がこぼれにくくなっていたりと、とにかく使いやすい!

じつをいうと、米を洗うのが調理のなかでもっともきらいな作業だったんですけど
このボールのおかげで苦ではなくなりました♪

最後にもうひとつ、ご飯つながりで。
今回のお料理e-Lessonでは、
鍋でご飯を炊く方法を動画つきでご紹介しています。

さらに、鍋でご飯を炊くときに、おかずもいっしょに作ってしまうという
スペシャルなレシピをご紹介していますので、こちらもぜひ
投稿してくださったかたのなかから抽選で、ストウブ鍋(炊飯にも最適!)が当たります☆

|

2011年10月14日 (金)

駅伝に初チャレンジ!

ちょっとお久しぶりの更新になってしまいました、編集スタッフの平尾です。
こんにちは! 季節はすっかり秋なのに、会社や電車の中は意外とまだ暑くて
毎日何を着ようか悩んでしまいます。

そんな今日この頃ですが、先週末は友人と
お台場で行われた駅伝大会に参加してきました!
というと、なんだかすごいことのようですが、復興支援を目的とした
初心者でも気軽に参加できる「PARACUP EKIDEN」という大会です。

2~6人を1チームとして、3時間、たすきをつなぎ続けて
1周1.8kmのコースを何周まわれたかを競います。

1_2

ものすごいスピードで駆け抜けていく本気ランナーから、

2

とにかく3時間、みんなで走り続けるのが目標、という
私たちのような初心者ランナーまで、参加者のレベルはさまざま。

4 

同じコースをぐるぐるまわるので、順番がわからないのが救いかな。
たすきにチップが縫い付けられていて、各チームの走行距離がわかる仕組み。

3

ゼッケンにニックネームを書くのですが、「かつこ」と書いたら
沿道から、「ヘイ、かつこ! ゴーゴーゴー!!」とかけ声が。
最初はびっくりするやら恥ずかしいやらでうつむいてしまったのですが、
2周目からはいろんな人とハイタッチしたりして、気分はすっかりマラソン選手!?
応援されるなかを走るって、気持ちいい~♪

6人で何度か交代しながら15周、27kmを走って、152位。
(何組中かは聞かないで……!)

この大会の参加費で、今度は東北で駅伝大会を開催するそうですよ。

6

まさに、このたすきが、東北につながるのですね。
会場には、食べもの&飲みもののブースや、


5_2

スポーツアロママッサージのブースも出ていました。

7

みなさんボランティアで、これらの代金もすべて募金になるそうです。
私も受けてみたのですが、なんと、この後筋肉痛になりませんでした!
正しいケアって大切なんだなあ~と実感。

今回、このスポーツアロママッサージのブースを出していた
Team GENKITI」さんたちは、何度も被災地に足を運んで
アロママッサージを行っているんだとか。
心身ともに傷つき疲れきったかたがたに、どれだけ喜ばれたことでしょう。
自分の手で人を癒せる技術があるって、すばらしいことだなあ~。



話が少し飛びますが、もうひとつ、すてきな活動だなあと思ったのが、
日本ロレアルの「美容師のちから」プロジェクト。

ビューティーバス(移動式美容室)で被災地に出向き、
ヘアカットサービスをするというものです。

8

いまだ美容室に行けない状況にある人たちを
継続的にサポートするために立ち上がったもので、
10月17日、宮城県気仙沼市から活動をスタートする予定だとか。

バスの車内では、同時に2人のヘアカットが可能。
1日最大60人程度がサービスを受けられるそうです。

9

美容師には、震災で影響を受けた地元の方々が採用されるそうです。

自分の特技を活かした活動をされている方に出会うと、
なんだか元気をもらえる気がします!
私もがんばろうっと。

|

2011年7月20日 (水)

小鳥ブローチ。

台風6号がどんどん近づいてますねえー。
ベランダで細々と育てている朝顔の花が、強風で全部しおれてしまいました。
今日と明日くらいは、咲くのを待てばよいのに、
それでも次々とつぼみをふくらませる姿がなんとも健気です。

さて、今回のお料理e-Lessonは、飛田和緒さんにご登場いただいております。
葉山で海辺の暮らしをされており、そのライフスタイルでも注目を集めている先生。
その先生にお会いできるのはもちろんでしたが、スーパー元気印の花之子ちゃんと
ねこのクロちゃんに会えるのが、今回とっても楽しみだったのでした。

前回お会いしたのは、2年ほど前。
当時クロちゃんは15歳。
もしかしたら、もう……と思っていたら、

1

いきなりカメラマンさんのバッグの上に座ったクロちゃん。
御歳17歳、健在でした~!

2

すっかりお姉さんになった花之子ちゃん。
「私も写真撮る!」
と、マイカメラで。

「あとね、これおねがいします」

4


なあに?


5

!?

6


東日本大震災の募金活動に賛同している、amaco靴工房さんの小鳥ブローチでした。
革製でしっかりしてるし、服やバッグにつけてもいい感じ。
ふつーにかわいいので、いろんなのが欲しくなっちゃう!
花之子ちゃんが選んでくれたペンギンにしました。
他にもいろいろ、かわいい小鳥さんたちがいましたよ。
通販もできるそうなので、ぜひ!


それから、こちらも↓

野菜がたっぷり食べられて、ご飯がすすむ簡単おかずを
ご紹介中のお料理e-Lesson。
ぜひ作って投稿してみてくださいね。
投稿していただいたかたのなかから、素敵なプレゼントも当たります♪
締め切りは、8月9日(火)AM10:00です。
ふるってご参加ください!

<おまけ>
3
グラビア撮影のようなことに……。
ちなみにこのセクシーショットはこちらです。

|

2011年6月24日 (金)

ねこ欠乏症(つづき)

この間のねこの話から、ちょっと時間が
あいてしまいまして、すみません。

あのねこちゃんは、今回のお料理e-Lessonに登場してもらった、
枝元さんちのナギちゃんでした~。

Photo

撮影日のこの日も、コンテの上にどっかり。
ねこって好きなのよねー、こういう大事な紙の上が。
でも、かわゆいから許す!
そ・の・か・わ・り、

Photo_2

お腹をわしゃわしゃさせてくれ~! (↑されるがまま)

Photo_3

スタイリストさんにだっこ。(↑何をされても、されるがまま)

Photo_4

むむっ、この子はだれニャ?

Photo_5

「こーらぁー、悪さしちゃだめよー」

Photo_6

「してないもーん」 (右がナギちゃん、左がムギちゃん)

なーんてね。すみません、つい遊んでしまいました。
そんななごやかムードの撮影だった今回のお料理e-Lessonですが、
とってもおいしい「ワザありおうちカレー」をご紹介しています
みなさんもぜひ作ってみてくださいね!

そして……、少し時間が経ってしまったのですが
うるっときた話をひとつ。

枝元さんが主催する「チームむかご」では、震災直後から、
積極的に支援活動をされています。
最初は、料理家や料理人の有志を募って、お菓子やジャム、
総菜などを被災地に送っていらっしゃいました。
今は、避難所の方々にクッキーを作ってもらって、
そのクッキーを商品として販売する「ニコまるプロジェクト」が進行中だそうです。

そんな枝元さんが岩手県大槌町へ行ったときのこと。
「何か欲しいものはありませんか?」と聞いたら、
「ずいぶん食べてないから、魚が食べたいなあ」と、みなさんがおっしゃったそうなんです。

東京へ戻って来た枝元さんは、どんな魚をどうやって送ろうか考えたのち、
つてを頼って築地のかたに冷凍さんまを買わせて欲しいと頼んだそうです。
そうしたらお返事がきて、200本ほど調達してすぐに送ってくれるという。
そしてお代はいらないと。
「同じ海の仕事の人たちに、元気を出してもらってください」と言われたそうです。

不安なことばかり目についてしまうこの頃ですが、
目を向ければ素敵な話だっていっぱいあるんですよね!

微力ながら、私もできることをやっていかねば。
そして、それを続けていかねばと思いを新たにしました。

ねこの話からなぜかこんな流れに……。乱文お許しください。

|

2011年6月 9日 (木)

アペしてきました!

ある日の帰り道、あんまりきれいな夕焼けだったんで、
電車の中から思わずパチリ。

R0010533

こんな気持ちのいい初夏の夕方は、早く帰って
冷たい白ワイン(ビールも捨てがたい)飲みたいよぅー!
それから、家族や友だちと集まって、
簡単な料理をつまみながら、楽しいおしゃべり……なんて、したいなあ~。

この日は夕焼けを眺めながら妄想に終わりましたが、
そんなひとときのことをフランスでは「アペリティフ」と呼ぶんだそうです。
「食」と「コミュニケーション」を守る、大切な習慣ということで
去年、ユネスコの無形文化遺産にも登録されたとか。

ということで、あの日のリベンジ……もとい、
その素敵な習慣を世界中に広めるイベント
「アペリティフの日 2011 in 東京」が六本木ヒルズで行われたので
さっそく行ってまいりました。

R0010483

雨にも関わらず、すごい人!
なんといっても、豪華ゲストがずらり、でしたからねえ。
オレンジページでもお世話になっている服部幸應先生や
藤野真紀子先生、落語家の春風亭昇太さん、

R0010497

女優の萬田久子さんも。
美しかった!
キラキラとオーラが輝いていましたよ。

R0010512

そんな華やかなゲストに目を奪われつつも、
集まった人たちの本命は、やっぱりフランスワインと料理!

R0010506

日本を代表するシェフたちがブースを出していて
腕によりをかけたひと口おつまみと
フランスワインを好きな組み合わせでいただける
仕組み(チケット制)になっています。
フランス好き、おいしいもの好きには、たまらないイベント!

会場には、トゥーランドットの脇屋さんや

R0010499

ラ・ロシェルの坂井さん、

R0010525

といったスターシェフが、ふつうに歩いてらっしゃるので
料理ばっかりも見ていられません!
「握手してください」とか「いっしょに写真撮ってください」
なんてファンにも親切に応えていらっしゃいました。

それから、こんなブースもありましたよ。

R0010484

INAX、トステム、新日軽、サンウエーブ、東洋エクステリアという
住まいのトップブランドの5社がひとつの企業になった、その名もLIXIL(リクシル)
最高の技術とサービスが結集された、いま最強のブランドなのです!

この日は、システムキッチンが紹介されていましたよ。

R0010485

こまごまとしたキッチン道具のあれこれが
取り出しやすくて、いっぱい入る画期的な収納システム!
こんなシステムキッチンだったら、私だって、毎日、料理がんばれると思う。

R0010491

外のブースに、有名シェフのごちそうが並んでいても
女性のハートをわしづかみ。
行列ができてました。

理想のキッチンって、みんないつも探してるものなのかも。
毎日使う場所だから、「こうだっだら、いいなあ」っていうこと
だれにでもありますものね。

R0010490

LIXILさんのアミューズもおいしかった!

すっかり仕事を忘れて、楽しいひとときを過ごしてしまいました。
今度の週末は、友だち呼んで私もアペしようっと。
みなさんもぜひ、「アペリティフ」してみませんか。

|

2011年5月10日 (火)

ねこ欠乏症

ときどき、むしょうに「ねこにさわりたくなる」
ねこ欠乏症に陥ります。
自分で飼うのが一番なのですが、なかなか決心がつかず……。
今のところは、他人様のねこと遊ばせてもらっては、
心の乾きをしのいでいます。

撮影や打ち合わせで伺うお宅に
猫がいたりすると、もう、うれしくって、うれしくって↑↑↑

最近、私の心をうるおしてくれたのは、タビちゃん!
撮影当日、ちょうど坂田阿希子先生宅で預かってらっしゃった
知人のねこちゃんです。

足袋をはいてるみたいに、足だけが白いからタビちゃん。

B


寝そべっていらっしゃるのは、撮影コンテの上です。
こ、これがないと……。
でもいいの、いいのよー、タビちゃん。

でも、なんでねこって、大事なものの上に
乗っかりたがるんでしょうねえ? 不思議です。

というこの日の撮影は、今日からご紹介の
【お料理e-Lesson】なのでした。
今回のテーマは、パン!

「シンプル丸パン」「イングリッシュマフィン」
「カレーパン」「あんドーナツ」と
バリエーション豊かにお届けいたします。

これら4つのパン、なんと
ぜーんぶ同じ生地で作れちゃうんですよ♪
しかも、基本となる「シンプル丸パン」以外は
オーブンを使わないのです。

撮影後は、試食と昼食を兼ねて
スタッフみんなで先生の料理をいただくのが、
毎度のお楽しみ。

A

楽しくて、おいしくて、
うっかり、このままおうちパーティに
突入しそうになってしまいました。

このおいしさ、みなさまにも味わっていただきたい!
ぜひぜひ、作ってみてくださいね。

数日後―――。
ふたたびねこ欠乏症になりかかっていたところ、
打ち合わせに伺ったお宅にねこちゃんが!

C

字が、書けない……。
けど……、しあわせだあああああ!!!

この続きは、いずれまた……!

|

2011年3月15日 (火)

オレンジページnetより

「東北地方太平洋沖地震」において
被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

被害の深刻さが日に日に増していくなか
引き続き余震も続いており、状況は予断を許しません。

被災地のみなさまはもとより、東日本のみなさまも
節電や停電など、ふだんの生活を取り戻すまでには
まだまだ時間が必要かもしれません。

オレンジページnetでは、しばらくメールマガジンを配信停止
いたしますが、連載コンテンツは予定通りお届けしたいと思います。

何よりも今は、みなさまのご無事を心よりお祈り申し上げます。

オレンジページnet スタッフ一同

|

2011年3月 8日 (火)

優秀賞はだれの手に!?

〈母の手紙〉最終回、「な、なにを急に言い出すのか!?」と
ハラハラした気持ちで読みました。
死んでも言えないというその言葉、いつかは面と向かってチエコさんに
かけてあげて欲しいと願わずにはいられません!

……改めまして、そんな春日からのバトンを受け取りました、平尾です。
みなさんに「毎日をもっとおいしく、もっと楽しく」する情報を
お届けできるよう、精いっぱい務めてまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします!

さて。

オレンジページ編集統括・杉森がつぶやいてもおりましたが
亀田製菓さんとのコラボ企画、
〈変わり種グランプリ〉の審査会が行われましたので
こちらでもちょっとだけご紹介しますね。

審査員は、イベントや雑誌『オレンジページ』(2/2号)で、
柿の種とチョコレートを使ったオリジナルスイーツを
考案してくださった、フードユニット「つむぎや」さんをはじめ、
亀田製菓さん、編集長たちの計6名。


A

会場は、オレンジページ社の会議室。

B

左からマツーラさん、金子さん。さわやか!
いつもおしゃれな帽子をかぶっていらっしゃいます。

C

では、いまから審査会を始めます!

D

E

それぞれの作品を試食し、

F

最終選考へ。真剣!

G

こんなふうに、シールで投票して多数決をとったり、
話し合ったり。

H

どれもオリジナリティあふれる魅力的な作品ばかりだったので、
審査は難航……どれも捨てがたい。

いやー、「柿の種」って、いつもそのまま食べてるだけでしたけど
チョコレートの相棒としても本当に優秀なのですね。
スイーツマニアが絶賛する洋菓子店のマカロンショコラにだって
入っちゃってるんですものね。

そんなこんなで、厳正な審査のうえ5作品が選ばれました。
発表は、3月15日(火)。
こちら(↓)のページで行います! どうぞお楽しみに。

http://www.orangepage.net/park/event/c110118/

この企画に、155件の応募をくださった95名のみなさま、
本当にありがとうございました!

|

2011年2月 4日 (金)

2月12日はブラジャーの日

朝、通勤で通る駅までの道で、たまにつがいのめじろを見かけるようになりました。
すずめよりも小さい鳥なのですが、目の覚めるような美しいグリーンの羽で、
目のまわりが真っ白で、とってもかわいいんです。
めじろに会えた日は、なんだかいいことがありそうで、うれしくなります。
暦のうえでは、もう春ですものね!

街のショップウィンドウも、すっかり春ですし♪ 
服も大いに気になりますが、下着も新作がでそろいはじめています。

A

春の新作を紹介してくださった、ワコール広報の萩原さん。

個人的にとくに気になったのは、胸もと年齢マイナス5歳をめざすブラ!
これです↓

B

おわん形のバストが、年齢とともに、上部がそげ、下部がたわみ、外に流れていく
のを防いでくれるというもの! すごい!

それから、こんなのもありましたよ。

C

なんだか変わった位置に、パッドが。。。
年齢に関わらず、バストの形は千差万別。
ある傾向のバストは、ここにパッドを入れることで、ふっくらとしたラインを
作ることができるんですって。

荻原さんは、「私は○歳だから」とか、「いつもこのサイズだから」
と決め付けないで、毎回必ず試着をして専門スタッフに見てもらい、
ジャストフィットした下着を選んで欲しい、とおっしゃっていました。

(1)サイズが合っている
(2)正しくつけている
(3)からだ年齢に合っている

この3つがそろってはじめて、ジャストフィットといえるそうですよ。
ちなみに〈からだ年齢〉と実年齢は違うのでご注意を。

そうそう、2月12日は、〈ブラジャーの日〉って、ご存知でした?
1913年のこの日、メアリー・フェルブルス・ジェイコブというアメリカ人女性が、
ハンカチをリボンで結んだ簡単なものを考案し、それが現代の
ブラジャーの原型になったんだとか。
この頃から考えたら、今のブラジャーの機能性の高さといったら
ものすごい進化ですよね!

ワコールさんでは、この〈ブラジャーの日〉から、4月22日まで
ブラリサイクルを行っているそうです。タンスのなかに、もし上の3つの条件に
合っていないブラジャーがあったら、早々に整理して、
ぜひこのキャンペーンにご協力くださいね。


詳しくはこちら↓

2011 WACOAL BRA RECYCLE
http://www.wacoal.jp/braeco/

|

2011年1月18日 (火)

好き好きグランプリ

人に推薦したいと思うマンガベスト10
7位以外は全部読んでいた、編集スタッフの平尾です。

今読んでいるのは、総務のYに借りた陸奥A子。
すっかり忘れていた何か(……たぶん乙女心)が
鮮やかによみがえり、クラクラする思いの今日このごろです。

Manga

これらのマンガ、定価360円!
昔の単行本って、この値段でしたよねー。

さて、連載「人気者グランプリ」では、引き続き
いろんなアンケートを実施していますが、
勝手にここで答えてもいいですか。

人生で一度は行ってみたい国や地域 → 楼蘭(中国)

Roran

スヴェン・ヘディンの「さまよえる湖」を読んだときから
あこがれの場所! もしくは、「赤毛のアン」のプリンスエドワード島かな。

地球が滅びる日、最後の食事に食べたいもの → 焼き肉!

好きなパスタのメニュー → ミートソース!

好きなおすしのたね → 中トロ!

なんか……書いてみて、自分がすごく幼稚な気がしてきました。
子どもが好きなものと同じですよね、これ。。。

さてさて、オレンジページnet会員のみなさんからは
どんな結果が集まるでしょうか。楽しみ♪
どしどしお寄せくださいね~

|

2010年12月17日 (金)

もうすぐクリスマス♪

こんにちは、編集スタッフの平尾です。

もうすぐクリスマスですね。
今の時期、街を歩くとイルミネーションがきれいで、ウキウキしてきませんか。
華やかに飾りつけされた、お店のウインドウを見るだけでも楽しい!

Illumination

去年から復活した表参道のイルミネーション。
ここが灯らないのは、やっぱりさみしかったよ。戻ってきてくれてありがとう!
今年は表参道の誕生90年を記念して、約90万個のLED(発光ダイオード)が
灯っているとか。来年1月3日までは、この景色を楽しめるそうです。

オレンジページnetでもクリスマス企画が目白押し~♪
日ごろの感謝を込めて、234名様へのクリスマスプレゼントをご用意したほか、
ドレスアップのときにぜひ参考にしていただきたいネイルレッスン
豪華な「まるごとローストチキン」レシピ、
えびを使ったごちそうメニューの紹介……。

「ごはんフォト日記」では、
クリスマスにぴったりなハムのパーティメニュー
おもてなし料理全般の募集も行っています。

そして来週の「お料理e-Lesson」では、この豪華な
いちごの2段ショートケーキをご紹介する予定♪

Cake

これは試作したときの写真。
ちょっといちごが大きかった。。。

こんな2段ケーキがパーティで出てきたら、歓声があがること間違いなし♪
しかもアレのおかげで、とっても簡単に作れちゃうんです。
どうぞお楽しみに。

|

2010年11月22日 (月)

ボジョレー・ヌーボー2010

一年のうち350日はワインを飲んでいる
編集スタッフの平尾です。

好きなだけでちっとも詳しくはないのですが。
目標は、レストランで好みのワインを
注文できるようになることです。

そんな私が心待ちにしていたのが
年に一度のワインのお祭り、ボジョレー・ヌーボー。
解禁日である11月第3木曜日、フランス大使公邸で行われた
試飲会に行ってまいりました。

Wine4

ちょっと遅れてしまったら、もうすごい人!
人ごみをかき分けかき分け、ワインのもとへ。
75種類のボジョレーから、好きなものを試飲できるという
スタイルでした。全部飲んでみたいくらい♪

Wine1

グラスに注がれたルビー色の液体を
眺めているだけで、胸がときめきます。
そして森の果実を思わせるさわかやかな香り……!
酸味の少ないなめらかな味わいで
するする飲めて、とってもおいしかったです。
このフレッシュな味わいは、ボジョレーならでは。
ぜひみなさまもお試しを!

Wine3

これまた全種類食べてみたくなるような、
かわいいフィンガーフードつきでした。

Wine2

きゅうりだって、こんなにおしゃれなんですから!
さすがフランス。

ほぼ毎日ワインを飲むと書きましたが、問題となってくるのが
そのコスト。そこで、デイリーワインをいかにおいしく飲むか、
ということに知恵を絞りました。私が到達した結論は、
〈ワインをよりおいしく飲むために作られた〉ワイングラスで飲むこと。
これは気分の問題ではなくて、ホントなんです!
ふつうのコップで飲むのとでは、おもしろいくらい
香りも味わいも変わるので、ぜひ同じワインで飲み比べて欲しいです。

そして、そんな大切なワイングラスたちを
収納する場所に困って作ったのが、ちょっと自慢のこの棚。

Wine

キッチンとダイニングの間のデッドスペースだったのですが
取り出しやすくしまいやすく、今の暮らしにピタッとはまりました。
このアイディアを思いついたときのうれしかったこと!

そう、「使いやすくてしまいやすい」というのは、
たくさんのモノと暮らす私たちにとって永遠のテーマ。
ワインの話からかなり飛びますが、断捨離でいらないモノと別れたあとは、
やっぱり「収納」だと思うんです。
そこでおすすめなのが、オレンジページ創刊25周年記念ベストムックのラストを飾る

Iitoko_vol6

好評の「すっきり片付く収納ワザ」を集めました。


だれにでも役に立つ収納ワザがぎっしり詰まっています。
私も熟読しつつ「今度の休みにはこれやってみよう!」と、
夢をふくらませているところ。
あらゆる収納ワザを駆使して、今度はワインセラーの置き場所を
捻出したいと思ってます。(←次の夢)

|

2010年10月22日 (金)

マンガの話

編集スタッフの平尾です。

突然ですが、みなさんマンガは好きですか?
私は大好き!
子どものころは、おこづかいを貯めては買い集めたものです。
漫画雑誌の「なかよし」「りぼん」、「別冊マーガレット」に「ぶ~け」!
単行本なら「ドラえもん」にはじまって「キャンディ・キャンディ」、
生徒諸君」「ブッダ」に「有閑倶楽部」……。


Photo Photo_2 Photo_4

あぁ、なつかしい!
ほかにもいろいろ持ってましたが、処分してしまって
いま、手元に残っているのは「嗚呼花の応援団」と「ルーキーズ」だけです。

オレンジページのスタッフには、マンガ好きが大勢います。
部署を超えて、つねに何かしらのマンガの貸し借りが行われている状態。
最近、私が借りたものだけでも
常務(!)のKから「ワンピース」、総務のYから「森山中教習所
同じネット編集の遠藤から「テルマエ・ロマエ」、
からだの本のS賀から「ベルサイユのばら」に
SWAN(スワン)白鳥」……といった具合。

Photo_044_2
「SWAN(スワン)白鳥」は、北海道のバレエ好きの少女が、世界のプリマへと羽ばたくまでを
描いた大河ロマン。30年以上前にこんなすばらしいマンガがあったなんて!
まだまだ知らないマンガが多すぎる。幸せです。

最近まで、「ワンピース」1巻~59巻までを怒涛のように読み進み、
夢と冒険の世界にどっぷりはまりまくり、
熱い友情に感極まって涙したりしてました(通勤電車で)。

大きな声では言えませんが、この秋からの新連載「美の羅針盤」は、
「ワンピース」からの連想でタイトル案が出て、決まってしまったようなもの。
だって、この連載の担当者全員が、そのとき「ワンピース」に夢中でしたから……。
この企画が、「美」という広大な海原を航海する冒険者たちの
羅針盤のような存在になりたいという壮大な夢を込めてしまったんですねぇー。
……名前負けしないよう、がんばります。

話は戻って、マンガ!
オレンジページnetでまた新たにスタートした
連載「人気者グランプリ」では、人に推薦したいマンガを大募集中です♪
あなたのおすすめ、教えてください!

|